ヘルペス リンデロン。 眼・耳科用リンデロンA軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リンデロンVG軟膏の陰部への効果と注意点

ヘルペス リンデロン

口唇ヘルペスにはリンデロンという薬が治療薬として効果あり! 口唇ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスの1型に感染した人が、唇や口の周りに発疹やかゆみが表れる症状です。 ヘルペスウイルスに感染すると、症状が軽減されても、神経節にウイルスが戻るだけで死滅することはないので、体が弱って免疫力が落ちたときに再発します。 この口唇ヘルペスの治療薬として「リンデロン」という薬が、高い治癒効果を示します。 「リンデロン」とは副腎皮質ホルモン剤のことで、抗炎症作用が高いのが特徴です。 ただし、ステロイド薬特有の高い作用力ゆえに、その副作用もあるので知っておいた方がよいでしょう。 ステロイド薬の抗炎症効果による免疫力低下のため、他の細菌に感染するおそれが出てきます。 しかし、抗生物質がその感染を予防するので、口唇ヘルペスの治療薬として非常に効果が あります。 病院では抗ウイルス剤が処方されますが、上述の理由で他の感染の可能性を防ぐためでもリンデロンが用いられます。 主にステロイド系の外用薬として処方されるのは「 リンデロンVG軟膏」「 アンテベーテ軟膏」があります。 口唇ヘルペス治療薬のリンデロンが欲しいなら病院受診が必要 治療薬として効果の高い「 リンデロン」ですが、残念ながら市販はされておらず病院からの処方となります。 リンデロンを処方してもらうならば 皮膚科にいくのが一般的です。 ヘルペスウイルスの症状がどの部位に現れたとしても、とりあえずは皮膚科に行けば、診察・処方をしてもらえるようです。 仮に、他の科の治療が必要な場合でも紹介状を書いてくれるので問題はありません。 リンデロンは炎症を抑えるのに最も効果的な薬品の一つで、ほかにも止血作用・ストレスへの抵抗作用もあるのでいろんな科で使用されています。 ただ注意すべき点は、ヘルペスの症状として現れる「水泡」が体表面上に見つからない場合は、発生部位によって該当する科に行った方がよいでしょう。 どの科に行けばよいかわからない場合は、上述の診察科のいずれかに行けば、病院の方で適切な科を紹介してくれますので、まずは病院に行って診察を受けてみてください。 口唇ヘルペスの治療薬のリンデロンの副作用 現在使用されている「リンデロン」はほぼ副作用はでないくらいに改善はされていますが、強いステロイド剤には変わりないので、まれにかぶれ状態になることもあります。 顔面に使用する際は目には入れないよう注意してください。 目に入ると緑内障を起こす可能性があります。 他の副作用は皮膚系統に現れることが多く、「皮膚委縮」が起きます。 皮膚委縮は肌質が弱い顔や首、高齢の方に起こりやすいです。 あとは「酒さ様皮膚炎」と言われる症状が出ることがあり、顔面が紅潮し毛細血管の拡張などにより、酒をのんだような顔色になることから「酒さ様皮膚炎」と呼ばれています。 あと免疫抑制作用があり臓器移植などの大手術では拒否反応を防ぐ役割を示しますが、ヘルペス治療時では、他のウイルスの感染で発症する可能性が高くなります。 他に症状としては、消化不良・視力の低下・神経過敏などがあげられます。 服用時は、副作用がでやすくなる酒は禁物です。 また副腎皮質ホルモンの作用でタンパク質が阻害され、ナトリウムが蓄積されるので、 タンパク質を積極的に摂取することと、塩分の控えめな食事を心がけてください。 口唇ヘルペスでリンデロンを治療薬として処方された場合の使い方 リンデロンは適量でないと効果がでません。 塗りすぎても少なくてもダメです。 1回につき約0. 5gが適量で患部にまんべんなく広がるように塗ります。 1日2回ほど使用をして、1日に1gを使うと、処方でもらった薬は10g入りチューブのもので、約10日で使い切ることになります。 さらに効果を持続させるには「継続して使用する」ことが大事で、良くなってきたからといって使用をやめてしまってはせっかくの治療の効果がなくなってしまいます。 薬が切れた時点で病院での診察を受け、医師と相談の上、継続するかどうかを決めることになります。 また妊婦の方は胎児に影響を及ぼす可能性があるので使用には医師との相談が必要です。 こどもの治療については、大人よりも皮膚などがまだ弱いので、やはり使用する際は医師の指示のもとで使用するかどうか決めたほうがよいでしょう。 患者によってはわけもなくふさぎ込んだり、余剰な恍惚状態になることがあるので、周りの人が患者の状態を観察してあげるようにしてください。 口唇ヘルペスは再発しやすいので注意!予防法・注意点 口唇ヘルペスはウイルスが死滅せず、一時的に神経節に戻るので再発の可能性があります。 再発を予防するには、風邪や発熱をなるべくしないよう、またバランスの良い食事や睡眠を心がけ、体の疲れ・ストレスなどをためないことです。 このような原因で免疫力が低下したときにヘルペスを発症します。 また紫外線が再発を誘発するので、日焼けには注意してください。 万が一再発してしまった場合に、患部にできた水泡は決して破らないでください。 水泡の中にウイルスが入っていて、手や使用したタオルから他の人に感染してしまいますので、つぶさないようにあるいは、同じタオルを使用しないように しましょう。 再発時の治療薬はリンデロンと似た効果がある「ベトネベート軟膏」「ヘルペシア軟膏」などの市販薬がありますので、そちらで治療を続けるようにしてください。 最近では口唇ヘルペスに特化した「ヘルペケア」というサプリもありますので、予防策として身近に置いておくのも良いかもしれません。

