高速バス 東京 浜松。 東京〜浜松の移動手段まとめ【2020年度版】

浜松町・東京駅~銚子・犬吠埼 | 高速バス | 京成バス

高速バス 東京 浜松

東海道本線の列車と富士山 片道費用 4,510円(グリーン車利用なしの場合) 所要時間4時間20分〜 JRの 在来線で移動する方法です。 つまり、新幹線には乗車せず、 JR東海道本線の普通列車・快速列車のみを利用して移動します。 在来線で移動する場合、直通列車がないので、何回か乗り継ぎが必要です。 乗り継ぎの列車と時刻を調べるには、ジョルダンのが便利です。 東京〜熱海間については、グリーン料金を支払えば、普通列車に連結されている グリーン車で移動することも可能です。 普通列車のグリーン車に乗車する方法については、をご覧ください。 青春18きっぷ等を活用する 時期によっては、 青春18きっぷなどの期間限定フリーきっぷを活用することで、格安で移動することも可能です。 青春18きっぷの場合、1日分の価格が 2,410円なので、東京〜浜松間を片道で1回移動すれば元が取れます。 以下の表は、青春18きっぷと同じタイプのフリーきっぷ一覧です。 いずれも 期間限定のきっぷなので1年中使える訳ではありませんが、発売・利用期間を知っておくと便利です。 東京〜浜松間で利用できるフリーきっぷ きっぷ名 発売・利用期間 価格(大人) 春・夏・冬 12,050円 秋 7,850円 『休日乗り放題きっぷ』を活用する 土日祝日に東京(関東地方)〜浜松をJRの在来線で移動する場合、『』を利用する方法もあります。 『休日乗り放題きっぷ』は、JR東海が販売している 土日祝日・年末年始限定のフリーきっぷです。 特急列車(新幹線を除く)にも、別に特急料金を支払えば乗車できます。 例えば富士〜静岡間は、追加の特急料金をプラスして特急『ワイドビューふじかわ』に乗車することも可能です。 関東地方側から出発する場合、出発駅はJR東海エリア内にある 熱海駅か 国府津駅になります。 『休日乗り放題きっぷ』(大人)の価格は、 2,720円です。 例えば熱海駅〜浜松駅の場合、片道運賃が 2,640円なので、熱海〜浜松を片道1回乗車するだけでは元が取れませんが、1回往復すれば元が取れます。 『休日乗り放題きっぷ』についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。 スポンサーリンク 浜名湖と新幹線 片道費用 6,800〜12,100円 所要時間1時間20分〜2時間5分 新幹線(東海道新幹線)で移動する方法です。 新幹線は、東京〜浜松の移動手段の中で、最もポピュラーな移動手段です。 時間通りに運転してくれる可能性が高いという『 定時性』に優れているのが新幹線のメリットです。 そのため、時間を重視するビジネスマンの方にとって最適な移動手段です。 その反面、東京〜浜松の移動手段の中で費用はもっと高いです。 東海道新幹線の列車の種類には『のぞみ』『ひかり』『こだま』がありますが、東京〜浜松間で乗車できるのは『 ひかり』と『 こだま』です。 『のぞみ』は浜松駅に停車しないので注意が必要です。 『ひかり』は一部の駅に停車しない分だけ、各駅停車の『こだま』より所要時間が30分程度短いです。 『ひかり』と『こだま』に料金の違いはないので、特に理由がなければ『ひかり』に乗車するのが無難です。 東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧 以下の表は、東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧です。 2020年7月時点でのデータを元にしています。 大人1名が 通常期に乗車するという条件での価格です。 