京都 お 土産 入手 困難。 京都のおしゃれなお土産特集《2019年》

贈答にもふさわしい【入手困難】スイーツ特集!手土産にも

京都 お 土産 入手 困難

これは外せない!定番お土産10選 よーじや「あぶらとり紙」 よーじや「あぶらとり紙」 よーじや 【販売価格】1冊20枚入り 396円(税込) 【公式サイト】 【販売場所】中京区新京極花遊小路 他 京都のあぶらとり紙を販売するブランドとして最も名前が知られている「よーじや」は、舞台や映画の関係者だけでなく花街の女性たちも愛用する、京都ならではの化粧雑貨店です。 「ふるや紙」として古来より珍重されてきた金箔打紙を使い、箔打機で繰り返し叩き込むことによって紙の繊維を活性化させます。 紙の繊維が活性化することによって吸収力が非常に良く、肌にやさしい使い心地となる、これがよーじやのあぶらとり紙の人気の理由となっています。 持ち運ぶのにも手間がかからないので、友人や家族に配るのにぴったりです。 京菓子司 末富「京ふうせん」 【販売価格】25枚入り 1,080円(税込) 【賞味期限】約40日 【公式サイト】 【販売場所】京都市下京区松原通室町東入 他 京都では平安時代から、女官装束の衣の表裏のきれを「かさねの色目」とし、季節を色目と共に楽しまれてきました。 「京ふうせん」はそんな基本の色目五色「赤・白・青・緑・黄」をお砂糖で表現し、小さい麩焼き煎餅をふうせんに見立てることで、京都だからこそのお菓子に仕上げられています。 風船のようなふんわりとした軽さと口の中で広がる上品な甘みが京都らしさを感じさせます。 「末富ブルー」とも呼ばれる鮮やかな水色の包装紙に包まれているために、渡す時から気分が華やぐお菓子となっています。 人気上昇!最新トレンドお土産10選 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 【販売価格】5枚入り 750円(税込) 【賞味期限】約15日 【公式サイト】 【販売場所】北区北山通植物園北山門前 京都土産の新定番として定着しつつあるのがこの京都限定の茶の菓です。 「山の茶葉」を多く使用することで深みのあるお濃茶の風味を際立たせたお濃茶ラングドシャで、ミルク感の強いオリジナルホワイトチョコレートがサンドされています。 こだわりの詰まった「京のほんまもん」の美味しさは大切な人への日頃の感謝も込めたお土産として購入したいと感じさせます。 あのん「あんぽーね」 あのん「あんぽーね」 あのん「あんぽーね」 【販売価格】5枚入り 1,728円(税込) 【賞味期限】製造日より30日 【公式サイト】 【販売場所】東山区清本町368-2 滋賀県産の糯米「羽二重糯」を使い、香ばしくサクッとした軽い食感の最中皮に十勝産小豆を優しい甘さのつぶあんと、マスカルポーネチーズの自家製クリームをお好みで詰めて食べるお菓子になっています。 マスカルポーネが意外に感じるかもしれませんが、洋菓子のような柔らかい甘さとチーズの塩気がつぶあんとよく合いますよ。 通販での取り扱いもありますが、お店で購入された場合はぜひ、町家の雰囲気の良いイートインスペースであんこを使ったスイーツも堪能してください。 nikiniki「carre de cannelle」 nikiniki「carre de cannelle」 nikiniki 【販売価格】1セット 1,188円〜(税込) 【賞味期限】当日中 【公式サイト】 八ツ橋の王道ブランド聖護院八ツ橋本店の新ブランド「nikiniki」では、カスタマイズ可能な八ツ橋が人気です。 自分好みに5種類の生八ッ橋と、中に入れるあんやコンフィを組み合わせることができ、これまでに無い材料との新たな出会いを楽しめる和菓子になっています。 定番のつぶあんもいいですが、イチジクやピーチのコンフィとラムネ味のアズールの生八ツ橋を合わせるといったようなチャレンジもできるワクワク感のあるお土産です。 uchu wagashi「ochoboミニ」 uchu wagashi「ochoboミニ」 uchu wagashi 【販売価格】1箱 580円(税込) 【賞味期限】製造日より14日間 【公式サイト】 【販売場所】上京区寺町通丸太町上ル信富町307 他 パッケージや落雁の見た目の可愛らしさだけでなく、京都ならではの優しい甘さが魅力の現代的な落雁専門店です。 今の和菓子を作っていくことが100年後の新しい文化になると考えるUCHU wagashiの落雁は一つ一つ丁寧に手仕事で作っているため、繊細な口どけを味わうことができます。 京都タワーサンド限定で販売されている和三盆糖の柔らかな甘みを感じることのできる一口サイズの落雁「ochoboミニ」には抹茶、ほうじ茶、ジャスミン茶、ローズ、あずき、きなこの6種類があります。 落雁のような干菓子は軽く持ち運びしやすいという点でもお土産にぴったりです。 宗禅「串わらび」 宗禅「串わらび」 宗禅「串わらび」 【販売価格】1本 270円 【賞味期限】冷凍保存:150日 解凍後:3日間(冷蔵保存) 【公式サイト】 【販売場所】上京区寺之内通浄福寺東角中猪熊町310-2 「上技物あられ」が人気の老舗和菓子店「宗禅」が販売している新感覚のわらび餅です。 和柄を感じさせつつもカラフルでポップなパッケージに入っていてプレゼントにぴったりです。 冷凍で販売されていますが、時間をかけて一つずつ食べていくと冷凍のシャリシャリ感からわらび餅のもっちりとした食感まで時間の経過に合わせて、食感が変わっていくのを楽しむことができるのでおすすめです。 生地にフルーツの果肉やピューレ、ベルギー産チョコレートなどが練り込まれているため、冷凍でも濃厚な味わいとなっています。 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 【販売価格】5本入り 540円(税込) 【賞味期限】製造日より25日 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F 京都の西陣で200年以上続く老舗の和菓子店「鶴屋吉信」が京都駅の八条口にオープンさせたIRODORIの限定商品です。 金平糖などと同時期に日本に伝わった南蛮菓子で、砂糖と水飴というシンプルだからこそごまかしの効かないものとなっています。 上質な砂糖を使い、一本一本職人の手仕事によって仕上げられたカラフルな棒状の飴は、優しい甘さが魅力です。 宇治・鴨川・祇園・嵯峨野・西陣といった京都の5つの名所をそれぞれイメージした色合いが上品な可愛らしさを感じさせます。 カランコロン京都「和雑貨」 カランコロン京都 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F 他 京都の履物専門店の老舗「伊と忠」が手がける和雑貨のお店です。 路地の石畳にカランコロンと軽やかに響く下駄の音、そんな情緒ある音を残したいという思いが込められています。 はんなりと可愛らしい京都の和雑貨が現代でも日常的に使いやすいおしゃれで和モダンなデザインに仕上げられています。 大切な人へのプレゼントや自分の旅の思い出としてがま口のポーチやハンカチ、アクセサリー、扇子などを購入してみてはいかがでしょうか。 松栄堂 薫々「薫々アソート」 松栄堂 薫々 【販売価格】8本(各4本)入り 648円 (税込) 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F アスティロード内 人気の香り「白川」に、春夏の時期には「花散里」、秋冬の時期には「時雨月」のどちらかを加えた2種類を詰め合わせたアソートです。 スティックタイプのお香なので、気軽に使いやすいものとなっています。 薫々アソートは京都駅の店頭でのみ購入することのできる限定アソートなので、旅の締めとして記念に購入するのがおすすめです。

