ペラ サイト 例。 ペラサイトとは?記事を量産しないで稼ぐ手法とその作り方

ペラサイトのキーワード選定3ヶ条!これをクリアしなければペラでは稼げない!

ペラ サイト 例

この記事の目次• ペラサイトって何? 定義としては、ページ数が1ページのサイトのことをいいます。 中には10ページ以内のサイトをそう呼ぶ人もいるので、明確な決まりは無いのかもしれないですね。 独自ドメインで運営する1ページのサイト 私がペラサイトと言うのは、独自ドメインで運営する1ページのサイトのことを指します。 無料ブログなどでも作れなくは無いのですが、ページ数が少ない分、せめてSEO的に有利な独自ドメインで運営することをおすすめします。 ペラサイトは試し打ち|量産が必要? 結論から言うと量産が必要です。 ですが、ページ数の多い大規模サイトを1つだけ作る場合、記事を数百記事入れる事もあります。 結局どんな手法でやるにしても、「1-Clickで100万円」とか「1記事書いたら不労所得がザックザク」みたいな事はありません。 記事を量産するか、ドメインを分けてサイトを量産するか、どちらも最初は数がものをいうって事です。 さらに言うとペラサイトは、キーワードを試し打ちできるメリットがあります。 よく大規模サイトなどを作っていて「全然稼げません…」と相談に来る方は、あまりキーワードのことがよくわかっていない状態でとにかく記事を量産していることがほとんどです。 ペラサイトはサイトの中でも最小単位なので、試し打ちをしていく中でしっかりとした【キーワード選定の感覚】が身に付きます。 また一つ一つ「ドメインを取ってサイトを作るのが面倒だ」と思う方もいるかもしれませんが、ペラサイトを作成する際【 】を使えばあっという間にサイトが立ち上がります。 もちろんWordPressで作っても良いのですが、 の方が圧倒的に効率化できるので初心者にはそちらがオススメですね。 1ページだからこそ中身が大事 1ページしかないからこそ中身にはこだわらなくてはいけません。 その1ページでしっかりユーザーの悩みを解決するようなコンテンツを書かなくては成約には結びつかないからです。 練習もしないで試合に出るのは無理ですよね… KYOKO セールスライティングの勉強をしましょう! ペラサイトの作り方|3ステップ それでは、ここでペラサイトの作成方法と手順を3つのステップに分けて解説していきます。 「どの商品をやったらいいか…」で悩むのではなく、「どのキーワードが空いているか?」を基準に選んでいきます。 そのキーワードを選定するのに重要になるのがライバルチェックです。 ペラサイトは基本的にライバルのいないニッチな隙間のキーワードをズバっと狙っていく手法です。 ライバルが強すぎるキーワードは、この手法には向きません。 例えば商標キーワードの中でも主力キーワードとなる「口コミ」や「効果」というキーワードは、ペラサイトで扱うべきキーワードではありません。 こちらの動画でペラサイトで狙うべきではないキーワードを暴露しています。 口コミや効果と言うキーワードは、ライバルが強いのでニッチどころかメジャーなキーワードといえます。 KYOKO ではどのようなところからニッチなキーワード選べば良いのか? 上記はGoogleで「プロアクティブ」と検索した結果です。 最下部のほうに関連キーワードが出てきますが、ここに表示されるキーワードは需要のあるキーワードがほとんどです。 この中から【あまりメジャーではないキーワード】を選んで記事を書いてみてください。 需要があり、かつライバルのいないキーワードを狙うのがペラサイト手法でのキーワード選定のコツです。 ペラサイト以外でのキーワード選定のやり方についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。 タイトルで気をつけること タイトル内に狙っているキーワード含ませる キャッチーで魅力的なタイトルをつける 28文字から32文字以内の長さでつける 狙ったキーワードを含めながら、クリックしたくなるようなタイトルを適切な長さでつけましょう。 1枚物のペラサイトだからこそ、キーワードに対する答えを明確に返さなければユーザーは、即ブラウザバックしてしまいます。 キーワードに対して次のような流れを意識してライティングしていきます。 まずはリード文。 商品の概要についてさらっと説明し、問題提起をします。 そしてメインコンテンツ。 