次の

眼・耳科用リンデロンA軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ヘルペス リンデロン

この記事でわかること• リンデロンVGとは リンデロンVGには有効成分として、 ベタメタゾン(ステロイド)と ゲンタマイシン(抗生物質)を ダブルで配合したお薬です。 リンデロンVGには、軟膏、クリーム、ローションの製剤があります。 皮膚への刺激性が少ないという理由でリンデロンVG軟膏が使用されることが多いです。 ベタメタゾンの効果 ベタメタゾンはステロイド薬です。 炎症を抑える作用があるため、 湿疹やかゆみなどのアレルギー症状に効果があります。 リンデロンVGはステロイドランクでは5段階中の3段階目の「強力」に分類されます。 ステロイドの強さランキング一覧についてはこちらの記事でまとめています。 合わせてご覧ください。 ステロイド薬とは ステロイドとは副腎皮質ホルモンと呼ばれ、ヒトの体の中にもともとあるホルモンの一種です。 副腎皮質ホルモンには炎症を抑えたり、過剰な免疫を調整したり、様々な効果を持ちます。 その副腎皮質ホルモンの構造を改良してお薬にしたものがステロイド薬と呼ばれます。 ステロイドの塗り薬で気をつけるべき副作用や対策についてこちらの記事で解説しています。 ステロイドのお薬を使用している場合、こちらの記事も合わせてご覧ください。 ゲンタマイシンの効果 ゲンタマイシンはアミノグリコシド系というカテゴリーに分類される 抗生物質です。 細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌に対して殺菌作用を持ちます。 殺菌作用により、皮膚の感染症を防ぐ作用があります。 リンデロンVGの使い方 1日1~数回、適量を塗ります。 入浴後などに使用します。 塗る量 リンデロンVG軟膏の塗る量は FTU(フィンガーチップユニット)を基準に決めます。 FTUとは、成人の人差し指の先端から、第一関節までの長さ分をチューブから出した量を言います。 成人の手のひら2枚分の面積に対して、1FTUを目安に塗ります。 塗るタイミング リンデロンVGの塗るタイミングは保湿のお薬と共通です。 皮膚が清潔で潤っている時がより効果的です。 そのため、入浴後の使用が基本です。 1日2回塗るときは朝と入浴後などで塗ります。 保湿剤などが同時に処方されている場合は、 入浴後に保湿剤を素早く広範囲に塗ります。 その後にリンデロンVGを、 炎症や湿疹ができているところにピンポイントで塗っていきます。 塗る順序のタイムライン• リンデロンVGの注意点 リンデロンVGは有効成分として、ステロイド薬のベタメタゾンを含みます。 そのため、 ステロイド薬に特有の注意点があります。 医師・薬剤師の指示通りに 塗る期間は医師の指示に従ってください。 自己判断で塗るのをやめたりしないでください。 ステロイドがなんとなく怖いという理由で塗る量を少なくしたり、塗るのをやめてしまうと、お薬の効果がうまく発揮されず、 かえって治療期間が長引いてしまうことがあります。 医師は皮膚の症状によって適切な期間と量を考えて処方設計しています。 指示通りに使用する場合は、副作用が起こる確率はかなり低いです。 もし、少しでも不安に思うことがあれば、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。 耐性菌に注意 リンデロンVGに含まれるゲンタマイシンは 抗生物質であり、皮膚の感染症や炎症に効果を発揮します。 よく効く反面、 長期間の使用などで、耐性菌(ゲンタマイシンが効かない菌)が出現するリスクがあります。 耐性菌ができてしまうと、お薬を変更したり、治療が長引く可能性があります。 お薬を塗るのを途中でやめてしまうことも耐性菌を作ってしまうリスクになります。 そのため、 医師の指示通りに継続して塗るようにしましょう。 リンデロンVGの副作用 短期間での使用において、副作用が問題になることは少ないです。 長期間に大量に使用した場合などに、 長期大量使用による副作用が現れる可能性があります。 短期的な副作用 短期的な副作用には、以下のようなものがあります。

