ニコニコアップル立ち絵。 立ち絵まとめ 配布のお知らせ / はるか さんのイラスト [ニコニコあっぷる]

PPT(パワーポイント)だけでイラストを作るテクニック集

ニコニコアップル立ち絵

こんなイラスト作りました まず最初に、これまで私がブログ用に作ってきたイラストを4つほど紹介します。 これらは いずれもPPTで作ったものです。 その他にも、遊びで色んな企業のロゴを作ってみたので興味があれば、こちらもどうぞ。 (我ながら、なかなかの出来ですw) さて、このページでは、イラストの作成方法を 基本編と 応用編に分けてご紹介します。 基本編では、PPTの オートシェイプ機能をメインに使ったイラスト作成方法を、 応用編では、PPTの クリップアートやフリーのイラストを加工して行うイラスト作成方法についてまとめています。 基本編 まず基本編では、PPTの オートシェイプ機能をメインに使ったイラスト作成方法を紹介について、テクニックをいくつか紹介します。 1.オートシェイプを組み合わせて複雑な形を作る PPTには、様々な形のオートシェイプが用意されています。 まず、イラスト作成に使える代表的なものをまとめてみました。 グラデーションがかかり、ちょっとオシャレになりました(笑) この作業には「 グラデーション」と「 透過性」という2つのマジックをかけていますので、具体的な手順を紹介します。 まず、 ロゴが全て隠れるようにオートシェイプで上から長方形を重ねます。 重ねた長方形を、「 図形の書式設定」から「 塗りつぶし」の設定を開き、「 塗りつぶし(グラデーション)」を選択します。 3か所ある グラデーションの分岐点の 色 C を全て白にします。 3か所あるグ ラデーションの分岐点の 透過性 T を左から100、50、0にします。 これで完成です。 細かい調整は分岐点をうまく調整してみてください。 4.前面/背面に注意する また、PPTでイラストを作成する際に覚えておくべきこととして、 全面/背面があります。 例えば、 スマイル(オートシェイプの1種)と 三角形を組み合わせて簡易的に人を作るときは、図のように三角形を背面にする必要があります。 スポンサーリンク 応用編 さて、ここからは応用編です。 応用編では、 オートシェイプ以外の素材をPPT上で加工するイラストの作成方法をご紹介します。 1.素材を調達する まず、使いたい素材を調達します。 ただし、PPTでイラストを作る場合、あまり複雑なものや、奥行のある絵柄は加工が難しいので、 平面的なイラストがオススメです。 私がよく使うのは、PPTのクリップアートや、外部のイラストサイトです。 クリップアート PPTにもとから用意されているフリーイラスト集です。 無料のイラスト(アイコン)サイトです。 Webサイトに使うアイコンが充実していますが、イラストも豊富に用意されています。 有料の写真・イラストサイトです。 Webサイトに使うアイコンが充実していますが、イラストも豊富に用意されています。 写真は除きイラストだけに絞り込んで検索することが出来ます。 2.不要部分を削除する 調達した素材から、イラストに使いたい部分だけを抜粋します。 これには「 トリミング」または「 背景の削除」機能を使うと便利です。 2-1.トリミング トリミングは、 画像を長方形などの形にトリミングすることができ、残した部分以外は、透明な状態になります。 このイラストの グリーンをもっと広げて、カップ(穴)を付け足してみようと思います。 その際に便利なのが、「 ペイント」の 色の選択(カラーピッカー)機能です。 ここだけPPTではありませんが、「 ペイント」はWindowsに最初から入っているソフトなので許してください(笑)• まず、「 ペイント」の中にある「 色の選択」(スポイトのようなアイコン)をクリックします。 次に、選択したい色の部分(今回はグリーン)にカーソルを合わせてクリックします。 すると、色1のところに選択した色が表示されます。 続いて、「 色の編集」をクリックします。 「 色の編集」ウィンドウが立ち上がるので、赤(R)、緑(G)、青(U)の数値をメモしておきます。 PPTに戻り、オートシェイプの「 図形の塗りつぶし」で「 その他の色」を選択し、先ほどメモした赤、緑、青の値をそれぞれ入力します。 これで、 元のイラストと同じ色のオートシェイプを作成することが出来ました。 あとは、イラストとオートシェイプを組み合わせていけば、次のような新しいイラストの完成です。