メインコンテンツではキーワードに対する答えを明確に記載します。 記事のなるべく早い段階でキーワードに対する答えをしましょう。 ネットユーザーは忙しいので、パッと見て大体の結論がわかる位が好ましいです。 そしてメインコンテンツに対する補足のトピック。 商標キーワードで記事を作っているのであれば、口コミなど客観的な視点を補足として入れても良いでしょう。 そして最後にまとめます。 この記事の言わんとしたい事は何だったのか? 結局1番重要な結論は何だったのか? ここでまとめます。 商標であれば、最後に価格系のトピックを入れて購入の後押しをしましょう。 【番外編】ペラサイト作成のドメインとサーバー 冒頭でもお話ししたように、ペラサイトを作成する際は独自ドメインを使用することをお勧めします。 基本的にはペラサイトも最初のうちは試し打ちが必要です。 つまり量産する形になるのでたくさんのドメインを取る必要がありますね。 そこで気になるのがドメイン代と設置するためのサーバーについてだと思います。 ペラサイト用ドメイン ペラサイト用に使うドメインは、高いものでなくても構いません。 独自ドメインの取得であれば、 かお名前. comがおすすめです。 日本語ドメインとはドメイン名を日本語で取り、その文言の中にキーワードを含ませたりします。 以前より効果は薄くなったものの日本語ドメイン名内にキーワードを含ませることで多少のSEO効果があると言われています。 この日本語ドメインは表示される際エンコードされピュニコードとして英語表記に変わります。 これらのドメインの中から、商品が売れるものは翌年も更新し、そうでないものは更新しなければ良いだけのことです。 また、ペラサイトでキーワード選定スキルが上がり売れるキーワードの目利きが出来るようになれば、. net や. org のようなキーワードで本気で狙いに行っても良いのではないでしょうか。 また安いからといって、国別ドメイン等を選んでしまうと中には危険なドメインもあるので注意が必要です。 ペラサイト用サーバー これだけたくさんのドメインを格納できるサーバーがペラサイトにはオススメですね。 基本的に、相互リンクやペラサイトからペラサイトへの被リンクなどを行わないのであれば最初は1つで充分です。 ちなみに、ペラサイト用のサーバーとして1番オススメなのは です。 さらにプランにもよりますが料金もリーズナブルです。 サービス名 ベーシック 初回お支払い金額 5,300円(税別) 初期サーバー設定費用 0円 サービスの利用料金 1,100円(税別) 更新時お支払い金額 3300円(税別) MySQLの数 70個 ディスク容量 200G マルチドメイン数 無制限 WordPressの自動インストール 自動インストール可能 SSL化 無料独自SSL可能 料金も安くサポートも充実していることから、まだアフィリエイトを始めたばかりの初心者の方にも安心して使えるサーバーですね。 へテムルサーバーについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。 ペラサイトでいくら稼げるか? 結論から言うと、ペラサイトだけで月に100万円は絶対に行けます。 「ペラサイトはオワコンだ」「ペラサイトは稼げない」と提唱する人もいますが、大抵はやった事がない人の言っている事か、その人が稼げていないからそのような発言になるのでしょう。 というのも、私のコンサル生さんの中でもたくさんの方がこの月収100万円という大台を突破されているからです。 に動画をまとめていますのでぜひご覧ください! どれくらいで?となるとおおむね1年強位が平均的でしょうか… 因みに初報酬の出方も驚くほど速いのがこの手法の特徴です。 大型サイトやブログアフィリエイトでは、半年や1年報酬が出ないのは当たり前の事ですよね。 しかし私がペラサイトを指導しているスクールでは、日々報酬発生の報告がなされています。 ここには載せきれませんが、このように早い段階で皆さん結果を出されて行きます。 この小さな小さな成功体験こそが、次へのステップにつながっていくと私は思っています。 まとめ ペラサイト手法はサイトアフィリエイトの最小単位です。 しかしだからこそ稼ぐための根幹が詰まっているとも言えます。 1ページしかない弱いサイトだからこそ、ちゃんとしていなければダメなんです。

次の

神レベル!プロが作ったペラサイトの見本を5つ紹介!

