湘南新宿ライン 小金井行き。 【首都圏を縦に貫く2つのライン】湘南新宿ラインと上野東京ラインの特徴と利便性を解説!

小金井行き 湘南新宿ライン 停車駅

湘南新宿ライン 小金井行き

歴史 [ ]• (26年):の駅として開業。 (明治39年):により国有化。 (明治42年):制定により東北本線の所属となる。 (20年):大戦中の空襲でに来襲した米軍B29機が東北本線上り旅客列車を追尾し、当駅で急襲。 乗客乗員や列車を待っていた人等30余名が死亡した。 西口にこの空襲による犠牲者を追悼する「平和の礎」がある。 (昭和62年):により、東日本旅客鉄道の駅となる。 (13年):ICカード供用開始。 (平成30年):構内にあったKIOSKが閉店。 駅構造 [ ]• 島式2面4線のホームと留置線2線を持つ地上駅。 橋上駅舎を有する。 直営駅(駅長・助役配置)で、管理駅として・を管理下に置く。 湘南新宿ラインの列車は前述のように横須賀線へ直通する。 上野東京ラインの約半数は当駅で折り返す。 かつては日中の湘南新宿ラインも当駅折り返しが多かったが、2010年12月4日の改正で、日中時間帯の全列車が宇都宮駅まで延長された。 これに伴い、上野駅発着の1時間に1本は当駅折り返しから古河駅折り返しに見直され、運行本数も見直された。 黒磯駅と直通する15両編成の列車(湘南新宿ライン宇都宮駅発着の一部列車も)は、当駅でを行い、基本編成10両または付属編成5両のいずれかのみが宇都宮・黒磯方面に直通する。 かつては両毛線との直通列車が存在したが、2019年春のダイヤ改正を持って消滅している。 当駅北方の車両基地、に烏山線の列車が出入庫の為に当駅に入線するが、旅客営業はせず、回送のみである。 3・4番線ホーム 駅構内施設 [ ] ・・・対応・・ホーム連絡用のが設置されている。 東口:・・• 西口:・・観光案内所:オアシスポッポ館(あり)・・• ホーム:・・ 利用状況 [ ] JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は 4,136人である。 近年の推移は以下のとおりである。 乗車人員推移 年度 1日平均 乗車人員 出典 2000年(平成12年) 4,039 2001年(平成13年) 4,002 2002年(平成14年) 3,991 2003年(平成15年) 3,944 2004年(平成16年) 3,990 2005年(平成17年) 3,947 2006年(平成18年) 3,980 2007年(平成19年) 4,068 2008年(平成20年) 4,122 2009年(平成21年) 4,024 2010年(平成22年) 3,988 2011年(平成23年) 3,954 2012年(平成24年) 3,879 2013年(平成25年) 3,965 2014年(平成26年) 3,911 2015年(平成27年) 3,962 2016年(平成28年) 4,028 2017年(平成29年) 4,190 2018年(平成30年) 4,194 2019年(令和元年) 4,136 駅周辺 [ ] 駅北側にはがある。 小金井支店• 小金井支店• 小金井支店• 栃木小金井店• バス路線 [ ]• 小山市コミュニティバス「」• 小金井駅西口 - 扶桑団地 - 小山駅西口(羽川線) その他 [ ]• 当駅の宇都宮寄りには小山車両センターが設置されており、当駅始発・終点の列車となどの留置運用が多く設定されている。 また、宇都宮方面発着の15両編成の列車は当駅で連結・切り離しを行う列車がある。 2006年7月9日に - 間各駅のホームを15両編成分に延伸するまでは当駅が宇都宮線内での15両編成対応ホームの北限だったため、15両編成で運行される宇都宮方面への列車は全列車が車両の連結・切り離しを行っていた。 より、当駅以北のすべての駅での乗降ドアの開閉は、自動ではなく押ボタン式になる。 これは通年実施となっている。 当駅以外に「小金井」が付く駅名は、と、、がある。 当駅がそれらより古いため、新小金井駅は東京都小金井市内では最も古いにもかかわらず「新」を冠している。 西口に小金井運転区事務所がある。 エレベーター付近にグリーンアテンダントセンターがある。 当駅を含む下野市内3駅の発車メロディを、「下野市の歌」にする計画がある。 東日本旅客鉄道. 2020年7月10日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

高崎線・宇都宮線の湘南新宿ラインの停車駅が一目瞭然!トイレ情報も

湘南新宿ライン 小金井行き

湘南新宿 ラインの誕生と役割 湘南新宿ラインは、2001年に誕生した、大宮から東北貨物線、山手貨物線を通り、池袋、新宿、渋谷といった副都心を経由し、横須賀線に入り武蔵小杉、横浜、大船へと向かうJR東日本の運行系統の1つです。 大宮から先は宇都宮線 東北本線 の宇都宮方面へ、または高崎線の高崎方面へ直通します。 対して大船から先は横須賀線の逗子方面へ、または東海道線の小田原方面へ直通します。 当時の首都圏の中距離、長距離列車は東海道線が東京駅、宇都宮線および高崎線が上野駅をそれぞれ起終点としており、池袋や新宿、渋谷といった副都心へは山手線や中央線、埼京線といった別の路線に乗り換える必要がありました。 その乗り換えの手間を省き、複数の路線に乗り入れながら副都心を経由し、大宮以北および横浜以南へのアクセス向上を図るために、この湘南新宿ラインが誕生しました。 運行 系統は大きく分けて2つ• 高崎線〜湘南新宿ライン〜東海道線 TST• 宇都宮線〜湘南新宿ライン〜横須賀線 USY 宇都宮線と東海道線を結ぶ湘南新宿ライン、および高崎線と横須賀線を結ぶ湘南新宿ラインは存在しません。 これだけだと単純でわかりやすいと思いますが、問題は後述する列車種別とその停車駅。 これがかなり厄介になるので注意していきましょう。 なお、湘南新宿ラインには新宿始発の特急「スペーシアきぬがわ」、池袋始発の特急「踊り子」、「サフィール踊り子」、空港特急「成田エクスプレス」は今回紹介しません。 使用車両はE231系1000番台かE233系3000番台が使用されます。 TST 前橋、高崎、籠原〜平塚、国府津、小田原間 TSTは 特別快速と 快速の2種類があり、これらの共通点は、横須賀線の西大井、新川崎、保土ヶ谷、東戸塚を必ず通過することです。 特別快速小田原行き 大船 特別快速は主に昼間時間帯に高崎〜小田原間を運行する最速達種別で、横須賀線以外にも高崎線、埼京線、東海道線でも通過運転を行います。 横須賀線を含めた停車駅 通過駅 の詳細は以下の通り。 高崎〜熊谷間各停、 行田、吹上、北鴻巣 、鴻巣、北本、桶川、 北上尾 、上尾、 宮原 、大宮、浦和、赤羽、池袋、新宿、渋谷、 恵比寿 、大崎、 西大井 、武蔵小杉、 新川崎 、横浜、 保土ヶ谷、東戸塚 、戸塚、大船、藤沢、 辻堂 、茅ヶ崎、平塚、 大磯、二宮 、国府津、 鴨宮 、小田原 この種別の特徴として、通勤快速や快速アーバンの通過する北本に停まることと、一般の列車では唯一恵比寿を通過するところです。 高崎線内では、元々運行されていた上野始発の「快速アーバン」を置き換える形で運行しています。 また、東海道線内は後述する 「快速アクティー」と同じ停車駅で、概ね30分間隔で交互に運行されています。 東海道線から横須賀線に転線する快速籠原行き 戸塚 快速はほとんどの時間帯で主に籠原〜平塚間を運行する種別で、先述した横須賀線内で通過運転を行う代わりに、それ以外の路線は各駅に止まります。 そのため、平塚方面行きは戸塚から先、籠原方面行きは大崎から先は 普通として案内しています。 TSTの日中時間帯は 特別快速と 快速を大宮〜戸塚間で概ね30分間隔で交互に運行されます それぞれ1時間に1本ずつ。 USY 宇都宮、小金井〜大船、逗子間 USYは 快速と 普通の2種類があり、TSTとは異なり横須賀線内の西大井、新川崎、保土ヶ谷、東戸塚に必ず停車します。 旧渋谷ホームを通過する快速宇都宮行き 渋谷 快速は主に昼間時間帯に宇都宮〜逗子間を運行する種別で、TSTの 快速と異なり宇都宮線内のみを快速運転する列車です。 