アズノール軟膏。 口腔ケア アズノール軟膏について:看護師お悩み相談室

軽い炎症や痒みにアズノール軟膏!市販でも買える?

アズノール軟膏

アズノーズ軟膏とは? そもそもアズノール軟膏とはどのようなものでしょう。 アズノール軟膏・・植物であるキク科の植物カミツレの有効成分を、ワセリンとラノリンという羊由来の油を基材にして作られたもの カミツレはカモミールのことで、よくハーブとしても使われていますね。 ラノリンは羊の油分で、授乳でできてしまう、乳首の傷への塗り薬としても使われています。 鎮炎効果と殺菌効果に優れている自然由来の優しい薬です。 また アズノール軟膏は、抗生物質ではなくステロイド剤を使用していません。 ステロイド剤はできれば使いたくない!そんな親御さんも多いでしょう。 アズノールは非ステロイドですので安心です。 アトピーの塗り薬として、愛用している人もいます。 劇的な効果がすぐに出る・・というわけではありませんが、長く続けていける体に優しい薬になります。 赤ちゃんが• おむつかぶれ こんな肌のトラブルが起こったときに、病院に行くと、よくアズノール軟膏が処方されます。 大人でも、手荒れや湿疹で皮膚科に行くと、アズノールを処方されることがあります。 ワセリンも含まれているので、大変保湿効果が高いものです。 ただごくまれに、成分のカミツレやラノリンに過敏に反応が出てしまうことがあります。 念のため、パッチテストをおこなってから使用するとよいですね。 【パッチテストの方法】• 赤ちゃんの太ももや二の腕に軟膏を塗る 10円玉くらいの大きさ• 20分ほど待つ• 赤みがなければOK 以上は簡易的な方法になります。 顔に塗っても大丈夫! 特に合わないということがなければ、 赤ちゃんの顔に塗っても大丈夫です。 湿疹が気になる口回りに塗っても問題ありません。 ほかにも、目の周りや首などのデリケートな部位に塗ってもOKです。 大丈夫かしら?と思いますね。 直接お顔に塗ったものをなめるわけではないので、危険度はかなり低いです。 アズノール軟膏自体は体に安全なものを使っていますので・・。 ただ、なるべくならなめないでほしいところです汗。 ミトンをこまめに変えたり、少量を、回数を増やして塗ってあげるようにしましょう。 乾燥対策にもなります! またアズノール軟膏は、保湿効果が大変高いです。 ですので、 赤ちゃんのほっぺのかさかさや乾燥対策として塗布してもOK です。 肌荒れ対策で処方されたアズノールの、保湿効果の高さに惚れて、顔にも使っているという大人がいるくらいなのです。 市販で売っているの? アズノール軟膏は、残念ながら市販は販売されていません。 大人も保湿対策として使いたくなりますが、手軽には手に入らないのが現状です。 ただ、通販として扱っている薬局の販売サイトがネット上にいくつかあります。 チューブタイプの20gで400円ほどです。 とても安いですね。 >> >> 終わりに 「アズノール軟膏を赤ちゃんのお顔に塗っていいの?」 「赤ちゃんがなめるんですけど・・」 こんな疑問への回答でした。 体に優しい成分を使っていますので、口回りや顔に使っても大丈夫とされています。 まれにアレルギーを起こす人がいますので、ちょっとだけ気を付けてください。 湿疹や乾燥対策としても使えますので、1本あると何かと使えますね。