ペラ サイト 例

1枚モノのセールスレター・ペラページの違いと意味とは? まずは用語の意味を解説します。 セールスレターとかペラページとかペラサイトとか何が違うのでしょうか? セールスレターというのはその名の通り「売ること」に特化したページです。 ペラページとペラサイトはほぼ同じ意味で使われていて、「たったの1ページだけで完結しているWebサイト」のことを意味します。 ではセールスレターとペラサイト(ペラページ)はどのように違うのでしょうか?• セールスレター:露骨に何かを売ろうとしてるのが分かるページ• ペラページ:売りこみ臭を消しながらセールスしようとしてるページ(orほぼ別サイトへの誘導へのリンク画像だけのページ 1枚モノのページであるということは同じなのですが、ニュアンス的にはこんな違いがあります。 ペラサイトのほうは「普通の情報サイト」みたいな見た目をしているのですが、実はアフィリエイトの成約に結びつけるのが目的だったりするわけです。 では実際に1枚もののペラサイトで稼げるのか、現実的に考えていこうと思います。 ペラサイトで月収100万円は「可能」だと断言できる理由 1ページのペラサイトやセールスレターで月収100万円稼ぐのは可能か、と聞かれると迷うことなく「可能です」と断言できます。 例えば、「インフィニティクリムゾン」という工業用製品があったとします。 「インフィニティクリムゾン」は特殊な技術を使って作られた機械で、世界中の工場で使われているにも関わらず製造できるのは日本のA社だけが製造できる商品だとします。 もともと競合が一人もいない独占商品で収益性も高い商品なので、「インフィニティクリムゾン」を売るためのペラサイト(セールスレター)をつくれば、 月100万円なんてチョロいものです。 コピーライティングがあんまり分からなくてセールスレターが多少イマイチでも売れるでしょう。 インフィニティクリムゾンは架空の商品ですが、 収益性が高くて競合が少ないというケースは世の中全体を見渡せばたくさん存在しています。 稼ぐのは可能だけど難しいペラサイトのジレンマ ペラサイトや1枚のセールスレターで月収100万円稼ぐことは「可能」だとは言いましたが、勘違いしてほしくないのが 決して「簡単ではない」ということ。 ほとんどの人が「ペラサイトで稼ぐ」と聞いて想像するのは、 「たった1ページのサイトを1日でサラッと作って放っておいたらお金が入ってくるぅぅぅ!」って感じだと思います。 ペラサイトで稼ごうとしたときに難しいのは、 「商品を見つけること」です。 先ほど「インフィニティクリムゾン」の例がペラページで収益が発生したのは、次の3つの条件を満たしていたからです。 商品に需要があること• 収益性が高い商品であること• 競合のすくない商品であること 扱う商品・サービスがこの3つの条件を満たしていれば、インターネット上で売って儲けることは簡単です。 ところが、需要がすくなく・収益性が低く・競合が多くなればなるほど、販売して稼ぐ難易度はあがっていきます。 3つの条件を満たすような「おいしい商品」を見つけるのは簡単なことではないんですよねー。 もしも、3つの条件がそろっている商品をWebで売っていきたい!という人がいればくださいませ。 直接会って話したい!という場合は、定期的に 何か力になれることがあるかもしれません。 ペラサイトでアフィリエイトが難しい最大の理由 先ほど「需要がすくなく・収益性が低く・競合が多くなればなるほど、販売して稼ぐ難易度はあがっていく」とお伝えしましたが、この観点で考えるとアフィリエイトは世間で言われているほど簡単ではありません。 この 「競合の多さ」がアフィリエイトが難しい最大の理由です。 色んな商品・サービスを検索してみても、アフィリエイトが存在する分野に関しては似たようなサイトを作っている人がかなり多い印象があります。 裏を返せば、アフィリエイトがない分野ってまだまだWebの世界は未成熟なのでチャンスの宝庫なんですけどね。 勘違いのないように言っておきますが、僕はアフィリエイトをするなと言っているわけではありません。 むしろ逆でアフィリエイトはやってみたらいいと思っています。 『 』の記事でも書いてあるように、 アフィリエイトをすることでコピーライティング・Webマーケティング・SEO・Web広告などなど幅広い分野の実践的な知識が身に付きますから。 さて、ちょっと話が脱線してしまったのでもとに戻します。 「ペラサイトのアフィリエイトで稼ぐ」と一言にいっても、大きく分けて2つのパターンがあります。 PPCアフィリエイトで稼ぐことを指す場合• サイトアフィリエイト(SEO)で稼ぐことを意味する場合 あと、番外編で「ペラサイトの量産」という手法もあるので、それぞれについて詳しく解説していきます。 先に結論を書いておきますが、どの手法も不可能ではないけど、簡単でもありません。 要するに、「どこの土俵で戦うか」ということなのです。 