ミニ 四 駆 超速 グランプリ 改造。 【SFC】 なぜミニ四駆シャイニングスコーピオンはおもしろかったのか

上手な改造の仕方教えます! アプリ『ミニ四駆』攻略のコツ(改造編)【電撃超速日記#3】

ミニ 四 駆 超速 グランプリ 改造

好きなところからどうぞ!• 【ミニ四駆 超速グランプリ】勝てないときにはこうしよう! セッティングを見直そう レースで相手に大差をつけられて負けてしまうときは、セッティングそのものが間違っている可能性が高いです。 セッティングが間違っていると、どんなに強化しても勝つのは難しいでしょう。 レースに安定して勝つためには、 コースに合わせたマシンセッティングが重要となります。 どこで減速しているかを確認 セッティングを見直したくても、どこが間違ってるのわからない…という人は、いったんレースをスキップせずにじっくり見てみましょう。 自分のマシンがコースのどこで減速してしまっているのか、相手に差をつけられるのはどういうところか、しっかり観察しましょう。 だんだんと何を直せばいいかが見えてきます。 カメラを 俯瞰モードにすれば、よりわかりやすくなりますよ! パーツは慎重に選ぼう コースの種類 おすすめパーツ 落差が激しいコース• フロントステー• ウィング• スタビライザー カーブが多いコース• 大径ローラー• ゴムローラー 芝コース• スパイクタイヤ• トルクチューンモーター コースによって適したパーツは変わってきます。 いま走っているのがどんなコースが確認できたら、必要なパーツが抜けてないか確認しましょう。 また、不要なパーツがついていたら外しましょう。 パーツが多いとマシンの重さが増加し、減速要素となるので注意! 再セッティングしたらテスト走行! 再セッティングが終わったらぶっつけ本番…ではなく、いったんテスト走行でタイムが改善するか確認しましょう。 テスト走行するときは、 あらかじめ苦手なコースをコースエディットで作っておくのがおすすめです。 走行テストでタイムが改善したら、再挑戦しましょう! 改造でパーツを強化しよう セッティングは間違っていないけど、僅差で負けてしまう……というときはパーツの改造が有効です。 改造のおすすめなやり方について下で解説していきます! とにかく空きスロットは埋めるべし! 改造すると空きスロットに能力を追加できます。 追加できる能力はほとんどデメリットがないので、どんどん追加して問題ありません! 最初のうちは、空きスロットがなくなるまでとにかく改造するのがおすすめ! 余裕があればさらに強化しよう 改造したパーツは、素材を消費することでさらに強化することができます。 マシンの性能がさらに増加しますが、強化に使用するパーツは使うとなくなってしまうので、やりすぎは禁物。 ショップで追加購入することもできますが、1日に購入できる数が決まっています。 また、 強化上限はウデマエレベルと同じなので、無限に強くすることはできません。 【ミニ四駆 超速グランプリ】勝てないときにやるべきことまとめ ここまで「ミニ四駆超速グランプリ」で、勝てないときにやるべきことをまとめてきました。 内容はおおまかに以下のとおりです。 コースに合わせたセッティングをしよう• パーツ改造でマシン性能をさらにアップ• パーツ強化は やりすぎ禁物! ミニ四駆超速グランプリは、パーツのレア度よりも パーツの組み合わせが何より重要となるゲームです。 さまざまなコースに何度も挑戦することで、だんだんとマシンセッティングのコツがつかめてきます。 最初はトライアンドエラーを繰り返して、知識を蓄えていきましょう! なれてくると、コースを見ただけで最適なセッティングが見えるようになりますよ。 まず女の子がかわいい。 弓兵だけど、 放置してたらレベルが14まで上がったよ。 さてさて、 パートから帰ってきたらどんなんなってるかな? わくわく。

次の

想像を超えて面白かった『ミニ四駆 超速グランプリ』の凄さを物理版プレイヤーが語る。 これは「ミニ四駆おじさんが好き放題に作ったゲーム」では?

