闇営業。 吉本芸人「闇営業問題」ヤクザを長年研究してきた私はこう考える(廣末 登)

一部のホストクラブが闇営業?本紙が“トンデモ屁理屈”

闇営業

「闇営業」という言葉は、いつ頃からメディアで使われるようになったのだろうか。 この耳慣れない言葉は、誰によって発明され、どんな分野で市民権を得て、いかなるタイミングで新聞の紙面で使われるまでに成長したのだろうか。 職業柄、この種の新語には敏感なつもりでいるのだが、不覚なことに、私はこの言葉を、つい3日ほど前までまったく知らなかった。 この関係のニュースを知ったのは、ツイッターのタイムライン上に、スポニチの記事へのが張られたからだ。 ところが、吉本興業所属の芸人などによる「闇営業」の顛末を伝える記事へのリンクは、その日のうちに、突如として削除される。 ニュースに反応していたアカウントのツイートは、当然、リンク切れになる。 かくして、この種のなりゆきにセンシティブなニュースウオッチャーたちが騒ぎはじめる。 「なんだ?」 「どういうことだ?」 「どうしていきなり削除してるんだ?」 「圧力か?」 ほどなく、SNS上のざわざわした空気を察知して、ハフポストが、この間の経緯を取材した記事をアップする。 こういうところはさすがにネットメディアならではの機敏さだ。 さて、吉本興業は、当初、ハフポストの取材に対して、スポニチの記事が「誤報」だという趣旨の回答を提供した。 であるから、ハフポストも、第一報の段階では、その吉本興業のコメントに沿った(つまり、スポニチが誤報を配信して削除したというストーリー)内容で記事を配信している。 しかし、ほどなく、ハフポストの記事は、見出しの末尾に 【UPDATE】 という但し書きを付けた改訂版に差し替えられる。 私は、失笑せずにおれなかった。 というのもこの 【UPDATE】 なる英語は、翻訳すれば 【ごめん。 さっきまでの記事は誤報だった。 こっちが正解。 ごめんごめん】 ということになるからだ。 まあ、こんなふうに悪びれもせずにさらりと訂正記事を出せてしまうところが、ネットメディアのある種のたくましさなのだろう。 立派だとは思わないが、リアルな態度だとは思う。 もっとも、ハフポストの「誤報」は、彼らの文責によるものではない。 吉本興業による「フェイク情報」をそのまま流してしまったカタチだ。 してみると、この【UPDATE】案件の主たる説明責任は、あくまでも吉本興業に帰されなければならない。 けれども、吉本興業は謝罪をしない。 釈明しようとした形跡すら皆無だ。 ハフポストの【UPDATE】版のには 《吉本興業は当初、誤報として否定していたが、その後公式に発表した。 》 とだけ書いてある。 「ん? それだけか?」 というのが、普通のメディアリテラシーを備えたまっとうな読者の反応だと思う。 だって、ヒトサマの書いた記事を「誤報」と決めつけておきながら、一言のあいさつもないというのは、社会的影響力の大きい企業としてありえない態度ではないか。

次の

芸人の闇営業どころじゃない!風俗嬢の「直引き」がバレて悲惨な末路

闇営業

年末恒例の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の発表・表彰式が2日、都内で行われ、芸能界関連では「闇営業」が選ばれた。 この問題を報じた写真週刊誌「フライデー」の編集部が受賞。 表彰式で藤田康雄編集長は「受賞者は宮迫博之さんではないか、という声もあったようですが」と前置きし、「ずっと取材してきた現場の担当者からタイトルの提案があり、そこで初めて『闇営業』に」と経緯を説明。 「闇営業という言葉を知らなかったものですから、本当にそんな言葉があるのかとネットで検索したんですけど、ヒット数はゼロでした。 本当に新語だったのかもしれません」と述べた。 闇営業とは、芸人らが所属事務所を通さずに直接営業し、ギャラをまるまる懐に入れることを指す業界用語。 6月7日発売の「フライデー」は、複数のお笑い芸人が事務所を通さずに特殊詐欺グループの忘年会に参加していたことを報じた。 芸人の多数は吉本興業に所属しており、解雇や謹慎処分を受けた。 一方で、吉本興業が所属芸人の大半と契約書を交わしていなかったことや、芸人のギャラの取り分が極めて低い実態も明らかに。 主催者側は「『闇』には世間の目をはばかることという意味があるから、まさに的を得た造語といえる。 芸人の皆さん、その後ギャラは増えましたか?」と問いかけている。 選考委員たちも複雑な様子。 漫画家の辛酸なめ子さん(45)は「芸能界に様々な激震が走った今年。 ブラックホールの写真も話題になりましたが、闇営業の吸引力は強かったです」、歌人の俵万智さん(56)も「お笑いからの言葉に元気がなかったのが残念です」と振り返った。 令和最初の年間大賞は「ONE TEAM」で、ラグビー日本代表チームに授与。 日米の野球史に数々の記録を残したイチロー氏(46=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が、3月21日の引退会見で述べた「後悔などあろうはずがありません」が選考委員特別賞に選ばれた。 50音順で、順位はつけていない。

次の

闇営業レイザーラモンHG復帰「ガリガリに痩せた」

闇営業

年末恒例の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の発表・表彰式が2日、都内で行われ、芸能界関連では「闇営業」が選ばれた。 この問題を報じた写真週刊誌「フライデー」の編集部が受賞。 表彰式で藤田康雄編集長は「受賞者は宮迫博之さんではないか、という声もあったようですが」と前置きし、「ずっと取材してきた現場の担当者からタイトルの提案があり、そこで初めて『闇営業』に」と経緯を説明。 「闇営業という言葉を知らなかったものですから、本当にそんな言葉があるのかとネットで検索したんですけど、ヒット数はゼロでした。 本当に新語だったのかもしれません」と述べた。 闇営業とは、芸人らが所属事務所を通さずに直接営業し、ギャラをまるまる懐に入れることを指す業界用語。 6月7日発売の「フライデー」は、複数のお笑い芸人が事務所を通さずに特殊詐欺グループの忘年会に参加していたことを報じた。 芸人の多数は吉本興業に所属しており、解雇や謹慎処分を受けた。 一方で、吉本興業が所属芸人の大半と契約書を交わしていなかったことや、芸人のギャラの取り分が極めて低い実態も明らかに。 主催者側は「『闇』には世間の目をはばかることという意味があるから、まさに的を得た造語といえる。 芸人の皆さん、その後ギャラは増えましたか?」と問いかけている。 選考委員たちも複雑な様子。 漫画家の辛酸なめ子さん(45)は「芸能界に様々な激震が走った今年。 ブラックホールの写真も話題になりましたが、闇営業の吸引力は強かったです」、歌人の俵万智さん(56)も「お笑いからの言葉に元気がなかったのが残念です」と振り返った。 令和最初の年間大賞は「ONE TEAM」で、ラグビー日本代表チームに授与。 日米の野球史に数々の記録を残したイチロー氏(46=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が、3月21日の引退会見で述べた「後悔などあろうはずがありません」が選考委員特別賞に選ばれた。 50音順で、順位はつけていない。

次の