停車駅 通過駅 は以下の通り。 宇都宮〜小山間各停、 間々田、野木 、古河、 栗橋、東鷲宮 、久喜、 新白岡、白岡 、蓮田、 東大宮、土呂 、大宮〜逗子間各停 宇都宮線内は、元々運行されていた上野始発の「快速ラビット」を置き換える形で運行しています。 ただし、TSTの 快速と誤乗車を防ぐために、逗子方面行きは大宮から、宇都宮方面行きは大崎まで 普通として案内されています。 普通逗子行き 渋谷 普通はほとんどの時間帯に宇都宮〜逗子間を中心に運行する種別で、全区間で各駅に停車します。 USYの日中時間帯は 快速と 普通を大宮〜逗子間で30分間隔で交互に運行されます。 それぞれ1時間に1本ずつ。 「快速」という種別が複雑化させている要因 ここまで、湘南新宿ラインを紹介していきましたが、種別で厄介となっている要因は「快速」という種別です。 先述の通り湘南新宿ラインの快速は横須賀線内のみ快速運転を行う TSTの快速と、宇都宮線内のみ快速運転を行う USYの快速の2種類が走っています。 誤乗車を防ぐ対策として、横浜、大船方面の快速はTSTの場合戸塚まで快速表示、USYの場合は大宮で快速運転が終わるため大宮から普通として案内します。 一方大宮方面の快速は、TSTの場合快速運転の終わる大崎から普通として案内、USYの場合TSTの快速運転が終わる大崎から快速として案内するようになっています。 しかし、JR東日本HPの時刻表では、TST、USY全線にわたって「快速」として案内しているため、特にTSTの快速通過駅である西大井、新川崎、保土ヶ谷、東戸塚を利用される方は注意が必要です。 TSTの快速は高崎線内、東海道線内でも誤乗車に注意 また、TSTの快速は横須賀線内以外の区間でも乗り間違いに気をつけなければなりません。 まず高崎線内ですが、これは大宮方面行き 南行 のみ快速と案内されますが、通過駅はありません。 一方、高崎線内南行には「通勤快速」「快速アーバン」「特別快速」が別に走っており、それぞれ通過駅が異なります。 特に気をつけるべき時間帯は土休日の夕方以降の上野行きの快速アーバンが走る時です。 高崎線内はまだ時間帯と日にちが限られているので問題は少ない方ですが、対照的に毎日ほとんどの時間帯で気をつけるべきなのが東海道線内です。 東海道線内は横浜方面行き 北行 のみ快速と案内されますが、通過駅はありません。 一方東海道線北行には「特別快速」「快速アクティー 後述 」が走っており、通過駅があります。 特に快速アクティーは朝ラッシュ時間帯を除きほぼ終日で走っており、快速と略して案内することがあるので、非常に誤乗車が増えるリスクが高いです。 平塚駅の快速だけの発車案内板 真ん中が快速アクティーでその他は横須賀線内のみ快速 この画像だけでは全く違いがわからない 上野東京 ラインの誕生と役割 上野東京ラインは2015年に誕生した路線で、宇都宮線、高崎線、常磐線の起終点だった上野と、東海道線の起終点だった東京の間に線路を新設し、宇都宮線、高崎線、常磐線と東海道線の直通運転を開始した路線です。 これまで、上野および東京で乗り換える必要のあった両者が乗り換えなしで結ばれた他、並行路線の京浜東北線や山手線の混雑率を改善したり、宇都宮線、高崎線、常磐線から東海道新幹線といった他路線にダイレクトで乗り換えることができるようになりました。 なお、今回紹介する列車は上野〜東京間を直通する列車のみのため、上野始発の高崎線特急「草津」や「スワローあかぎ」、東京始発の特急「踊り子」「サフィール踊り子」等は今回紹介しません。 運行 系統は大きく分けて3つ• 高崎線〜上野東京ライン〜東海道線 TUT• 宇都宮線〜上野東京ライン〜東海道線 UUT• 常磐線〜上野東京ライン〜東海道線 JUT TUT 前橋、高崎、籠原〜平塚、国府津、小田原、熱海、沼津、伊東間 日中時間帯は 普通のみの運行で、1時間に3本運行しています。 全区間で各駅に停車します。 ただし、朝ラッシュ時の一部の高崎方面行きは、上野から快速アーバンになる列車があります。 使用車両はE231系1000番台かE233系3000番台が使用されます。 UUT 黒磯、宇都宮、小金井、古河〜平塚、国府津、小田原、熱海、沼津、伊東間 日中時間帯は東海道線内を快速運転する 快速アクティーが1時間に1本、 普通が1時間に2本運行しています。 宇都宮線内はどの列車も各駅に停車します。 快速アクティー小金井行き 平塚 快速アクティーは東海道線の藤沢〜小田原間のみ快速運転を行う速達列車で、途中、辻堂、大磯、二宮、鴨宮の4駅を通過します。 一見速達性がないように見えますが、そもそも上野東京ラインの大宮〜大船間が京浜東北線、横須賀線の快速線の役割を果たしているため、速達性に優れていると思います。 普通も各駅に停車するとはいえ、体感では快速です。 宇都宮線内は 普通として案内され、通しで快速ラビットとして運行する列車はありません。 普通は全区間各駅に停車します。 ただし、朝ラッシュ時の一部の宇都宮方面行き普通は、上野から快速ラビットになる列車があります。 使用車両はE231系1000番台かE233系3000番台が使用されます。 JUT 仙台、いわき、高萩、勝田、土浦、取手〜品川間 日中時間帯は仙台〜品川間で運行される速達型特急 「ひたち号」、高萩〜品川間で運行される停車型特急 「ときわ号」が30分間隔で交互に運行、土浦〜品川間で運行される 「特別快速」と 「快速」が1本ずつ運行しています。 ひたち号は全て品川発着で、主にいわきまで運行し、一部仙台まで運行する速達型長距離特急です。 東日本大震災の影響もあって上野東京ライン開業時はいわきまでの運行に留まっていました。 しかし、今年の3月のダイヤ改正と共に常磐線全線が復旧し、同時に常磐線特急の仙台乗り入れが復活しました。 仙台と品川を結ぶ在来線特急はとてもインパクトがあります。 速達型の役割を果たしているため、水戸〜上野間はノンストップとなります。 1日15往復運行されています。 ときわ号は一部が上野発着以外は全て品川発着で、主に勝田まで運行し、一部高萩まで運行する停車型中距離特急です。 常磐線の各主要駅に停車し、ひたち号がカバー仕切れない役割を補完しています。 1日21往復運行されています。 ひたち号、ときわ号は全て全車指定席のE657系で運行されています。 ひたち号、ときわ号に使用されるE657系 東京 特別快速は昼間時間帯に1時間に1本運行されている速達種別で、常磐快速線 取手〜上野 内でも通過運転を行います。 通過駅は天王台、我孫子、南千住、三河島の4駅で、取手以東および日暮里〜品川間は各駅に停車します。 快速は昼間時間帯に1時間に1本運行されている種別で、常磐快速線内の各駅に停車します。 以前は全線普通列車 中距離列車 として案内していましたが、取手〜北千住間で常磐緩行線で各駅停車が走っていたり、取手〜上野間のみ運行される 快速も存在するため、種別がややこしく、停車駅が統一されたと同時に快速として案内されています。 なお、品川方面は北千住から、土浦方面は取手から普通として案内しています。 特別快速、 快速 中距離列車 は全列車E531系 グリーン車アリ で運行されますが、日中時間帯上野発着で運行される取手まで、また我孫子から成田線に入る 快速はE231系 グリーン車ナシ で運行されています。 E531系の特別快速 東京 湘南新宿ラインと上野東京ライン、どちらが便利? ここまで2つの路線について紹介していきましたが、ここで気になるのは、どちらのルートが便利なのでしょうか?再度路線のルートをおさらいしておくと、• 湘南新宿ライン:大宮- 東北貨物線、山手貨物線 -池袋,新宿- 埼京線 -渋谷,大崎,武蔵小杉- 横須賀線 -横浜,戸塚,大船• 上野東京ライン:大宮- 宇都宮・高崎線 -上野- 上野東京ライン -東京,品川- 東海道線 -川崎,横浜,戸塚,大船 まず、上野、東京、品川とその駅から他路線に行く方と、池袋、新宿、渋谷とその駅から他路線に行く方がほとんどなので、目的地によってどちらが便利か変わっていきます。 大船の改札前にある東京、新宿方面行きの発車標 横須賀線も加わっているためルートや停車駅が複雑すぎる 次に、例として大宮〜大船間を乗り通す場合となると、どちらを使う方が便利でしょうか? 