年賀状 挨拶 ビジネス。 【ビジネス年賀状】もらって嬉しい年賀状とは?取引先に送る年賀状の作り方

【ビジネス年賀状】もらって嬉しい年賀状とは?取引先に送る年賀状の作り方

年賀状 挨拶 ビジネス

年賀の挨拶だって営業ツールの一つ。 気を抜かずに活用しよう まず、一番に大切なのは、送ろうとしている相手がパソコン上でのご挨拶となる「年賀メール」を受け入れてくれるかどうか、を見極めることです。 そもそも年賀状というのは、「新年のご挨拶」を送るものであり、相手に不快感を与えるものではありません。 また、基本的にはメールではなく、訪問もしくは年賀状というのが通常のマナーとされています。 自分との関係を軽く思われてしまったのかな。 お正月くらいパソコンから離れていたい。 といったことがあげられます。 単純に、これまで年賀ハガキできていたのに、急にメールになってしまったことで、相手が淋しい気持になってしまい、不快感を抱いてしまう場合もあるかもしれません。 せっかく気持を込めて送っても、不快に思われてしまっては意味がありません。 相手への配慮を考えると、ビジネスでの得意先や仕事仲間には、「今年は年賀状をメールにしてみようと思っています」など、事前に告知することが良いかもしれません。 年賀状をメールで送るメリットとは? 仕事はもちろん、掃除に洗濯、買物、旅行と大忙しの年末。 年賀メールは時間節約になる?! 自分自身で「なぜ今年は年賀メールを送るのか」そのメリットについて考えておくべきでしょう。 もちろん、難しく考える必要はありません。 限られた大きさを持つ年賀ハガキ一杯に、自分の案内文を書くわけにはいきません。 またリンクについても、瞬時に表示されるメールの方が断然便利です。 書く時間の節約なのですが、これは人によって様々なご意見があると思います。 ガイドに限っていうと、年賀状をやりとりさせていただいている方の情報をデータにしているので、ハガキを設定し印刷を押すとあとはプリンタにおまかせの状態。 メールを個々それぞれに設定することを考えれば、時間についてはあまり変わらない気もしますがいかがでしょう。 ビジネスでの年賀メールはタイミングが大切。 読まれる時間を考える 年賀郵便が元旦、もしくはお正月に必ず届くのに対し、年賀メールは自分で送る日時を設定(もしくは送信)しなければいけません。 このタイミングも、送る相手によって考慮することが大切。 12月中に送信するときは、新年になる前に相手が読む可能性も考えられるので配慮の一言も必要。 「12月28日なのですが、本日が仕事納めと伺いメールを送信させていただきました。 」 など、一文を付け加えるだけでも印象が変わってくるのではないでしょうか。 ビジネス年賀メールを快適に読んでもらうために 最後に気をつけなければいけないこととして、相手にとって「迷惑メール」にならないようにすることです。 HTML形式メールを送信する場合も同様です。 SOHOや在宅ワーカーの場合、年賀のご挨拶から仕事が生まれるケースも多くあります。 低コストで、気軽に送信できるメールの特徴を活かし、新年度のビジネスチャンスに結び付けられたらいいですね。 【関連記事】•

次の

年賀状の挨拶文まとめてみました!!【例文100個】

年賀状 挨拶 ビジネス

年賀の挨拶だって営業ツールの一つ。 気を抜かずに活用しよう まず、一番に大切なのは、送ろうとしている相手がパソコン上でのご挨拶となる「年賀メール」を受け入れてくれるかどうか、を見極めることです。 そもそも年賀状というのは、「新年のご挨拶」を送るものであり、相手に不快感を与えるものではありません。 また、基本的にはメールではなく、訪問もしくは年賀状というのが通常のマナーとされています。 自分との関係を軽く思われてしまったのかな。 お正月くらいパソコンから離れていたい。 といったことがあげられます。 単純に、これまで年賀ハガキできていたのに、急にメールになってしまったことで、相手が淋しい気持になってしまい、不快感を抱いてしまう場合もあるかもしれません。 せっかく気持を込めて送っても、不快に思われてしまっては意味がありません。 相手への配慮を考えると、ビジネスでの得意先や仕事仲間には、「今年は年賀状をメールにしてみようと思っています」など、事前に告知することが良いかもしれません。 年賀状をメールで送るメリットとは? 仕事はもちろん、掃除に洗濯、買物、旅行と大忙しの年末。 年賀メールは時間節約になる?! 自分自身で「なぜ今年は年賀メールを送るのか」そのメリットについて考えておくべきでしょう。 もちろん、難しく考える必要はありません。 限られた大きさを持つ年賀ハガキ一杯に、自分の案内文を書くわけにはいきません。 またリンクについても、瞬時に表示されるメールの方が断然便利です。 書く時間の節約なのですが、これは人によって様々なご意見があると思います。 ガイドに限っていうと、年賀状をやりとりさせていただいている方の情報をデータにしているので、ハガキを設定し印刷を押すとあとはプリンタにおまかせの状態。 メールを個々それぞれに設定することを考えれば、時間についてはあまり変わらない気もしますがいかがでしょう。 ビジネスでの年賀メールはタイミングが大切。 読まれる時間を考える 年賀郵便が元旦、もしくはお正月に必ず届くのに対し、年賀メールは自分で送る日時を設定(もしくは送信)しなければいけません。 このタイミングも、送る相手によって考慮することが大切。 12月中に送信するときは、新年になる前に相手が読む可能性も考えられるので配慮の一言も必要。 「12月28日なのですが、本日が仕事納めと伺いメールを送信させていただきました。 」 など、一文を付け加えるだけでも印象が変わってくるのではないでしょうか。 ビジネス年賀メールを快適に読んでもらうために 最後に気をつけなければいけないこととして、相手にとって「迷惑メール」にならないようにすることです。 HTML形式メールを送信する場合も同様です。 SOHOや在宅ワーカーの場合、年賀のご挨拶から仕事が生まれるケースも多くあります。 低コストで、気軽に送信できるメールの特徴を活かし、新年度のビジネスチャンスに結び付けられたらいいですね。 【関連記事】•