次の

アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

アズノール軟膏

A ベストアンサー リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。 ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。 殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。 ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。 だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。 なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。 使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。 虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。 あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。 ただし、あくまで自己責任。 医師の指導のもと使ってください。 Q 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 デリケートゾーンの蒸れも感じていましたが 家に帰ってお風呂に入るまで、 どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります 今日は重要な授業が夕方まであったため 病院に行けなかったのですが、排尿時の痛みが辛く、 薬局に飛び込みました。 薬剤師さんに相談したところ、 最初はフェミニーナ軟膏を薦められ、 それは納得しました。 二次感染の防止にはなっても、治りが遅いのでは 逆にトイレを我慢してしまって 膀胱炎になってしまうと心配になってきました…。 更に、もしかしたら明日頃から生理が来てしまうので 月経血にしみるのでは…と心配です。 月曜には病院に行こうと思うのですが、 とりあえず、薬剤師さんが進めた理由、 皆さんの意見等を詳しく説明していただけないでしょうか…?? よろしくお願いいたします。 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 デリケートゾーンの蒸れも感じていましたが 家に帰ってお風呂に入るまで、 どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります 今日は重要な授業が夕方まであったため 病... A ベストアンサー こんにちは。 薬剤師さんがそう考えた理由はおそらくこうだと思います。 フェミニーナ軟膏は、早い話が痒み止めです。 抗ヒスタミン剤と麻酔薬成分で刺激を食い止める物です。 クロマイ軟膏は、抗生物質ですので細菌を殺す薬です。 炎症を抑える為には抗ヒスタミン剤ではなく、ステロイドが使われています。 「傷がある」と言われたので、傷を直すには、細菌感染を防ぐ事が重要と考えたのでしょう。 しかも抗ヒスタミン剤とステロイドでは炎症を抑えるにはステロイドの方が効果が大きいのが普通です。 以上より、その薬剤師さんの考えには私も同意できます。 気をつけるのは、抗生物質もステロイドも乱用してはいけない代物なので、直ったらすぐやめる事です。 Q 20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。 痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。 「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。 普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、 ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れないくらい痒くて死にそうな状態になり、また皮膚科で薬をもらって治す・・・という繰り返しで10年ほど過ぎてきました。 長年慢性的にステロイドを使用してきたため、体が慣れてしまったのか、最近では量も増やして処方されているのに、それでも効かなくなってきました。 久しぶりに婦人科へ行きまた検査してもらいましたが、やっぱり「菌はいないねえ」とのこと。 念の為、血液と子宮の検査もしてもらいましたが、全く異常なしでした。 皮膚科でもらっていた薬が効かなくなってしまったということを婦人科で話したのですが、 「皮膚科では出せない婦人科の薬と組み合わせて、様子を見よう」と言われ、 1週間ごとに通い、そのたび薬を変更したり1カ月試してみましたが、やはり改善しません。 診察料もばかにならないし、ないよりもうステロイドと縁を切りたいので、 もう通っていませが、どんどん悪化してきて、過去最悪な状態です。 股のつけ根、毛の生えている部分、割れ目の内側(粘膜の部分)、肛門までぜんぶ異常な痒さです。 我慢できないので、素手でかきまくっているため、血が出て、ずっとひりひりしており、 トイレやお風呂の時はしみて痛いし、普通にしてても、しゃがんだりして、服が陰部をこすると激痛です。 もう触っただけでも痛いので、かかないように我慢しても、あまりの痒さにどうしてもかいてしまいます。 なぜ私だけ、こんな湿疹になってしまうのでしょうか? カンジダとかのがましです。 皮膚科でも「これは体質だから。 治らないよ。 こうやって薬と併用してうまく付き合っていくしかない」って言われてきました。 その薬も効かなくなってきた私は、 いったいどうすればいいのでしょうか?とてもつらいです。 それに、陰部のステロイド吸収率がものすごく高いということを、つい最近まで知らなくて、 ステロイドを陰部の割れ目の中(粘膜の部分)まで慢性的に塗っていました。 皮膚科の先生は、女性のくせに全くそういうことは教えてくれませんでした。 将来赤ちゃんができたときに、奇形児にならないかとても心配です。 だから、もうステロイドは使いたくないです。 近所の皮膚科へ行くと、絶対ステロイドの量を増やされるだけなので、もう嫌です。 どなたか助けてください。 20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。 痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。 「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。 普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、 ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れ... A ベストアンサー 下記の湿潤療法をお勧めします。 