メール 復元 iphone。 消えたiPhoneのメモを復元する方法【あきらめるにはまだ早い!】

「2選」iPhoneの消えたメールを復元する方法

メール 復元 iphone

スマートフォンに保存されている音楽、写真、動画や連絡先、メッセージ、メールなどのデータを検出し、復元させることができます。 スマートフォン上の操作で誤って削除してしまったデータ、PCに接続した際に何らかの操作で上書きされて消えてしまったフォト、ムービー、音楽ファイルなど、大事なデータを復活させることができるかもしれません。 PCに接続して定期的にまるごとバックアップしておくのが一番安全なのですが、状況によってはバックアップできなかったり、ちょうどしていないタイミングでデータが破損してしまうこともあります。 こちらで紹介しているソフトは完全無料ではありませんが、復旧可能かどうかをチェックできるソフトや、1ファイルごとなら復元できるソフトがあります。 Android デバイスからデータを復旧できるソフト Android スマートフォン、タブレットから削除してしまったSMS、連絡先を復旧できるソフトです。 端末のフォーマットや工場出荷時の状態に戻してしまった場合、SDカードの中から削除してしまった場合でも、写真、動画、音楽、ドキュメントを復活させることができます。 PC版の最新バージョン 5. 0 では、より効率的にSDカードからデータを復元できるようになり、ドイツ語&フランス語に対応しました。 Android 版の最新バージョン 3. 0 では、「ルート機能の新規追加(関連説明も含む)」、「Whatsapp メッセージの復元をパワーアップ」、「不具合の改善」が行われています。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

iPhoneメール復元:iPhoneのメールを復元する方法

メール 復元 iphone

メールアプリを起動して、リストに表示されている 「ゴミ箱」の項目をタップしてください。 すると、先程の手順で削除したメールがゴミ箱の中に入っているはずです。 つまり、メールを削除しようと思って、あるいは間違えてゴミ箱ボタンを押すと、操作されたメールは まずこの「ゴミ箱」の中に一時保管されることになります。 間違えてゴミ箱に移動してしまったメールは、ゴミ箱から削除されない限り再び受信メール一覧に復元することができます。 メールをゴミ箱から受信メールに復元するには? iPhoneのメールアプリのゴミ箱からメールを復元するには以下の手順で操作します。 メールを個別に復元する手順• 「メール」アプリを開き、一覧から 「ゴミ箱」の項目を選んでタップします。 右上の 「編集」の文字の部分をタップします。 すると各メールのタイトルの左側に丸いマークが表示されるようになるので、 復元したいメールについている丸いマークを1つずつタップしていきます。 復元するメールすべてにマークが付いたら、画面下部にある 「移動」をタップします。 「受信」をタップします。 「受信」一覧を開いて確認してみてください。 もし戻したはずのメールがみつからない場合は、メール一覧の表示順が受信日時順になっているせいかもしれません。 その場合は、検索ボックスに確認したいメールの送信者や本文などを入力して、メールの検索を行ってみてください。 削除メールが勝手に消えないように「自動削除機能」を確認 削除したメールは永久にゴミ箱に保存されるわけではありません。 一定期間経つとゴミ箱のメールは自動で削除されます。 これは 「メールの自動削除機能」が原因です。 ゴミ箱内のメールが消える間隔は、以下の2つの設定によって異なります。 メールアプリの設定• メールサービスであらかじめ決められた設定 多くのメールサービスでは、ゴミ箱に入れたメールは一定期間が過ぎると自動で削除されるように設定されています。 この自動削除で消えてしまったメールは基本的に復元することはできません。 iPhoneでiCloudのメールアドレス( icloud. com)を使用している場合、初期設定ではゴミ箱に入れたメールは 1週間で自動削除されるよう設定されています。 つまり、ゴミ箱に入れたメールは1週間以内に復元操作を行わなければ完全削除されてしまうのです。 ただし、 iCloudのメールは、削除期間をメールアプリの設定から変更することでができる上、自動削除機能そのものをオフにすることもできます。 iCloudメールの自動削除をオフにする手順 iCloudの自動削除の設定を変更するには以下の手順で操作します。 ホーム画面から 「設定」アプリを開きます。 「メール」の設定画面が開かれたら、さらに 「詳細」をタップします。 「削除したメッセージ」の中にある 「削除」をタップします。 最後に 「自動削除期間」をリストから選択します。 「1ヶ月後」に変更すればゴミ箱にメールを移動してから1ヶ月経過後にメールが削除されるようになります。 「しない」に変更すれば自動削除は行われなくなり、何日経過してもいつでもゴミ箱からメールを復元できるようになります。 もしメールが自動削除されてしまうと困るのであれば「しない」に変更しましょう。 メールの自動削除はiCloudのストレージ容量と相談 iCloudメールの自動削除をオフにした場合、 注意したいのがiCloudストレージの容量です。 ゴミ箱に大量のメールが溜まってしまうと、ゴミ箱に入っているメールの分だけiCloudのストレージを消費してしまいます。 メールのデータはそんなに大きくない事がほとんどですが、メールを溜め込みすぎるとiCloudへ写真が保存できない、メールが受信できなくなるなどの問題の原因になりかねません。 そのため、 毎日のメール受信数やご自身のメールの使い方に合わせて自動削除設定を変更することをおすすめします。 iCloud以外のメールの場合は? iCloud以外のメールサービスを利用している場合はサービスにより異なりますが、 自動削除期間は1週間あるいは1ヶ月に設定されていることが多いようです。 期間の変更はiCloudメールと同様「アカウントとパスワード」の画面から設定を行うか、メールサーバーから設定を行います。 利用しているメールサービスによっては変更できないこともあります。 (ちなみにGmailは30日で自動削除され期間の変更ができません) 詳しくは利用しているメールサービスのサポートページを参照してください。

次の

ソフトバンクiPhoneの機種変更後のメールの引継ぎと復元方法!

メール 復元 iphone

iPhone復元後にEメール(ezweb)の設定がうまくいかない場合チェックしたい一つのポイント iTunesで復元後に赤枠で囲んだ「Eメール」がなくなっていたのです。 (このスクショは正常時に撮影したものです) メールアプリ(Eメール)利用設定 そこで「メールアプリ(Eメール)利用設定」にて設定を行いました。 画面下からスワイプして「コントロールセンター」を表示させWi-Fiアイコンをタップしてオフにします。 気を付けましょう。 まずはiPhoneにある下のアイコン(メッセージ)をタップします。 コメント欄に「1234」と入力して、右側にある「送信」をタップします。 すると右(下)スクショのようなメッセージが届きます。 赤枠のURLをタップすると。 しばらく経って再チャレンジしてください」とのこと。 しばらく経過して何度やっても同じエラーばかり。 これを何度か繰り返すうちに本文のある条件に気づきました。 「プライベートブライズの設定がオフになっていることを確認」 プライベートブラウズとはにあるように、プライバシーに配慮してWebサイトの閲覧履歴等を残さないようにするSafariの機能です。 Safariを見てみます。 コメント欄に「1234」と入力して、右側にある「送信」をタップします。 すると右(下)スクショのようなメッセージが届きます。 赤枠のURLをタップすると。 「EZwebメールを利用する」をタップ。 「メールアプリ(Eメール)利用設定」をタップします。 さらに赤字の「インストール」をタップします。 おわりに メッセージもEメールの代用になりますが、私の場合(仕事上の都合で)長い文章のやりとりも考えられるのでEメールを設定しました。 これで安心して生活できます。 今回はEメールでの設定のつまづきを備忘録兼ねてご紹介しました。 みなさんのご参考になれば幸いです。

次の