歯茎の腫れ 抗生物質。 歯茎が腫れたことと抗生物質の投与について

知らないと怖い!歯槽膿漏の抗生物質とその正しい使い方

歯茎の腫れ 抗生物質

歯の根元が膿んで、歯茎が腫れてしまいまいました。 すぐに歯医者に行ったところ、歯茎を切開して膿を出してもらいました。 その際、フロモックスという抗生物質とロキソニンという鎮痛薬を処方してもらいました。 抗生物質のフロモックスの方は毎食後飲み、ロキソニンは痛む時に飲んで下さいと説明を受けました。 フロモックスを飲み始めたところ、気のせいかもしれませんが、何となく体が熱を帯びているような感じがしました。 ぼやんとするような、だるさのような感じもありました。 抗生物質フロモックスの影響なのか、歯茎の腫れの影響なのかはわかりませんが、1、2日はそんな感じでした。 とは言え、生活に影響するような変化でもなかったので、気にせずフロモックスを飲み続けていました。 フロモックスを飲み始めてから、徐々に歯茎の腫れが治まってきました。 腫れが治まってくると痛みもなくなってきました。 痛み止めであるロキソニンは、処方してもらった日に1回飲んだだけで済みました。 歯医者さんの説明で、処方した分だけフロモックスは飲み切るように言われていたので、3日間毎食後にフロモックスを飲み続けました。 3日後にはかなり歯茎の腫れが治まりました。 フロモックスのおかげで、短期間で細菌を死滅できたような気がします。 もしかすると、フロモックスを飲み始めていた時の熱を帯びたような体の変化は、体の中の細菌と戦っている状態だったのかもしれません。 風邪をひいて熱が出るのと同じ感じではないかと思うのです。 多少体が熱を帯びた感じになったとは言え、日常生活に支障をきたすような体の変化ではなかったので、困ることは何もありませんでした。 中には、フロモックスの副作用で下痢や腹痛を起こす人もいるようなので、そういった副作用がなくて助かりました。 抗生物質の効果をしっかり実感することができました 【関連記事】:.

次の

根管治療途中で放置。歯茎が痛み頬が腫れ抗生剤も効果無い

歯茎の腫れ 抗生物質

歯の根元が膿んで、歯茎が腫れてしまいまいました。 すぐに歯医者に行ったところ、歯茎を切開して膿を出してもらいました。 その際、フロモックスという抗生物質とロキソニンという鎮痛薬を処方してもらいました。 抗生物質のフロモックスの方は毎食後飲み、ロキソニンは痛む時に飲んで下さいと説明を受けました。 フロモックスを飲み始めたところ、気のせいかもしれませんが、何となく体が熱を帯びているような感じがしました。 ぼやんとするような、だるさのような感じもありました。 抗生物質フロモックスの影響なのか、歯茎の腫れの影響なのかはわかりませんが、1、2日はそんな感じでした。 とは言え、生活に影響するような変化でもなかったので、気にせずフロモックスを飲み続けていました。 フロモックスを飲み始めてから、徐々に歯茎の腫れが治まってきました。 腫れが治まってくると痛みもなくなってきました。 痛み止めであるロキソニンは、処方してもらった日に1回飲んだだけで済みました。 歯医者さんの説明で、処方した分だけフロモックスは飲み切るように言われていたので、3日間毎食後にフロモックスを飲み続けました。 3日後にはかなり歯茎の腫れが治まりました。 フロモックスのおかげで、短期間で細菌を死滅できたような気がします。 もしかすると、フロモックスを飲み始めていた時の熱を帯びたような体の変化は、体の中の細菌と戦っている状態だったのかもしれません。 風邪をひいて熱が出るのと同じ感じではないかと思うのです。 多少体が熱を帯びた感じになったとは言え、日常生活に支障をきたすような体の変化ではなかったので、困ることは何もありませんでした。 中には、フロモックスの副作用で下痢や腹痛を起こす人もいるようなので、そういった副作用がなくて助かりました。 抗生物質の効果をしっかり実感することができました 【関連記事】:.

次の

歯茎の腫れ。

歯茎の腫れ 抗生物質

今日から抗生物質を飲むべきです。 <今日から三日間お薬を飲んで、腫れがひいても、また腫れるんじゃないかなあ?> 三日飲めば、原因となっている菌が抗生物質で死ぬはずですから、そうなればまた腫れることはありません。 もし、万が一にもまた腫れてくるようなことがあったら、抗生物質が3日分では足りなかったと言うことですから その歯科に電話で相談してください。 予約が無くても、診察と薬の処方をしてくれるはずです。 <次の予約の三日前から飲んだ方が良いかなあ?> その日までに炎症がもっと酷くなる可能性がありますし、3日間の抗生物質で全ての菌が死滅しなかった場合 更に数日を掛けて自力で菌をやっつけることになります。 その場合のことも計算に入れて、2週間後には完治していると計算されているのではないでしょうか? 通常は、3日分の抗生物質では菌が全滅しなくても、腫れが引き、後は自力で全滅させることができるはずですから。 ただ、過労気味だったり、口腔内の衛生状態が悪かったり、全身の栄養状態が悪かったり、体が弱っている時は 3日分の抗生物質では、またぶり返すことが無いわけではありませんので、その場合は同じ歯医者さんにご相談なさってください。 そんな場合ためにも、今日からの服用をお勧めします。 お大事にしてください。 他の回答者さんを含めて 大きな勘違いをされているようです。 投薬指導等の書類が手渡されているはずですから、それに従って下さい。 無い場合でも、ほとんどのケースで、薬袋等に、処方の指示が書いてあるはずです。 もしもはっきりしない場合は、歯科医院に電話して必ず歯科医師に投薬の方法の確認を取って下さい。 知恵袋の回答など 全く当てにしてはダメですよ!!! 場合によっては大変危険です。 わからない事があったら、直ちに主治医に連絡する事!!!! もしもジスロマック等の長期型の抗生物質を処方された場合、前投薬で無いとは決して言い切れません。 心疾患等を歯科医師が懸念した場合、予約日の何日か前から服用する場合も多々あります。 前述したジスロマック等は、3日分の服用でも、一週間の有効期間が望めます。 そのために、歯科医院で最も多く使われている薬剤の一つになっています。 いかなる場合も処方薬を服用する時は、必ず 医師・歯科医師・薬剤師等に直接確認する癖を付けておくべきです。 知恵袋なんて あてにする事自体が 完全な間違いだと気付いて下さい。 もらった薬は抗生物質だけでしたか? 抗生物質で腫れを解消するということなら、そこには細菌感染が起こっているということです。 抗生物質を飲んで細菌感染が治れば、その細菌感染によって起こっている炎症が治まり、腫れも引きます。 一時的な治療ではありません。 3日間だけの内服で感染が治る確率は低いと思いますが、ジスロマックという抗生剤であれば、3日間飲めば1週間効果が持続します。 もしジスロマック以外の薬がでているのであれば、3日間飲んだあと腫れが引いていなければ、もう一度早めにみてもらったほうがいいと思います。 一度治ってから治療までに間が空くと、その間にまた炎症を起こす可能性はありますが、予約が2週間後にしかとれなかったのでしょう。 2週間後の受診にあわせて、その3日前から飲む、ということを考えたかもしれませんが、3日間で治るという保障はないです。 2週間後に治ってなければ歯の治療ができませんので、早速今日から飲み始めて治療をした方がいいです。

次の