えんどう豆 冷凍食品。 【楽天市場】赤穂の天塩 塩えんどう 140g:生鮮食品直送便

【楽天市場】赤穂の天塩 塩えんどう 140g:生鮮食品直送便

えんどう豆 冷凍食品

業務スーパー|サラダ豆|170円 業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、170円(税込、税別158円)で販売中。 大豆、ひよこ豆、青えんどう豆、レッドキドニービーンズの4種類が、内容量にして500gほど詰まっています。 水で戻して下茹でしたのち急速冷凍されたもので、解凍したらそのまま食べられるタイプです。 熱湯で解凍する場合、100g当たり約30秒を目安に茹でるだけで、ふっくら感が戻ります。 流水に約3分ほどさらしても解凍できますが、ほんのり硬さが残りやすい印象かも。 一番楽で食感も安定するのは、耐熱容器に移してラップをし、500Wのレンジで約2分ほどチンする方法ですね。 ちなみにチリビーンズなどの煮込み料理でしたら、冷凍状態のまま投入しても大丈夫です。 青えんどうの香ばしさがやや立っている以外、風味は基本クセのないさっぱり感。 気になるほどの欠点も見当たらず、とにかく各種料理に活用しやすい一品ですね。 カレーやスープのボリュームアップ具材にはもちろん、ツナとマヨネーズで和えるなどの簡単豆サラダにもおすすめですよ。 特徴をまとめると以下のようになります。 彩りの良い4種ビーンズがたっぷり詰まった格安アソート• 柔らかすぎないしっとり食感と、さっぱり寄りの無骨な旨味• 缶詰の水煮のように洗い直す手間もなく、短めの解凍時間でさっと料理に活用できる• 豆の種類と使い切りやすいボリュームを重視するなら本品、コスパを最重視するならがおすすめ•

次の

業務スーパーの500g『サラダ豆』は4種ビーンズでカレーのちょい足しとかにも便利

えんどう豆 冷凍食品

料理の彩りに使うことの多い絹さや(さやえんどう)。 絹さやはあまり日持ちしない野菜で、冷蔵庫で保存しておくと2〜3日でしなっとしてしまいます。 そのため、保存するなら冷凍保存がおすすめです。 少量ずつ使えて便利な冷凍保存テクニックを紹介します。 【絹さやの冷凍】1分ゆでて保存! 絹さやは生のまま冷凍すると食感が悪くなるため、下ゆでしてから冷凍しましょう。 その後、冷水でしめることで食感をキープすることができます。 【保存方法】 1 筋とヘタを取る ヘタの部分をつまみ、さやの直線側(豆が入っている方)に折り、そのままゆっくりと引っ張って筋を取る。 途中で筋が切れてしまった場合は、絹さやの先端側から同じようにゆっくりと引っ張って筋を取る。 2 フライパンで1分ゆでる フライパンに1㎝くらいの水を入れ、1%の塩を加えて加熱する。 沸騰したら絹さやをフライパンに入れ、1分強ゆでる。 3 冷水で色止めをする 絹さやをざるにあげる。 すぐに冷水に入れ、冷たくなるまで浸しておく。 4 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる 絹さやが冷めたら、ペーパータオルで水けを拭き取る。 ラップを広げ、絹さやを重ならないように並べて包み、さらに冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。 この方法で約1ヵ月保存可能。 【解凍方法】 料理の彩りに使う場合:凍った状態の絹さやに熱湯をかけて解凍。 お好みの大きさにカットし、そのまま料理の彩りとして使う。 煮物などの加熱調理に使う場合:鍋で一緒に煮込む場合は、他の食材がほぼ煮えた状態で、凍ったままの絹さやを加え、1分ほど煮る。 下ゆでをしているので調理時間も短くてOK。

