あなたに逢いたくて。 『あなたに逢いたくて』切ない歌詞ですね

松田聖子 あなたに逢いたくて ~Missing You~ 歌詞

あなたに逢いたくて

解説 [ ]• レコード会社がから傘下の(現:)となり、移籍してから日本市場では最初のシングルとしてリリースされた。 シングルではアイドル時代を含めても自身最大の売上を記録し、調べで初の作品となった。 デビュー18年目でのこの快挙はの存在を単なる80年代のアイドル歌手に留めない偉業となった。 系『』のエンディング・テーマ(1996年4月~6月)、松田が芸能界の先輩として敬愛するが出演する「」のとなっていた。 カップリングの『明日へと駆け出してゆこう』も・テレビ朝日系アニメ『』の後期オープニングテーマであった。 このタイアップは松田自身が本作品のファンであり、また『セイント・テール』作者のも松田のファンであった事により実現したもの(詳細は同作品の項目を参照)。 TVタックルの後継のエンディングを務めたは、自身のデュエットアルバム『』 にて、とのデュエットで本曲をカバーしている。 更に、リリースのベスト盤『』でも、デュエットナンバーから唯一採用されている。 この曲でその年のに出場している。 2000年、に出場し、この曲を歌唱 2回目。 2004年、Carmen Carterがアルバム『』でカバーした。 2006年、がアルバム『』でカバーした。 2013年、に出場し、メドレー形式でこの曲を歌唱 3回目。 2014年、に大トリとして出場し、この曲を歌唱 4回目。 収録曲 [ ] 全曲 作詞:Seiko Matsuda/作曲:Seiko Matsuda、/編曲:• あなたに逢いたくて〜Missing You〜 (テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」エンディング・テーマ、Canon「PIXEL」イメージCM曲)• 明日へと駆け出してゆこう (テレビ朝日系アニメ「怪盗セイント・テール」後期オープニング主題歌)• あなたに逢いたくて〜Missing You〜(オリジナル・カラオケ)• 明日へと駆け出してゆこう(オリジナル・カラオケ) 関連作品 [ ]• あなたに逢いたくて〜Missing You〜• あなたに逢いたくて〜Missing You〜 English Version• あなたに逢いたくて2004• (初回限定盤DVDに収録)• 明日へと駆け出してゆこう• Vanity Fair• 関連項目 [ ]•

次の

“あなたに逢いたくて”〜EYESCREAM的人物図鑑〜 Page.06 Yaaaz

あなたに逢いたくて

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 店舗についての話題は各1スレにまとめて下さい。 個人についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の

あなたに逢いたくて : 作品情報

あなたに逢いたくて

解説 富豪の美女と結婚を決めながら、相手の妹を愛してしまい、存在しない双子の弟になりすまし、ひとり二役で姉妹両方とつきあおうとして悪戦苦闘する様を描いたラヴ・コメディ。 ユーモア・ミステリーの異才ドナルド・E・ウエストレイクの『二役は大変!』(邦訳・ハヤカワ文庫刊)を、「エビータ」のアントニオ・バンデラス、「透明人間」のダリル・ハンナ、「ミルク・マネー」のメラニー・グリフィスの主演、「ベルエポック」のフェルナンド・トルエバの監督・脚本(ダビッド・トルエバと共同)で映画化。 製作は「ビースト 獣の日」のアンドレ・ビセンテ・ゴメス、クリスティーナ・ウェテ、トルエバの共同。 撮影は「ベルエポック」のホセ・ルイス・アルカイネ。 音楽は「ブロードキャスト・ニュース」のミシェル・カミロで、軽快なラテン・ジャズ調のスコアは聴きもの(エンド・クレジットでは演奏場面も)。 共演は「レオン」のダニー・アイエロ、「9か月」のジョーン・キューザック、「ナイト・アンド・ザ・シティ」のイーライ・ウォーラックほか。 1996年製作/118分/アメリカ・スペイン合作 原題:Two Much 配給:日本ヘラルド映画配給(アスミック=日本ヘラルド映画提供) ストーリー マイアミ。 インチキ画商のアート・ドッジ(アントニオ・バンデラス)故人が買ったと嘘をついて絵を売りつけるために、新聞の死亡記事富豪ユージン・パレットの葬儀に出かけた。 故人の息子ジーン(ダニー・アイエロ)に追い立てられるところを、セクシーな美人ベティ(メラニー・グリフィス)が救う。 二人は意気投合、一夜で結ばれた。 ところがベティは名高い恋多き富豪の美女、さらにあのジーンと、二度結婚して離婚しているという。 情熱的なベティは一方的にアートとの結婚を決め、その記事は新聞でも公表され、ベティに未練たっぷりのジーンは怒り狂う。 ベティの屋敷で一夜をすごしたアートはシャワールームで偶然ベティの妹リズ(ダリル・ハンナ)と会う。 情熱的すぎるベティと違い、知的でクールば魅力あふれるリズに、アートは彼女こそ真実の恋人と確信。 思い余ったアートは、知的で繊細な男性が好みのリズと付き合うため、存在しない双子の弟バート(バンデラス=二役)にでっちあげた。 もともと才能のある画家だったアートは、再び絵筆をとり、新進画家バートにすぐさまなりすました。 協力者はしっかり者の秘書グロリア(ジョーン・キューザック)。 努力の甲斐あってベティに知られぬまま、リズはバード(実はアート)にひかれていく。 罪悪感を覚えはじめたアートを現実に引き戻すように、ジーンがやってくる。 彼はベティと必ず結婚して、彼女を幸せにしろとアートに強要した。 こうして臨んだアートとベティの結婚式。 ベティは偶然、ジーンがアートに、彼女への深い愛を打ち明けているのを耳にする。 かくして誓いの儀式の時。 ベティはジーンにいきなり駆け寄り、アートを尻目に彼と三度目の結婚を決めてしまう。 ほっとするアートだが、それを見ていたリズは彼のひとり二役に気づいてしまった。 アートはバートとして彼女に別れを告げた。 しばらく後。 絵画を本格的に再会したアートの展覧会が開かれ、アートとリズは再会。 アートは今度こそひとりの男としてリズと向かい合うのだった。

次の