個人的には上野東京ラインの方が便利だと考えます。 その理由として、本数、所要時間共に湘南新宿ラインよりアドバンテージを取れているからです。 ここで、大宮〜大船間を通しで運行する列車の1時間あたりの本数 昼間時間帯の場合 を比較すると、• 湘南新宿ライン:4本 特別快速1,横須賀快速1,普通2• 上野東京ライン:6本 快速アクティー1,普通5 となり、本数は上野東京ラインの方が多いです。 また、各路線各種別の所要時間 昼間時間帯 は以下の通り。 湘南新宿ライン 特別快速:1時間16分• 湘南新宿ライン 快速:1時間17分• 湘南新宿ライン 普通:1時間25分• 上野東京ライン 普通, 快速アクティー:1時間15分 これを見ると、TSTの特別快速や快速でもTUTやUUTの普通には及ばないということがわかります。 そもそも、湘南新宿ラインは埼京線や横須賀線に乗り入れるので、その列車との兼ね合いもあって本数を簡単に増やすことができず、また全体的に迂回したルートを通ります。 対して上野東京ラインは先述の通り、上野止まりの宇都宮・高崎・常磐線と東京止まりの東海道線を繋げた形を取っているため、開業後も本数が減ることはなく、全体的にまっすぐとしたルートを通ります。 このような路線の特徴から、上野東京ラインの方が便利と考えます。 上野東京ライン開業前は両者が直通するルートが湘南新宿ラインしかなかったため、多少迂回しつつも湘南新宿ラインの方が圧倒的に便利でした。 しかし開業後は一気に形勢逆転となり、上野東京ラインが便利という形になりました。 なお、深夜時間帯の上野東京ラインに関しては、上野〜東京間の周りの騒音等に配慮する関係上、直通運転は終了し、上野または東京止まりとなってしまいます。 一方、湘南新宿ラインは本数が少なくなるものの直通運転は継続するため、多少遠回りにはなるものの、乗り換え無しで辿り着けるため、一部時間帯では湘南新宿ラインの方が便利になります。 横浜駅で見た、大宮方面に行く方へ役立つもの 湘南新宿ライン、 上野東京ラインどちらを使うのが便利かということで私は上野東京ラインをお勧めしましたが、横浜、戸塚、大船方面へ、対して赤羽、浦和、大宮方面へは、乗車するタイミングによってどっちを使ったほうが良いかが変わってくる場合もあります。 その目安となるものがこちら。 大宮到着予定時刻が記載されたモニター 横浜コンコース これは横浜駅で撮影しましたが、このモニターの特徴は、「大宮到着時刻」が書かれているところです。 湘南新宿ライン、上野東京ライン共に大宮を経由して宇都宮線または高崎線へ直通するので、ジャンクションの役割を持つ大宮にいつ着くのかでどちらに乗るのがベストなのかを教えてくれるので、とても役に立つと思います。 湘南新宿ラインと上野東京ラインの見分け方 湘南新宿ラインと上野東京ライン JUT除く の使用車両は全てE231系1000番台またはE233系3000番台で運行されるため、遠目から列車を見ただけでは新宿経由か東京経由かは判別できません。 こうなった場合は、列車の行先表示器を見たり、駅の発車案内板を確認した上で判別する必要がありますが、E231系かE233系によって見方が異なります。 E231系の場合 E231系は行先表示器が3色LEDです。 湘南新宿ラインはオレンジ色 湘南新宿ラインの場合 新宿経由が オレンジ色で表示されている 種別表示は 赤色 普通列車の場合表示なし 行先は オレンジ色 オレンジ色で 湘南新宿ライン 〇〇線直通と表示する 上野東京ラインの場合 上野東京ラインの場合 東京経由が 緑色で表示されている 種別表示は 赤色 普通列車の場合表示なし 行先は オレンジ色 緑色で 上野東京ライン 〇〇線直通と表示する E233系の場合 E233系は行先表示器がフルカラーLEDです。 湘南新宿ラインの場合 行先が オレンジ色で表示されている 上野東京ラインの場合 行先が 白色で表示されている E231系とE233系は共通運用のため、どちらが来るのかは来てからのお楽しみです。 誤乗車が心配な場合はこの判別方法を覚えて区別できるようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は首都圏を貫く 湘南新宿ラインと 上野東京ラインを解説しました! 両者とも中距離、長距離利用者を中心に役に立つ幹線のため、埼玉、東京、神奈川に行かれた際は非常に役立つと思われます。 ビジネスやお出かけの際に是非利用してみてはいかがでしょうか? 今回はここまでとなります。 ご覧いただきありがとうございました!.

次の

小金井行き 湘南新宿ライン 停車駅

湘南新宿ライン 小金井行き

湘南新宿ラインの列車で使用される 所属のE231系( - 間) 基本情報 国 所在地 、、、、、 経由路線 、、、、、、 トホホセ(田端駅 - 大宮駅 - 宇都宮駅間) タカセ シヨセ(高崎駅 - 新前橋駅間 リモセ(新前橋駅 - 前橋駅間) ヤテセ(田端駅 - 品川駅間) トカホセ(品川駅 - 武蔵小杉駅 - 小田原駅間) スカセ(大船駅 - 逗子駅間) 路線記号 JS(逗子 - 大宮間) 開業 2001年12月1日 所有者 (JR東日本) 運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本) 使用車両 を参照 路線諸元 1,067 1,500 120 路線図 湘南新宿ライン(しょうなんしんじゅくライン)は、のを経由し、()と、およびとを相互直通運転する(JR東日本)ののである。 で使われる路線記号は JS(逗子 - 大宮間)。 本項では、正式な路線名を記す必要がある場合を除き、東北本線宇都宮駅方面を指す場合は愛称の「」を、小田原駅方面を指す場合は旅客案内上の呼称である「」を用いる。 概要 [ ] 湘南新宿ラインは、主に・をターミナルとして放射状に運転していたの中距離電車を、・・の各副都心エリアを経由して相互に直通運転させる運転系統として、(13年)のから運行開始した。 当初、「湘南新宿ライン」は(快速を含む)の運転系統の名称として使用が開始され、同じ区間を走行する・およびなどに「湘南新宿ライン」の呼称はあまり用いられなかった。 近年ではこれらが湘南新宿ラインの走行区間(大宮駅 - 新宿駅 - 大船駅間)を経由する意味で主に音声案内に用いられる。 運行開始当初の本数は、日中のみ25往復の設定となっていた。 その内訳は、・からの直通列車は18往復で、ほかは新宿と・方面を結ぶ列車が存在する程度で、東京駅および上野駅発着列車に対する補助的な役割に過ぎなかった。 だが、もともとこれらの末梢路線と東京副都心間には大きな需要があったことからその後の増発が期待されていた。 当初、池袋駅構内の配線の関係で大幅増発ができなかったが、開業前から計画されていた改良工事が完成した(平成16年)のダイヤ改正では、湘南新宿ラインの全列車が南北直通運転となり、運転本数も運行開始当初と比べて2. 4倍増の64往復となった。 それ以降もダイヤ改正ごとに増発が行われ、現在はそれ以上の本数で運転されている。 運行経路については、 - - 間では• (大宮駅 - 間):を走行• (田端駅 - 間):を走行• (品川駅 - 大船駅間):および横須賀線専用線を走行(東海道線 - 高崎線系統は戸塚駅 - 大船駅間で東海道線列車線を走行) を経由する(「」の節も参照)。 駅・列車内等の案内 [ ] JTB時刻表やJR時刻表などでは、東海道線 - 高崎線系統は上記3. の区間(大崎駅 - 大船駅間)で快速運転するため全区間で「快速」「特別快速」と表記されるが、一方の宇都宮線 - 横須賀線系統は上記1. - 3. の全区間で各駅に停車するため「普通」と表記され、うち宇都宮線快速は宇都宮線のページでのみ「快速」と表記される。 JR東日本公式ホームページの各駅時刻表では、東海道線 - 高崎線系統は「快速」または「特別快速」と表記されるほか、宇都宮線 - 横須賀線系統の快速( - 大宮駅間快速)も全区間で「快速」と表記される。 