消毒液を使わずに水道水で洗ったりして、かさぶたを作らずに直す方法です。 私は手のひらを大きくヤケドした時に、早く直したくてこの方法をはじめて取りました。 動くところにもかかわらず、早く治り、すごいと思ったのは痛くなかったのです。 最初の2日間はたまたまいた看護婦さんが普通の方法で手当てをしてくれたのですが、ガーゼを替える毎に涙が勝手に出てくる痛さでした。 痛いのは仕方がないと思ったのですが早く治したくて、自分でやりだしたのですが、シャワーを普通に浴び傷口も手で洗い、周辺も良く洗って清潔を保つ事が出来、痛くないのです。 シャワー後に水気を取りワセリンを塗ったサランラップを張ってずれないようにテープで止め、液が出てくるのでガーゼを当て包帯をする感じです。 サランラップをはずす時にも痛くありません。 確か1,2日で薄い皮が出来始めた気がします。 もう一つすごいのが跡がまったく残りませんでした。 モデルの女性が顔を怪我してこの方法で治したという報告を読んだ事もあります。 病院でもやっとこの方式をやりだしているところもあるようです。 この療法のあったカットバンもでているようですが、それがどれなのかは知りません。 wound-treatment. 消毒液を使わずに水道水で洗ったりして、かさぶたを作らずに直す方法です。 私は手のひらを大きくヤケドした時に、早く直したくてこの方法をはじめて取りました。 動くところにもかかわらず、早く治り、すごいと思ったのは痛くなかったのです。 最初の2日間はたまたまいた看護婦さんが普通の方法で手当てをしてくれたのですが、ガーゼを替える毎に涙が勝手に出てくる痛さでした。 痛いのは仕方がないと思ったのですが早く治したくて、自分でやりだしたのですが、シャワーを普通に... Q 先々週から陰部というか小陰唇 ビラビラ と大陰唇が常時ではありませんが特に夜、とてもかゆくなります。 最初のころフェミニーナ軟膏をつけた所異常に腫れてしまいました。 これはフェミニーナ軟膏のせいでしょうか? 翌日には腫れは引いていましたが、産婦人科に行きました。 腫れの原因は説明されず、ただ陰部を見てカンジダと診断されリンデロンという軟膏をいただきました。 しかしこの軟膏をつけると逆に陰部をかかずにはいられないほど、かゆくなってしまいます。 一向によくなる気配がしないのですが、もう一度産婦人科に行って 別の薬を処方してもらったほうが賢明でしょうか。 なにかあれば教えていただきたいです。 お願いします。 A ベストアンサー 他の回答者さま方が書いていらっしゃることと重複しますが、お医者さんを変えて、もう一度診てもらうべきだと思います。 カンジダだとしたら、見るだけではなく、ちゃんと顕微鏡で真菌(カビの仲間)や胞子が無いか診てもらえて(数分で終わります)、しかも他のかたもおっしゃっておられるように、リンデロンは絶対に処方しません。 また、その場で座薬を入れてくださる先生もおられます。 軟膏ももちろん必要ですが、膣内の酸性度と菌類のバランスが崩れることによって起こるのがカンジダ膣炎です。 女性の誰もがカンジダにかかる可能性があります。 性行為がなくても、体力が低下して、空気中の真菌に感染することもよくあります。 あと、私は繰り返し何回もかかっていて、あきらめたころに治りました。 ちなみに、薬局でも、最近はとてもよい座薬と軟膏が売られています。 なので、「カンジダだ」と思ったらすぐに買いに行きます。 でも、その前に、もう一度、診断を受けてくださいね。 別の病気の可能性もありますから。 少なくとも生検(病変部の一部を採取して、検査すること)をやってくれる、安心できる病院を選んでくださいね。 他の回答者さま方が書いていらっしゃることと重複しますが、お医者さんを変えて、もう一度診てもらうべきだと思います。 カンジダだとしたら、見るだけではなく、ちゃんと顕微鏡で真菌(カビの仲間)や胞子が無いか診てもらえて(数分で終わります)、しかも他のかたもおっしゃっておられるように、リンデロンは絶対に処方しません。 また、その場で座薬を入れてくださる先生もおられます。 軟膏ももちろん必要ですが、膣内の酸性度と菌類のバランスが崩れることによって起こるのがカンジダ膣炎です。 女性の誰もが... Q よろしくお願いします。 毎回生理前になると陰部に出来物(にきび)ができるのですが 今回は小陰茎にできてしまいました。 それも以前にあったので すぐに破れて治るだろうと軽く考えていたのですが 今回はかなり深い部分で膿んでしまったのか 破れずにかなり腫れあがってしまいました。 今も腫れているためかなり痛みがありまいっています。 こうなる前に病院に行けばよかったのですが いつものことだからと安易に考えてしまっていました。 月曜日に婦人科に行こうとは思うのですが それまで痛みを押えておくのにずっと鎮痛剤を飲むより 出来れば鎮痛剤の入った軟膏があればと思ったのですが 市販薬で痛み止めの入った軟膏は売っているでしょうか? その辺のドラックストアで購入できるのがいいのですが 何かご存知の方おられましたらご助力お願いします。 A ベストアンサー ご心配なことでしょう。 お気持ち、お察しします。 わたしは以前、外陰部に同じような物ができて、皮膚科を受診しました。 場所が場所なので、女医さんがいる皮膚科を受診して、下記の軟膏をもらいました。 もしご希望なら、ドラッグストアに薬剤師さんが常駐しておられるはずですから、同じ成分のものはないか、お尋ねになってください。 下記の写真と全く同じものです。 わかりやすくいうと、化のう止めになるかと思いますが、腫れと痛みが徐々に引いていきました。 qlife. html ただし、このサイトでは医療行為と同等のアドバイスは禁止されていますし、質問者様の症状と同じとは限りません。 これはあくまで、ご参考程度の回答になりますこと、ご了承ください。 どうぞお大事に… A ベストアンサー ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなります。 (まぶたの内側と、まつげの生えている細い面が特に痒いです) ステロイドだろうが普通のかゆみ止めだろうが、対症療法でしかないことにかわりはないので、抗アレルギーの目薬を継続的にさすのが一番効果が高いです。 インタールとかザジテンとか、かゆみがひどいときにはステロイドですがフルメトロンなどで補助して。 まつげの生え際は目薬の効果の範囲内ですよ。 ただ、どうしても軟膏がいい場合、私ならネオメドロールEEを選択します。 目用じゃない薬を使うくらいなら、安全性も勝ってますし。 ステロイドは、強さのランクが5段階あり、ネオメドロールは一番弱いランクです。 ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなり... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...

