どく ポケモン 対策。 【ポケモンGO】ドククラゲ対策におすすめのポケモンと適正わざ

【ポケモン剣盾】受けループのテンプレとその対策方法

どく ポケモン 対策

こんにちはLIGHTです。 本日はORASで強化されたポケモンの1匹 ゲッコウガの調整を考察します。 現環境では必須と言える「冷凍ビーム」、高いSを活かし2 割怯みを期待できる「悪の波動」に加えてフェアリータイプに打点が入る「ダストシュート」は人気です。 ゲッコウガはCがそこまで高くなく火力不足なので、ほとんどが「命の珠」持ちですね。 どくびしゲッコウガの調整案 特性:変幻自在 激流も有りだと思います 性格:無邪気 個体値:31-31-31-31-31-31 実数値:177--88-137-92-179 努力値 236-0-4-100-4-164 持ち物:食べ残しor気合のタスキ 優先技:どくびし 選択技:ねっとう・どくどく・身代わり・まもる・水手裏剣・影うち・冷凍ビーム・えんまくなど 有用遺伝技の遺伝経路 ・どくびし オムスター メノクラゲから遺伝した から遺伝できます。 ORASでのゲッコウガ入手方法 ORASには出現しないのでXYから連れてくる。 特性「変幻自在」の効果について 参照 技を出す直前に、使用者のタイプがその技のタイプに変化する。 小文字の場合は4振りを想定。 例 H183D106ガブリアス S調整 実数値179 110族抜き調整 A調整 ・水手裏剣 H155B100メガバシャーモ25. 初手で毒菱を撒き自身のみがまもで粘るか後続の耐久ポケモンで粘ります。 自身も特性「変幻自在」により必中の毒々をうち身代わりで粘れるだけ粘りたいところです。 毒菱 ゲッコウガと相性が良いポケモン 下記苦手ポケモンを見れるポケモンが望ましいです。 例 クレッフィ・グライオン・スイクン・ハッサムなど 毒菱 ゲッコウガの対策 ・強力な先制技・ゲッコウガよりSが高いポケモンで上から殴る ゲッコウガは耐久が高くないので、上から叩かれると弱いです。 例 ファイアロー・ルカリオ・バシャーモなど ・鋼タイプ この技構成では下記のポケモンに有効打がありません。 例 ギルガルド・クチート・クレッフィ・ハッサムなど 以上です。 最後までんでいただきありがとうございました。 過去のゲッコウガ考察記事 -単体考察- -パーティー考察 - source :• 4085• 590• 713• 690• 713• 666• 713• 8454• 714• 688• 705• 689• 712• 712• 684• 814• 770• 778• 581• 607• 5824• 611• 570• 585• 546• 556• 538• 309• 347• 401• 438• 429• 494• 5324• 541• 538• 365• 402• 428• 456• 449• 499• 522• 411• 351• 362• 3951• 449• 444• 302• 289• 315• 394• 293• 292• 290• 301• 285• 297• 4255• 333• 359• 364• 398• 293• 360• 286• 281• 526• 552• 503.

次の

【ポケモン剣盾】受けループのテンプレとその対策方法

どく ポケモン 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ドクロッグなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [27. 54] 27. 4 [26. 08] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [146. 2] 4. 4 [126. 2] 5. 1 [125. 9] 5. 9 [125. 7] 5. 7 [125. 4] 5. 1 [123. 7] 5. 1 [122. 7] 5. 4 [120. 8] 6. 5 [119. 9] 6. 7 [111. 5] 6. 1 [108. 7] 7. 0 [108. 6] 7. 0 [108. 6] 7. 4 [108. 0] 7. 8 [104. 2] 6. 3 [101. 4] 7. 1 [101. 2] 7. 7 [100. 8] 7. 2 [100. 3] 8. 0 [99. 0] 8. 4 [92. 9] 9. 7 [92. 2] 9. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

どく/もうどく(ポケモン)

