タンクレストイレ メリット。 水洗トイレの便器【タンク式とタンクレス】のメリットデメリットは?

タンクレストイレで後悔!?メリット・デメリットとリフォーム費用|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

タンクレストイレ メリット

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。 トイレのリフォームで、オシャレな 「タンクレストイレ」をご検討された方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「おしゃれで良さそう!でも少し高そう・・・」 「タンクレストイレが気になるものの善し悪しがまだ良く分からない」 今回はそんな方々に、 タンクレストイレのメリット、デメリットをご紹介します。 タンクレストイレとは? 「タンクレストイレ」は、その名の通り 「タンクが無いトイレ」です。 タンク式のトイレでは、一旦タンクに水を溜めて、排出する力で流しますが、タンクレストイレは、水道から直接水を電動で流し込む作り「水道直結型」になっています。 そんなタンクレストイレは、タンクが無い分視覚的に圧迫感がなく、タンク式に比べるとトイレの狭い空間でも少し広くなった感じを受けます。 そして、洗練されたスタイリッシュなシルエットは、タンクレストイレを扱う多くのメーカーがグッドデザイン賞を受賞するなど、デザイン面でも評価されています。 タンクレストイレにリフォームするメリット デザイン面はおしゃれなだけではなく、隙間が少なく平面的な形をしている為、掃除がし易いというメリットがあります。 また、タンクが無い分障害となる出っ張りもないので、トイレ内も掃除がし易いです。 当然、タンク掃除も必要ありません。 そして何よりも、水をためる必要がないという点が良いところ。 タンク式の場合は一度水を溜めるので、タンクが溜まるまで1分前後は水を流せませんが、タンクレストイレは水道直結型なので、連続して流せるメリットがあります。 更には、一度に流す水量もタンク式に比べて半分程度となっています。 タンクレスにするデメリットは? タンクレストイレは、ウォッシュレットがトイレの本体が一体となっているため、ウォッシュレットが故障しても、それだけを交換することはできません。 メーカーによる修理対応となります。 最新のウォッシュレットが出たとしても、トイレそのものを変えない限りは交換ができません。 また、タンク式ではトイレ後の手洗いをタンクから流れる水を使われる方がいらっしゃいますが、タンクレスではそれが出来ません。 手洗い器を取り付ける場合 トイレ内で手を洗う様にする為には、手洗い器を設置する必要があります。 手洗い器は、トイレとは別に給排水管の設置工事が必要になったりする場合がありますので、トイレ本体以外の部分にも費用がかさむ可能性があります。 また、水道直結のタンクレストイレの利用には、お住まいが必要最低水圧を満たしているかどうか確認も必要です。 特に、マンションや戸建ての2階は、最低水圧を満たしていないことがあり、トイレの流れが悪くなったり、詰まったりする可能性があります。 そのような場合には、さらに水圧強化部材の購入も検討が必要な場合があります。 タンクレストイレへのリフォームに掛かる費用と内訳は? タンクレストイレ本体価格は、機能によって様々ですが、20万~40万円程度掛かります。 そして、その本体の設置に掛かる費用として、元あるトイレの解体処分や設置工事、配管工事でおおよそ10万円前後です。 さらに手洗い器の設置をする場合には、手洗い器自体が4万~10万円ほど、設置と配管工事費で5万円前後掛かりますので、それが本体の設置コストに加算されます。 和式トイレからリフォームする場合は、電源工事などがあるので工事費用がさらに掛かる可能性があります。 詳しくは、 をご覧ください。 DIYで安くできる? 少しでもタンクレストイレを安く設置するために、今流行のDIYを検討される方もいらっしゃるかもしれません。 水回りのDIYは注意が必要ですが、特にタンクレストイレは、水道直結型なので、慣れない方が設置すると上手く流れなくなる場合があります。 また、集合住宅などでは、水漏れのトラブルなどに発展するリスクもあります。 手洗い器までの設置も含めて検討されている場合は、レイアウトや配管工事等も考えると注意するべきポイントも増えてくるので、リフォーム業者にお任せすることをお勧めします。 まとめ タンク式よりも少し費用が高めのタンクレストイレですが、機能的でおしゃれなうえに、日頃のお掃除も楽になって、魅力的なリフォームです。 リフォームご検討中の方は、リフォーム業者と相談しながら、素敵なトイレ空間を作り上げていきましょう! では、水回りのリフォームから、室内・室外のリフォーム、介護リフォームも行っております。