次の

年賀状の文例で上司やビジネス、同僚や部下へ送る文面は?

年賀状 挨拶 ビジネス

メールなどが普及した現代においては、ビジネス・プライベートともに、年賀状を出さないという選択肢も決して珍しくありません。 あまり必要性を感じていない中、年賀状を出している人もいるかもしれません。 年賀状は、旧年にお世話になったことへの感謝を表しつつ、「新年もよろしくお願いします」という挨拶をするものです。 プライベートの年賀状であれば、お互いの近況報告などの意味合いが強くなっている場合も多いはず。 それに対して、ビジネスの年賀状は古くから続く年賀状の重要な役割をそっくりそのまま持っていると言えます。 かつては年賀状を出すのが当たり前でしたが、そもそも年賀状は、必ず出さなければならない決まりはありません。 これはつまり、年賀状を出すのが当たり前ではなくなった今だからこそ、出すか出さないかが意外に大きな違いになるということでもあります。 年賀状を出さない場合も多い世の中になったとは言え、年賀状が届いたかどうかを気にする人は少なからずいるものです。 また、意識していなくても、年賀状をもらったほう場合のほうが好印象を抱くなど、やはり何かしら感じる部分はあるでしょう。 そのため、少なくとも年賀状を出して損になることはなく、むしろ年賀状を送ることはプラス要素を生む可能性があるのです。 個人では送らないまでも、基本的に会社側から取引先へは年賀状を出すように取り計らったほうが、新年も気持ちよく仕事ができるはずです。 もちろん、特にお世話になっている取引先の相手や社内の上司・先輩などには、個人で年賀状を出すのも十分にありです。 もし迷う部分があるのなら、社内の上司や同僚に相談してみるとよいでしょう。 ビジネス年賀状のマナーと、より良い年賀状にするポイント 上記のように、ビジネス年賀状は仕事や取引に影響する可能性があります。 きちんとマナーを押さえつつ、相手がもらって嬉しい年賀状になるように配慮しましょう。 宛名書きの作法は要確認 アレンジ要素の多い裏面も気になるところですが、ビジネス年賀状では表面の宛名書きが肝心。 当然のことながら、きちんと正しい作法にのっとって宛名書きをすることが求められます。 例えば、住所を書く際は、都道府県や丁目・番・号を省略せずに書きます。 番地は基本的に漢数字を使うようにしてください。 また、「株式会社」「有限会社」を略さないことはもちろん、役職の書き方や「御中」「様」の使い分けにも注意が必要です。 普段メールで連絡を取っていると、はがきの決まりごとがあやふやになることも少なくありません。 しっかりと確認したうえで宛名書きをするようにしましょう。 裏面の書き方 裏面の内容は、年賀状の印象を左右するポイントとなります。 基本的には• ・賀詞• ・旧年のお礼• ・先方の幸福を祈る言葉、新年のお願い• ・日付 という内容で構成するのが一般的です。 「賀詞」というのは、祝いの言葉のこと。 年賀状に限らずいろいろな場面で使われるフレーズがありますが、年賀状に関しては特に種類が多く、最も定番の「あけましておめでとうございます」も賀詞のひとつです。 年賀状と言えば「寿」「迎春」「賀正」といった賀詞をよく使いますが、1〜2文字の賀詞を目上の人に使うのは失礼となってしまいます。 ビジネス年賀状では、「謹賀新年」「恭賀新年」などを使うようにしてください。 手書きの添え書きで心を込める 最近の年賀状は両面とも印刷するのも当たり前ですが、それだけでは形式的になってしまったり、あまり印象に残らなかったりするもの。 簡単な数文程度で構わないので、手書きのメッセージを添えるのがベストです。 内容は、近況報告や日頃の感謝の気持ち、新年の抱負など書くとよいでしょう。 これがあるかないかで印象がガラリと変わり、ぐっと心が込もった、もらって嬉しい年賀状になります。 年賀状を出す期間。 出し忘れた場合は? 年賀状は、元旦に届くように出すのが基本。 年末ギリギリになると元旦に間に合わない可能性もあります。 遅くとも、三が日の間に届くようにするのがベターです。 もし出すタイミングが遅れて1月8日以降に届く場合は、「寒中見舞い」として出すのが一般的。 年賀状を出していなかった相手から届いた場合も、きちんとはがきで年賀状・寒中見舞いを返すのがマナーです。 メールで返信するだけになってしまわないようにしてください。 ビジネス年賀状で使える文例集.

次の