また、実際の車両外側の種別等案内表示器や車内案内(音声・文字)、駅構内での案内では、宇都宮線 - 横須賀線系統の小山駅 - 大宮駅間快速の場合、南行列車の大宮駅以北区間では「快速」、大宮駅以南では「普通」として案内され、同北行列車の大崎駅以南区間では「普通」、大崎駅 - 小山駅間では「快速」として案内される。 同様に、東海道線 - 高崎線系統の大崎 - 大船間快速の場合、南行列車の大宮駅 - 戸塚駅間では「快速」、またそれ以外の区間では「普通」として案内され、同北行列車の大崎駅以南区間では「快速」、大崎駅以北区間では「普通」として案内される。 車両外側の行き先表示は、両方面とも新宿直前まで「新宿経由」と表示する。 なお、交通新聞社発行の各時刻表では、「大宮-新宿-大船間は湘南新宿ライン(愛称)です」と案内されている(上野東京ラインも同様)。 での北行の発車標では、「宇都宮線(東北線)・高崎線(通過)」となっており、湘南新宿ラインの名称を省略している。 スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」の列車位置情報では、宇都宮線・高崎線方面は赤羽駅以北で上野方面系統と、横須賀線・東海道線方面は西大井駅・横浜駅以南で横須賀・総武快速線系統および東海道線東京方面系統と並行して扱われている。 運賃および料金の計算 [ ] 大崎駅 - 間の運行上の経路は経由であるが、営業線とみなされていないため、運賃および料金の計算には山手線 - - 経由を用いる(大崎駅から品川駅を通過して西大井駅に至る経路扱い)。 また、前記の原則とは別に、運賃および料金の計算の特例が設けられている区間もある。 の規定における特定の区間の普通運賃および料金の計算は、二つの経路のうち短い方を用い、券面上は経路を指定しない。 品川駅以遠(または大崎駅方面)の各駅と、以遠(または方面)の各駅との相互間(湘南新宿ラインにおいては大崎駅 - 横浜駅を含む区間を乗車する場合)は、経由で普通運賃および料金を計算する。 を通過する区間の普通運賃および料金の計算は最短経路で行い、券面上は経路を指定しない。 電車大環状線内の各駅発着の普通運賃は最短経路を指定した上で迂回乗車として取り扱うことで事実上同様であり 、電車大環状線内の各駅発着の料金も、2015年3月14日より迂回乗車扱いが可能となった。 湘南新宿ラインでは、赤羽駅 - 西大井駅間を含む区間を乗車する場合は経由で、赤羽駅 - 池袋駅間を含む区間を乗車する場合は十条駅経由で普通運賃および料金を計算する。 の規定における運賃計算経路の選択• 赤羽駅以遠(方面) - 池袋駅以遠(方面)の各駅との相互間は、湘南新宿ライン乗車(東北本線および山手線経由)でもしない場合は、()経由で運賃および料金を計算できる。 普通運賃および料金は電車大環状線の規定が適用されるため、湘南新宿ラインでは実質定期運賃のみに適用される規定である。 旅客営業規則には記載がないため、原則通り田端駅経由の定期券を購入することもできる(この場合湘南新宿ラインと京浜東北線・山手線に加えて埼京線にも乗車でき 、東十条駅 - 大塚駅の各駅でも乗降できるが、十条駅・板橋駅での乗降はできない)。 の規定に基づく、区間外乗車を認める特例• 西大井駅以遠(方面) - 品川駅以遠(田町駅方面)の各駅との相互間の乗車券において、分岐駅(品川駅)を通過する列車(湘南新宿ライン)に乗車する場合に、大崎駅で途中下車をしない限り大崎駅 - 品川駅間の乗車が認められる。 この場合、区間外となる大崎駅 - 品川駅間は運賃計算に含めない。 ・・または以遠(または方面)・以遠(方面)もしくは大口駅以遠(方面)の各駅 - ・西大井駅または武蔵小杉駅以遠(または方面)の各駅との相互間の乗車券において、分岐駅(鶴見駅および東神奈川駅)および発駅または着駅(新子安駅)を通過する列車(湘南新宿ライン・電車)に乗車する場合に、横浜駅など乗車券区間外で途中下車をしない限り鶴見駅・新子安駅・東神奈川駅 - 横浜駅間の乗車が認められる。 この場合、区間外となる鶴見駅・新子安駅・東神奈川駅 - 横浜駅間は運賃計算に含めない。 の規定に基づく、区間外乗車を認める特例• 東神奈川駅を通過する急行(特急を含む)列車へ東神奈川駅から分岐する横浜線から乗り継ぐ 急行(特急を含む)列車から普通列車への乗継ぎを含む。 ため、東神奈川駅 - 横浜駅間を乗車する旅客 定期乗車券を所持する旅客を除く には、東神奈川駅 - 横浜駅間内で途中下車をしない限り、東神奈川駅 - 横浜駅間について乗車券面の区間外乗車の取扱いができる。 急行(特急を含む)に限らず、東神奈川駅に停車しない普通列車(東海道線列車・横須賀線電車・湘南新宿ライン・上野東京ライン)の場合についても準用する。 後記の大都市近郊区間内相互発着における選択乗車による券面区間外乗車時においても準用する。 運転開始の背景 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年8月) 他社線との競合 [ ] 初頭、JR東日本のにおける輸送量が下落傾向にあった。 これはなどの社会的変化に加え、が(平成12年)に(当時は)・と、2001年〈平成13年〉からは南北線を経てと相互直通運転を開始するなど、競合する他の鉄道会社が神奈川・東京・埼玉を結ぶネットワークを形成したことも理由の一つだった。 こうした競合への対策として、新たに神奈川方面・東京・埼玉方面を新宿駅経由で直通する列車の設定に至った。 北関東・南関東を結ぶ輸送需要の存在 [ ] 下表は、2000年(平成12年)のと間の鉄道旅客流動状況である。 の高崎線までの延伸が1985年ので示されたのちも『埼京線延伸実現を』の意見が当時の大宮市や住民から繰り返し提出されたが、以北は宇都宮線・高崎線方面ではなく、電化されたと直通運転をすることになった。 JR発足後の1988年(昭和63年)に宇都宮線・高崎線が東北貨物線を使用して池袋駅までの運転を開始し、後に湘南新宿ラインとして発展する。 車両運用の合理化と都心車両基地の活用 [ ] 湘南新宿ラインを含む南北直通運転は、JR東日本の経営上の観点から• 車両の共通運用化による所要運用数・車両数の削減• の共通化による整備コストの削減• 都心に立地する車両基地の郊外移転と再開発を可能とする などの点で大きな利点がある。 JR東日本は2015年(平成27年)の運行開始後に、の廃止と品川車両基地の整理・、それに関連した・開設などの事業を進めている。 詳細は「」と「」を参照されたい。 競合各社の動き [ ] 新宿駅・渋谷駅 - 横浜駅・藤沢駅・小田原駅間での競合 湘南新宿ラインの登場は競合する私鉄にも影響を与えた。 特に - 間で競合する(2019年以前は東京急行電鉄)と新宿駅 - ・間で競合するは新たな対抗策を打ち出した。 東急電鉄 東急は、湘南新宿ライン運転開始に先立つ2001年(平成13年)3月28日のダイヤ改正からで特急の運転を開始し、渋谷駅 - 横浜駅 - (2004年2月1日からは)間の速達輸送を強化した。 (平成25年)3月16日からは(和光市駅 - 渋谷駅間)とを開始したことで、競合区間がさらに延びて横浜駅 - 池袋駅間になった。 小田急電鉄 小田急は、(平成14年)3月23日のダイヤ改正で藤沢駅 - 新宿駅間に「」を新設した。 2004年12月11日のダイヤ改正では「湘南急行」の種別を廃止する代わりにとに「」を新設するなど、速達性を向上させている。 運行経路 [ ] 路線図 湘南新宿ラインは、( - 間)、(田端駅 - 間)、(品川駅 - 間)を介し、大宮以北のおよびと大船以南のおよびとそれぞれ直通している。 運転系統としては、• 宇都宮線と横須賀線を直通する系統• 高崎線と東海道線を直通する系統 の2つがある。 のような東海道線と宇都宮線を直通する系統は設定されていない。 大宮駅 - 大船駅間(東北本線・山手線・東海道本線)の走行区間のほとんどが元来は主に貨物列車が走行する線路で、のやの貨物輸送合理化との開通により旅客輸送に転用された線路が多い。 大宮駅 - 田端駅間 [ ] 大宮駅からまでは東北本線の貨物線(通称 東北貨物線)を走行する。 