ペラサイトのPPCアフィリエイトで稼げるのか? PPCアフィリエイトとは、GoogleやYahoo!で検索したときの検索結果の上のほうとか下のほうに出てくる「広告」の部分にお金を払って自分のサイトを掲載して稼ぐ方法です。 PPCアフィリエイトは広告費はかかるものの、うまくいけば即効性のあるアフィリエイトのやり方です。 確かにPPCアフィリエイトは3分でつくれるようなペラページを作って月収100万円以上を稼ぐ人もたくさんいる分野ではあります。 ただし、PPCアフィリエイトはページが簡単に作れてしまう分、マネされて競合が増えるのも早いんですよね。 例えば、「スマートフォン」をPPC広告で売ろうと思うと、どストレートに「スマートフォン」という検索キーワードに広告を出しても、ライバルになる競合はたくさんいます。 (そして広告費も高い) そこで一工夫して「デジタルカメラ」という検索キーワードに「デジカメを超えたスマホのカメラ」という広告文で出稿したら大当たり! 最初はライバル不在で大きな利益が出たとしても、 ライバルに気づかれた瞬間にマネされて似たようなコンセプトの広告を出されて利益が激減…なんてことはよくある話です。 PPCアフィリエイトのペラサイトのメリットとデメリットをまとめると、• 確かにペラページだけ作れば稼げる可能性はある• でも、PPC広告の文章や切り口 コンセプト を工夫する必要がある• せっかく良い切り口が見つかってもマネされやすい 一見すると即効性があって良さそうなPPCアフィリエイトですが、PPCにはPPCの苦労があるのです。 サイトアフィリエイト(SEO)でペラページだったらどう? サイトアフィリエイトというのは、SEO 検索エンジン最適化 で自分のサイトの検索順位をあげてアクセスを集め、そのサイトで商品を紹介して稼ぐやり方です。 「サイトアフィリエイト」といっても細かく分けると色んなノウハウがありますが、今回は「ペラページ」でサイトアフィリをやるとしましょう。 サイトアフィリエイトの肝になるのは自分の作ったサイトが 狙った検索キーワードで検索上位に表示されるかどうかです。 SEOで上位表示するにはPPC広告のように3分で作れるサイトではダメで、それなりに文章を作りこむ必要があります。 SEOで上位表示するポイントはたくさんあって、詳しいことは『 』の記事を読んでほしいのですが、SEOでわざわざペラサイトにこだわる必要はありません。 ペラサイトにこだわって競合が少ない分野を探すのに労力を割くくらいなら、何記事も書いて検索上位を狙っていった方が効率的です。 なので、ペラ1枚でやるサイトアフィリエイトについてまとめると、• 競合が少ない商品であれば不可能ではない• でも、「ペラサイト」にこだわる必要はないのでやらない方が無難 変に楽しようとすると、余計に大変だったりするということですね^^; ペラページの量産戦略はどうなのか? ネットビジネスでありがちなのが「自動でペラサイトを量産してくれるツールを使えば簡単に利益がでる」みたいな話です。 サイト量産の戦略をとると、競合を避ける工夫を頭で考えたり、SEOで評価される文章を作りこんだりといった苦労はないかもしれません。 そのぶん単純に 「膨大な作業量」をこなす必要があります。 これは個人的な意見ですが、僕はぜっっったいにイヤです。 笑 できるだけ作業量は増やしたくないので。 人によっては何も考えずに量だけは圧倒的にこなせる、という人もいるので、そういう人は量産戦略もありかもしれませんね。 (僕は無理です) ここまで、ペラサイトを使ったPPCアフィリエイト・サイトアフィリエイト・量産戦略について考えてみましたが、どれも簡単ではなさそうです。 では、どうすればいいのでしょうか? 超正統派!売れるペラサイトの作り方 ここまでの話で、1枚のセールスレターやペラサイトで利益を出すことは簡単ではないということはお分かりいただけたと思います。 もしもあなたの目的が単純にお金を稼ぐことであれば、ヘンに楽しようとせずにペラサイトへの執着を捨てることが一番の選択肢です。 もっというなら「アフィリエイト」にこだわる必要もありません。 お金を稼ぐ方法は無限にあるのですから。 それを踏まえたうえで、あえて 「売れるペラサイトの作り方」を考えてみます。 売れるペラサイトは商品・サービス探しがすべて 商品がばんばん売れて稼げるペラサイトはサイトで扱う商品・サービスが次の3つの条件を満たしていることが必須です。 商品に需要があること• 収益性が高い商品であること• 競合のすくない商品であること 特にネックになるのは「競合が少ない」ということ。 これさえあれば、当サイト「コピリッチ」のメインテーマである「コピーライティング」もそんなに必要ないわけです。 とはいえ、基本的な知識くらいは知っておいて損はないので、僕が一番オススメしている本『 』とか、僕の無料メルマガ『』とかを読んでみてください。 