京都 ダルク。 全国のダルク等|厚生労働省

akakilike『眠るのがもったいないくらいに楽しいことをたくさん持って、夏の海がキラキラ輝くように、緑の庭に光あふれるように、永遠に続く気が狂いそうな晴天のように』|イベントアーカイブ|京都芸術センター

京都 ダルク

京都ダルク より 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。 テレビも大々的に紹介した「京都ダルク」建設反対運動 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 いつも読んでくださってありがとうございます。 新年早々アレですが、少し前から京都ダルクの建設計画をめぐって、めっちゃ反対運動が起こっているようですね。 1万4,000人の署名が京都市に送られたそうです。 でも「リハビリ施設(ダルク)建設断固反対」とか書かれたビラが町中に貼られていて、物々しい雰囲気なのがわかります(2019年3月4日「住民の反発で建設計画がストップ 「地域の中で回復したい…」共生を模索する薬物依存回復施設」)。 ダルクに限らず、火葬場とか刑務所とか、いわゆる「迷惑施設」の建設には、反対運動はつきものですよね。 実は私の地元でもダルクへの反対運動がありましたが、今は運営されているようです。 いろいろと話し合ったんでしょうね。 今回に限らず、ダルクについては地元の反発が多いようですが、こんなに騒ぎになったことって、ありましたっけ? 報道やと、ダルク側の説明にも問題があったようです。 もっと丁寧に説明して合意を得るべきでしたね。

次の

全国のダルク等|厚生労働省

京都 ダルク

【 2019カテゴリーA(共同制作)採択企画】 薬物依存症リハビリ施設「京都ダルク」で日々を過ごす13人の出演者たち。 2018年3月に彼らと出会った倉田は、これまでその生活の一部を共にしてきました。 そこで知ることができたのは、彼らが生きてきたこと、そして今生きていること。 今日一日を生き、 この今を楽しみ、 苦難を平和に通じる道と受け入れながら、 この罪深い世の中を、あのお方がなされたように、 自分の意志を捨て、あるがままに受け入れながら、 この世ではほどほどに幸福を得て、 天国ではあのお方と共に永遠に至上の幸福を得る という、神の意思にすべてを委ねるなら、 神様は、何事もよくしてくださると信じて。 信じられる方が奇跡だとして、 それじゃあ、何を信じるか。 いつだって思い通りにはいかないようになっている。 はーい、アーメン。 私はソフトボールが苦手だ。 正直雨でも降れば良いのにと思っていた。 1982年生まれ。 京都市在住。 ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を、映像・ 演劇・美術など様々な分野で発表し、国内外の芸術祭、劇場より招聘を受ける。 1人のキャストとその日の観客1人を舞 台上に招き、介護する/されることを舞台上に再現する『ツァイトゲーバー』(2011年)は国内外で再演され、2014 年にはHAU Hebbel am Ufer(ベルリン)の「Japan Syndrome Art and Politics after Fukushima」にて上演され た。 村川から事前に送られてきた手紙(指示書)に沿って舞台上の出演者が動く『エヴェレットゴーストラインズ』 (2013年)などの作品群は、虚構と現実の境界の狭間で表現の方法論を問い直し、現実世界での生のリアリティとは 何かを模索する。 近作、『インディペンデントリビング』(2017年)は京都国際舞台芸術祭で初演、翌年ドイツ・テア ターフォルメンフェスティバルで再演された。 セゾン文化財団ジュニア・フェロー、平成28年度東アジア文化交流史(文 化庁)。 京都造形芸術大学舞台芸術学科 非常勤講師。 akakilike akakilike アカキライク は、テクニカルスタッフと倉田翠のみで構成され、主に舞台作品を作ります。 スタッフと出演者が常に対等であること、それぞれが確立して作品のためにやるべきことをするために集まった団体です。 京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。 3歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。 京都を中心に、演出家・振付家・ダンサーとして活動。 作品ごとに自身や他者と向かい合い、そこに生じる事象を舞台構造を使ってフィクションとして立ち上がらせることで「ダンス」の可能性を探求している。 2010年より継続的に、ギャラリーでの身体展示企画『今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すこと』展を開催。 〈KUAD graduates under 30 selected 〉にて発表した同企画で、嶋敦彦(国立国際美術館副館長)賞を受賞。 2016年より、倉田翠とテクニカルスタッフのみの団体、akakilike(アカキライク)の主宰を務め、アクターとスタッフが対等な立ち位置で作品に関わる事を目指し活動している。 セゾン文化財団ジュニア・フェロー。 京都ダルク 違法薬物(覚醒剤・大麻など)に限らず、向精神薬(精神安定剤・睡眠薬など)、市販薬(風邪薬・鎮痛剤など)、アルコール等の薬物から解放されるための薬物依存症回復支援施設。 薬物を止め続けたい仲間を手助けすることを目的に、「プログラムに従って徹底的にやれば必ず回復できる」という希望のメッセージを伝える活動を行っている。