次の

タンク式トイレvsタンクレストイレ!メリットデメリットを比較してみた

タンクレストイレ メリット

スッキリとしているネオレストトイレ TOTO タンクレストイレの最大の特徴はその名の通り 便器洗浄用の水を貯めておくタンクが無いことです。 タンク式トイレの後ろにある四角いタンクが無いため、 かなりスッキリとした見た目です。 日本初のタンクレストイレはが1993年に発売した「」です。 従来のタンク式トイレと異なるスタイリッシュな見た目に多くの人が驚きました。 タンクレストイレは水の流し方の構造がタンク式トイレと異なる水道直結式で、 水道水の水圧で流す仕組みになっており連続で流すことも可能です。 またほとんどの製品が多機能洗浄や脱臭・消臭など多彩な機能を搭載しており、流す水の量も1回あたり3. 3~5リットル前後の節水仕様となっています。 タンクレストイレの価格 それだけ高機能なトイレなら是非我が家にも!と考えた時に気になるのはその費用ですよね。 関連ページ: タンクレストイレのメリット タンクレストイレには通常のトイレには無い様々なメリットがあります。 ここではそんなメリットをご紹介します。 節水効果が非常に高い 従来のタンク式トイレは 一回の洗浄に約13リットルもの水が使われています。 一方でタンクレストイレの場合は1回約3. 3リットル~と 3分の1以下の水量で洗浄を行うことが出来るようになっています。 関連記事: デザイン性が高く、省スペース 10執念記念の10色展開 タンクレストイレは従来のタンク式トイレに比べて幅、奥行き、高さの全てに置いて一回り小さいです。 特に 高さ、奥行きはタンクが無い分10~20センチほど小さいためトイレ空間全体がかなりスッキリ広く見えます。 詳細な大きさは「」のページでご確認ください。 また、従来のトイレのイメージを覆すスタイリッシュな流線型のデザインが特徴です。 例えば日本初となるタンクレストイレ「」の最新モデルであるネオレストNXはトイレをただの生活空間から気品あふれる癒やしの空間に変える美術品のような美しいフォルムをしています。 省スペースであることと、デザインのスタイリッシュさが相まって様々なインテリアと合わせやすくトイレをおしゃれな空間に変える喜びも出てくるでしょう。 お手入れが楽 手入れがラク いくらおしゃれでスタイリッシュなデザインでも黒ずみや水垢などの汚れがあると台無しですよね。 タンクレストイレは設計段階で汚れにくさを考えて作られています。 例えば例えばパナソニック社のでは市販の台所用中性洗剤などを使い、 水面に泡のクッションを作ることでトビハネによる汚れをおさえます。 また、TOTOのは 除菌水によって黒ずみを抑える機能が付いています。 機能だけでなく、その形状や素材にも清潔感を保つ秘密があります。 従来、トイレといえば陶器で作られていました。 一見するとツルツルしているように見えますがその表面には小さな凹凸があるため、そこに汚れが付着してしまいます。 そこに着目した各メーカーは次々と新素材を開発し、今では 汚れがつきにくい素材が主流になっています。 次に形状についてですが スタイリッシュでおしゃれなだけでなく継ぎ目、タンクと便器の隙間や段差を無くしているため汚れてしまっても簡単に拭きやすいのが特徴です。 トイレ掃除について詳しい情報はこちらの「」を御覧ください。 様々な便利機能付き 水道代の節約や、汚れ防止、掃除のしやすさなど様々な機能があるタンクレストイレですがそれだけでなく 様々な便利機能が付いています。 例えばTOTOのネオレストは トイレ入室時から汚れや、においを抑えるキレイサイクル。 使用時のみ便座を温める瞬間暖房便座による節電効果などが付いています。 関連ページ: LIXILのタンクレストイレ、サティスなら 便座からクラシックの名曲などが流れる「リッラクスミュージック」機能、夜中にトイレを利用しても明るさで目が冷めにくい「ほのかライト」など利用者が快適に過ごせるような機能が満載です。 関連ページ: パナソニックのタンクレストイレ、アラウーノの最大の特徴はなんといっても便器の中の泡です。 この 泡、通称「激落ちバブル」によってハネを無くし便器だけでなく周りの床も清潔に保ちます。 