技術的な面でいうと、サイトの設置やデザインを外注せずに自分でやるのであれば、ワードプレステンプレートの「 」だけでもそれなりにキレイなページが作れちゃうのでおすすめです。 「どうやってサイトを作るか」よりも「何を商品として扱うか」のほうが圧倒的に大事ということですが、じゃぁどんな商品がいいんだよ!?という話ですよね。 効率的なオイシイ商品・サービスの探し方は? 先ほどご紹介した3つの条件を満たす商品・サービスの一番効率的な探し方は、僕の経験上 「色んな仕事をしている人に会うこと」。 めちゃくちゃアナログですし、めちゃくちゃ遠回りに見えるかもしれませんが、僕が思うにこれ以上の最短ルートはありません。 最近本当に痛感するのですが、ネットビジネスであれどんな仕事であれ、結局は「人と人の関係」で成り立ってるんですよね。 色んな人に会ってたら、ネット上にはないようなオイシイ商品・サービスがゴロゴロ転がっています。 僕の場合、人とのつながりが仕事にも精神的な満足感にも大きく影響していると思っているので、ネット上でのつながりをリアルにつなぐために定期的な飲み会を開催しています。 ネットで売りたい商品があるんだけどどうやったらいいか分からない• ネットの情報を集めてるけど、どれを信頼したらいいか分からないからリアルな情報を聞いてみたい!• ネットの仕事をしているけど、リアルで繋がりを作って仕事を広げたい! そんな人は是非ともアゲ飲みにきて、くだらない話をしながらちょっとだけ仕事の話もしましょう。 笑 スミダの考えるペラサイトにピッタリの具体的な商品・サービスとは? 需要があって収益性も高くて競合もすくない。 そんなオイシイ商品・サービスはどんなものでしょうか? もう少し具体的に考えてみると、いくつかのパターンがあります。 新しい商品・サービス• BtoB向けの商品• ニッチで深い悩みを解決するサービス 1.新しい商品・サービス 新しい商品・サービスについては、いち早く取り扱うことで先行者メリットを得られます。 アフィリエイトの世界でも、新しい案件をいち早く取り扱うと、それだけライバルが少ないので一時的かもしれませんが大きく収益を上げやすいです。 2.BtoB向けの商品 BtoB向けの商品というのは、たとえば先ほど例にあげた架空の商品「インフィニティクリムゾン」みたいに、工場向けの機械とかですね。 BtoBは需要はあるのに売るための努力をしていない企業もたくさんあります。 そういった商品をWebで売ることができたら、かなりの収益を見込めるかもしれません。 3.ニッチで深い悩みを解決するサービス ニッチで深い悩みを解決するサービスというのは、例えば「不倫の悩み専門のカウンセリング」のようなサービス。 深い悩みであればあるほど収益性も高くなりますし、悩みの種類によっては競合がほとんどいない分野もまだまだありそうです。 もっと考えたら他にもありそうですね。 ブログではあまり出すことのできない具体例はで紹介することもあるかもしれません。 【まとめ】ビジネスはもっともっと自由だと思う 今回の記事では「ペラページ1枚で月収100万」とかキャッチーなフレーズで「超正統派の売れるペラサイトの作り方」について色々と書いてきました。 結局のところ、たった1枚のペラサイトで完結させる必要なんてないし、そもそも1枚だけのセールスレターに固執する理由はないわけです。 できるだけ楽して戦いたいのなら、まずは自分にとっての「ラク」とは何なのかを考えることが大切です。 みんなと違った斬新な切り口を考えたり探したりすること?• とにかくアクティブに量をこなすこと?• 人とのつながりを広げること? ここがハッキリしたら、ペラサイトにこだわらなくても 「あなたにとってラクで楽しいビジネス」が見つかるかもしれませんよ。 セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作• あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案• ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。 - 著者プロフィール 住田辰範 ペンネーム:角田正則 株式会社SMD代表取締役 Webセールスコピーライター・Webマーケター コピーライティングに特化した自身のメルマガの読者は1万人を超える。 当サイトはGoogle検索では「コピーライティング」「セールスコピーライター」などで1位を獲得。 いずれも2019年現在 SEO・Facebook広告やリスティング広告などのネット広告運用など、Webの集客・販売の仕組みをゼロから構築します。 LPやセールスレターの制作、HP制作、メルマガ・ステップメールの代筆、Webマーケティングコンサルまで、幅広く活動。 Webメディアの集客・販売に関するセミナーやワークショップも多数開催。 みんなに読まれている記事TOP10• カテゴリー• Twitter.

