ご心配をおかけしました 例文。 「お詫び申し上げます」の正しい使い方!ビジネスで役立つ例文を紹介

ビジネスでお詫びの言葉として用いる表現・それぞれの使い方は?校正者がサクッと解説!

ご心配をおかけしました 例文

ビジネスの場において、「お詫びの言葉」は特に重要です。 謝罪の気持ちをきちんと相手に伝えることができなかった場合、自分自身の信用だけでなく、会社全体の信用をさらに損なうことにもなりかねません。 しかし、相手に心を込めて誠意を伝えることができれば、逆に信頼を高めることもできるでしょうし、末永くお付き合いしていただけるかどうかも懸かってくるでしょう。 そのため、日ごろからお詫びの言葉をバリエーション豊富に用意しておき、正しく使いこなせるようになっておくことは、ビジネスパーソンにとって必須といえます。 そこで、今回の記事では、主にビジネスの場面で用いることができる「お詫びの言葉」と、それらの使い分け方・例文を、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正やマニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。 軽い内容の謝罪であったり、同僚や友人など、近しい人に向けて使うのに適した言葉です。 ごめんなさい 最も軽い謝罪フレーズといえるでしょう。 とてもカジュアルな表現なので、友人など親しい人へ向けて使うことはできますが、ビジネスの場にはあまりふさわしくありません。 すみません これはごめんなさいよりは丁寧な表現ですので、たとえば会社の先輩・同僚などに対して口頭でお詫びを伝える場面であったり、お詫びする内容がそれほど深刻なものでなければ使うこともあるでしょう。 しかし、上司や、顧客や取引先などの外部の人に向けて使ったり、メールなどの書き言葉として使うには少々軽すぎるフレーズといえます。 場合によってはさらに相手の怒りを助長させてしまったり、お叱りを受けてしまうこともあるかもしれません。 ビジネスシーンでは、後に紹介する「申し訳ございません」などを使う方が良いでしょう。 上司や取引先などにお詫びする場合にも使うことができる、丁寧な表現です。 ただし、なにかとても深刻な問題について謝罪するときや、なかなか相手の怒りがおさまらない場合には、ただこれらの言葉を繰り返すだけでなく、さらにバリエーション豊富なフレーズを使う必要があるでしょう。 申し訳ありません・申し訳ございません 「申し訳ない」は、「言い訳のしようもない」といった意味があり、相手に迷惑をかけ申し訳なく思っている、恐縮しているといった場面において謝罪の表現として用います。 ビジネスシーンにおいてはもっともよく使われるお詫びの言葉ではないでしょうか。 【例文】わざわざお越しいただきましたのに、ご要望にお応えできず誠に 申し訳ございません。 【例文】何度もお問い合わせいただいたにもかかわらず、ご納得いただける回答ができず 申し訳ありません。 失礼いたしました 「失礼」には、「礼儀を欠くこと」「礼儀・作法にはずれたふるまいをすること」といった意味があります。 【例文】コウノ様ではなくカワノ様でいらっしゃいますね。 大変 失礼いたしました。 【例文】質問が重複してしまい 失礼いたしました。 お詫び申し上げます 「お詫び」は「詫びる」(自分の非や相手に迷惑をかけたことを認めて許しを請う)の謙譲語として用いる言葉です。 「心より」や「謹んで」という言葉を前につけることによって、さらに意味を強めることができます。 【例文】この度は、当社の不手際によりお客様にご迷惑をお掛いたしましたこと、心より お詫び申し上げます。 【例文】不適切な表現で誤解を与えることとなりましたことを、謹んで お詫び申し上げます。 レベル2よりもさらに深い謝罪の気持ちや反省を表すときに使うフレーズです。 ただし、場合によっては仰々しすぎる印象を与えることもありますので注意しましょう。 お詫びの言葉もございません 「申し訳ない気持ちがあまりに強すぎて、とてもことばでは表現できない」という意味で使うフレーズです。 最上級の謝罪の言葉ともいえますから、顧客のクレームに対して詫びる場合にも効果的ですよ。 似たような表現として、「お詫びの申し上げようもありません」「弁解の余地もございません」などもあります。 【例文】今回はお客様のご期待に沿えない結果となってしまいましたこと、 お詫びの言葉もございません。 【例文】前回ご指摘いただいていたにもかかわらず、また同じミスを繰り返しご迷惑をお掛けしまいまして、 お詫びの申し上げようもございません。 【例文】今回のミスは当方の情報伝達不足によるもので、まったくもって 弁解の余地もございません。 猛省しております 「猛省」は「強く反省していること」を意味する言葉です。 言葉どおり、深い反省を相手に伝えるフレーズですね。 【例文】今回の事態は、私の不徳の致すところと 猛省しております。 以下に紹介するものは、直接的に謝罪を述べる言葉ではありませんが、お詫びの言葉に添えることによって相手の気持ちを思いやっていることが相手に伝わり、相手の気持ちを和らげる効果があるフレーズです。 ご心配をお掛けし~ 相手に対して実質的な迷惑を掛けたということではなく、何らかの不安や心配を与えたことに対して謝る場合に用いることができます。 しかしながら誠に恐縮ではごさいますが、返品のご希望には応じかねますので、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。 ご不快な思いをさせることとなり~ 上記の「ご心配をお掛けし~」と同じように、こちらの過失により相手に迷惑を掛けたということではないけれど、結果的に相手が何らかの不快感を覚えることになったという場合に使用することができるフレーズです。 【例文】先日はせっかくご来店いただいたにもかかわらず、担当者の配慮が至らず ご不快な思いをさせることとなり、誠に申し訳ございませんでした。