大宮駅から赤羽駅までは東北本線旅客線(上野・東京・品川・川崎方面の宇都宮線・高崎線列車〈〉が走る線路)および京浜東北線(線籍上は東北本線)と並走する。 宇都宮線・高崎線が停車するは貨物線にホームがないため停車しない。 付近で方面()への東北本線旅客線と別れた後、沿いを京浜東北線と並走し、田端駅構内で京浜東北線と分かれて中里トンネルに入り、大きく西へカーブして山手線の南側に出る。 ただし田端駅には湘南新宿ラインの列車は停車しない。 田端駅 - 大崎駅間 [ ] 田端駅から大崎駅までは山手線の貨物線(通称 山手貨物線)を走行し、山手線電車と並行しながら・・を通過する。 - 大崎駅間は埼京線と線路を共有しており、途中の・・にホームがある。 高崎線 - 東海道線系統の特別快速列車は恵比寿駅を通過するが、他の列車はこれらのすべての駅に停車する。 池袋駅 - 大崎駅間は並走する各駅に停車する山手線に対して、湘南新宿ラインは普通列車も含めて快速列車の役割を果たす。 大崎駅構内 [ ] 大崎駅からは、と相互直通運転するを上下線の間に挟む形で同線と分岐し、通称「 」(蛇窪線)と呼ばれる短絡線に入る。 この線は横須賀線列車の走る東海道本線の支線(通称 )と立体交差した後、大きくカーブし、西大井駅の手前の旧蛇窪信号場(大崎駅構内)にて品鶴線と合流する。 大崎支線はかつて山手貨物線(線籍上は山手線)だったが、現在は旧蛇窪信号場も含めて大崎駅構内の扱いである。 本図では、とほぼ重なると旧蛇窪信号場付近でオーバークロスするの配線を省略している。 大崎駅 - 大船駅間 [ ] 旧 - 間はを、鶴見駅 - 間は東海道本線の旧貨物線(現在は 横須賀線専用線)を走行する。 この区間は貨物線として利用されていたが、品川駅から大船駅までの区間は10月1日のSM分離により同線から横須賀線列車の専用線路に転用されたものである。 旧蛇窪信号場 - 戸塚駅間には横須賀線のすべての列車が停車する・・・・・があり、湘南新宿ラインも宇都宮線 - 横須賀線系統の列車(大船行を含む)はこれと同様に全駅に停車するが、高崎線 - 東海道線系統の列車は武蔵小杉駅と横浜駅にのみ停車する(詳しくはの項を参照)。 東海道線直通列車は戸塚駅を出ると同駅構内南端の渡り線を通り、横須賀線専用線路から東海道旅客線に転線する。 新宿駅に到着する湘南新宿ライン 運行系統と列車種別 [ ] 宇都宮線 - 横須賀線の系統と高崎線 - 東海道線の系統がほぼ交互に運行されており、大宮駅 - 大船駅間で1時間に朝は6本、日中は4本運行されている。 日中の新宿駅の発車時刻は南行が毎時00・15・30・45分、北行が毎時09・19・39・49分の15分間隔となっている。 やといった他路線と共用する区間があることから上野東京ラインと比べると列車本数が限られる。 全列車がを2両連結している。 の通り、普通列車であっても、さいたま新都心駅には停車しない。 線路別複々線の構造上、新宿・池袋方面から同駅まで乗車するためには、赤羽駅または浦和駅で階段等の昇り降りを伴う乗り換えが必要となる(同一ホームでは乗り換えできない)。 これは同方面から宇都宮線直通快速で土呂駅・東大宮駅、高崎線直通特別快速で宮原駅へ向かう場合も同様。 ただしこの3駅は大宮駅で乗り換えても行くことができる。 横須賀線系統は湘南新宿ラインとの直通運転はあるが、との直通運転は設定されていない。 また、上野東京ラインのように東海道線と宇都宮線を直通する系統は存在しない。 湘南新宿ライン普通(全区間普通)• の湘南新宿ライン開業から運転開始。 1時間に日中が1本、が2-3本の運行である。 基本的に - 間の運行であるが、一部が・発着であるほか、平日には発着も1往復運転されている。 全区間普通列車。 多くは全区間15両で運転されるが、一部列車は小金井駅で5両編成のをするため、小金井駅 - 宇都宮駅間では10両となる。 また、全区間10両編成の列車も設定されている。 北行宇都宮方面への湘南新宿ライン終電は高崎線系統よりも30分ほど早いが、後続の高崎線系統の列車に乗車しても、大宮駅で上野発宇都宮線終電に乗り換えることは可能である。 運行開始当初はまでの運行であった。 また、宇都宮線黒磯駅発着の列車もあったが、2004年3月13日改正で宇都宮駅で系統分離となり廃止された。 以前は毎週金曜日(祝日は除く)の夜に臨時扱い で宇都宮線へは直通しない発着の横須賀線直通列車が1往復設定されていた(9740Y:大船駅21時31分発・新宿駅22時24分着、9741Y:新宿駅22時31分発・大船駅23時22分着)。 この新宿駅発着列車は、車両の方向幕が「湘南新宿ライン」(直通路線名なし)として運行される。 なお、以前は定期列車でもこの形態があった。 湘南新宿ライン普通/湘南新宿ライン快速(宇都宮線:快速、大宮 - 大船間・横須賀線:普通)• 運転開始。 朝から日中にかけて宇都宮駅 - 大船駅・横須賀駅間で1時間に1本運転されていた。 宇都宮線内は快速列車として運行され、日中の上野駅発着の快速「ラビット」を湘南新宿ラインに置き換えた形で運行されている。 宇都宮線内での普通列車との接続は、南行は古河駅で上野東京ライン普通、北行はで上野発の普通に接続する(一部を除く)。 多くは全区間15両で運転されるが、一部列車は小金井駅で5両編成の連結・切り離し作業を行うため、小金井駅 - 宇都宮駅間では10両になる。 また、全区間10両の列車も設定されている。 なお、宇都宮線 - 横須賀線系統は、快速も横須賀線内では各駅に停車するため「快速」の種別表示は、北行は大崎駅で表示され、南行は大宮駅で消滅する。 2015年頃より、車両外側の行先表示で北行は大崎駅まで「宇都宮線内快速」、南行は大宮駅まで「横須賀線内普通」を行先と交互に表示するようになった。 また北行きの「快速」表示は小山で消滅するようになった。 高崎線 - 東海道線系統 [ ] 当系統は、定期列車としては横須賀線内・・・に停車する列車は設定されていない。 これら各駅へは、湘南新宿ライン宇都宮線 - 横須賀線系統またはへの乗り換えが必要となる。 湘南新宿ライン普通/湘南新宿ライン快速(高崎線:普通、大宮 - 戸塚間:快速、戸塚 - 東海道線:普通)• 2001年12月1日の湘南新宿ライン開業から運転開始。 日中は - ・間で1時間に1本が運行されている(2015年6月10日現在 のダイヤ)。 特別快速の設定がないラッシュ時には、最長で - 国府津駅・間の列車があり、1時間に2 - 3本が運行されている。 朝の南行及び夜間の北行には経由でから(まで)直通する列車もあるほか、平日朝には発も1本運行されている。 大崎駅 - 戸塚駅間は横須賀線電車と同じ線路上を走り、横須賀線の西大井駅・新川崎駅・保土ケ谷駅・東戸塚駅を通過するため「湘南新宿ライン 快速」と称されるが、基本的には高崎線普通列車と東海道線普通列車を直通させた普通列車で、南行の大宮着までと戸塚駅以西、北行の大崎駅以北では車内および駅構内ともに「湘南新宿ライン 普通」と案内される。 また「快速」と称される北行でも、東海道線内は各駅に停車するため、「快速」の表示は始発駅から表示されているが、戸塚駅まで普通とも案内されている。 2015年頃より、快速運転区間内は車両外側の行先表示で北行は「高崎線内普通」を行先と交互に表示するようになった。 全列車において一部区間を除いて15両で運転される (高崎線内籠原駅・深谷駅発着列車は全区間15両で運転される。 深谷駅より先の高崎駅・前橋駅まで運転される列車は、籠原駅で5両編成の連結・切り離しを行い、小田原駅・国府津駅・平塚駅 - 籠原駅間は15両、籠原駅 - 高崎駅・前橋駅間は10両となる)。 運行開始当初は高崎線内でも快速運転を行う列車(高崎線内の停車駅は現在の特別快速と同じ)が設定されていたが、特別快速に置き換える形で2004年10月16日改正で廃止された。 ダイヤが乱れた場合上記の横須賀線内で通過する4駅に停車することがある。 大部分が朝ラッシュ時間帯である。 (全区間特別快速)• 2004年10月16日運転開始。 日中に1時間に1本運行されている(2015年6月20日 現在のダイヤ)。 高崎線内は日中の上野駅発着の快速「アーバン」を湘南新宿ラインに置き換えた形で運行されている。 