次の

入手困難な京銘菓「阿闍梨餅」が横浜で買える!?

京都 お 土産 入手 困難

これは外せない!定番お土産10選 よーじや「あぶらとり紙」 よーじや「あぶらとり紙」 よーじや 【販売価格】1冊20枚入り 396円(税込) 【公式サイト】 【販売場所】中京区新京極花遊小路 他 京都のあぶらとり紙を販売するブランドとして最も名前が知られている「よーじや」は、舞台や映画の関係者だけでなく花街の女性たちも愛用する、京都ならではの化粧雑貨店です。 「ふるや紙」として古来より珍重されてきた金箔打紙を使い、箔打機で繰り返し叩き込むことによって紙の繊維を活性化させます。 紙の繊維が活性化することによって吸収力が非常に良く、肌にやさしい使い心地となる、これがよーじやのあぶらとり紙の人気の理由となっています。 持ち運ぶのにも手間がかからないので、友人や家族に配るのにぴったりです。 京菓子司 末富「京ふうせん」 【販売価格】25枚入り 1,080円(税込) 【賞味期限】約40日 【公式サイト】 【販売場所】京都市下京区松原通室町東入 他 京都では平安時代から、女官装束の衣の表裏のきれを「かさねの色目」とし、季節を色目と共に楽しまれてきました。 「京ふうせん」はそんな基本の色目五色「赤・白・青・緑・黄」をお砂糖で表現し、小さい麩焼き煎餅をふうせんに見立てることで、京都だからこそのお菓子に仕上げられています。 風船のようなふんわりとした軽さと口の中で広がる上品な甘みが京都らしさを感じさせます。 「末富ブルー」とも呼ばれる鮮やかな水色の包装紙に包まれているために、渡す時から気分が華やぐお菓子となっています。 人気上昇!最新トレンドお土産10選 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 京都北山 マールブランシュ「茶の菓」 【販売価格】5枚入り 750円(税込) 【賞味期限】約15日 【公式サイト】 【販売場所】北区北山通植物園北山門前 京都土産の新定番として定着しつつあるのがこの京都限定の茶の菓です。 「山の茶葉」を多く使用することで深みのあるお濃茶の風味を際立たせたお濃茶ラングドシャで、ミルク感の強いオリジナルホワイトチョコレートがサンドされています。 こだわりの詰まった「京のほんまもん」の美味しさは大切な人への日頃の感謝も込めたお土産として購入したいと感じさせます。 あのん「あんぽーね」 あのん「あんぽーね」 あのん「あんぽーね」 【販売価格】5枚入り 1,728円(税込) 【賞味期限】製造日より30日 【公式サイト】 【販売場所】東山区清本町368-2 滋賀県産の糯米「羽二重糯」を使い、香ばしくサクッとした軽い食感の最中皮に十勝産小豆を優しい甘さのつぶあんと、マスカルポーネチーズの自家製クリームをお好みで詰めて食べるお菓子になっています。 マスカルポーネが意外に感じるかもしれませんが、洋菓子のような柔らかい甘さとチーズの塩気がつぶあんとよく合いますよ。 通販での取り扱いもありますが、お店で購入された場合はぜひ、町家の雰囲気の良いイートインスペースであんこを使ったスイーツも堪能してください。 nikiniki「carre de cannelle」 nikiniki「carre de cannelle」 nikiniki 【販売価格】1セット 1,188円〜(税込) 【賞味期限】当日中 【公式サイト】 八ツ橋の王道ブランド聖護院八ツ橋本店の新ブランド「nikiniki」では、カスタマイズ可能な八ツ橋が人気です。 自分好みに5種類の生八ッ橋と、中に入れるあんやコンフィを組み合わせることができ、これまでに無い材料との新たな出会いを楽しめる和菓子になっています。 定番のつぶあんもいいですが、イチジクやピーチのコンフィとラムネ味のアズールの生八ツ橋を合わせるといったようなチャレンジもできるワクワク感のあるお土産です。 