ジュブナイル 映画。 映画『ジュブナイル』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ジュブナイル : 作品情報

ジュブナイル 映画

概要 2000年に公開された日本のSF映画。 監督は。 タイトルのとは、少年期を表す一般名詞である。 のちに『』を撮る事になる、の初監督作品として有名で、当時における氏の最大の「売り」であったVFXがここぞとばかりに使用されまくっている。 そのため、映像作品として、一度は見ておくべきとの評価もある。 また本作では、氏が主人公の少年たちを助ける若き科学者【神崎宗一郎】を演じており、氏が作中では女性研究員【大石美保】を演じている。 評価 日本インターネット映画大賞2000年・映像効果賞受賞作。 ジフォーニ映画祭子供映画部門グランプリ受賞作。 内容は、『宇宙からの侵略者を倒すために、未来から来たロボットが主人公の少年とともに巨大ロボットに乗って戦う』というもので、当時流行の真っただ中にあった的な世界観と、20世紀の最後の夏に公開されたSF映画という事もあって、この年代を少年期に生きた人間にとってはまさしく刺さりに刺さる作品となっている。 また、ストーリーの原案として、ドラえもんの幻の最終回をプロットに組み込んでいることも有名な話であり、エンドロールでもそのことに言及されている。 とから名前の元ネタを取った有人型の巨大ロボ。 当時の最新ゲーム機であったのコントローラーと、を詰め込んだようなロボット。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

『アシガール』はジュブナイルドラマの傑作! 黒島結菜が中心にいることで生まれた説得力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ジュブナイル 映画