置き換え対象である日中の「アーバン」が北本駅に停車していたため、現在の「アーバン」が停車しない北本駅に特別快速が停車している。 東海道線内は快速「アクティー」と停車駅が同一となっているが、こちらは湘南新宿ライン「特別快速」と 上野東京ライン快速「アクティー」 が併存している。 北行の1本目が平塚発である以外は高崎駅 - 小田原駅間で運行されている。 高崎線内では南行は桶川駅で、北行は鴻巣駅で、それぞれ先を走る上野駅発着の普通列車に接続する(北行の一部列車をのぞく)。 東海道線内では南行は平塚駅で、北行 は国府津駅・平塚駅・大船駅のいずれかで東京方面の普通列車と接続する(一部列車を除く)。 全列車 、籠原駅で5両編成の連結・切り離しを行い、小田原駅・平塚駅 - 籠原駅間は15両、籠原駅 - 高崎駅間は10両となる。 以前は土休祝日や長期休暇を中心に、土休日ダイヤで2往復が小田原駅 - 間で臨時列車として延長運転を行っていた。 この区間の途中停車駅はとのみとなり、・は快速「アクティー」は停車するが、特別快速は通過する。 これは2004年10月15日以前における一部の快速「アクティー」停車駅と同じである。 列車番号 [ ] 湘南新宿ラインの列車のは、4桁の数字と英字1字からなる(例:2521Y)。 この列車番号は、以下の規則に従って決められている。 ただし、かつて金曜日夜間に運行された臨時新宿 - 大船間普通はこの通りではなかった。 千の位 運転系統と種別を表す。 2:湘南新宿ライン普通(宇都宮線普通 - 横須賀線普通)・湘南新宿ライン普通/快速(高崎線普通 - 東海道線普通)• 4:湘南新宿ライン普通/快速(宇都宮線快速 - 横須賀線普通)・湘南新宿ライン特別快速(高崎線特別快速 - 東海道線特別快速) 百の位 宇都宮線 - 横須賀線系統は5、高崎線 - 東海道線系統は8である。 十の位・一の位 南行(大船方面)は21から、北行(大宮方面)は20から始まり、南行は奇数、北行は偶数で表される。 末尾の英字 全列車Yで表される。 その他 [ ] 年末年始の終夜運転 首都圏の主なJR線ではにを実施しているが、湘南新宿ラインは、のへの初詣客を対象として、横浜発着だった横須賀線電車に代わる形で宇都宮線 - 横須賀線系統の普通が運行されるようになった。 近年は、横須賀線が品川駅発着で復活して湘南新宿ラインと約30分間隔で交互に運行されるようになっている。 また、宇都宮線側の発着駅が小金井駅から通常設定されていない小山駅または大宮駅に短縮されている。 事故発生時などにおける影響 湘南新宿ラインは宇都宮線・高崎線と東海道線・横須賀線がを介し広範囲にわたって直通運転を行っている上、山手貨物線をと共用しているため、これらの各線や埼京線と直通運転を行う・で発生した遅延事故であっても一気に他路線へ波及してしまう。 このため、遅延時には全区間運休が発生するほか、途中で運転を打ち切られることがある。 通常の折り返し設定駅 以外にも湘南新宿ラインとしては通常折り返していない境界・分岐駅 に加え、時には湘南新宿ライン以外でも常時折り返し運転のない駅 での折り返し運転のほか、北行きが横須賀線内でルート変更してホームに余裕のある品川駅へ乗り入れて打ち切る場合もある。 また、大宮駅以北・大船駅以南・以西の各路線での待避可能駅で直通可能になるまで長時間待機することがある。 同様に大宮駅や池袋駅など到着ホームが一線のみの駅では、先行の列車によって駅に到着できず、駅直前で長時間停車することがある。 また、横須賀線の遅延時には高崎線 - 東海道線系統の列車が横須賀線内の各駅に臨時停車することがある。 なお、定時運転回復の際は埼京線や上野駅・東京駅発着系統の方が優先され 、湘南新宿ラインは運休・遅延が長引く傾向にある。 ラッシュ時の所要時間 平日朝のラッシュ時は戸塚駅 - 西大井駅間で同じ線路を走行する横須賀線普通列車との運転間隔が短く、追い越し施設もないため、快速(東海道線 - 高崎線系統)であっても横須賀線普通列車と同等の所要時間を要する。 例えば、戸塚駅を7時37分に発車する湘南新宿ライン快速籠原行きは横浜駅まで12分かかり、横浜駅到着が7時49分である。 戸塚駅を7時40分に発車する上野東京ライン普通上野行きの横浜駅到着時刻7時50分より1分早いのみである。 埼京線との比較 湘南新宿ラインは池袋駅 - 赤羽駅間で山手貨物線・東北貨物線経由となるため、同区間では赤羽線経由となる埼京線よりも所要時間がわずかに長い。 湘南新宿ラインは赤羽駅 - 大宮駅間は浦和駅のみに停車し、宇都宮・高崎線と同じ経路をたどるのに対し、埼京線は日中最速達である快速でも戸田公園駅と武蔵浦和駅 - 大宮駅間の各駅に停車し、また距離も0. 9km長いので、湘南新宿ラインの方が所要時間が短い。 ただし、大崎駅 - 池袋駅間の各駅から大宮駅まで埼京線の通勤快速を利用する場合は所要時間はほぼ変わらない。 なお、・(池袋 - 赤羽間)や(赤羽駅 - 大宮駅間)といった特例があり、運賃・料金上では両者とも池袋(赤羽線)赤羽(宇都宮線)大宮として計算することができる。 車両 [ ] すべてが使用されている。 東海道線東京口、宇都宮線・高崎線上野口、上野東京ラインと共通運用となっている。 の運転開始時は(当時は小山電車区)所属車両のみが使用された(当時はまだへの配置がなかった)。 のダイヤ改正からは湘南新宿ラインの全列車がE231系での運転となり、全列車の4・5号車にが連結された。 2004年10月16日のダイヤ改正以降は、基本的に - 直通列車は小山車両センター所属車両が、 - 直通列車は国府津車両センター所属車両がそれぞれ運用を担当している。 2015年の上野東京ライン開業後は一部が共通運用化されている。 (平成18年)7月までは小山所属編成の一部が国府津車両センターに貸し出され高崎線 - 東海道線運用に就いた他、同年2月まではその逆で国府津所属編成の一部が小山車両センターに貸し出され宇都宮線 - 横須賀線運用に就いていた。 基本編成10両または基本編成と付属編成(宇都宮駅・高崎駅側に連結)の15両で運用されている。 高崎線 - 東海道線系統は全列車が15両編成で運転され、付属編成はで増解結される。 ホーム有効長の問題から、平日朝の深谷始発の列車を除き、籠原駅以北では10両編成で運転される。 運行開始当初は「湘南新宿ライン」の愛称表示がなかったが、2004年10月16日のダイヤ改正でE231系に統一されると「湘南新宿ライン」の愛称表示を開始した。 2015年3月14日からは、上野東京ラインの開通に伴う東海道・宇都宮・高崎線における車両運用の大幅な見直しにより、E231系に加え、E233系も湘南新宿ラインで使用されるようになった。 E231系とE233系の併結運転も行われている。 の開業後は、湘南新宿ラインでもE231+E233系の混結が開始された 過去の使用車両 [ ] (2001年-2004年) 新前橋電車区(現在の)所属車両(10両編成/15両編成)が宇都宮線 - 横須賀線直通列車と高崎線 - 東海道線直通列車の両方に使用された。 全列車がE231系化された2004年10月16日のダイヤ改正で撤退した。 工事などの理由で - 間の直通運転が中止された際は、田町電車区(のち田町車両センターを経て、現在の田町センター)所属の211系が - 東海道線区間の運転を行ったことがある。 (2001年-2002年7月) 小山電車区(現在の小山車両センター)所属の車両が宇都宮線 - 横須賀線直通の列車で使用されたが、E231系への置き換えに伴い7月に撤退した。 (2001年-2004年)・(2001年-2004年) 2001年12月1日の運行開始から2004年10月16日のダイヤ改正まで新宿駅 - 横須賀線(土曜・休日の東海道線直通は215系のみ)の折り返し列車に使用された。 この列車では、田町電車区(のち田町車両センターを経て、現在の東京総合車両センター田町センター)所属の215系は10両編成、鎌倉総合車両センター(現在の)所属のE217系は11両編成で運転され、グリーン車も連結されていた。 