グリーン車のきっぷは背景を 緑で示しました。 Eは エクスプレス予約限定のきっぷ、 Sは スマートEX限定のきっぷであることを示します。 e特急券は、定価の乗車券をプラスした価格を表示しています。 東京〜浜松の新幹線きっぷ一覧(グリーン車) きっぷ 価格(片道) 条件等 E S 8,120円 こだま限定・3日前まで 8,800〜9,000円 こだま限定 E 10,910円 S 11,900円 E 11,910円 特急券のみ 通常のきっぷ(グリーン車) 12,100円 エクスプレス予約とスマートEXについて 『』と『』は、いずれもJRが運営する東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。 『スマートEX』は、2017年9月30日にスタートしたサービスです。 『エクスプレス予約』と『スマートEX』のサービス内容の詳細については、以下の記事をご覧ください。 東京ディズニーリゾート往復きっぷ 上の新幹線きっぷ一覧には含めませんでしたが、東京ディズニーリゾートに新幹線で行かれる方向けに、『』というきっぷがあります。 出発駅〜舞浜駅の往復きっぷで、浜松〜東京間は、新幹線の普通車指定席に乗車できます。 東京ディズニーリゾートの入場予約券は、きっぷの内容に含まれていないので注意が必要です。 浜松発の価格は大人 15,430円、こども 7,710円です。 なお、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できないので注意が必要です。 車(高速道路) 新東名高速道路と富士山 片道費用 4,230〜5,630円(普通車の場合) 所要時間約2時間20分〜2時間30分(渋滞考慮なしの場合) 車(高速道路)で東京〜浜松間を移動する方法です。 一般道を利用する場合はもちろん料金はかかりませんが、一般道での移動はこの記事では扱いません。 東京〜浜松間で高速道路を利用する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートを利用できます。 東名高速道路と新東名高速道路の分岐点は 御殿場インターチェンジで、東京方面〜御殿場IC間は、 東名高速道路を利用する形になります。 浜松市中心部に近いエリアを走っているのは、東名高速道路です。 新東名高速道路は、浜松市の北部エリアを走っています。 目的地が浜松市北部方面なら新東名高速道路、浜松市中心部なら東名高速道路が選択肢になります。 2つのルートの料金は、同じ距離を走る限りほとんど差がありません。 走りやすさについては、新しくてカーブやアップダウンの少ない新東名高速道路のほうが走りやすいです。 高速道路料金の割引には 休日割引、 深夜割引などがあり、いずれも ETC車載器の搭載が前提となる割引です。 以下の表に、 東京IC〜浜松IC間の高速道路料金を示しました。 東名高速道路を利用するという条件です。 休日(土日祝日)は、ETC割引料金が適用されます。 東京〜浜松の移動手段 費用 所要時間 高速バス 1,900円〜 4時間20分〜 JR在来線 4,510円 4時間20分〜 新幹線 6,800〜12,100円 1時間20分〜2時間5分 車(高速道路) 4,230〜5,630円 約2時間20分〜2時間30分• リーズナブルに移動するなら、 高速バスかJR在来線です。 JR在来線の場合、青春18きっぷなどの利用期間中には格安で移動できます。 新幹線は、スピードを重視する方向けの移動手段です。 また、定時性が優れているのが、新幹線を利用するメリットです。 車(高速道路)で移動する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートから選択する形になります。