解説 未来からやって来たロボットと共に、異星人の脅威から地球を救うべく立ち上がった少年たちの一夏の冒険を描くSFファンタジー。 監督・脚本は、本作が本篇デビューとなる山崎貴。 撮影を「学校の怪談4」の柴崎幸三が担当している。 主演は、「香港大夜総会 タッチ&マギー」の香取慎吾と映画初出演の子役・遠藤雄弥、そして「ヒマラヤ杉に降る雪」の鈴木杏。 2000年製作/100分/日本 原題:Boys Meet The Future Juvenile 配給:東宝 ストーリー 2000年、夏。 林間学校に参加した祐介、岬、俊也、秀隆は、森の中で祐介に会いに来たと言う小型ロボット、テトラを発見し、祐介の部屋の押入で飼うことにする。 祐介たちが集めて来る金属片でカラダを改造したテトラは、更にタイムマシンの研究をしている天才物理化学者にして町の電気屋・神崎のパソコンからインターネットを通じて知識を増やしていった。 ところでその頃、地球上空10万キロに巨大宇宙船団が接近、また太平洋沖200海里には1辺が6キロもある巨大な三角錐が出現していた。 それは、惑星改造を目論み、地球の海水を奪いにやってきた異星人・ボイド人のものだった。 そして、彼らは自分たちの計画に邪魔になる時代に相応しくないオーバーテクノロジーであるテトラを探して、祐介たちの町に現れる。 実は、テトラはボイド人たちの脅威から地球を守る為に未来から送られてきたメッセンジャーだったのだ。 岬の従姉・範子や神崎になりすまし、テトラを奪おうとするボイド人。 彼らは岬を誘拐し、引き替えにテトラを要求してきた。 一方、テトラはガンゲリオンという巨大なパワードスーツを作成し、祐介と共にボイド人に戦いを挑んでいく。 そして、ボイド人が乳酸菌に弱いことを掴み、ボイド人を撃退。 岬の救出にも成功する。 ところが、その戦いでテトラが故障し動かなくなってしまった。 テトラには、まだ発明されていないディスクが使用されており、神崎をしても直すことは出来なかった……。 それから20年後。 ロボット工学を学んだ31歳の祐介に、テトラに内蔵されていたディスク発明のニュースが飛び込んだ。 早速、テトラを修理する祐介。 更に彼は、神崎博士の開発したタイムマシンで、テトラを2000年の夏に送った。 ボイド人の計画を少年時代の自分たちに知らせる為に……。 ネタバレ! クリックして本文を読む 少年達とロボットの一夏の冒険を描くSF映画。 監督・脚本・コンセプチュアルデザイン・VFXを山崎貴が担当している。 公開当時、主人公達とほぼ同年代だった自分にとって、この映画には本当に影響されたし憧れた。 淡い恋物語、タイムトラベル、ロボット、宇宙人、そして友人達との何気ない日常… スクリーンに映し出される、自分と同じ歳の子供達が繰り広げる冒険に胸を躍らせたことを、久しぶりに観賞して思い出した。 まだパソコンが一般的ではなく、インターネットにも馴染みのない時代。 プレステ2やPHS、VHS、コロコロコミック、サルゲッチュ… あの時代、少年なら誰もが親しんでいたあれやこれやがパッケージされており、懐かしさと寂しさで胸がいっぱいになった。 映画の内容は、よく出来ているとは言い難い。 少年時代には気付かなかった物語のアラが目についてしまう。 神崎博士と範子お姉ちゃんの恋愛要素ははっきり言って不要。 というより、この2人作中でほとんど活躍していないので存在意義もよく分からない。 香取慎吾演じる神崎博士はとても面白いキャラクターだったのでもっと活躍の場面が欲しかった。 敵のエイリアンボイド人も酷い。 VFXはなかなか頑張っているのでビジュアル面には文句はないが、もうちょっと怖さとか強さを強調出来なかったのか…? 急に日本語ペラペラになるのは何故? 最後の倒し方も何だあれ?何しに来たんだあいつら。 子供の頃は「ガンゲリオン」の登場に胸躍らせたものだが、今見るとあまりの活躍の少なさに驚く。 当時の技術的に難しいのかもしれないが、もっとバトルが見たかった。 タイムパラドックスがどうのこうのとツッコむのも野暮だが、映画終盤の2020年の描写は陳腐だし展開にも不満。 チンタラせずにサクッとテトラ作って過去に送らんかい! あの可愛らしかった主人公の少年が、20年経つと吉岡秀隆になるのか…全然似てないぞ。 今でも大好き。 そして今になって林原めぐみがテトラの声優で、カメオ出演もしていたことに気付く。 あの当時本当に売れっ子だったもんなー。 映画としては褒められたものではないかもしれない。 しかし、少年時代の大切な思い出の一本であり、映画好きになった原因の一つである特別な作品。 山崎貴の初監督作品ということもあり、彼のやりたい事が画面越しに伝わってくる、活力と多幸感に溢れる映画。 現代でもこの様なハッピーな国産SFが作られると良いのだが… ネタバレ! クリックして本文を読む MK5とか懐かしいと思うけど、当時の女子高生のそれより、DAI語のほうが近い感覚でちょっと感動する(笑) こういう作品のストーリー展開としてはそこまで無理がなく、割と自然に観れる珍しい作品だと思う。 2000年公開の作品を2019年に初観賞だけど、2020年(つまり来年)のパートで、タブレットみたいな端末で資料を読んでいたり、アレクサみたいなのと会話しながら進むシーンがあったりして、「これは凄いことでは…!山崎監督(と脚本?)恐るべし…!」ってなりました。 大人パートはキャスティングがイマイチ合ってなくて残念。 当時いくつかの作品で絶句した緒川たまきさんの演技に、2019年もぶち壊されるとは。 今じゃ見ないけど、なんだったんだ緒川たまき。 そしてひたすら鈴木杏が可愛い。 少年時代の遠藤雄弥も良いなぁ。 清水京太郎くんやYUKIくんも、今でも活躍しててもおかしくないレベルの演技をしていて、子役のキャスティングが完璧。 ほぼ子供時代が主なので救われる。 もとは少年期の意味で、10代後半から20代前半までのヤングアダルト作品にも使われるようだ。 映画評でよく見かけるのはSFやミステリというジャンルでの成長物語としてだろうか・・・ 謎のロボット。 出会ったときに「裕介に会った」という言葉を発したテトラ。 純粋な子ども達にはそんな謎なんてどうでもいい。 親たちに見つからないようにして、ペットのように可愛がる4人。 そんな折、太平洋上に謎のピラミッド型の巨大物体が出現。 やがてそれは地球の海をすべて飲み干して帰ろうとする悪い宇宙人の仕業だと判明。 宇宙人はまず、地球の言葉を覚えるために岬(鈴木)の姉・範子(酒井)に変身してテレビの前で立ち尽くす・・・。 テトラはこっそり逃げ出し、TVゲームのキャラとして作った戦闘ロボットを独自で作りだす。 そして宇宙人との闘い・・・ 神崎(香取)の研究がタイムマシンであったことも最後に活かされ、テトラを現代に送ったのがロボット工学を学んだ大人の裕介(吉岡秀隆)だったりするのもよくあるタイムトラベラー。 乳酸菌が苦手だというのはあまり活かされてなかったのが残念なところ。 山下達郎の「アトムの子」もなかなかいい感じで使われてるし、『スタンド・バイ・ミー』の線路を歩くシーン、『プレデター』のような宇宙人の造形、その他色んな映画へのオマージュが感じられる。 未来から来たロボットというのは『ドラえもん』か『ターミネーター』なのか、エンドロール最後に「For Fujiko・F・Fujio」と書かれているので、『ドラえもん』なんだろうけど・・・.