次の

【まとめ】ビジネスシーンで使える「謝罪」「お詫び」表現文例集

ご心配をおかけしました 例文

「ご迷惑」のビジネスでの使い方と例文 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」「ご迷惑をおかけしました」はお詫び・謝罪で使う 「ご迷惑」は、相手へのお詫び・謝罪をする場合に使うことが多いです。 自分の行いが原因で、相手を困らせたり、不快な思いをさせてしまったときに「ご迷惑」を使い、謝罪します。 例えば、「ご迷惑ばかりおかけして申し訳ございません」などとお詫びの言葉を述べたりします。 ビジネスシーンで謝罪・お詫びする際は、「すいません/すみません」よりも「申し訳ございません」を使うのが一般的です。 ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。 ・弊社商品に不具合があり、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 「ご迷惑をおかけしております」は現段階で迷惑をかけている場合に使う 「ご迷惑をおかけしております」は「 今現在、不快な思いをさせたり、困らせてしまっています」という意味です。 「ご迷惑をおかけしております」は、現在進行形で相手に迷惑をかけている場合に使う表現になります。 ただ「不快な思いをさせている」という意味だけではなく、「そのことについて申し訳ないと思っている」とお詫びの気持ちも含まれています。 謝罪の気持ちが含まれていますがお詫びしていることをはっきりと伝えたい場合は、「ご迷惑をおかけしております」と共に「申し訳ございません」「失礼いたしました」など謝罪の言葉を共に使うのがよいです。 ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 ・大雨の影響により電車が遅れまして、ご迷惑をおかけしております。 大変申し訳ございません。 「再三(にわたり)ご迷惑を〜」「長らくご迷惑を〜」は複数回迷惑をかけた時の謝罪・お詫びで使う 「再三にわたり」は「 物事が何度も起こること」、「長らく」は「 長い間」を意味します。 複数回や長期間にわたり先方に迷惑をかけている場合は、「再三」「長らく」などの文言を使います。 「再三」「長らく」迷惑をかけてしまった場合は、「大変申し訳ございません」「心よりお詫び申し上げます」などのより堅い謝罪の言葉を使うのがよいでしょう。 例文 ・この度は再三にわたりご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。 ・この度は再三ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。 ・当社の不手際により長らくご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 「ご迷惑とは存じますが」「ご迷惑をおかけしますが」は依頼・お願いするときの前置き 「ご迷惑」は謝罪だけではなく、相手に依頼するときにも使うことができます。 自分の依頼やお願いで、相手に多少なりとも迷惑をかけてしまう可能性がある場合に「ご迷惑」を使います。 ・ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします ・ご迷惑とは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします ・ご迷惑をおかけすると存じます(思います)が、 などの形で、結びの言葉としてビジネスメールの文末に付け加えるのが一般的です。 ただ、「ご迷惑をおかけしますが」は「相手に不利益を被らせる」とわかった上でお願いしているので、こちらに不手際があり謝罪の気持ちを込めて依頼するときに「ご迷惑」を使うことが多いです。 ただ単に相手が忙しいのを申し訳なく思って「ご多忙の中ご迷惑をおかけしますが〜」と使うこともあります。 例文 ・ご多忙の中ご迷惑とは存じますが、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。 「ご迷惑」は年賀状で前年のお詫びをし、新年の抱負を述べるときにも使う 「ご迷惑」は年賀状においても用います。 「 現段階では迷惑をかけているが、これから頑張ります」という趣旨の内容を伝えるときに使います。 例えば、「昨年は皆様にご迷惑をおかけしました。 本年は昨年よりも成果を上げられるように精一杯努めてまいります」と言えます。 これは「去年は迷惑をかけたが、今年は精一杯頑張ります」という意味になります。 このように「ご迷惑」は年賀状などのフォーマルな書き言葉としても使うことができます。 例文 ・昨年はご迷惑をおかけいたしました。 本年は期待に応えられるよう日々努めてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・旧年中は大変お世話になりました。 今年はご迷惑をおかけしないように頑張りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 「ご迷惑」の類語 お手数 「お手数」は「 おてすう」もしくは「 おてかず」と読みます。 「お手数」は「 あることをするのに必要な手段の数、自分のために相手が力を尽くしてくれること」を意味します。 「お手数」は、相手に依頼やお願いをする場合に使う表現です。 例えば、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」ならば「手間をかけさせてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味になります。 「お手数」には「手間をかけさせて申し訳ない」とお詫びの気持ちが含まれます。 例文 ・お手数をおかけしますが、資料をご返送いただけませんでしょうか。 ・お手数をおかけいたしますが、先日の件についてのお返事お待ちしております。 ご心配 「ご心配」は「 何かと心を配って世話をすること、色々と心にかけること」を意味します。 「ご心配」は、相手から自分への配慮や思いやりに対して感謝の気持ちを表しり、謝罪の文章で使われます。 「ご心配いただき、ありがとうございます」「ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」などと使います。 例文 ・この度は色々とご心配をいただき、誠にありがとうございました。 ・先日はご迷惑とご心配をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。 謝罪・お詫びの表現をおさらい 謝罪・お詫びの文章で使うことができる表現をまとめていきたいと思います。 お詫び申し上げます 「お詫び申し上げます」は「 謹んでお詫びします」という意味です。 「お詫び申し上げます」は、謙譲表現「お〜申し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 正しい敬語なので、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 「お詫び申し上げます」は謝罪するときや、公の場で謝罪の意を示す場合に用います。 例えば、自分のミスが原因で、相手に被害を与えてしまった場合に「ご迷惑をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と使うことができます。 ・当方の手違いが原因で、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。 弁解の余地もありません 「弁解の余地もありません」は「 全く言い訳できない」という意味です。 「弁解の余地はありません」は、「いくら自分が謝っとしても、不利な状況を避けることができないこと」を表します。 「お詫びの言葉もございません」と言うこともできます。 「弁解の余地もありません」と謝罪することで、本当に申し訳なく思っていることを表します。 例文 ・何度もご迷惑をおかけしてしまい、弁解の余地もありません。 ・私の不注意によるものであり、弁解の余地もございません。