次の

東京発 ~ 浜松・浜名湖行きの高速バス・夜行バス予約【バス比較なび】

高速バス 東京 浜松

東海道本線の列車と富士山 片道費用 4,510円(グリーン車利用なしの場合) 所要時間4時間20分〜 JRの 在来線で移動する方法です。 つまり、新幹線には乗車せず、 JR東海道本線の普通列車・快速列車のみを利用して移動します。 在来線で移動する場合、直通列車がないので、何回か乗り継ぎが必要です。 乗り継ぎの列車と時刻を調べるには、ジョルダンのが便利です。 東京〜熱海間については、グリーン料金を支払えば、普通列車に連結されている グリーン車で移動することも可能です。 普通列車のグリーン車に乗車する方法については、をご覧ください。 青春18きっぷ等を活用する 時期によっては、 青春18きっぷなどの期間限定フリーきっぷを活用することで、格安で移動することも可能です。 青春18きっぷの場合、1日分の価格が 2,410円なので、東京〜浜松間を片道で1回移動すれば元が取れます。 以下の表は、青春18きっぷと同じタイプのフリーきっぷ一覧です。 いずれも 期間限定のきっぷなので1年中使える訳ではありませんが、発売・利用期間を知っておくと便利です。 東京〜浜松間で利用できるフリーきっぷ きっぷ名 発売・利用期間 価格(大人) 春・夏・冬 12,050円 秋 7,850円 『休日乗り放題きっぷ』を活用する 土日祝日に東京(関東地方)〜浜松をJRの在来線で移動する場合、『』を利用する方法もあります。 『休日乗り放題きっぷ』は、JR東海が販売している 土日祝日・年末年始限定のフリーきっぷです。 特急列車(新幹線を除く)にも、別に特急料金を支払えば乗車できます。 例えば富士〜静岡間は、追加の特急料金をプラスして特急『ワイドビューふじかわ』に乗車することも可能です。 関東地方側から出発する場合、出発駅はJR東海エリア内にある 熱海駅か 国府津駅になります。 『休日乗り放題きっぷ』(大人)の価格は、 2,720円です。 例えば熱海駅〜浜松駅の場合、片道運賃が 2,640円なので、熱海〜浜松を片道1回乗車するだけでは元が取れませんが、1回往復すれば元が取れます。 『休日乗り放題きっぷ』についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。 スポンサーリンク 浜名湖と新幹線 片道費用 6,800〜12,100円 所要時間1時間20分〜2時間5分 新幹線(東海道新幹線)で移動する方法です。 新幹線は、東京〜浜松の移動手段の中で、最もポピュラーな移動手段です。 時間通りに運転してくれる可能性が高いという『 定時性』に優れているのが新幹線のメリットです。 そのため、時間を重視するビジネスマンの方にとって最適な移動手段です。 その反面、東京〜浜松の移動手段の中で費用はもっと高いです。 東海道新幹線の列車の種類には『のぞみ』『ひかり』『こだま』がありますが、東京〜浜松間で乗車できるのは『 ひかり』と『 こだま』です。 『のぞみ』は浜松駅に停車しないので注意が必要です。 『ひかり』は一部の駅に停車しない分だけ、各駅停車の『こだま』より所要時間が30分程度短いです。 『ひかり』と『こだま』に料金の違いはないので、特に理由がなければ『ひかり』に乗車するのが無難です。 東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧 以下の表は、東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧です。 2020年7月時点でのデータを元にしています。 大人1名が 通常期に乗車するという条件での価格です。 グリーン車のきっぷは背景を 緑で示しました。 Eは エクスプレス予約限定のきっぷ、 Sは スマートEX限定のきっぷであることを示します。 e特急券は、定価の乗車券をプラスした価格を表示しています。 東京〜浜松の新幹線きっぷ一覧(グリーン車) きっぷ 価格(片道) 条件等 E S 8,120円 こだま限定・3日前まで 8,800〜9,000円 こだま限定 E 10,910円 S 11,900円 E 11,910円 特急券のみ 通常のきっぷ(グリーン車) 12,100円 エクスプレス予約とスマートEXについて 『』と『』は、いずれもJRが運営する東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。 『スマートEX』は、2017年9月30日にスタートしたサービスです。 『エクスプレス予約』と『スマートEX』のサービス内容の詳細については、以下の記事をご覧ください。 東京ディズニーリゾート往復きっぷ 上の新幹線きっぷ一覧には含めませんでしたが、東京ディズニーリゾートに新幹線で行かれる方向けに、『』というきっぷがあります。 出発駅〜舞浜駅の往復きっぷで、浜松〜東京間は、新幹線の普通車指定席に乗車できます。 東京ディズニーリゾートの入場予約券は、きっぷの内容に含まれていないので注意が必要です。 浜松発の価格は大人 15,430円、こども 7,710円です。 なお、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できないので注意が必要です。 車(高速道路) 新東名高速道路と富士山 片道費用 4,230〜5,630円(普通車の場合) 所要時間約2時間20分〜2時間30分(渋滞考慮なしの場合) 車(高速道路)で東京〜浜松間を移動する方法です。 一般道を利用する場合はもちろん料金はかかりませんが、一般道での移動はこの記事では扱いません。 東京〜浜松間で高速道路を利用する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートを利用できます。 東名高速道路と新東名高速道路の分岐点は 御殿場インターチェンジで、東京方面〜御殿場IC間は、 東名高速道路を利用する形になります。 浜松市中心部に近いエリアを走っているのは、東名高速道路です。 新東名高速道路は、浜松市の北部エリアを走っています。 目的地が浜松市北部方面なら新東名高速道路、浜松市中心部なら東名高速道路が選択肢になります。 2つのルートの料金は、同じ距離を走る限りほとんど差がありません。 走りやすさについては、新しくてカーブやアップダウンの少ない新東名高速道路のほうが走りやすいです。 高速道路料金の割引には 休日割引、 深夜割引などがあり、いずれも ETC車載器の搭載が前提となる割引です。 以下の表に、 東京IC〜浜松IC間の高速道路料金を示しました。 東名高速道路を利用するという条件です。 休日(土日祝日)は、ETC割引料金が適用されます。 東京〜浜松の移動手段 費用 所要時間 高速バス 1,900円〜 4時間20分〜 JR在来線 4,510円 4時間20分〜 新幹線 6,800〜12,100円 1時間20分〜2時間5分 車(高速道路) 4,230〜5,630円 約2時間20分〜2時間30分• リーズナブルに移動するなら、 高速バスかJR在来線です。 JR在来線の場合、青春18きっぷなどの利用期間中には格安で移動できます。 新幹線は、スピードを重視する方向けの移動手段です。 また、定時性が優れているのが、新幹線を利用するメリットです。 車(高速道路)で移動する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートから選択する形になります。

