モバイル ゲーム ランキング。 【2019年】スマホゲームの課金売上ランキング(出典:ファミ通)を見てみる。

いま世界で最も盛り上がっているeスポーツゲーム(PC版)10選!【2020年改定版】

モバイル ゲーム ランキング

スマホの普及に伴い、拡大を続けるモバイル業界 モバイル業界の過去の推移を見ますと、2007年から18年にかけて増加傾向にあります。 2010年ごろからモバイル業界が急激に拡大した理由として、スマートフォンの普及が挙げられます。 アップル社のiPhoneの発売をきっかけに、同10年ごろからアンドロイドやGALAXYといったスーマートフォンが急速に普及。 スマホの急速な普及に伴い、消費者のインターネット利用がPCからスマホへと移行しました。 こうしたスマートフォンの爆発的な普及に伴い、モバイル業界はここ数年で急速な発展を遂げました。 高速通信が可能となった近年ではコミュニケーションアプリに加え、ゲームやネットショッピングもスマホで行うユーザーが増えてきました。 乱高下を繰り返すモバイル業界 トレンドの変化が早いので注意 急速な発展を遂げてきたモバイル業界ですが、ここ数年で順位の入れ替わりが激しくなっています。 2012年位業界首位だったディー・エヌ・エーは4位に転落。 さらに同社は、15年末、同社が展開するキュレーションサイトが不正確な医療情報や著作権の侵害などを理由に閉鎖へ。 会社の倫理観が疑われる問題が浮上し、現在立て直しを図っています。 2013年には、スマホ向けゲーム『パズル&ドラゴンズ』が大ヒット。 14年も好調を維持し、過去最高の売上高を記録。 ところが、翌年以降はゲームに飽きたユーザーが離れ、減少に転じています。 2016年7月には、『ポケモンGO』が空前の大ヒットを記録。 街中のあちらこちらでポケモンを探す人が増え、社会現象にまでなりました。 しかしながら、こちらも一時のブームが終わり、ユーザー数も激減しました。 2017年、18年は目立ったヒット作はありませんでした。 一方で、家庭用ゲーム機の『ニンテンドースイッチ』は世界販売数で累計4,000万台を超える大ヒット。 モバイルに移ったユーザーが家庭向けに回帰するという不思議な現象が起こっています。

次の

『ファミ通モバイルゲーム白書2019』で2018年国内モバイルゲーム売上TOP10発表。1位は『モンスト』933億円、2位は『FGO』885億円

モバイル ゲーム ランキング

ミクシィ 東1 2,138 -34 -1. 8 0. 90 5. 14 インタスペス 東M 1,185 -45 -3. 9 1. 60 1. 54 - ディーエヌエ 東1 1,335 -11 -0. 91 - オルアバウト JQ 989 -4 -0. 54 - アドウェイズ 東M 353 -12 -3. 20 0. 74 UNITED 東M 1,120 -20 -1. 89 2. 20 コーテクHD 東1 3,375 -135 -3. 51 - ボルテージ 東1 486 -31 -6. 34 - KLab 東1 721 -35 -4. 4 1. 83 - ネクソン 東1 2,423 -89 -3. 39 0. 21 エイチーム 東1 858 -26 -2. 43 1. 86 モブキャスト 東M 180 -6 -3.