先頭車前面の種別表示器は215系が「普通」(横須賀線系統)または「快速」(土曜・休日限定の東海道線系統)、E217系は横須賀線方面行が「横須賀線 - 総武線」、新宿行は「普通」と表示されていた。 上野・東京駅経由の南北直通運転の歴史については「」を参照 東北貨物線・山手貨物線の旅客化 [ ]• を利用した旅客列車の運転は、半ばまでは不定期列車・に限られていた。 (34年)9月から(昭和39年)9月まで、 - 間運行の不定期「」が運行された。 また、などの帰省ラッシュの時期には、の発着列車の不足を補うため、大宮駅を通る下り臨時列車の一部(主に・・方面)が始発・山手貨物線 - 経由で運行された。 また、横浜方面から日光方面へ向かう(集約臨)なども品川駅()で方向転換し、山手貨物線・東北貨物線経由で運転されていた。 (昭和59年):東北貨物線の - 間が旅客化され、平日朝の東北本線・の中距離列車の一部を貨物線経由で赤羽駅まで運転。 (昭和61年):前年に開業した(大宮駅 - 池袋駅間)が新宿駅まで延長、山手貨物線の - 新宿駅間が旅客化。 (昭和62年)12月: - 間を東北貨物線・山手貨物線・大崎支線経由で冬休み・夏休みのみ運転する臨時特急「」を運行開始。 1990年まで。 (昭和63年)• :東北本線・高崎線中距離列車に東北貨物線から山手貨物線を経由して池袋駅に発着する列車を設定、終日毎時1本程度の運行を開始。 :にて運行されている「」において、・・・山手貨物線を経由して新宿駅に発着する「湘南新宿ライナー」が運行開始。 12月:池袋駅 - 日光駅間に臨時快速「」運行開始。 (元年):臨時快速「日光」が新宿に乗り入れ。 (平成2年):連結の冬季臨時寝台特急「」が - 間で運行開始。 以降、運転日によって東京方の発着駅を横浜駅・品川駅・新宿駅とし山手貨物線・東北貨物線経由で運行、1996年シーズンからは北海道方の発着駅をに延長した「」として運行。 2002年まで。 (平成3年):特急「」運行開始。 新宿行および池袋行が設定され、横須賀線品川駅から山手貨物線経由で運転。 (平成4年):臨時快速「」を特急に昇格、臨時特急「」が新宿駅 - 日光駅間で運行開始。 (平成6年):臨時特急「日光」の運転区間を発着に延長して運行。 その後は臨時快速で運行。 (平成7年)• 月日不詳:高崎線から東北貨物線・山手貨物線・大崎支線を経由して横須賀線へ直通する臨時列車「」( - 鎌倉駅間)が運行開始。 :池袋駅止まりだった宇都宮線・高崎線列車の一部列車(主に夜間)を新宿駅発着に延長。 池袋駅 - 新宿駅間は埼京線と同じく山手貨物線を走行。 (平成8年)• :埼京線がへ延伸。 ・恵比寿駅では山手貨物線にホームが設置された。 月日不詳:新特急「」( - 新宿駅間)を延長する形で宇都宮駅 - 鎌倉駅間に臨時特急「」を運行。 1997年(平成9年)まで。 (平成9年):臨時特急「日光」を藤沢駅 - 日光駅間で運行。 (平成10年)• :ホリデー快速「ビュー湘南」・「ビュー鎌倉」が運行開始。 「ビュー湘南」は新宿駅 - ・小田原駅間、「ビュー鎌倉」は新宿駅 - 鎌倉駅間で、共に1日1往復がによる運転。 新宿駅からの経路は山手貨物線 - 大崎支線 - 横須賀線である。 「ビュー湘南」はでは東海道線ホームに発着、東京方で転線していた。 湘南新宿ラインの開業により運行終了。 :特急「成田エクスプレス」の池袋駅発着列車の一部が東北貨物線を経由し大宮駅発着に延長。 (平成13年):宇都宮線・高崎線から新宿駅を経由して横須賀線・東海道線へと直通する新ルート開業を発表。 この系統愛称を「湘南新宿ライン」とすることが決定。 湘南新宿ラインの登場から現在まで [ ]• 2001年(平成13年)12月1日:ダイヤ改正から湘南新宿ラインの運転開始。 高崎線 - 東海道線直通の「快速」(東海道線内は普通、高崎線内は一部で快速運転)、宇都宮線 - 横須賀線直通の「普通」、新宿発着の横須賀線「普通」の3つを設定。 それぞれ毎時1往復ずつ計3往復。 1日あたり合計25往復。 直通列車は日中の池袋駅発着の宇都宮線・高崎線をそのまま延長したもので、この時点では朝夕の池袋駅・新宿駅発着列車は存続している。 また、大船発大宮行も1本設定された。 さらに、発着の列車も1往復設定された(2004年3月改正で宇都宮で運転系統が分離され廃止)。 それまでも土曜・休日に運転されていた東海道線「ホリデー快速」(新宿駅 - 小田原駅・熱海駅間)もホリデーの冠を外して湘南新宿ラインに組み入れられた(土曜・休日のみ運転)。 将来の増発を見込み、池袋駅北側の山手貨物線と埼京線の立体交差化工事も着工している。 (平成14年)• 5月:池袋駅北側の山手貨物線と埼京線の立体交差化工事の影響で、工事完了までの間、山手貨物線 - 池袋駅間の池袋寄り一部区間が単線となる。 当時の湘南新宿ラインのダイヤはこの工事による単線化を想定して編成されたため、ダイヤへの影響はなかった。 12月1日:の全線開通との埼京線・りんかい線用ホームの供用開始に伴い全列車が同駅に停車。 また誤乗防止のために「」の朝上り列車が「おはようライナー新宿」、夕方下り列車が「ホームライナー小田原」と列車名を変更。 (平成15年):特急「スーパービュー踊り子」(新宿駅 - 伊豆急下田駅間)を宇都宮線宇都宮始発で延長運転実施。 延長運転日は特定の土曜・休日のみ。 2004年まで。 (平成16年)• 月日不詳:宇都宮駅 - 鎌倉駅間の臨時快速「」を山手貨物線経由で運転。 :池袋駅北側の山手貨物線と埼京線の立体交差化工事が完了。 これにより同駅南側での埼京線との平面交差が解消され、湘南新宿ライン列車を大幅に増やすことが可能になる。 :ダイヤ改正。 日中は各系統毎時2本ずつ計4本となる。 全列車グリーン車2両連結の15両編成または10両編成に統一。 日中の高崎線 - 東海道線系統の列車に「 」が登場。 停車駅は高崎線側が池袋駅発着の「アーバン」(停車)、東海道線側は現在の「快速アクティー」(当時は通過)を踏襲した。 これにより、高崎線側は上野駅発着列車のうち日中の快速「アーバン」を置き換えた。 また、一部快速の高崎線内快速運転は廃止された。 一方、東海道線側は東京駅発着列車の従来の運転本数(熱海駅発着普通3本・小田原駅発着普通2本・熱海駅発着快速「アクティー」1本の計毎時6本)を確保するため東京発着列車に追加する形で湘南新宿ラインが増発となった。 日中の宇都宮線 - 横須賀線系統の列車に「 宇都宮線内快速」の普通が登場。 停車駅は快速「ラビット」を踏襲しており、宇都宮線上野発着列車のうち日中の快速「ラビット」を置き換えた。 また、横須賀線側は従来の運転本数(久里浜駅発着4本・逗子駅発着1本の計5本)を確保するため追加で湘南新宿ラインが増発となった。 新宿駅発着 の横須賀線「普通」・東海道線「快速」(土曜・休日のみ)、池袋駅・新宿駅発着の宇都宮線・高崎線全列車、および大船発大宮行「普通」はすべて廃止された。 同時に東海道線・横須賀線の・発着列車、宇都宮線・高崎線の上野駅発着列車の一部を削減し、湘南新宿ラインに移行した。 なお、朝と夜の増発分は改正前の宇都宮線・高崎線の池袋駅・新宿駅発着ダイヤを踏襲した列車が多い。 2004年(平成16年)から(平成17年)にかけての年末年始限定で高崎線 - 横須賀線直通の系統を運行した。 大崎駅 - 大船駅間を含めて全区間が各駅停車であった。 翌年以降は通常の系統である宇都宮線 - 横須賀線系統の普通のみ運行されている。 (平成18年):自治医大駅 - 宇都宮駅間各駅のホーム有効長を15両編成分に延伸。 小金井駅が宇都宮線内での15両編成対応ホームの北限だったため同駅で増解結をしていたが、工事完了にて宇都宮発着の列車が一部を除き15両化される。 (平成20年):ダイヤ改正。 (平成21年)3月14日:ダイヤ改正。 これにより、平日・土休日ともに高崎線 - 東海道線系統が宇都宮線 - 横須賀線系統よりも1往復多く運転されることになる。 また、土休日の7往復と平日の1往復が15両化され、土休日は63往復中57往復が15両で運行されるようになった。 (平成22年)3月13日:ダイヤ改正。 西大井駅 - 新川崎駅間にが開業。 