次の

【レビュー】「冷凍スナップえんどう」/業務スーパー

えんどう豆 冷凍食品

えんどう豆とは? えんどう豆は、「 ウスイえんどう」や「 実えんどう」「グリーンピース」に「グリンピース」など様々な呼び方がありますが、ここでは えんどう豆と呼びますね。 そんなえんどう豆、実は、芽のときから成熟するまでの 各過程で楽しめるのをご存知ですか? 若い芽は 豆苗、そして途中で さやえんどう、その後、 えんどう豆とその段階ごとで食べることができる、まるで 出世魚の「ぶり」のようですね。 そんなえんどう豆の旬は 5月下旬から7月上旬で新緑の季節です。 旬の時期のえんどう豆は やわらかくて香りも良く、人気のレシピには卵とじや豆ご飯があります。 ところで、 スナップエンドウのおいしいゆで方やゆで時間はご存知ですか?えんどう豆の新種で人気の スナップえんどうですが、こちらはえんどう豆と違って さやごと食べられます。 最初に食べたときはすごく違和感がありましたが、とっても甘くておいしいです。 また、旬の季節には、 豆の粒が大きくなるのですが、そのころには、 タンパク質や糖質、ミネラルやビタミンB1も豊富になります。 たんぱく質としては、アミノ酸の リジンが多く含まれ 脳の働きを活性化します。 また、食物繊維は腸の働きを活発にして、 便秘の予防や改善、解消に効果が期待できます。 他にも 糖尿病を改善する働きをしたり、 母乳の出をよくするといった働きもあります。 えんどう豆の保存方法、保存期間は? えんどう豆を買う時、さやのまま買うことが多いと思いますが、中にはさやから出した剥き豆を売っていることもありますよね。 えんどう豆もそうなのですが、豆類はさやから出してしまうと 傷むのが非常に早いので、できれば さや付きのものを購入するようにしましょう。 そして、さやから豆をだすのは 調理の直前にしましょう。 えんどう豆の冷蔵庫での保存方法は? さや付きのえんどう豆は呼吸をしていて熱をだしているので、保存する場合は乾燥しないように密閉袋などに入れて、できれば冷蔵庫の 野菜室で保存します。 冷蔵庫で 3日ほどは新鮮さを保つことができますが、傷むのが早いのでなるべく早く使うことをおすすめします。 さやから出してしまうと 鮮度が落ちて、そのまま置いておくことで 皮が硬くなってしまいます。 ですので、さやから出したらすぐに使い切るか、または早めに 冷凍してしまいましょう。 そら豆も旬の時期はおいしいですよね。 そら豆の保存法は、こちらをご覧ください。 冷凍する方法は 生のままでも、茹でてもどちらでも冷凍保存が可能です。 先ほどあったように、さやから出したけど当分使わないという時は、すぐに冷凍してしまいましょう。 生で冷凍する場合 生で冷凍するには、えんどう豆をさやから出したら、洗わずにそのまま密閉袋などに入れて空気をしっかり抜いて冷凍保存します。 使い方は凍ったまま調理に使います。 賞味期限は1ヶ月ほどですが、中には保存状態がよくて 1年間保存してもおいしく食べられたという方もいるようですよ。 茹でてから冷凍する場合 熱湯で 30秒から1分ほど固めに茹でて、冷ましてから密閉袋などに小分けにして冷凍庫で保存します。 使うときは 凍ったまま、豆ごはんやスープ、卵とじやわかめと煮たりとこちらもいろいろ使えて便利ですよ。 スポンサーリンク えんどう豆のおいしい茹で方、ゆで時間は? えんどう豆の茹で方、あなたはどのようにしていますか? 茹でるときに、 沸騰したお湯に入れて茹でることが多いと思いますが、実は 水から茹でたほうがおいしくきれいに仕上がるんです。 えんどう豆の 下処理は、さやから豆を出しておけばOKです。 こうすることで しわにならず、 ふっくらときれいに仕上がりますよ。 この方法、実は黒豆を煮るときも同じなんですね。 黒豆を圧力鍋できれいに煮る方法はこちらをご覧ください。 えんどう豆のゆで汁を使ってお米を炊き、蒸らしの時にえんどう豆を入れたら完成です。 別々に作ることで豆もおいしく仕上がります。 旬の時期には食べておきたい一品ですね。 溶き卵を回し入れてかき混ぜ、蓋をして数秒経ったら火を止めて完成です。 こちらもとっても簡単ですが、旬のえんどう豆の卵とじのおいしさと言ったら絶品ですよね。 私も大好きでよく作る一品です。 まとめ 今回はえんどう豆の保存方法や茹で方についてご紹介しましたが、生でも茹でても冷凍できるのは便利ですよね。 また、茹でるときに水から茹でるのはちょっと驚きですが、黒豆やあずきを炊くときを考えれば、特に驚くことでもなかったですね。 春から初夏にかけておいしいえんどう豆、ぜひ旬物を堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の