次の

モバイル業界の現状、動向、ランキングなど

モバイル ゲーム ランキング

Contents• そもそもモバイルディスプレイって何? モバイルディスプレイとは、 PCやタブレット、スマホと接続して使用するディスプレイのこと。 ディスプレイを増やすことや、大きなディスプレイに映し出すことで、作業や閲覧を快適にできます。 見かけはタブレットと似ていますが、全く違うものであるため要注意。 モバイルディスプレイは単体で使えるものではなく、 メインのデバイスを使いやすくするための補助機器です。 モバイルディスプレイはどんな基準で選べばよいのでしょうか。 続く部分では、 モバイルディスプレイの賢い選び方をご説明します。 軽量で使いやすいモバイルディスプレイの選び方 モバイルディスプレイは「 サイズと重量」「 解像度」「 接続の種類」「 タッチ操作の有無」を基準に選ぶのがポイント。 それぞれの要素を以下に詳しくご説明していきます。 サイズと重量で選ぶ モバイルディスプレイは、 サイズと 重量を見て選びましょう。 人気のモバイルディスプレイの 主流は7インチから15インチ程度ですが、20インチ以上の大型のものも。 サブディスプレイとして使う場合や頻繁に持ち運ぶ場合は 小さめがおすすめ。 ゲームやプレゼンで使いたい場合は、メインデバイスの画面より 大きめのものを選ぶのがポイント。 カバンに入れて持ち運ぶ際に ストレスにならない重量のものを選ぶことも大切です。 解像度で選ぶ モバイルディスプレイを選ぶときは、解像度も確認しましょう。 解像度が高ければ高いほど、画像は鮮明になります。 接続の種類で選ぶ モバイルディスプレイは、接続の種類を見て選びましょう。 USB・ USB Type-C・ HDMI・ VGA接続などの接続方式があります。 テレビやゲーム機に接続する場合は HDMI、 古めのPCと接続する場合は VGAを使用することが多いです。 情報入力はHDMI・ 電力供給はUSBというように接続が分かれている場合も。 つなげたいデバイスにどんな端子がいくつあるかを確認しておきましょう。 タッチ操作の有無で選ぶ モバイルディスプレイは、タッチ操作ができるかどうかを見て選びましょう。 映像や画像を見るだけの用途ならタッチ操作は不要。 一方、 スマホゲームを大画面でプレイする場合や、 商談などで数字をパパっと拡大・縮小したい場合は タッチ操作有のものが便利です。 それではいよいよ、 人気のモバイルディスプレイを15アイテム、ランキング形式でご紹介していきます! ブルーライトカット・フリッカー軽減で長時間作業の負担が少ない! 電子機器の使用時間が長く、疲れ目が気になる方におすすめなのが「ASUS」の上位モデルMB16AC。 ASUS独自の「 アイケアテクノロジー」搭載で、ディスプレイ使用による負担を軽減します。 「アイケアテクノロジー」は、 ブルーライトとフリッカー(ちらつき)を軽減する機能。 ドイツの機関が行う厳しい製品安全認証をクリアしており、信頼感があります。 6インチと大き目のサイズ感ながら、 厚さ8ミリ・ 重さわずか800gと体制は抜群。 斜めから見ても見え方が変わらない IPSパネルを採用しており、複数人で見る打ち合わせや書類確認も快適に行えます。 疲れ目をいたわってくれるモバイルディスプレイは、タフに働くビジネスパーソンのベストパートナーになってくれますよ! 価格 32,211円(税抜) サイズ 15. ベゼル(画面のフチ部分)の幅が 4mmと狭いため、スッキリしてスタイリッシュ。 500gに満たない重量に 「軽くてびっくり!」という声も。 厚みも8mmしかないため、雑誌のようにカバンに収まります。 100wで給電できるUSB-PD端子を搭載しているのもうれしいところ。 一般的なアイテムに比べ 20倍の速さで給電でき、ディスプレイに接続中の PCやスマホにも同時に給電OK。 「とにかく万能!」と熱い支持を集めており、検討して損はありません! 価格 16,599 円(税抜) サイズ 13. ニンテンドースイッチ、PS4、XBOX、Raspberry Piのほか、ドローンやCCTVなどにつないで使用している方も。 ビジネスシーンでは、 客先への説明資料や現場でのデバッグ作業に活躍しています。 USBやHDMIだけでなく 豊富な接続が可能なのもうれしいポイント。 特に miniDP接続が可能なので、 MacbookやSurface Proなどに接続便利だと高評価です。 「今までノートPCでは苦しかったクリエイティブワークが外出先で本格的にできる」「画質は想像以上」と称賛の声も多数。 実力派ディスプレイ、あなたも試してみませんか。 価格 25,273円(税抜) サイズ 15. HDMIがダブルで接続できるため、PC用とゲーム用に切り替えて使用できるのが便利という声も。 スピーカーは左右についており、必要十分な音質が得られます。 「 モバイル環境での実用性は十分!」と満足の声が聴かれているモバイルディスプレイ、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 価格 15,437円(税抜) サイズ 13. いくつもファイルを開いての作業やエクセル作業がスムーズに行えると評判です。 情報入力も電源供給も USBケーブル1本で行うため、つなぐだけで簡単。 ケーブル類の荷物も増えません。 PC自体のグラフィック機能に依存しない「 EZリンク技術」を導入しているため、 PCに負担をかけることなく同時に5つのモニターを使用可能です。 厚さ8mm・ 重さ800gで、出張カバンにもスッキリ入るスリム設計。 複雑な作業や書類確認が想定される出張なら、複数のディスプレイを持参することもできますよ。 ビジネスユース中心の予定なら要チェックです! 