uchu wagashi「ochoboミニ」 uchu wagashi「ochoboミニ」 uchu wagashi 【販売価格】1箱 580円(税込) 【賞味期限】製造日より14日間 【公式サイト】 【販売場所】上京区寺町通丸太町上ル信富町307 他 パッケージや落雁の見た目の可愛らしさだけでなく、京都ならではの優しい甘さが魅力の現代的な落雁専門店です。 今の和菓子を作っていくことが100年後の新しい文化になると考えるUCHU wagashiの落雁は一つ一つ丁寧に手仕事で作っているため、繊細な口どけを味わうことができます。 京都タワーサンド限定で販売されている和三盆糖の柔らかな甘みを感じることのできる一口サイズの落雁「ochoboミニ」には抹茶、ほうじ茶、ジャスミン茶、ローズ、あずき、きなこの6種類があります。 落雁のような干菓子は軽く持ち運びしやすいという点でもお土産にぴったりです。 宗禅「串わらび」 宗禅「串わらび」 宗禅「串わらび」 【販売価格】1本 270円 【賞味期限】冷凍保存:150日 解凍後:3日間(冷蔵保存) 【公式サイト】 【販売場所】上京区寺之内通浄福寺東角中猪熊町310-2 「上技物あられ」が人気の老舗和菓子店「宗禅」が販売している新感覚のわらび餅です。 和柄を感じさせつつもカラフルでポップなパッケージに入っていてプレゼントにぴったりです。 冷凍で販売されていますが、時間をかけて一つずつ食べていくと冷凍のシャリシャリ感からわらび餅のもっちりとした食感まで時間の経過に合わせて、食感が変わっていくのを楽しむことができるのでおすすめです。 生地にフルーツの果肉やピューレ、ベルギー産チョコレートなどが練り込まれているため、冷凍でも濃厚な味わいとなっています。 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 鶴屋吉信 IRODORI「有平糖」 【販売価格】5本入り 540円(税込) 【賞味期限】製造日より25日 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F 京都の西陣で200年以上続く老舗の和菓子店「鶴屋吉信」が京都駅の八条口にオープンさせたIRODORIの限定商品です。 金平糖などと同時期に日本に伝わった南蛮菓子で、砂糖と水飴というシンプルだからこそごまかしの効かないものとなっています。 上質な砂糖を使い、一本一本職人の手仕事によって仕上げられたカラフルな棒状の飴は、優しい甘さが魅力です。 宇治・鴨川・祇園・嵯峨野・西陣といった京都の5つの名所をそれぞれイメージした色合いが上品な可愛らしさを感じさせます。 カランコロン京都「和雑貨」 カランコロン京都 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F 他 京都の履物専門店の老舗「伊と忠」が手がける和雑貨のお店です。 路地の石畳にカランコロンと軽やかに響く下駄の音、そんな情緒ある音を残したいという思いが込められています。 はんなりと可愛らしい京都の和雑貨が現代でも日常的に使いやすいおしゃれで和モダンなデザインに仕上げられています。 大切な人へのプレゼントや自分の旅の思い出としてがま口のポーチやハンカチ、アクセサリー、扇子などを購入してみてはいかがでしょうか。 松栄堂 薫々「薫々アソート」 松栄堂 薫々 【販売価格】8本(各4本)入り 648円 (税込) 【公式サイト】 【販売場所】JR京都駅 八条口1F アスティロード内 人気の香り「白川」に、春夏の時期には「花散里」、秋冬の時期には「時雨月」のどちらかを加えた2種類を詰め合わせたアソートです。 スティックタイプのお香なので、気軽に使いやすいものとなっています。 薫々アソートは京都駅の店頭でのみ購入することのできる限定アソートなので、旅の締めとして記念に購入するのがおすすめです。