関連ページ: タンクレストイレのデメリット タンクレストイレの様々なメリットをご紹介しましたが、次にデメリットも説明しておきます。 実際にタンクレストイレの設置を考える時にはこれから紹介するポイントに気をつけてください。 停電時に水を流せない ほとんどのタンクレストイレは電気を使用してバルブを開閉し水を流すので、 災害などで停電すると自動では水を流せなくなりバケツに汲んだ水などで流すことになります。 ただしオプション部品をつけることで、停電時でも流せるようになるトイレもあります。 関連ページ: 2. 手洗いがついていない 今までタンク式にはほとんど手洗いがついていたので問題なかったのですが、 タンクレスになったことで別途手洗いカウンターなど取り付ける必要が出てしまいます。 パナソニックの「アラウーノV」など、手洗いが付いているものもありますがタンクレストイレには基本的に手洗いは付いていませんのでここは気をつけたいポイントです。 関連記事: 3. 水圧が低いと設置できない場合がある 直接水道管から水を流すというタンクレストイレの特性上、 マンションの高層階などの水圧が低いお部屋では設置できない可能性があります。 目安としては0. 05MPa~0. 10MPaの水圧があれば問題なく設置出来ます。 水圧計測装置などで図るのがもっとも確実ですが バケツがあれば次の方法で簡易的に測定することが出来ます。 現在の止水栓にホースを取り付け10秒間バケツに水を流し入れます、そのあとバケツに入った水量を計測するのですが ・止水栓が床にある場合は4リットル以上 ・止水栓が壁にある場合は4. 5リットル以上 の水がバケツに入っていれば問題なく設置することが出来ます。 ウォシュレット部分のみの交換ができない タンクレストイレはウォシュレットと便座が一体化したものです。 このため、 ウォシュレット部分だけの交換は基本的に行えずメーカーへの修理依頼を出すことになります。 国内の代表的なタンクレストイレを3シリーズご紹介 国内でタンクレストイレを製造している主なメーカーは TOTO、リクシル、パナソニックの3社です。 ここではその三社の製造している代表的なシリーズをまとめてご紹介いたします。 リクシル:サティスシリーズ(G・Sタイプ) きれいサイクル TOTOのネオレストも清潔さに注力した機能が詰まっています。 それらの機能でトイレ使用前~使用後の汚れ、臭いはもちろんのこと待機中もトイレを清潔に保ちます。 このきれいサイクルによって、常に便器を清潔に保つことが出来ます。 関連ページ: ワンダーウェーブ洗浄 使い心地の良さもネオレストの特徴です。 トイレは使う人の年齢、性別によってベストな使い心地は変わってきます。 洗浄範囲や強さを自由に調節できるネオレストなら家族全員が気持ちよくトイレを使うことが出来ます。 水を玉にして発射するワンダーウェーブ洗浄機能により洗浄力や洗い心地はそのままに節水することが出来るようになりました。 関連ページ: パナソニック:アラウーノシリーズ 泡で洗うアラウーノ アラウーノの最大の特徴は泡です。 市販の台所用洗剤を使用して作った泡でトイレのハネ汚れを防ぎます。 汚れを防ぐだけでなく、大きさの違う2つの泡で汚れを根こそぎ洗い流します。 便器の内部に段差を作り、無駄な水を減らしつつ洗浄能力を高めた新スパイラル水流と合わせてトイレを清潔に保ちます。 関連ページ: リフォームに最適 アラウーノはリフォームに適したタンクレストイレです。 陶器製では無いため重量が軽く、配管が床でも壁でも対応できるため一日で工事が済みます。 便器の高さを変更したり、アームレストを設置したりといったオプションも豊富なためバリアフリーリフォームにも最適です。 関連ページ: まとめ おしゃれで便利なタンクレストイレについて基本的な情報をまとめました。 タンク付きトイレとの価格差も数年使用すればお得になった水道代でもとが取れてしまいます。 また、 お掃除の回数も減るうえに掃除そのものも非常に楽に出来るためとても快適に過ごす事ができます。 トイレのリフォームをお考えの方は是非この機会にタンクレストイレを設置してみてはいかがでしょうか? 関連ページ•