次の

ジュブナイルのレビュー・感想・評価

ジュブナイル 映画

解説 未来からやって来たロボットと共に、異星人の脅威から地球を救うべく立ち上がった少年たちの一夏の冒険を描くSFファンタジー。 監督・脚本は、本作が本篇デビューとなる山崎貴。 撮影を「学校の怪談4」の柴崎幸三が担当している。 主演は、「香港大夜総会 タッチ&マギー」の香取慎吾と映画初出演の子役・遠藤雄弥、そして「ヒマラヤ杉に降る雪」の鈴木杏。 2000年製作/100分/日本 原題:Boys Meet The Future Juvenile 配給:東宝 ストーリー 2000年、夏。 林間学校に参加した祐介、岬、俊也、秀隆は、森の中で祐介に会いに来たと言う小型ロボット、テトラを発見し、祐介の部屋の押入で飼うことにする。 祐介たちが集めて来る金属片でカラダを改造したテトラは、更にタイムマシンの研究をしている天才物理化学者にして町の電気屋・神崎のパソコンからインターネットを通じて知識を増やしていった。 ところでその頃、地球上空10万キロに巨大宇宙船団が接近、また太平洋沖200海里には1辺が6キロもある巨大な三角錐が出現していた。 それは、惑星改造を目論み、地球の海水を奪いにやってきた異星人・ボイド人のものだった。 そして、彼らは自分たちの計画に邪魔になる時代に相応しくないオーバーテクノロジーであるテトラを探して、祐介たちの町に現れる。 実は、テトラはボイド人たちの脅威から地球を守る為に未来から送られてきたメッセンジャーだったのだ。 岬の従姉・範子や神崎になりすまし、テトラを奪おうとするボイド人。 彼らは岬を誘拐し、引き替えにテトラを要求してきた。 一方、テトラはガンゲリオンという巨大なパワードスーツを作成し、祐介と共にボイド人に戦いを挑んでいく。 そして、ボイド人が乳酸菌に弱いことを掴み、ボイド人を撃退。 岬の救出にも成功する。 ところが、その戦いでテトラが故障し動かなくなってしまった。 テトラには、まだ発明されていないディスクが使用されており、神崎をしても直すことは出来なかった……。 それから20年後。 ロボット工学を学んだ31歳の祐介に、テトラに内蔵されていたディスク発明のニュースが飛び込んだ。 早速、テトラを修理する祐介。 更に彼は、神崎博士の開発したタイムマシンで、テトラを2000年の夏に送った。 ボイド人の計画を少年時代の自分たちに知らせる為に……。 ネタバレ! クリックして本文を読む 少年達とロボットの一夏の冒険を描くSF映画。 監督・脚本・コンセプチュアルデザイン・VFXを山崎貴が担当している。 公開当時、主人公達とほぼ同年代だった自分にとって、この映画には本当に影響されたし憧れた。 淡い恋物語、タイムトラベル、ロボット、宇宙人、そして友人達との何気ない日常… スクリーンに映し出される、自分と同じ歳の子供達が繰り広げる冒険に胸を躍らせたことを、久しぶりに観賞して思い出した。 まだパソコンが一般的ではなく、インターネットにも馴染みのない時代。 プレステ2やPHS、VHS、コロコロコミック、サルゲッチュ… あの時代、少年なら誰もが親しんでいたあれやこれやがパッケージされており、懐かしさと寂しさで胸がいっぱいになった。 映画の内容は、よく出来ているとは言い難い。 少年時代には気付かなかった物語のアラが目についてしまう。 神崎博士と範子お姉ちゃんの恋愛要素ははっきり言って不要。 というより、この2人作中でほとんど活躍していないので存在意義もよく分からない。 香取慎吾演じる神崎博士はとても面白いキャラクターだったのでもっと活躍の場面が欲しかった。 敵のエイリアンボイド人も酷い。 VFXはなかなか頑張っているのでビジュアル面には文句はないが、もうちょっと怖さとか強さを強調出来なかったのか…? 