次の

性器ヘルペス(再発)とリンデロンVS軟膏についてお忙しい所失...

ヘルペス リンデロン

ページコンテンツ• 口唇ヘルペスの治療薬はデメリットが多いので使わない方が良いと断言できます。 私は必須アミノ酸のリジンでヘルペスの再発を防げることを知ってサプリを飲むようになり、薬に頼らない生活ができるようになりました。 色々な薬に頼ってきたのが嘘のようです。 口唇ヘルペスの治療薬の中でも特に最悪なのはリンデロン軟膏です。 病院で口唇ヘルペスの治療を受けてリンデロン軟膏を処方されても使わない方が良いかも知れません。 通常口唇ヘルペスは外用薬にしても内服薬にしても、抗ヘルペスウイルス薬が使われます。 ただ、炎症の赤みを抑えるためにリンデロンが処方されることもありますが、主成分はステロイドです。 確かに抗炎症作用は強いので塗布すると赤みは引きますが、免疫力は一気に低下します。 ステロイドと抗生物質で再発頻度が増す 「他の病気の感染を予防するために・・・」などと医師に説明されるかも知れませんが、ステロイドのような強烈な治療薬は使えば使うほど免疫機能が下がり、ヘルペスウイルスが暴れやすい状態になります。 風邪を引いた時や普段の食事内容、ストレスによっても、すぐに再発します。 リンデロンはステロイドの中でもストロングレベル(5段階のうち二番目に強いランク)に分類されているので、皮膚の薄い唇に塗るなんてもっての他です。 抗生物質もブレンドされたリンデロンVG軟膏も、乱用禁止の治療薬です。 塗っても治療期間が何日も縮まるわけではありません。 ほんの少し赤みが引くのが早くなるぐらいの効果のために、ご自身の大切な免疫機能をボロボロにするのは割に合いません。 塗ることで余計症状が悪化するケースも少なくないので、手をださない方が賢明です。 ステロイドと抗生物質で治療していると、再発頻度がどんどん増すようになります。 口内炎もできやすくなるので、口内もチェックして下さい。 口唇ヘルペスの薬よりゲンタシンは安全? 口唇ヘルペスの治療でよく処方されるゲンタシン軟膏なら、ステロイドが入っていないので比較的安心です。 しかし、ゲンタシン軟膏は抗ウイルス薬ではありませんから、原因の単純ヘルペスウイルスを死滅させ完治させる効果はありません。 化膿するのを食い止め二次感染率を多少下げるぐらいの働きしかないため、ゾビラックス軟膏やアラセナA軟膏と一緒に使うよう指示されることになります。 また、安心とは言っても主成分は抗生物質なので、やはり頼り過ぎるのは問題です。 クラミジア治療にも使われる抗生物質は外用薬にしても内服薬にしても、自然治癒する力を弱めてしまうデメリットがあります。 悪い菌を殺菌するだけではなく、病気に対する抵抗力を養ってくれる善玉菌、微生物の発育も根こそぎ阻害してしまう薬です。 もし使用する時は耐性菌が出現しないよう、1週間以上の長期スパンで使わないよう注意し、健康な皮膚を避け水泡ができている患部だけに塗るよう心掛けて下さい。 予防的に使うのも厳禁です。 口唇ヘルペスの市販薬は第一類医薬品なので薬剤師から説明を受ければ薬局でも買うことができます。 ただ、ヘルペシアクリームやアクチビア軟膏などの市販薬も、耐性の問題でFDAから注意喚起されています。 「市販薬だから安心」とは言えません。 2017年からセルフメディケーション税制が導入されたので少しはマシかも知れませんが、市販薬も安くはありません。 