次の

アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

アズノール軟膏

・アズノール軟膏を市販で購入する方法 ・アズノール軟膏の特徴、塗布できる部位 ・アズノール軟膏で対処できる症状一覧 アズノール軟膏の特徴 アズノールには炎症を抑える作用があり、市販のトローチに配合されていたり、うがい薬、軟膏などいろいろなタイプのお薬があります。 中でも、アズノール軟膏は見た目が青色でびっくりするかもしれませんが、湿疹やかぶれに古くから使われている塗り薬です。 アズノール軟膏の効果 アズノール軟膏は下記のような作用があり、湿疹ややけどなどに効果があります。 その作用はステロイドの塗り薬に比べて穏やかなため、比較的症状が軽いときに使います。 <アズノール軟膏の効果> ・抗炎症作用 ・抗アレルギー作用 ・傷の治りを助ける 唇やデリケートゾーン、赤ちゃんも使える アズノール軟膏は作用が穏やかなことから、口角炎や肛門周りの炎症など、皮膚が薄くデリケートな部位にも使うことができます。 赤ちゃんのおむつかぶれにも使われることの多いお薬です。 お肌の炎症が気になる方は、アズノールのような作用をもつもぜひご参照ください。 アズノール軟膏の使用に適した症状 アズノール軟膏は具体的にどんな時に使えるのかご紹介します。 軽いやけどをしてしまった お料理中などちょっとやけどをしてしまったけど、病院で診てもらうほどでもないかな、というときはアズノール軟膏で対処することもできます。 軽いやけどで赤くなってしまった場合には、まずは流水で患部をしっかり冷やして、その後アズノール軟膏を塗ってガーゼを当てておくと、やけどによる炎症を早く治すことができます。 ただし、水ぶくれができているなど、やけどが深い場合にはアズノール軟膏や市販のお薬だけでは対処が難しい場合もあるので、病院を受診するか、近所の薬局で症状を相談してみましょう。 2019-11-08 08:05 湿疹によるかゆみ、炎症を抑えたい 軽いかゆみ、湿疹にアズノール軟膏を使うことができます。 アズノール軟膏には主成分の他に、保湿作用のある白色ワセリンも含まれています。 このため、炎症を抑える以外にも、白色ワセリンが患部を保湿することで湿疹を改善してくれます。 作用が穏やかなので、湿疹を治したいけど、ステロイドを塗るほどひどくはないときや、口回りなど皮膚の薄い場所に使いたいときはアズノール軟膏を試してみるといいですね。 他にも、虫に刺されてしまったときなど、病院にかかるほどじゃないけど、市販の薬でささっと炎症やかゆみをおさえたいな、というときに家に1本あると便利です。 まとめ ・アズノール軟膏は古くから使われているお薬で、湿疹、やけどに効果があります ・作用は穏やかなので、症状が軽めのときや、デリケートな場所に使いたいときに使用できます ・アズノール軟膏は病院で処方箋を書いてもらうか、市販であれば零売薬局で購入できます ・零売薬局では症状を薬剤師に相談しながら薬を買えるので、病院に行くか迷ったら零売薬局で相談してみるのもオススメ.

次の