次の

絶対おすすめの京都のお土産を厳選10選

京都 お 土産 入手 困難

数多くある京都土産から人気で評価の高い商品を厳選して販売しているのが、ハトヤ瑞鳳閣1階にあるセレクトショップ「京美山」。 京都の目利きが選ぶお土産のなかでもさらに人気のある商品にランキングをつけて販売しているので、確かな京都土産を購入することができます。 京都の老舗温泉旅館が選ぶ京土産を紹介します。 京都土産人気ランキング1位の抹茶入りお菓子 「京美山」で人気のお菓子が 抹茶入りのお菓子。 取り扱う抹茶入りのお菓子は京都の同志社大学近くに本店を構える「舞妓の茶本舗本」の「抹茶いちごちょこ」や、「玉露(ぎょくろ)ちょこおかき」「抹茶ぼーるちょこ」など。 中でも 「抹茶ぼーるちょこ」が一番人気。 抹茶の渋みとチョコの甘味が絶妙です。 お土産用に箱に入ったものから、自宅用の簡易パックのもの(下の写真)まで揃っていて、お値段も手ごろ。 数も入っているので、ばらまきにももってこいの京土産です。 京都土産で入手困難な京都の和菓子 「京美山」で入手困難な京都の和菓子として取り扱うのが、 「雲龍」。 京都の代表的な銘菓と知られる俵屋吉富の「雲龍」は大粒の丹波大納言小豆を使った贅沢な和菓子。 「京美山」ではハーフサイズのみ取り扱い。 夏季で約2週間の日持ち。 「雲龍」は通常、俵屋吉富の本店でのみ取り扱ってます。 上の写真の「雲龍」の隣、「八重」も俵屋吉富の商品で、もちもちした食感の京のおまんじゅうです。 日持ちは約30日ほど。 「八重」は有名デパートなどでも取り扱いがあります。 京菓子といえば俵屋吉富。 俵屋吉富は創業1755年。 京都の老舗和菓子店で、宮内庁京都御所をはじめ金閣寺や銀閣寺など多くのお寺などで利用されています。 京都土産でお菓子といえば ところで、京都のお土産でお菓子といえば 「八ツ橋」が真っ先に浮かびます。 「京美山」でも、人気の八つ橋を取り扱っていて、生タイプやあんこ入り、あんなし、焼いたものなどがあります。 京都土産で人気の雑貨 京都土産で人気の雑貨といえば、日本らしい和風の雑貨が人気です。 上の写真)キーワードはこちら:• 和紙を使った雑貨• 着物の生地を使った雑貨• 扇子など日本らしい雑貨 和風の雑貨で、軽くて値段が手ごろなものが中心。 具体的にはお香や、香り袋、京都らしいポストカードなど。 中でも猫を描いたポーチや、置物が売れ筋。 ハトヤ瑞鳳閣のオリジナル商品 ハトヤ瑞鳳閣のオリジナル商品で「今治のタオルハンカチ」や「今治タオルのスタイ(よだれかけ)」もお値段手ごろで、お土産や自宅用にもよさそうです。 ハトヤ瑞鳳閣の1階には宿厳選の人気の京都のお土産が揃ってました。

次の