つぶ 貝。 貝を柔らかく煮る

北海道産「活」灯台つぶ つぶ貝

つぶ 貝

北海道では食用の巻き貝を「つぶ」と総称します。 つぶ貝はエゾバイ科の貝で、主に北海道や東北など水温が低い海に生息し、エゾボラ類とエゾバイ類の二つの種類に大きく分かれます。 北海道の主に日高地方で獲れる大きなつぶ貝はエゾボラ属の巻き貝で、「真つぶ」と呼ばれています。 刺身にすると、コリコリとした食感が抜群で、つぶの中でも高級品として扱われています。 つぶ貝全体の漁獲量を見ると、北海道全体では9000トンですが、そのうちの約3割(3000トン)を日高が占めています。 また、漁獲金額では、北海道全体では30億円ですが、そのうちの約4割(12億円)を日高が占めています。 このように、日高は北海道で漁獲量・漁獲金額ともつぶ漁の第1位を占める生産地です。 大きいものだと1kgを超えるものも!! 資源を守るための取り組みも コリコリとした歯ごたえと、つぶ貝独特の甘味。 そのおいしさは、アワビにも勝るともいわれます。 漁師さんが「焼くのはもったいない」と言うほどに、やはり刺身が最高の食べ方です。 真つぶは身だけでなく、ワタのおいしさも格別です。 新鮮なワタを醤油に解いて刺身につけると、さらにおいしさが引き立ちます。 さらに、刺身だけではなく、煮たり焼いたりしても味がよいのが真つぶの特徴です。 〈参考:北海道 日高振興局「エゾボラについて」〉 〈参考:市場魚貝貝類図鑑「エゾボラ(マツブ)」〉 〈参考:北海道ぎょれん「えりも産真つぶ」「様似の真つぶ漁」〉 つぶ貝自体は北海道では身近な貝ですが、真つぶはその大きさと味から、格別なつぶ貝という位置づけです。 日高地方に行く機会があったら、獲れたての新鮮な真つぶを味わってみてはいかがでしょうか。

次の

つぶ(つぶがい)

つぶ 貝

ツブ(螺)はツブ貝とも呼ばれる巻貝です。 バイ貝もツブとして呼ばれることもあります。 特定の貝を指しているのではないのですが、一般的にはエゾバイ科のエゾボラ属やエゾバイ属の貝がツブと呼ばれています ただ、市場ではその形状や獲れる地域などで様々なものがツブの名前を付けて売られているようです。 現在、一般にツブと称されているの貝類の大部分はエゾバイ科の貝で、その中でもエゾボラ属 Neptunea やエゾバイ属 Buccinum など中型-大型の寒流系の種が多い・・・・・・・実物を見なければ「ツブ」や「バイ」と呼ばれる貝の実体を知るのは難しい。 参照元: ツブの産地 北海道が主な産地です。 他は青森県、三陸沖(宮城・岩手)、福島、カナダ、ロシア。 日本海側の富山や石川県などでも獲れますが、そちらではバイガイと呼んでいます。 ツブによる食中毒 巻貝の唾液腺中にはテトラミンという毒素が含まれています。 テトラミン中毒と呼ばれ、めまいやものが二重に見えるといった視覚異常や頭痛などのショウジョウが現われることがあります。 ただ、死亡例は今現在無く、数時間で回復するそうです。 中毒を防止するには、調理の段階で唾液腺を除去することです。 ツブの食べ方・料理法 煮物(煮貝)、酢の物、焼き物、刺し身、寿司だね、和え物、焼き物、おでん、炒め物、天ぷら、等。 他、洋風の料理にも合います。 ツブに含まれる栄養成分 可食部(食べられる部分)100gに含まれている成分の数値です。 スポンサーリンク ツブの効能 他の貝同様、ミネラル・ビタミンはバランスよく含まれています。 貝としてはコレステロールが多く含まれているほうだと思います。 コレステロールはとかく嫌われていますが、細胞膜や生体膜の構成成分として重要な役割を果たしています。 神経伝達を正常にする働きもありますので、生命の維持には不可欠な成分です。 必要量としては、1日に1000~2000mgで、ほとんど肝臓で合成されますが一部は食事から摂取されます。 又、血液中のコレステロール値が低下しすぎると、細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力が低下します。 又、脳出血や癌(がん)を起こしやすくなります。 ツブの旬と保存方法• 食べると良い時期(旬)・・・8月から2月頃まで• 理想的な保存方法・・・冷蔵・剥いて冷凍• 理想的な保存期間の目安(賞味期限)・・・冷凍では長期保存が可 関連記事• 栄養は出来る限り自然な食材から取りたい できれば普段の栄養は サプリなどに頼らず、自然な食材から摂りたいものです。 しかし、現代人の生活において、必要な栄養素を全て自然な食材から過不足なく摂ることは現実的ではないことも否めません。 地方在住の方なら道の駅で地元産の新鮮かつ安全なおいしい野菜を手に入れることも容易ですが、都会暮らしでは難しいと言わざるを得ません。 みずみずしく美味しい旬の野菜を選ぶにも目利きが必要ですし、忙しい方は買い物に行くのも大変でしょう。 そこで一度、本当に新鮮でみずみずしい旬の野菜を食べてみて、ご自身の目利きの力を養ってみるのはいかがでしょうか? Oisix(オイシックス)では、 送料無料で様々な野菜がたっぷり入ったお試しセットを購入することができます。 おいしくなければ 全額返金対応です。 まずは一度、本当の野菜を知ってみることをおすすめします。 きっと今後の野菜選びに役に立ちます。 スポンサードリンク.

次の

つぶ貝による食中毒に注意

つぶ 貝

更新日:2017年8月29日 テトラミン(ツブ貝)による食中毒 エゾバイ科のエゾボラ属及びエゾバイ属の巻貝を総称して「ツブ」又は「バイ」と呼んでおり、市場に流通しているものは30種を超えます。 エゾボラ(マツブ)やヒメエゾボラ(青ツブ)などのエゾボラ類の 「唾液腺(通称:アブラ)」には、 「テトラミン」という毒が含まれています。 札幌市内では、平成20年にツブ貝によるテトラミン食中毒が2件発生しています。 左:エゾボラ(マツブ)/右:ヒメエゾボラ(青ツブ) テトラミン食中毒とは?• テトラミンは、肉食性の巻貝の唾液腺に含まれる毒で、ツブ貝がエサを麻痺させるために使われていると考えられています。 テトラミン食中毒は、唾液腺を除去せずにツブ貝を食べることで起こります。 この毒は 加熱しても分解されないため、生食・加熱食に関係なく、 調理の前に唾液腺をきちんと除去することが必要です。 貝の種類や個体によって含まれているテトラミンの量は異なりますが、1個分の唾液腺でも食中毒症状がでることがあります。 主な症状 食べてから30分くらいで、物が二重に見えるなどの視覚異常やめまい、頭痛、船酔い感などが現れます。 これまで死亡例はなく、通常数時間で回復しますが、人によっては症状が重くなることもあります。 予防方法 調理の際、必ず 唾液腺を除去してください。 唾液腺は、乳白色から淡黄色の器官で1対あり、肉質部位に内包されています。 手でしごくと簡単に取り除けます。 唾液腺の除去方法 1 殻を取り外して中身を取り出し、内臓と身の部分に切り分ける。 2 貝蓋のある面を下にして置き、中心に切り目を入れる。 3 切り目から左右に開く。 4 指で押し出して、唾液腺を取り出す。 左右二か所とも取り出したことを確認後、流水で洗浄して調理しましょう。 相談窓口 食中毒については、にご相談ください。

次の