同駅に湘南新宿ラインの普通(宇都宮 - 横須賀系統)、快速・特別快速(高崎 - 東海道系統)の全列車が停車。 (平成23年)• -:およびそれによるの実施により終日運休。 :始発から運転再開。 (平成25年):ダイヤ改正。 浦和駅に湘南新宿ラインの普通(宇都宮 - 横須賀系統)、快速・特別快速(高崎 - 東海道系統)の全列車が停車。 2013年(平成25年)から(平成26年)にかけての年末年始の運転から湘南新宿ラインは、小金井駅 - 逗子駅間の運転となり、宇都宮駅 - 小金井駅間は終夜運転区間から外された。 (平成27年):ダイヤ改正。 E233系による運用が開始。 高崎線 - 東海道線系統の籠原以南の運行列車が15両編成に統一される。 (平成28年):を大宮駅 - 逗子駅間で設定。 路線コードは「JS」。 (元年):付近に設置されると(相鉄)を結ぶ「」( )が開業。 ・から・東海道貨物線・相鉄新横浜線を経由して、相鉄線との間で相互直通運転を開始。 湘南新宿ラインとは池袋駅 - 武蔵小杉間で線路、西大井及び武蔵小杉で路線記号(JS)を共用する。 横浜駅 - 新宿駅間で湘南新宿ラインにおいても混雑緩和がみられるようになった。 (令和2年):渋谷駅ホームが移設される。 将来 [ ] 川口駅への停車運動 [ ]• 制度適用範囲の駅 : 山=、 区=東京都区内、 浜=横浜市内• 営業キロは田端駅・武蔵小杉駅経由のものを記載し、新宿駅からの営業キロについては 内に運賃計算に用いる十条駅・大井町駅経由のものを記載する。 を参照。 停車駅• 特急、臨時快速「」:列車記事参照• ホームライナー:「」参照• 東日本旅客鉄道・京王電鉄および東急電鉄の路線名は運転系統上の名称(正式路線名とは異なる)。 貨物列車関係は「」および「」を参照。 東京経由の大宮駅 - 大船駅間の停車駅一覧は「」を参照。 2 27. 1 27. 1 21. 0 16. 1 10. 3 4. 8 0. 4 3. 6 5. 6 8. 6 14. 4 20. 7 23. 2 35. 5 32. 0 38. 5 35. 9 43. 4 40. 2 47. 6 44. 6 53. 2 50. 3 55. 5 52. 2 57. 7 54. 9 61. 8 58. 南行は宇都宮駅 - 大宮駅間で「快速」、大宮駅 - 大船駅間で「普通」、北行は大船駅 - 大宮駅間で「普通」、小田原駅 - 大船駅間及び大宮駅 - 宇都宮駅間で「快速」と案内・表示。 JR東日本ウェブサイトの駅の時刻表では全停車駅で快速として案内。 南行は前橋駅 - 大宮駅間で「普通」、大宮駅 - 戸塚駅間で「快速」、戸塚駅 - 小田原駅間で「普通」、北行は小田原駅 - 大崎駅間で「快速」、大崎駅 - 前橋駅間で「普通」と案内・表示。 JR東日本ウェブサイトの駅の時刻表では全停車駅で快速として案内。 田端 - 赤羽 - 池袋には区間外乗車の特例がないため、通常の乗車券では上野方面から池袋方面に乗り換えることはできない(田端 - 赤羽が重複乗車となる)。 湘南新宿ラインは営業上品川駅を経由したものと扱われるため、通常の乗車券で赤羽駅で乗り換えて品川駅以西に向かえるのは大崎駅以北発着の場合に限られる。 新宿駅 - 大崎駅間は埼京線並びに相鉄線直通(相鉄・JR直通線)と線路を共用。 大崎駅 - 武蔵小杉駅間は相鉄線直通(相鉄・JR直通線)と線路を共用。 田端 - 池袋 - 赤羽(湘南新宿ライン経由)には区間外乗車の特例がないため、通常の乗車券では田端方面から湘南新宿ライン赤羽方面に乗り換えることはできない(田端 - 池袋が重複乗車となる)。 品川 - 大崎 - 西大井には区間外乗車の特例が設けられているため、品川方面から西大井方面に乗り換えることができる(品川 - 大崎の重複乗車が認められる)。 品川 - 西大井 - 大崎には区間外乗車の特例がないため、通常の乗車券では新宿方面から品川方面に乗り換えることはできない(品川 - 西大井が重複乗車となる)。 羽沢横浜国大 - 武蔵小杉 - 新川崎・横浜には区間外乗車の特例が設定されており、鶴見・新川崎 - 武蔵小杉の重複乗車が認められる。 戸塚駅 - 大船駅間は、東海道線直通列車は東海道線(旅客線)線路を、横須賀線直通列車は横須賀線線路を走行。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 公式では全列車直通運転としており、かつこれは金曜日だけの臨時扱いで、正式な系統ではない。 宇都宮線直通、または東京駅発着である。 湘南新宿ライン宇都宮線直通快速とは対照的に、宇都宮線内は各駅に停車する。 主に上野東京ライン 宇都宮線直通普通列車と接続する。 湘南新宿ラインルートは上野東京ラインルートに比べやや迂回する経路となっているため、同普通列車と東北本線 赤羽駅 - 大宮駅間で並走するダイヤとなっている。 すなわち東海道線方面から宇都宮線方面へは同普通列車への乗り換えが至便である。 大船駅・小金井駅・籠原駅• 大崎駅(埼京・りんかい線との分岐駅、折り返しあり。 横須賀線と山手線貨物線の境界)・新宿駅(埼京線折り返し駅。 湘南新宿ラインの中心)・池袋駅(埼京線との分岐駅)・大宮駅(宇都宮・高崎線との分岐駅、東北本線と東北貨物線の境界)• 小山駅・・・など• 上野東京ラインとして上野駅・東京駅を経由して南北直通運転をしている列車は、従来通り宇都宮線・高崎線が上野駅、東海道線が東京駅で折り返し運転を行う。 上野駅・東京駅発着列車は車内整理の簡略化(通常は全車両で行うところをグリーン車のみ行う)などにより折り返し停車時間を短縮しやすい。 また、湘南新宿ラインは上野駅や品川駅発着へ振替ができるが、埼京線は池袋駅での折り返しが構造上、湘南新宿ラインの発着番線である2・3番線でしかできないことなどもある。 また東海道線品川 - 横浜間での事故等により東海道線・上野東京ラインは同区間を横須賀線・湘南新宿ラインルート(品鶴線 武蔵小杉経由)に迂回運転することもあり、その影響で平常だった横須賀線も巻き添えで遅延する場合もある。 出典 [ ]• JTB時刻表 各号(JTBパブリッシング発行)• JR時刻表 各号(交通新聞社発行)• JR東日本公式ホームページ「各駅時刻表」• 旅客営業規則第69条• 旅客営業規則第69条第4号• 旅客営業規則第70条• 旅客営業規則160条• 旅客営業規則第172条第8項• (は旅客営業取扱細則、以下同じ)第110条および第154条• 旅客営業取扱基準規程第110条第1号• 旅客営業取扱基準規定第153条• 第149条• 旅客営業取扱基準規程第149条第3号• 旅客営業取扱基準規程第149条第4号• 旅客営業取扱基準規程第151条• - レスポンス、2013年12月11日• J-CAST. 2019年12月12日閲覧。 報道発表資料 [ ]• 2019年1月1日の神奈川新聞朝刊第30面の記事「JRと相鉄の相互直通運転 19年12月軸に調整」 参考文献 [ ]• 鉄道ジャーナル社『』2005年1月号 No. 459 特集・湘南新宿ラインVSアーバンネットワーク• 交友社『』2006年11月号 No. 547 特集・湘南新宿ライン• 交通新聞社『』2005年2・3月号 No. 250・251 特集・湘南新宿ライン• 鶴 通孝「JR東日本 巨人の挑戦 すべてのレールは新宿へ」 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』2003年4月号 No. 438 p26 - p39• 佐藤信之「 鉄道・軌道プロジェクトの事例研究 34 山手貨物線の旅客化 湘南新宿ライン」 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』2004年9月号 No. 455 p98- p101• 伏田忠広「JR東日本東京圏電車区間の設備改良 湘南新宿ラインをはじめとした東京圏輸送ネットワークの拡大について」 電気車研究会『』2005年1月号 No. 756 p78 - p83 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]•

次の