第一類医薬品グループの塗り薬の中でも高い部類に入ります。 口唇ヘルペスの薬の副作用 ヘルペスは薬によって副作用が違います。 例えばゾビラックスの飲み薬は性器ヘルペスや帯状疱疹の治療にも使われますが、眠くなる副作用がでます。 眠くなる副作用は地味に辛いですよね。 たった1日ならともかく、最低5日間は薬を飲むわけですから。 「今週中ずっと眠い」なんてことになります。 車の運転をする方も服用できません。 私は眠気と貧血のダブルパンチで生理痛以上の辛い思いをさせられましたが、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症などの副作用が起きた例も報告されています。 肝臓と腎臓に一気に負担がかかるので、全身がだるくなるのは実感しました。 頭痛や吐き気、下痢、腹痛、発熱などの副作用がでることも多く、嘔吐するケースもあります。 持病やアレルギーがある方も服用できません。 ゾビラックスの改良タイプ、バルトレックスは薬を飲む回数が3回に減るものの、胃痛がでやすいので大満足とは言えません。 バルトレックスとゾビラックスどちらを選ぶ 口唇ヘルペスの定番薬、バルトレックスとゾビラックスはどちらも欠点が多い薬です。 アシクロビル配合のゾビラックスは保険を使っても1錠500円以上する値段の高さが致命的なデメリットです。 再発治療だとせいぜい5日分しか出してもらえないので、それ以上求める患者さんには自費診療扱いで処方する医師もいます。 自費診療だとたった1錠が1,600円以上することになるので、とんでもない額になります。 バルトレックスは個人輸入ルートでも高いので微妙な薬です。 バラシクロビルが主成分のバルトレックスは若干安くなりますが、この薬は服用回数が多いのがネックです。 1日6回も飲まなくてはいけないので、外で働いている方で休憩がほとんどない方にも不向きです。 外用薬も内服薬もウィルスを死滅させることはできません。 ウィルスの増殖を防ぐことしかできないので、治療薬として全然完璧ではありません。 美容成分も多く、飲む価値があるサプリです。 ヘルペスの薬は肝臓に負担と免疫力が低下 バルトレックス、ゾビラックスのどちらも耐性がつくので次第に効かなくなります。 効き目が薄れてくるとより濃度の高い錠剤にステップアップするか、違う主成分の薬を渡り歩くしかありません。 肝臓に負担をかける薬なので、長期スパンで服用するのが本当に恐ろしいことです。 効かなくなると治療期間も長くなるのでその分薬も増えてお会計も高くなります。 バルトレックスもゾビラックスも、単純疱疹だけではなく帯状疱疹や性器ヘルペスの治療に使う薬です。 長年口唇ヘルペスの薬漬けになり、性器ヘルペスや帯状疱疹を発症した時に効き目がない・・・効果的な薬がない・・・なんて事態に陥る可能性はおおいにあります。 女性は妊娠中に発症するとリスク覚悟で薬を処方されることがあります。 その時耐性がついていて薬が効かないとコレは大変です。 内服薬は肝臓のダメージも大きいので、肝機能が低下することで余計に免疫力が衰えるのも問題です。 高いお金を払って薬を飲んで、さらに再発しやすい体質にするのは本当に意味がありません。 このあたりの問題は医師に聞いても、納得できるコメントが返って来たことはありません。

次の