ミニ 四 駆 超速 グランプリ 改造

好きなところからどうぞ!• もし レア度が高いタイヤを入手したからと言っても、前輪にフロントタイヤ、後輪にリアタイヤを出来るだけ付けるようにしましょう!付けることは可能です。 前輪に小径タイヤ、後輪に大径タイヤをつけることも可能で、前方向に下がってるミニ四駆を作ることも可能です! ドレスアップも! ドレスアップという項目がマシンのメニューには存在し、その名の通り着飾るという感じですね。 メッシュを入れたり、カラーリングを変えたりすることが出来ます! ステッカーやドレスアップアイテムによる見た目変更も可能! そして何より、 "肉抜き"が可能でパーツ毎の改造では見た目の変化が無いのが、 ボディそのものの外装をきっちり切り抜いてくれます! ボディ毎に肉抜きは可能ですが、 一度肉抜きを行うと戻せません。 しっかり軽量化されるのでちゃんとスピードアップ出来ます! 最強スピード系セッティングで挑むなら、是が非でも行っておきたい! その分 軽くなりすぎるとコーナーが怪しくなるので、肉抜きのしすぎはしないようにしましょう! まとめ ミニ四駆超速グランプリ攻略!おすすめの最強セッティングをまとめると……• スピード系セッティングを重点的に使うのであれば、超速フェス中にガチャをしよう!• セッティングは、何か 記事の場合スピード を特化させるパーツがある場合は、他の要素を他のパーツで補うと良い!• タイヤは、リアタイヤとフロントタイヤで分かれており、ホイールもそれに合ったものを使いましょう!• やっぱり評判もよかった。 まず女の子がかわいい。 弓兵だけど、 放置してたらレベルが14まで上がったよ。 さてさて、 パートから帰ってきたらどんなんなってるかな? わくわく。