急に日本語ペラペラになるのは何故? 最後の倒し方も何だあれ?何しに来たんだあいつら。 子供の頃は「ガンゲリオン」の登場に胸躍らせたものだが、今見るとあまりの活躍の少なさに驚く。 当時の技術的に難しいのかもしれないが、もっとバトルが見たかった。 タイムパラドックスがどうのこうのとツッコむのも野暮だが、映画終盤の2020年の描写は陳腐だし展開にも不満。 チンタラせずにサクッとテトラ作って過去に送らんかい! あの可愛らしかった主人公の少年が、20年経つと吉岡秀隆になるのか…全然似てないぞ。 今でも大好き。 そして今になって林原めぐみがテトラの声優で、カメオ出演もしていたことに気付く。 あの当時本当に売れっ子だったもんなー。 映画としては褒められたものではないかもしれない。 しかし、少年時代の大切な思い出の一本であり、映画好きになった原因の一つである特別な作品。 山崎貴の初監督作品ということもあり、彼のやりたい事が画面越しに伝わってくる、活力と多幸感に溢れる映画。 現代でもこの様なハッピーな国産SFが作られると良いのだが… ネタバレ! クリックして本文を読む MK5とか懐かしいと思うけど、当時の女子高生のそれより、DAI語のほうが近い感覚でちょっと感動する(笑) こういう作品のストーリー展開としてはそこまで無理がなく、割と自然に観れる珍しい作品だと思う。 2000年公開の作品を2019年に初観賞だけど、2020年(つまり来年)のパートで、タブレットみたいな端末で資料を読んでいたり、アレクサみたいなのと会話しながら進むシーンがあったりして、「これは凄いことでは…!山崎監督(と脚本?)恐るべし…!」ってなりました。 大人パートはキャスティングがイマイチ合ってなくて残念。 当時いくつかの作品で絶句した緒川たまきさんの演技に、2019年もぶち壊されるとは。 今じゃ見ないけど、なんだったんだ緒川たまき。 そしてひたすら鈴木杏が可愛い。 少年時代の遠藤雄弥も良いなぁ。 清水京太郎くんやYUKIくんも、今でも活躍しててもおかしくないレベルの演技をしていて、子役のキャスティングが完璧。 ほぼ子供時代が主なので救われる。 もとは少年期の意味で、10代後半から20代前半までのヤングアダルト作品にも使われるようだ。 映画評でよく見かけるのはSFやミステリというジャンルでの成長物語としてだろうか・・・ 謎のロボット。 出会ったときに「裕介に会った」という言葉を発したテトラ。 純粋な子ども達にはそんな謎なんてどうでもいい。 親たちに見つからないようにして、ペットのように可愛がる4人。 そんな折、太平洋上に謎のピラミッド型の巨大物体が出現。 やがてそれは地球の海をすべて飲み干して帰ろうとする悪い宇宙人の仕業だと判明。 宇宙人はまず、地球の言葉を覚えるために岬(鈴木)の姉・範子(酒井)に変身してテレビの前で立ち尽くす・・・。 テトラはこっそり逃げ出し、TVゲームのキャラとして作った戦闘ロボットを独自で作りだす。 そして宇宙人との闘い・・・ 神崎(香取)の研究がタイムマシンであったことも最後に活かされ、テトラを現代に送ったのがロボット工学を学んだ大人の裕介(吉岡秀隆)だったりするのもよくあるタイムトラベラー。 乳酸菌が苦手だというのはあまり活かされてなかったのが残念なところ。 山下達郎の「アトムの子」もなかなかいい感じで使われてるし、『スタンド・バイ・ミー』の線路を歩くシーン、『プレデター』のような宇宙人の造形、その他色んな映画へのオマージュが感じられる。 未来から来たロボットというのは『ドラえもん』か『ターミネーター』なのか、エンドロール最後に「For Fujiko・F・Fujio」と書かれているので、『ドラえもん』なんだろうけど・・・.

次の