次の

akakilike『眠るのがもったいないくらいに楽しいことをたくさん持って、夏の海がキラキラ輝くように、緑の庭に光あふれるように、永遠に続く気が狂いそうな晴天のように』|イベントアーカイブ|京都芸術センター

京都 ダルク

【 2019カテゴリーA(共同制作)採択企画】 薬物依存症リハビリ施設「京都ダルク」で日々を過ごす13人の出演者たち。 2018年3月に彼らと出会った倉田は、これまでその生活の一部を共にしてきました。 そこで知ることができたのは、彼らが生きてきたこと、そして今生きていること。 今日一日を生き、 この今を楽しみ、 苦難を平和に通じる道と受け入れながら、 この罪深い世の中を、あのお方がなされたように、 自分の意志を捨て、あるがままに受け入れながら、 この世ではほどほどに幸福を得て、 天国ではあのお方と共に永遠に至上の幸福を得る という、神の意思にすべてを委ねるなら、 神様は、何事もよくしてくださると信じて。 信じられる方が奇跡だとして、 それじゃあ、何を信じるか。 いつだって思い通りにはいかないようになっている。 はーい、アーメン。 私はソフトボールが苦手だ。 正直雨でも降れば良いのにと思っていた。 1982年生まれ。 京都市在住。 ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を、映像・ 演劇・美術など様々な分野で発表し、国内外の芸術祭、劇場より招聘を受ける。 1人のキャストとその日の観客1人を舞 台上に招き、介護する/されることを舞台上に再現する『ツァイトゲーバー』(2011年)は国内外で再演され、2014 年にはHAU Hebbel am Ufer(ベルリン)の「Japan Syndrome Art and Politics after Fukushima」にて上演され た。 村川から事前に送られてきた手紙(指示書)に沿って舞台上の出演者が動く『エヴェレットゴーストラインズ』 (2013年)などの作品群は、虚構と現実の境界の狭間で表現の方法論を問い直し、現実世界での生のリアリティとは 何かを模索する。 近作、『インディペンデントリビング』(2017年)は京都国際舞台芸術祭で初演、翌年ドイツ・テア ターフォルメンフェスティバルで再演された。 セゾン文化財団ジュニア・フェロー、平成28年度東アジア文化交流史(文 化庁)。 京都造形芸術大学舞台芸術学科 非常勤講師。 akakilike akakilike アカキライク は、テクニカルスタッフと倉田翠のみで構成され、主に舞台作品を作ります。 スタッフと出演者が常に対等であること、それぞれが確立して作品のためにやるべきことをするために集まった団体です。 京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。 3歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。 京都を中心に、演出家・振付家・ダンサーとして活動。 作品ごとに自身や他者と向かい合い、そこに生じる事象を舞台構造を使ってフィクションとして立ち上がらせることで「ダンス」の可能性を探求している。 2010年より継続的に、ギャラリーでの身体展示企画『今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すこと』展を開催。 〈KUAD graduates under 30 selected 〉にて発表した同企画で、嶋敦彦(国立国際美術館副館長)賞を受賞。 2016年より、倉田翠とテクニカルスタッフのみの団体、akakilike(アカキライク)の主宰を務め、アクターとスタッフが対等な立ち位置で作品に関わる事を目指し活動している。 セゾン文化財団ジュニア・フェロー。 京都ダルク 違法薬物(覚醒剤・大麻など)に限らず、向精神薬(精神安定剤・睡眠薬など)、市販薬(風邪薬・鎮痛剤など)、アルコール等の薬物から解放されるための薬物依存症回復支援施設。 薬物を止め続けたい仲間を手助けすることを目的に、「プログラムに従って徹底的にやれば必ず回復できる」という希望のメッセージを伝える活動を行っている。

次の