次の

超速グランプリ シーズン22

ミニ 四 駆 超速 グランプリ 改造

ノーマークだった『ミニ四駆 超速グランプリ』のアプリが、めちゃくちゃ面白い。 ミニ四駆のスマホゲームと言えば『爆走兄弟レッツ&ゴー!! ミニ四駆ワールドランナー』があまりにひどい内容だったので期待度が下がっていたが、それを吹き飛ばすほど面白い。 単純にレア度が高いパーツを集めても速くならず、コースに合わせて試行錯誤してレア度の低いパーツを組み合わせた方が早くなるという、久々に「作る面白さ」で徹夜してしまった。 こんなアプリなので素人なりにすごいと思っていたが、本物のミニ四駆プレイヤーから見てもこのアプリは凄まじく良い出来だという。 今回は、そんなアプリの魅力を(アプリではなくリアルの)ミニ四駆のガチプレイヤーだったBOZEさんに説明していただく。 『ミニ四駆 超速グランプリ(以下、ミニ四駆GP)』が凄いとお聞きしましたが、実際にミニ四駆をやっていた方から見ての印象はどうでしょうか。 BOZE: そうですね、僕の印象で言えばミニ四駆で商売するソシャゲではなく「ミニ四駆おじさんが好き放題に作った」アプリって感じです。 ミニ四駆世代、今もやっている人には間違いなくオススメできると思います。 確かに懐かしさへのこだわりはすごいですが、そこまで言いますか。 BOZE: 実物を3Dスキャンして作っただけあって、見た目の再現度が本当に高い。 出てくるパーツやミニ四駆も、全部、実際に当時売ってた物なのが熱い。 そこの説得力が今までのスマホミニ四駆ゲームにはなかった。 あ、予防線として言っておきますと、現役バリバリではないので、いま最先端で遊んでいる方と認識が違うかもしれませんが、そこはご了承ください。 確かに。 ヘルプを見てもコロコロコミック風で、徹底している。 ゲーム内にもダッシュ四駆郎と、ミニ四ファイターと、レッツ&ゴーが同時にいて、懐かしさに全振りは感じました。 BOZE: 僕から見ると、その懐かしさはミニ四駆おじさんが好き勝手作った結果の1つしか過ぎないと思っていて。 「実際のミニ四駆でこうだったなあ」と思いながらセッティングする意味があることが凄すぎるんですよ。 懐かしいだけじゃなくて、面白さも再現している。 僕はリアルでミニ四駆を遊んでましたけど、ゲームデータではなく過去に組んでいた知識でセッティングすると速くなりますね。 感動しました。 「こうだったなぁ」で言うと、パーツの改造もすごいですよね。 肉抜きの軽量化とか、スポンジタイヤをセロテープで掃除するとか、昔やったパーツ改造手法がそのままできて、ゲーム的に意味がある。 電池入れ替え時に必然的に手で触って皮脂がつき、導電効率下がって遅くなるため、試合前に磨くことがミニ四駆の速度に影響する。 シャーシを肉抜きして軽量化したら早くなるんだろうけど、剛性下がるから結果的に遅くなりそうで嫌だなとか、そういう想像をするぐらいよくできてますね。 でも、ゲーム内にミニ四駆の「耐久性」という項目があって「1回のレースに耐久性もくそもないでしょ」とか思いますけど(笑) BOZE: そうでもないです。 例えば、プラズマダッシュモーターってクソ速いモーターがあったんですけど電池の消費激しくて一回のレース終盤で遅くなるんですよね。 また、ミニ四駆は時速30km程度は出るから、長期レースではローラーのネジが緩んでコースアウトはザラ。 耐久性はそこら辺なのかなとか思ってますね。 それだけの衝撃がミニ四駆にある、と。 コーナー重視のコースで、レアパーツを盛ってスピード出そうとしても簡単に負ける。 普通のゲームはレアな装備をくっつける方がいいじゃないですか。 でも、『ミニ四駆GP』はいらない装備付けると重くなって遅くなる。 「装備しない」ことも重要。 タイヤパーツの前輪をリアに装備したりと、現実で使える改造テクニックが使えるのもいいんですよね。 前輪パーツを後輪につけて、何か意味が……? BOZE: どれだけ本気で遊ぶかでかかる金額は変わりますから、程度の問題ですけど。 他にもシャフト(タイヤをつなぐまっすぐな軸)が曲がってることがあって、机の上で転がして一番真っ直ぐなやつ選んだりしますよ。 新品でも微妙に曲がってるんですよ、本当に。 ソシャゲとしては欲しいパーツが安く手に入り、機能盛りだくさん BOZE: ミニ四駆世代の方で、スマホゲームを遊んでいる方も多いと思うんですが、そういったスマホゲームの中でも『ミニ四駆GP』は画期的です。 レア度が高くても低くても、パーツの能力は今のところ同じみたいで。 レア度は改造できる回数なんですが、これは経験値を稼いで上げられます。 「エンペラーが好きだけど最後まで使えない」とか、「マグナムは愛がないと使ってられない」とか、悲しいことにはならない。 色々なゲームをやっていますけど、こんな大盤振る舞いは見たことがない。 さすがに、そこには反論します(笑) 改造にランダム要素が絡んでいて、性能を突き詰めるとかなり高額に達するイメージはありますね。 「特定パーツが欲しい」となったらピックアップで超簡単に手に入る。 そこだけ見ると大抵のソシャゲより圧倒的に安いけど、宝具LV最大……限界突破MAXを目指すとかかる金額は同じみたいな。 BOZE: まだリリースから1日だから検証できないところですが、その恐れはありますね。 でも、先ほど言った通り程度の問題で、限界突破をもくろまなければ本当に優しいと思います。 初期パーツは少ないですが、クエストを攻略すると基本パーツは大体手に入りますし。 確かに。 BOZE: 機能面で言うと、コースエディットできて、フレンド対戦ができて、さらにプレイヤーが大会を開けます。 プレイヤーが参加しないで大会だけ開くことも可能。 これだけ最初からそろっているゲーム、eスポーツタイトルと呼ばれているものでも全然ないと思います。

次の