次の

「放念」の意味とビジネスシーンでの使い方は?類語と例文もチェック!

ご心配をおかけしました 例文

特にビジネスシーンでは、「ご心配をおかけします」や「ご心配をおかけして申し訳ありません」など「ご心配」という言葉をよく使います。 この「ご心配」という敬語はどういう意味かご存知でしょうか。 ここでは「ご心配」という敬語についてご紹介します。 敬語である「ご心配」は言葉のとおり心配という意味です。 「ご心配」と単独で使うことは少なく、「ご心配」のあとに「ありがとうございます」や「すみません」などと言葉を付け足すことで、相手に気持ちを伝える敬語となります。 また「ご心配」という敬語に「ありがとうございます」や「すみません」などと付け加えた言葉を伝えることによって、相手とのちのちの人間関係にも影響を及ぼすことなく過ごすことができます。 この一言があるかないかで変わってくるので、相手との関係においてもとても重要な言葉と言えます。 敬語「ご心配」の使い方 意味は確認できましたが、それでは「ご心配」という言葉はどのように使えばよいのでしょうか。 ここでは使い方についてご紹介します。 敬語の種類 敬語のなかのどれかに分類するというよりも、心配を丁寧な言い方にしたものが「ご心配」だといったほうが正しいでしょう。 敬意のある言葉遣いが求められる場面で使えるということです。 使い方 先ほどもあったように、「ご心配」という敬語だけで使うことはあまりありません。 「ご心配」のあとには言葉が続きます。 例えば「ご心配いただきありがとうございます」や「ご心配をおかけして申し訳ありません」、「ご心配ご無用に存じます」などです。 心配をしてくれてありがとうという感謝や、心配をかけてごめんなさいという謝罪、また心配しなくても大丈夫ですという意思表示など、敬語である「ご心配」とそれに続く言葉を使ってさまざまな気持ちを表現することができます。 「ご心配」のあとにどのような言葉を持ってくるかが、使い方のポイントと言えるでしょう。 心配の対象となるもの 敬語「ご心配」の意味や使い方について見てきましたが、具体的に心配の対象となるものに何があるのでしょうか。 まず1つに体調への心配が挙げられます。 咳をしていたり鼻をすすっていたりする人、また顔色がすぐれなかったりマスクを着けている人は声をかけられます。 2つ目は事故への心配です。 事故にあってしまった人、または天気が悪く事故が起こりそうあときは声をかけます。 3つ目は時間への心配です。 時間が押して次の予定に間に合いそうにないときなどです。 3つのうちいづれにしても、見かけた場合は「大丈夫ですか」と声をかけると良いです。 また声をかけてもらったときには、「ご心配いただきありがとうございます」と敬語で感謝の気持ちを伝えましょう。 敬語「ご心配」の例文を見てみよう 敬語である「ご心配」にいろんな言葉をくっ付けることで、さまざまなシーンで使える言葉になります。 どのような言葉を付けると、どのようなシーンで使えるのかを具体的に見ていきましょう。 ご心配くださりありがとうございます 「ご心配くださりありがとうございます」は、感謝の気持ちを伝えられる言葉です。 例えば自分が事故や病気で入院することになった際、お見舞いに来てくれた上司や先輩、知り合いに対して使うことができます。 