次の

はるか さんのイラスト一覧

ニコニコアップル立ち絵

関連動画• 再生回数:13135 コメント:150 マイリス:42• 再生回数:8657 コメント:202 マイリス:18• 再生回数:755 コメント:10 マイリス:7• 再生回数:6140 コメント:242 マイリス:22• 再生回数:756 コメント:11 マイリス:4• 再生回数:18178 コメント:518 マイリス:72• 再生回数:507 コメント:7 マイリス:6• 再生回数:37399 コメント:1564 マイリス:110• 再生回数:1526 コメント:37 マイリス:9• 再生回数:632 コメント:3 マイリス:3• 再生回数:70407 コメント:879 マイリス:341• 再生回数:315 コメント:6 マイリス:3 タグ がついた人気の動画•

次の

立ち絵まとめ 配布のお知らせ / はるか さんのイラスト [ニコニコあっぷる]

ニコニコアップル立ち絵

こんなイラスト作りました まず最初に、これまで私がブログ用に作ってきたイラストを4つほど紹介します。 これらは いずれもPPTで作ったものです。 その他にも、遊びで色んな企業のロゴを作ってみたので興味があれば、こちらもどうぞ。 (我ながら、なかなかの出来ですw) さて、このページでは、イラストの作成方法を 基本編と 応用編に分けてご紹介します。 基本編では、PPTの オートシェイプ機能をメインに使ったイラスト作成方法を、 応用編では、PPTの クリップアートやフリーのイラストを加工して行うイラスト作成方法についてまとめています。 基本編 まず基本編では、PPTの オートシェイプ機能をメインに使ったイラスト作成方法を紹介について、テクニックをいくつか紹介します。 1.オートシェイプを組み合わせて複雑な形を作る PPTには、様々な形のオートシェイプが用意されています。 まず、イラスト作成に使える代表的なものをまとめてみました。 グラデーションがかかり、ちょっとオシャレになりました(笑) この作業には「 グラデーション」と「 透過性」という2つのマジックをかけていますので、具体的な手順を紹介します。 まず、 ロゴが全て隠れるようにオートシェイプで上から長方形を重ねます。 重ねた長方形を、「 図形の書式設定」から「 塗りつぶし」の設定を開き、「 塗りつぶし(グラデーション)」を選択します。 3か所ある グラデーションの分岐点の 色 C を全て白にします。 3か所あるグ ラデーションの分岐点の 透過性 T を左から100、50、0にします。 これで完成です。 細かい調整は分岐点をうまく調整してみてください。 4.前面/背面に注意する また、PPTでイラストを作成する際に覚えておくべきこととして、 全面/背面があります。 例えば、 スマイル(オートシェイプの1種)と 三角形を組み合わせて簡易的に人を作るときは、図のように三角形を背面にする必要があります。 スポンサーリンク 応用編 さて、ここからは応用編です。 応用編では、 オートシェイプ以外の素材をPPT上で加工するイラストの作成方法をご紹介します。 1.素材を調達する まず、使いたい素材を調達します。 ただし、PPTでイラストを作る場合、あまり複雑なものや、奥行のある絵柄は加工が難しいので、 平面的なイラストがオススメです。 私がよく使うのは、PPTのクリップアートや、外部のイラストサイトです。 クリップアート PPTにもとから用意されているフリーイラスト集です。 無料のイラスト(アイコン)サイトです。 Webサイトに使うアイコンが充実していますが、イラストも豊富に用意されています。 有料の写真・イラストサイトです。 Webサイトに使うアイコンが充実していますが、イラストも豊富に用意されています。 写真は除きイラストだけに絞り込んで検索することが出来ます。 2.不要部分を削除する 調達した素材から、イラストに使いたい部分だけを抜粋します。 これには「 トリミング」または「 背景の削除」機能を使うと便利です。 2-1.トリミング トリミングは、 画像を長方形などの形にトリミングすることができ、残した部分以外は、透明な状態になります。 このイラストの グリーンをもっと広げて、カップ(穴)を付け足してみようと思います。 その際に便利なのが、「 ペイント」の 色の選択(カラーピッカー)機能です。 ここだけPPTではありませんが、「 ペイント」はWindowsに最初から入っているソフトなので許してください(笑)• まず、「 ペイント」の中にある「 色の選択」(スポイトのようなアイコン)をクリックします。 次に、選択したい色の部分(今回はグリーン)にカーソルを合わせてクリックします。 すると、色1のところに選択した色が表示されます。 続いて、「 色の編集」をクリックします。 「 色の編集」ウィンドウが立ち上がるので、赤(R)、緑(G)、青(U)の数値をメモしておきます。 PPTに戻り、オートシェイプの「 図形の塗りつぶし」で「 その他の色」を選択し、先ほどメモした赤、緑、青の値をそれぞれ入力します。 これで、 元のイラストと同じ色のオートシェイプを作成することが出来ました。 あとは、イラストとオートシェイプを組み合わせていけば、次のような新しいイラストの完成です。

次の