価格 17,011円(税抜) サイズ 15. 7mmの薄さも魅力 モバイルディスプレイのパイオニアとよばれる台湾のメーカー「GeChic」が、デュアルディスプレイ用としての作業性を追求した一台が「On-Lap」13インチ。 「 発色がキレイで精細」「 Macbookと並べると高さがほぼ同じで相性良い」と、愛用者から満足の声が届いています。 縦置きも横置きもできるよう、スタンドとポートをそれぞれ2カ所につけている配慮もうれしいポイント。 大きな文書の閲覧からデジカメの入力まで、作業がとにかく快適だと評判です。 最薄部7mm・ コネクタ部9mmという薄さで、パソコンバッグに入れて 持ち運び自由自在。 いつでもどこでも最強のデュアルディスプレイ環境が作れます。 過不足ない機能で根強い人気 5,000円台という価格と 7インチのコンパクトさで、用途が合えば非常におトクなのが「Kuman」の小型モニター。 「 場所をとらない」「 機能に過不足なし」と根強い人気です。 低価格帯のディスプレイにありがちな 黒つぶれが少なく、モノラルながらスピーカーも内蔵されています。 Raspberry Piのモニターや、YouTubeのライブでライブカメラの映像を見るのに使っているという方も。 手ごろな価格で小ぶりのサブディスプレイを探している方にピッタリです。 モバイルディスプレイのパイオニアと呼ばれる 台湾のメーカーから発売されている人気モデルです。 IPSの美しい画面や 10点マルチタッチの操作性に加え、 給電の効率と便利さが人気の理由。 給電はモバイルバッテリーからも行えるので、つないだデバイスの電池の残りを気にする必要がありません。 消費電力が少なく、給電するバッテリーの持ちが良いと評判。 ディスプレイ背面にドックポートがあり、 スティック型PCを組み込んで使える独特の構造も高評価です。 5時間使える大容量バッテリーが内蔵されており、給電の心配がありません。 給電ケーブルがないため、 HDMIケーブルのみの接続で配線スッキリ。 小さいながら 高精細画面で スピーカーも内蔵されています。 「車中での使用に重宝している」「一眼レフの外部モニターとして、風景や夜景の撮影時に活躍」という声もあり、用途は多彩。 デバイスの充電をディスプレイに奪われたくないという方は、こちらの検討がおすすめです。 価格 13,500円(税抜) サイズ 8. メジャーなものからマイナーなものまで、 たくさんの接続端子がついているため、どんなデバイスでも便利に使えます。 特に、 防犯カメラや監視用デジタルレコーダーに対応する BNC端子を搭載しているのが特徴。 信号の干渉に強いので、 セキュリティ監視や自宅の見守りなどにも。 もちろん ゲームやノートPCの拡張用としての使用にも適しています。 メニュー表示が英語のみで、 日本語には非対応。 3インチモデル。 HDMIや VGAに加え、AV機器などに広く装備されている miniDisplayPortを搭載。 より幅広いゲーム機やメディアプレーヤー製品と接続が可能です。 「 ゲームするときに攻略情報を見るのに使っている」「 寝ながら電子書籍」「 タッチ機能のないPCにつないでタッチ機能のいるゲームをする」など、愛用者は思い思いにプライベートを満喫している様子。 あなたの休日のパートナーにも、いかがですか。 価格 36,852円(税抜) サイズ 13. 「EVICIV」の10インチディスプレイは、 TFカードに入れた動画や写真を、 デバイスと接続していない状態でも映し出すことができるのが特徴です。 デジタルフォトフレームとして、 スライドショー機能がついているため、リビングに置いておくだけでも素敵。 背面にはVESAマウント用のボルトがついているので、 壁にかけることもできます。 高級感のあるメタルフレームだからギフトにも。 厚さ8mmで 500gを切る軽さだから携帯性は抜群。 PS4やニンテンドースイッチ、XBOXなど各種ゲームとの接続も簡単なので、持ち歩いて家族や友達と遊び倒しましょう。 価格 14,528円(税抜) サイズ 10. 10点マルチタッチで、気になる数字や写真をすぐに拡大できて便利です。 「静電容量方式」のタッチパネルだから、軽快でクリアなタッチ操作。 ホコリによる誤作動もありません。 ベゼル(フチ)が細いため、 13. 3インチながら11. 6インチ並みのコンパクトさ。 便利に持ち運びできるうえ、高級感も演出できます。 次の大切な商談は、新しいモニターで後押ししませんか。 価格 23,181円(税抜) サイズ 13. 挿すだけで何もしなくてもデュアルディスプレイに 配線やドライバの設定などややこしいことは苦手という方に朗報。 「AOC」のモバイルディスプレイは 「何もしなくていい」「挿すだけでいきなりデュアルディスプレイに!」と評判です。 接続するのは USB1本だけ。 情報も電源もすべて1つのUSBを通してのやり取りになります。 自動回転で縦横どちらでも使え、サブディスプレイとして申し分のない性能。 カバンにノートPCと一緒に入れても邪魔にならない薄さも高評価です。 価格 17,255円(税抜) サイズ 15. 5インチの大画面。 省電力で環境にやさしいのも魅力 モバイルディスプレイでは珍しい、 20インチ超の大画面ディスプレイ。 後ろにチルト角度調整スタンドがついており、どこにでも移動して手軽に据え付けできます。 水銀不使用、 省電力LEDのバックライトを採用と、環境への配慮もうれしいポイント。 5年保証付きで安心して使えます。 10点マルチタッチのタッチパネルになっているため、 両手でタッチ操作可能。 大画面でゲームや絵を描く作業を軽快に行えますよ。 価格 31,637円(税抜) サイズ 21. 5インチ 重量 3.

次の