次の

[実例あり]稼げるペラサイトと稼げないペラサイトの作り方

ペラ サイト 例

ペラサイトの嘘と本当 こんにちは。 今回はペラサイトについてのお話です。 ペラサイトとは簡単にいうと ペラッペラのサイトのことです。 一枚しかページがなくて、文字数も3,000文字〜くらいの簡単なサイトのことを一般に指します。 後ほど私が作ったペラサイトをお見せします。 ペラサイトは簡単に作ることが出来るので、 「ペラのアフィリエイトサイトを沢山量産して少額の稼ぎを沢山得ましょう」みたいな話がネットには転がっています。 もし、一つのペラサイトで1ヶ月に 5,000円稼げたらどうなるでしょう? 5,000円くらいだったらいけそうな気がしますね。 ペラサイトは一般に1日もあれば出来上がると言われています。 作ってしまえば放置しておくだけで、 15万の収入が自動的に入ってくるわけです。 ペラサイトは人によっては1〜2時間で作れますので、1ヶ月で100サイト作る人もいるようです。 もちろん、闇雲に作ればいいというわけでなく、キーワード選定や商品選定をしっかりしないといけませんが、それでもこんな夢のような話あるでしょうか? 「作る時に頑張れば、後は何もしなくていい夢のようなサイト」 こんなイメージを持った私も、実際にペラサイトをいくつか作ってみました。 しかし、そこで分かったのはペラサイトの「 嘘と本当」でした。 稼げるペラサイトとは 「月に5,000円稼ぐペラサイト」 この響きだけだと、簡単に作れそうな気がします。 世の中のアフィリエイターには月に何十万、何百万と稼いでる人が何人といます。 「じゃあ、月に5,000円くらい稼ぐサイトを作るのは簡単だろう。 」 と思うのです。 しかし、私の意見を言わせてもらうと、 「5,000円稼ぐペラサイトを作るのは非常に大変だ」ということです。 1〜2時間でちょちょいと作ったペラサイトが5,000円稼ぐなんて、基本的にありません。 タイミングや運や商品選定のセンスなど、色々な幸運が積み重ならないと基本的にはありえません。 私もペラサイトは作っていますが、 その多くが失敗。 つまり 1円も稼がないサイトです。 5,000円どころか 1円も発生しないものが、沢山あるのです。 しかし、全てのペラサイトが稼げない訳ではありません。 稼げるものもあります。 事実、一つのペラサイトで何十万も稼いでる人もいます。 ではどんなペラサイトなら稼げるのか? 私の実感で言わせてもらいますと、稼げるペラサイトとは・・・ 「 頑張って作った」ペラサイトです。 つまり、1〜2時間で簡単に作ったものではなく、商品選定やキーワード選定、文章構成等々にこだわって、 ある程度の時間をかけて作ったものです。 「何だ、結局そんなことか。 」と思われるかもしれませんが、結局はそうだとしか言えないのです。 簡単に片手間で作ったものは成果は出ずに、頑張って時間をかけて作ったものには成果が付いてくるものなのです。 至極当然、当たり前の世の中の原理です。 中には「簡単に作ったものでも稼げる」ということもあるかもしれませんが、それはあくまでも例外だったりラッキーだと考えるべきでしょう。 これからペラサイトを作っていこうとする場合に、ラッキー狙いでは 宝くじを買うようなものです。 100個200個作れば当たるものもあるかもしれませんが、 不確実な話です。 ペラサイト作りでも大事なことは頑張って コンテンツを充実させることです。 特にグーグルのサイト評価の基準がコンテンツの充実中心になってからは、この傾向が強いようです。 稼げるペラサイトを作るには、 人を上回る努力や情熱が必要なのです。 ペラサイトの意義 それでは、「ペラサイトの意義」とは何になってくるでしょう? そもそもペラサイトの魅力の一つは「 簡単に作れる」だったはずです。 結局、時間をかけるのであれば、正式な何ページもあるサイトを作ったほうがいいんではないか? という風に考えます。 