次の

東京発 ~ 浜松・浜名湖行きの高速バス・夜行バス予約【バス比較なび】

高速バス 東京 浜松

東海道本線の列車と富士山 片道費用 4,510円(グリーン車利用なしの場合) 所要時間4時間20分〜 JRの 在来線で移動する方法です。 つまり、新幹線には乗車せず、 JR東海道本線の普通列車・快速列車のみを利用して移動します。 在来線で移動する場合、直通列車がないので、何回か乗り継ぎが必要です。 乗り継ぎの列車と時刻を調べるには、ジョルダンのが便利です。 東京〜熱海間については、グリーン料金を支払えば、普通列車に連結されている グリーン車で移動することも可能です。 普通列車のグリーン車に乗車する方法については、をご覧ください。 青春18きっぷ等を活用する 時期によっては、 青春18きっぷなどの期間限定フリーきっぷを活用することで、格安で移動することも可能です。 青春18きっぷの場合、1日分の価格が 2,410円なので、東京〜浜松間を片道で1回移動すれば元が取れます。 以下の表は、青春18きっぷと同じタイプのフリーきっぷ一覧です。 いずれも 期間限定のきっぷなので1年中使える訳ではありませんが、発売・利用期間を知っておくと便利です。 東京〜浜松間で利用できるフリーきっぷ きっぷ名 発売・利用期間 価格(大人) 春・夏・冬 12,050円 秋 7,850円 『休日乗り放題きっぷ』を活用する 土日祝日に東京(関東地方)〜浜松をJRの在来線で移動する場合、『』を利用する方法もあります。 『休日乗り放題きっぷ』は、JR東海が販売している 土日祝日・年末年始限定のフリーきっぷです。 特急列車(新幹線を除く)にも、別に特急料金を支払えば乗車できます。 例えば富士〜静岡間は、追加の特急料金をプラスして特急『ワイドビューふじかわ』に乗車することも可能です。 関東地方側から出発する場合、出発駅はJR東海エリア内にある 熱海駅か 国府津駅になります。 『休日乗り放題きっぷ』(大人)の価格は、 2,720円です。 例えば熱海駅〜浜松駅の場合、片道運賃が 2,640円なので、熱海〜浜松を片道1回乗車するだけでは元が取れませんが、1回往復すれば元が取れます。 『休日乗り放題きっぷ』についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。 スポンサーリンク 浜名湖と新幹線 片道費用 6,800〜12,100円 所要時間1時間20分〜2時間5分 新幹線(東海道新幹線)で移動する方法です。 新幹線は、東京〜浜松の移動手段の中で、最もポピュラーな移動手段です。 時間通りに運転してくれる可能性が高いという『 定時性』に優れているのが新幹線のメリットです。 そのため、時間を重視するビジネスマンの方にとって最適な移動手段です。 その反面、東京〜浜松の移動手段の中で費用はもっと高いです。 東海道新幹線の列車の種類には『のぞみ』『ひかり』『こだま』がありますが、東京〜浜松間で乗車できるのは『 ひかり』と『 こだま』です。 『のぞみ』は浜松駅に停車しないので注意が必要です。 『ひかり』は一部の駅に停車しない分だけ、各駅停車の『こだま』より所要時間が30分程度短いです。 『ひかり』と『こだま』に料金の違いはないので、特に理由がなければ『ひかり』に乗車するのが無難です。 東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧 以下の表は、東京〜浜松間の新幹線きっぷ一覧です。 2020年7月時点でのデータを元にしています。 大人1名が 通常期に乗車するという条件での価格です。 グリーン車のきっぷは背景を 緑で示しました。 