どく ポケモン 対策

特性 効果 ひとでなし 相手がどく・もうどく状態の時、 自分の攻撃が必ず急所に当たる。 じゅうなん まひ状態にならない。 防御・特防が高く、HP・攻撃・特攻・素早さが低い、極端な種族値をしています。 弱点は電気・地面・エスパーの3つで、半減にできるタイプは、炎・水・氷・格闘・毒・虫・フェアリーの7つ。 毒タイプのため、 くろいヘドロを持てば、毎ターンHPを回復することができます。 特性について• ひとでなしは、どく状態の相手に対して、技が必ず急所に当たる特性です。 しかしドヒドイデはアタッカー向きの種族値ではないので、採用されることはほぼないでしょう。 じゅうなんは、自分がまひ状態にならない特性です。 強力な特性ではありますが、元々すばやさが遅いドヒドイデがまひになってもそれほど影響はなく、さいせいりょくの方が圧倒的に有用なため、この特性も採用されることはありません。 さいせいりょくは、自分が交代するたびに、HPを回復する特性です。 交代戦が得意なドヒドイデにとっては、戦術と非常にかみ合っています。 技候補 ドヒドイデが覚える技の中で、採用率が高いものを以下にまとめます。 そのターンの間、相手の攻撃を防ぎ、 直接攻撃をした相手をどく状態にする。 連続で使うと失敗しやすくなる。 どくどく Lv. 56 90 相手をもうどく状態にする。 毒タイプが使うと必中。 どくびし Lv. 30 — 相手は交代するたびに、 出したポケモンがどく状態になる。 2回使うともうどく状態になる。 飛行タイプや、特性ふゆうには無効。 毒タイプのポケモンが出ると解除される。 ベノムトラップ Lv. 42 100 どく・もうどく状態の相手の 攻撃・特攻・素早さを 1段階ずつダウン。 ノーマルタイプ 対策 ドヒドイデの仕事は、アタッカーの動きを止めて、状態異常にし、回復でじわじわ倒すことです。 ではドヒドイデと戦うにはどうしたらいいでしょうか。 対応策をまとめました。 高火力の抜群技 ひかえめウォッシュロトムの10まんボルトで、おだやかドヒドイデを確定2発 53. 5~62. じこさいせいで粘られることもあるので、技のPPは増やしておきたいですね。 ちょうはつ、アンコール ドヒドイデの変化技を見てからちょうはつやアンコールをすることで、ドヒドイデの行動を封じることができます。 みがわり みがわりでどくどくを防ぎます。 ドヒドイデは攻撃技がねっとうだけの場合が多く、特攻が低いため、ねっとうではみがわりが壊れないこともあります。 はがねタイプでどく無効 鋼タイプは、どく状態になりません。 どくを意識するなら鋼タイプは有効です。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っています。 相性で不利なドヒドイデをどう対策するか、炎ポケモンでの対策を紹介します。 みがしばエンニュート 「みがわり」と「かなしばり」で「みがしば」です。 単純にドヒドイデと1対1で戦うなら、エンニュートが最適です。 持ち物はくろいヘドロで、技構成は、どくどく、まもる、みがわり、かなしばり。 エンニュートの特性 ふしょくは、毒タイプの相手でも、どく状態にできる特性ですので、こちらがドヒドイデをどくで倒すことを狙います。 ヒートロトム ひかえめなら、特防振りのドヒドイデでも電気技で倒しきることができます。 ただ、ダイマックスされると、ダイストリームで返り討ちにあう危険もあります。 眼鏡リザードン 性格おくびょうで、こだわりメガネ持ちリザードンの ぼうふうで、H振りドヒドイデを確定2発 59. 2~70. ぼうふうを外さないこと、ドヒドイデが特殊受けでないことが条件です。 おわりに 鉄壁の守備力を誇る、ドヒドイデ。 倒しにくいポケモンこそ、倒したときの嬉しさは格別なものがあります。 今後も対策を発見し次第、追加していきたいと思います。

次の