アレスタ カタログ。 製品案内

製品案内

アレスタ カタログ

自然現象である雷は、言うまでもなく非常に大きなエネルギーを持っています。 雷によるサージは、直撃雷サージと誘導雷サージにわけることができます。 直撃雷に対する保護は困難ですが、誘導雷に対しては保護対策が可能です。 誘導雷は、近隣の落雷により電源ラインや通信ケーブルなどの比較的長い配線に 誘導される高電圧サージです。 その発生については、雷雲の電界によって電線に誘導された電荷が落雷により放電する、 また、落雷の電流により生じる磁界が電線に誘導起電力を発生させるなどが考えられています。 直撃雷サージほどではないにしても誘導雷サージは、電気・電子部品を簡単に破壊する 大きなエネルギーを持っているので対策が必要です。 開閉サージは、スイッチやリレーなどのオンオフ 開閉 時、 特にオフ時の急激な電流変化と回路や配線のインダクタンスにより、 接点に誘発される過渡的な高電圧サージです。 開閉サージの電圧は非常に高く、 場合によってはスパークが生じたり、インダクタンスと接点の浮遊静電容量による 大きな減衰振動電流よって熱や電磁波を放出したりします。 この高電圧サージは、電子回路の誤動作や場合によっては部品の破壊の原因になります。 また、減衰振動の電磁波の放出はEMIとなりますので、開閉サージを抑制する対策が必要です。 ロードダンプは、自動車おいてバッテリの遮断に起因して発生するサージです。 エンジンの作動によりオルタネータ バッテリ充電用発電機 がバッテリを充電している状態で、 バッテリへの接続が途絶えた場合が最悪ケースとなります。 サージ電圧の大きさは、切断の瞬間におけるオルタネータの回転速度と磁界の励磁強度によって決まります。 サージ電圧は100Vを超える場合があり、時間は数百ミリ秒になります。 このサージは大きなエネルギーを持つので、容易に電子部品を破壊します。 許容しなければならないロードダンプは、自動車メーカーや車載機器メーカーなどが、最大電圧、 ラインインピーダンス、持続期間を規定しています。 また、ロードダンプの試験として、JASO A-1 日本 やISO-7637-2 Pulse 5 米国 などがあります。

次の

製品案内

アレスタ カタログ

自然現象である雷は、言うまでもなく非常に大きなエネルギーを持っています。 雷によるサージは、直撃雷サージと誘導雷サージにわけることができます。 直撃雷に対する保護は困難ですが、誘導雷に対しては保護対策が可能です。 誘導雷は、近隣の落雷により電源ラインや通信ケーブルなどの比較的長い配線に 誘導される高電圧サージです。 その発生については、雷雲の電界によって電線に誘導された電荷が落雷により放電する、 また、落雷の電流により生じる磁界が電線に誘導起電力を発生させるなどが考えられています。 直撃雷サージほどではないにしても誘導雷サージは、電気・電子部品を簡単に破壊する 大きなエネルギーを持っているので対策が必要です。 開閉サージは、スイッチやリレーなどのオンオフ 開閉 時、 特にオフ時の急激な電流変化と回路や配線のインダクタンスにより、 接点に誘発される過渡的な高電圧サージです。 開閉サージの電圧は非常に高く、 場合によってはスパークが生じたり、インダクタンスと接点の浮遊静電容量による 大きな減衰振動電流よって熱や電磁波を放出したりします。 この高電圧サージは、電子回路の誤動作や場合によっては部品の破壊の原因になります。 また、減衰振動の電磁波の放出はEMIとなりますので、開閉サージを抑制する対策が必要です。 ロードダンプは、自動車おいてバッテリの遮断に起因して発生するサージです。 エンジンの作動によりオルタネータ バッテリ充電用発電機 がバッテリを充電している状態で、 バッテリへの接続が途絶えた場合が最悪ケースとなります。 サージ電圧の大きさは、切断の瞬間におけるオルタネータの回転速度と磁界の励磁強度によって決まります。 サージ電圧は100Vを超える場合があり、時間は数百ミリ秒になります。 このサージは大きなエネルギーを持つので、容易に電子部品を破壊します。 許容しなければならないロードダンプは、自動車メーカーや車載機器メーカーなどが、最大電圧、 ラインインピーダンス、持続期間を規定しています。 また、ロードダンプの試験として、JASO A-1 日本 やISO-7637-2 Pulse 5 米国 などがあります。

次の

ATHLETA OFFICAL SITE

アレスタ カタログ

自然現象である雷は、言うまでもなく非常に大きなエネルギーを持っています。 雷によるサージは、直撃雷サージと誘導雷サージにわけることができます。 直撃雷に対する保護は困難ですが、誘導雷に対しては保護対策が可能です。 誘導雷は、近隣の落雷により電源ラインや通信ケーブルなどの比較的長い配線に 誘導される高電圧サージです。 その発生については、雷雲の電界によって電線に誘導された電荷が落雷により放電する、 また、落雷の電流により生じる磁界が電線に誘導起電力を発生させるなどが考えられています。 直撃雷サージほどではないにしても誘導雷サージは、電気・電子部品を簡単に破壊する 大きなエネルギーを持っているので対策が必要です。 開閉サージは、スイッチやリレーなどのオンオフ 開閉 時、 特にオフ時の急激な電流変化と回路や配線のインダクタンスにより、 接点に誘発される過渡的な高電圧サージです。 開閉サージの電圧は非常に高く、 場合によってはスパークが生じたり、インダクタンスと接点の浮遊静電容量による 大きな減衰振動電流よって熱や電磁波を放出したりします。 この高電圧サージは、電子回路の誤動作や場合によっては部品の破壊の原因になります。 また、減衰振動の電磁波の放出はEMIとなりますので、開閉サージを抑制する対策が必要です。 ロードダンプは、自動車おいてバッテリの遮断に起因して発生するサージです。 エンジンの作動によりオルタネータ バッテリ充電用発電機 がバッテリを充電している状態で、 バッテリへの接続が途絶えた場合が最悪ケースとなります。 サージ電圧の大きさは、切断の瞬間におけるオルタネータの回転速度と磁界の励磁強度によって決まります。 サージ電圧は100Vを超える場合があり、時間は数百ミリ秒になります。 このサージは大きなエネルギーを持つので、容易に電子部品を破壊します。 許容しなければならないロードダンプは、自動車メーカーや車載機器メーカーなどが、最大電圧、 ラインインピーダンス、持続期間を規定しています。 また、ロードダンプの試験として、JASO A-1 日本 やISO-7637-2 Pulse 5 米国 などがあります。

次の