また自分が悩んでいるときに声をかけてくれた相手にも使えます。 感謝を伝えることのできるこの言葉は、周囲の人のやさしさや配慮を感じたときに使うべきです。 また周囲からの思いを感じたときだけではなく、自分が心配や迷惑をかけたという自覚があるときには必ず「ご心配くださりありがとうございます」と伝えましょう。 周囲の人の対応に限らず、ありがとうという感謝を伝えることは、のちの人間関係においてとても重要です。 ご心配をおかけして申し訳ありません 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は、謝罪の意思を伝えられる言葉です。 相手が自分に起こったことに対し心配してくれているときに使うと良いでしょう。 例えば数日間連絡が取れない状況のなか、知り合いが何度も連絡を取ろうと試みてくれていたときには、まず「ご心配をおかけして申し訳ありません」と伝えるべきでしょう。 「ご心配いただきありがとうございます」のときと同じように、周囲の人の思いを感じたときだけではなく、たとえ感じなくても自分が心配や迷惑をかけたという認識があれば必ず「ご心配をおかけして申し訳ありません」と声をかけるようにしましょう。 迷惑をかけたうえに謝罪すらしないのかと思われてしまうので、相手との関係を持続させるためにも絶対に必要なことです。 ご心配のことと存じます ここまで「ご心配」を使ったさまざまな言葉を見てきましたが、「ご心配」に代わる敬語表現はあるのでしょうか。 さまざまな場合に備えてボキャブラリーを増やしておきましょう。 ここでは「ご心配」に似た他の敬語表現をいくつかご紹介します。 ご案じ まずは「ご心配」の類語である「ご案じ」のみの意味から見ていきます。 「ご心配」と同じように相手を気遣う言葉であり、体だけではなく心や経済状況まで幅広く使える言葉です。 また相手に悪いことが起きないようにという意味も込められています。 文章にすると「ご案じ申し上げます」となり、このように使われます。 お気遣い 敬語「ご心配」の代わりに「お気遣い」という言葉が使えます。 「お気遣い」とは字のまま気を遣うということです。 あれこれ気を遣ってもらったことに対して、ありがとうという感謝の気持ちを伝えることができる言葉です。 体調がすぐれない際ににやさしい言葉をかけてもらったときや、面談中などにお茶やお菓子を出してもらったときなどに、「お気遣いいただきありがとうございます」という敬語が使えます。 特にビジネスマナーに対する感謝の思いを伝えるのに、この言葉を使うと良いでしょう。 このような感謝のひとことが添えられるだけで、相手が持つ印象もがらりと変わります。 お心遣い 敬語「ご心配」を「お心遣い」に変えることも可能です。 「心遣い」は「気遣い」よりも、より広い範囲の思いやりを意味します。 例えば手紙の最後に添えられる「お体に気を付けてお過ごしください」や「 雨が降っているので 事故にはくれぐれもお気を付けください」などです。 天気の悪い日に車で送迎をするなど、相手の状況を考えながら、思いやりのある行動をするのが、「心遣い」です。 相手が自分のためにしてくれたやさしさや思いやりに対して「お心遣いいただきありがとうございます」と声をかけると良いでしょう。

次の