確かにそうです。 しかし、私はここで新たなペラサイトの意義を提案したいと思います。 それは、「 実験」です。 アフィリエイトサイト等を作る時には、 キーワード選定と 商品選定がとても重要になってきます。 皆さん、色々考えてサイトを作られると思いますが、 そのキーワードや商品が実際に当たるかは「やってみないと分からない」ところがあります。 その 当たるかどうかをペラサイトを作って「実験」するわけです。 ある程度のボリュームのあるペラサイトを作って、3ヶ月ほど様子を見ると、だいたいその商品とキーワードに可能性があるかが見えてきます。 伸びそうなサイトは少しずつでも変化がありますし、ダメなサイトはどれだけ待っても変化はありません。 伸びる可能性があるサイトが見つかれば、さらにコンテンツを充実させたりページを増やしていけばいいわけです。 将来の拡張性を見越したペラサイトを最初から作っておくのです。 可能性が見えてる訳ですから、モチベーションも高く、楽しく取り組めると思います。 もし、あなたがメインサイトを持っていて、そのサイトでも扱えるテーマだったら、わざわざペラサイトを作って実験する必要はないでしょう。 メインサイトの一ページで試してみればいいことです。 しかし、メインサイトと全くジャンルが違う場合はペラサイトが有効です。 ペラサイトを作って、 今まで挑戦したことのないジャンルで実験するのも良いでしょう。 ドメイン料がかかってしまうかと思いますが、激安ドメインでもかまわないと思います。 最初の一年100円ぐらいのドメインを選んで、当たらなければ一年で破棄すればいいのですから。 ドメインを変更すると積み上げて来たものがゼロになります。 また、この実験を繰り返していくと 「何が当たって何が外れる」かがある程度分かってきます。 作れば作るほど当たる可能性を上げていけますし、自分に実力が付いてくるのが実感できますので 自信も生まれてきます。 私の場合はペラサイト作りを通して、アフィリエイトを学んだと言ってもいいくらい勉強になりました。 ペラサイトの作り方はこちらで解説してますので後ほど読まれてください。 稼げるペラサイトと稼げないペラサイトの実例です。 成功ペラサイト実例 こちらが私が作ったペラサイトの成功例です。 コピーサイトはGoogleに報告して削除してもらいました。 怒 今後の公開予定は未定となっています。 このペラサイトは開設して半年ほどで伸びる可能性があるなと判断したペラサイトです。 ほとんど手をつけなくても、だいたい月に3〜4万円ほど稼いでくれています。 スモールキーワードで作ったサイトで、アフィリエイトASPには商材がないのでAmazonと楽天市場のアソシエイトリンクを貼っています。 バックリンク 自演リンク は無しで、何の更新もしてなかったのですが、徐々にPV数が増えて収入が出てきたので、伸びる可能性があると判断してページを増やしたりしました。 そこそこのコンテンツ内容が出来たと思いますが、トップページはおそらく一週間くらいかけて作ったと思います。 かかりすぎですが・・・。 まずキーワード選定から初めて、次に商品の選定。 調べたところ、商品のアフィリエイトASPでの取り扱いがなく残念でしたが、 Amazonアソシエイトでリンクを貼ることに。 と言ってもAmazonアソシエイトはサイトごとに審査が必要なので、リンクがないままとりあえず頑張ってページ作りを開始。 文字数的には5,000文字くらいですが、商品のリサーチ数が多いのでなかなか大変でした。 一応完成してから、Amazonアソシエイトに審査申し込みをしたところ、なんと 不合格。 このペラサイトが無駄に終わるのかと怒りと絶望に震えましたが、、「 もしもアフィリエイト」経由で申し込んだところ合格。 一安心しました。 「もしもアフィリエイト」経由だと審査が通りやすいですし、デメリットもないので登録おすすめです。 