次の

タンク式トイレvsタンクレストイレ!メリットデメリットを比較してみた

タンクレストイレ メリット

スポンサーリンク デメリットは?タンク付きとの違いは? 素敵な見た目なのはいいけど、デメリットはあるの?というところが気になりますよね。 よく言われている タンクレスのネガティブな噂と、 タンク付きだと解決できるのか?を含めて解説していきます。 価格が高い? 先ほど述べたように基本的に上位機種なので、 高くなることが多いです。 いろいろと 便利機能がついている場合が多いですね。 ただ、 タンク付きでも上位モデルを選べばたくさん機能もついていて、値段も少し抑えられることがあります。 メーカーによっては、 タンクレスの下位モデルと タンク付きの上位モデルが ほぼ同じ価格 の場合もありました! タンクがついているかいないかだけで、 同じ予算でもトイレ自体の機能が全然違ってくるということです。 そこは、 予算と必要な機能のバランスを考えながらタンク付きorなしを決めていく必要がありますね。 災害時は不利? タンクレスは災害の時に困る……という話、よく聞きませんか? この噂のせいでわたしは、『 タンクレストイレってただおしゃれなだけでしょ?』と思っていました 笑 これには少し誤解があります。 まず、ここで想定すべき災害は『 停電』と『 断水』の2つです。 で、結論から言うと、タンクレストイレは どちらの場合でも使えます。 まず『 停電』です。 タンク付きは、タンクの中の水を勢いよく流しているだけですので停電時は普段通り使えます。 タンクレスはと言うと、機種によって異なりますが、電気を使わずに流せるモードがついています(紐を引っ張る、乾電池を使うなど)。 ただし流す水そのものがないので、バケツなどで便器に注ぐ必要があります。 停電時は、 タンク付きは影響なし・タンクレスは水を注げば使える、です。 次に『 断水』です。 断水の場合はどちらも水を手動で注ぐ必要があります。 ただし、タンク付きの場合はタンクに溜まっている1回分だけは、普段通り流すことができます。 断水時は、 タンク付きは1回だけ普段通り流せる&その後は水を注げば使える・タンクレスは水を注げば使える、です。 そもそも断水時に水を用意できるか、という状況にもよりますが、それはトイレのせいではないですからね。 総じて、 タンク付きの方が便利な面はありますが、タンクレスでもしっかり使えるので、そこまで気にする必要はないと思っています。 メンテナンスのコストが高い? 設置したあとや故障の際にどれだけお金がかかるか、というのも大事なポイントですよね。 ここではトイレ自体の構造がタンクレスとタンク付きで全然違うということを考える必要があります。 タンクレスは、 便器も便座も全部1つにまとまっているのですが、タンク付きの場合、 『便座』と『便器』が別になっているんです。 そのため、「便座が割れた」「ウォシュレットが壊れた」とかいうときに、 タンク付きだと『便座のみの交換』が可能なのですが、 タンクレスはトイレまるごと交換する必要があるため、 高額になってしまうのです。 なんですが、トイレが壊れたことって、私自身20数年生きてきてほとんどないです 笑。 トイレ自体の寿命が大体10年くらいといわれていますので、まるごと交換する時期も案外すぐ来ます。 ですのでここもそんなに気にする必要ないんじゃないかな~と個人的には思います! スポンサーリンク タンクレスのメリットは? せっかくなので、メリットも改めて見ていきましょう。 タンク付きにはない素敵なポイントがありますよ! 奥行が狭い! タンクがない分、タンクレスの方が 10cmくらい奥行がないです。 なんだたった10cmか……と思った方もいらっしゃると思いますが、おうちの中では狭いトイレなので、結構貴重な10cmです。 タンクの分高さもないため、視覚的にも広々見えますし、 他のお部屋や収納などに使えるスペースが増えるので、大きなメリットだと思います! 掃除がしやすい! タンクがない分つるっとひとまとまりになっていて、 掃除がとってもしやすいです! また、後ろの配線も少ないので、 床の掃除もかなり楽になります。 タンク付きトイレの後ろって、手が入りにくいし配線の周りに埃もたまって、結構ストレスじゃないですか? 日々の家事に関わることは少しでも良くしていきたい私からすると、こちらもかなりのメリットです! タンクレスのデメリット、どう考える? タンクレストイレのデメリットをご紹介しました! 私が気になるのは 価格と機能のバランスだけなので、ここをしっかり相談して決めていきたいと思います。

次の