Eは エクスプレス予約限定のきっぷ、 Sは スマートEX限定のきっぷであることを示します。 e特急券は、定価の乗車券をプラスした価格を表示しています。 東京〜浜松の新幹線きっぷ一覧(グリーン車) きっぷ 価格(片道) 条件等 E S 8,120円 こだま限定・3日前まで 8,800〜9,000円 こだま限定 E 10,910円 S 11,900円 E 11,910円 特急券のみ 通常のきっぷ(グリーン車) 12,100円 エクスプレス予約とスマートEXについて 『』と『』は、いずれもJRが運営する東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。 『スマートEX』は、2017年9月30日にスタートしたサービスです。 『エクスプレス予約』と『スマートEX』のサービス内容の詳細については、以下の記事をご覧ください。 東京ディズニーリゾート往復きっぷ 上の新幹線きっぷ一覧には含めませんでしたが、東京ディズニーリゾートに新幹線で行かれる方向けに、『』というきっぷがあります。 出発駅〜舞浜駅の往復きっぷで、浜松〜東京間は、新幹線の普通車指定席に乗車できます。 東京ディズニーリゾートの入場予約券は、きっぷの内容に含まれていないので注意が必要です。 浜松発の価格は大人 15,430円、こども 7,710円です。 なお、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できないので注意が必要です。 車(高速道路) 新東名高速道路と富士山 片道費用 4,230〜5,630円(普通車の場合) 所要時間約2時間20分〜2時間30分(渋滞考慮なしの場合) 車(高速道路)で東京〜浜松間を移動する方法です。 一般道を利用する場合はもちろん料金はかかりませんが、一般道での移動はこの記事では扱いません。 東京〜浜松間で高速道路を利用する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートを利用できます。 東名高速道路と新東名高速道路の分岐点は 御殿場インターチェンジで、東京方面〜御殿場IC間は、 東名高速道路を利用する形になります。 浜松市中心部に近いエリアを走っているのは、東名高速道路です。 新東名高速道路は、浜松市の北部エリアを走っています。 目的地が浜松市北部方面なら新東名高速道路、浜松市中心部なら東名高速道路が選択肢になります。 2つのルートの料金は、同じ距離を走る限りほとんど差がありません。 走りやすさについては、新しくてカーブやアップダウンの少ない新東名高速道路のほうが走りやすいです。 高速道路料金の割引には 休日割引、 深夜割引などがあり、いずれも ETC車載器の搭載が前提となる割引です。 以下の表に、 東京IC〜浜松IC間の高速道路料金を示しました。 東名高速道路を利用するという条件です。 休日(土日祝日)は、ETC割引料金が適用されます。 東京〜浜松の移動手段 費用 所要時間 高速バス 1,900円〜 4時間20分〜 JR在来線 4,510円 4時間20分〜 新幹線 6,800〜12,100円 1時間20分〜2時間5分 車(高速道路) 4,230〜5,630円 約2時間20分〜2時間30分• リーズナブルに移動するなら、 高速バスかJR在来線です。 JR在来線の場合、青春18きっぷなどの利用期間中には格安で移動できます。 新幹線は、スピードを重視する方向けの移動手段です。 また、定時性が優れているのが、新幹線を利用するメリットです。 車(高速道路)で移動する場合、 東名高速道路と 新東名高速道路の2つのルートから選択する形になります。

次の