時々消えたりしてまだ不安定ですが 月間8,000PVほどの訪問があります。 訪問ユーザーの数の割には商品の購入率は高く、買い物をする気のあるユーザーが来てくれていると思います。 惜しむらくは、Amazonアソシエイトは手数料が低いのが残念です。 ASPでの取り扱いがあれば、もっと金額が上がったのでしょうが。 稼げないペラサイト それでは失敗だったペラサイトはこちらです。 失敗したペラサイトを公開するのは恥ずかしいですが、これはダメでした。 このサイトは確か1日程度で作ったと記憶しています。 先ほどのサイト同様バックリンクは無しで、何の更新もしていません。 それほどペラッペラでは無い気がしてましたが、 この程度では全然だめでした。 何よりアフィリエイトサイト感がありますし、ユーザーの為のサイトという観点で言えば先ほどのサイトとは雲泥の差かと思います。 開設から半年ほど経ちますが、月の訪問ユーザー数も5人くらいのまま、 増える様子もありません。 「結婚式 二次会 友人」というキーワードでは全然表示されませんし、「結婚式 二次会 友人 頼む」でようやく3ページ目に表示される程度です。 アフィリエイトASPからまず商品を探す方法でこの商材を選びましたが、この程度のボリュームやコンテンツではグーグルにもユーザーにも相手にされませんし、キーワード選定としても良くありませんでした。 今の所このサイトは 1 円も生み出していません。 商材選びが先かキーワード選定が先か ペラサイトに限らず、アフィリエイトサイトにおいて 「商材選定」と 「キーワード選定」は重要なポイントです。 では、どちらを優先して考えるべきでしょうか? これは正直どちらとも言えません。 商材選定から先にしますと、通常アフィリエイトASPで商品を探します。 そこで報酬や様々な条件を考えて、商材を選びます。 すると、 人気商材はやはりライバルが多くなりますし、 キーワード選定も思ったように自由に出来ないことがあります。 どうしてもキーワードが似通ってしまう。 つまり、「 売れた時の報酬は多いが中々売れない」傾向になります。 キーワード選定からしますと、「これは狙い目だ」というようなスモールキーワードを思いついたとしても、その商品がアフィリエイトASPにないと、Amazonや楽天市場からの手数料になってしまいます。 すると 手数料は安いので、「 売れやすいが単価が安い」となってしまうのです。 つまりどちらにもメリット、デメリットがあるのです。 ベストは「良いキーワードが思いついて、その商品がASPにもあった」というのがベストなんでしょうが、中々そう上手くはいかないものです。 どちらかを選べと言われたら私は 「キーワード選定」からするべきかなと思います。 少額でも売れなければ話になりませんから。 大きな収益を狙うなら、「商材選定」からが良いでしょう。 もしかしたら、まだ誰も手をつけてない新手の商材が出てきて、上手く稼げるかもしれません。 その場合は、常にASPの新着商材をチェックしておく必要があります。 私はしたことないですが、あえてASPの誰も選ばなさそうな商材を選ぶのもありかもしれません。 手数料が低かったり売れなさそうな商品だと、扱う人が少なそうなので、あえて挑戦するのも面白いかもしれませんね。 でも同じことを考える人はある程度いるでしょうから、その時も力の入ったペラサイトを作る必要がありますが・・・。 Googleの方針的に今後は ペラサイトのような内容の薄いサイトは評価されない方向に行くかと思われます。 しかし、ペラサイトを使って実験をしながらサイト作りをしてくのもアリなんじゃないかなと私は考えています。 私も当メインサイトで扱えるものは扱いますが、違うジャンルのものは今後もペラサイトで実験していこうと思っています。 みなさんもぜひチャレンジしてみてください。 お読みいただきありがとうございました。

次の