平野 ノラ 静岡。 平野ノラ

平野家(静岡銀行頭取・平野繁太郎・平野孝雄の家系図)

平野 ノラ 静岡

Contents• 平野ノラ結婚式の模様 お笑いタレントとして大ブレークした平野ノラさんですが、現在40歳です。 2017年、仕事が落ち着いた頃を見計らい、同い年の一般男性との結婚を発表しました。 そしてついに!家族と友人に囲まれて結婚式を挙げたことを自身のインスタグラムで報告しています。 出典: 『白無垢やっP~』と幸せそうな写真がたくさん掲載されています。 普段はバブリーな衣装のノラさんしか見ていないので、白無垢姿は超レアですよね! とても綺麗ですね! 浮月楼(ふげつろう)はどんなところ? 平野ノラさんが結婚式を挙げた場所は、『 浮月楼(ふげつろう)』といい、JR静岡駅のほぼ駅前にある料亭・結婚式場です。 この場所はなんと、 江戸幕府第15代目将軍・徳川慶喜が大政奉還の後に暮らしていた屋敷があったところで、約20年間住んでいたそうです。 そのため、当時の面影を残した屋敷や日本庭園がとても美しいです。 洋式の結婚式が主流となっている昨今ですが、平野ノラさんのように日本の伝統的な結婚式を行いたい場合に、非常におすすめです。 日本庭園や家屋が美しい『 浮月楼(ふげつろう)』ですが、白無垢や色打掛だけでなくても、 ウエディングドレスでのロケーションフォトを撮影する場所としても人気です! また、ここには 128年続く料亭があり、旬の食材を使った懐石料理を楽しむことできます。 平日ランチ限定メニューでは、 6,000円で懐石料理をいただけちゃいます! 気になる方は、こちらの浮月楼のを確認してみてくださいね。 浮月楼で結婚式を挙げるといくらかかるの? 浮月楼で結婚式を挙げるなら、だいたい 80万円~可能です。 この費用の中には、以下が含まれています。 神前式または人前式• 新郎・新婦 和装1点ずつ• ご両家親族様用 控え室• 料亭の旬を彩る懐石料理、乾杯酒を含むフリードリンク• テーブルクロス、ランナークロス、ナフキン、チェアカバー• 美容着付 新郎新婦着付け、ヘアメイク• 音響照明 マイク・プロジェクター・スクリーン• 介添料 (当日の支度から披露宴終了まで)• ケーキ• メインテーブル装花・ゲストテーブル装花• 挙式後のご両家集合写真(六つ切カラー)x2枚• ご両家席札 こちらのプランは、 20名の少人数向けの料金になります。 美 しい日本庭園で結婚式+料亭のおいしい懐石料理がついて 80万円はかなりお得ですよね! 気になる方はでチェックしてみてください! まとめ お笑いタレントとして人気の 平野ノラさんが、自身のインスタグラム白無垢姿を公開しました! 気になる美しい日本庭園は、静岡県にある『 浮月楼』という場所でした! これから日本の伝統的な結婚式を考えている方は、ぜひ『 浮月楼』での結婚式を検討してみてくださいね!.

次の

平野ノラの経歴&家族!中学や高校は?実家は我孫子のたこ焼き屋!

平野 ノラ 静岡

来歴 [ ] 芸人デビュー前 [ ] 不動産会社に勤めていた父はかつて仕事と遊びを思い切りやって土地を転がすバブリーな生活をしており、これは後の平野の芸風と決して無関係ではない。 小学3年生の時に、をしていた母親の影響で、を始め、東京都のチーム『東金町ビーバーズ』に選手として所属。 以後も選手を続け、中学校もバレーボールの強豪校・葛飾区立金町中学校へ 、高校もバレーボール推薦でに進学。 チームで中・高9年間キャプテンを務め、関東大会で2位になった他、全国大会と杯で優勝を経験。 この時に涙を流す平野の姿がアップでテレビに映ったことがある。 「今芸人としてやっていく上で大切な精神力が、厳しい練習環境で揉まれていくうちに培われた」とも言う。 子供の頃から目立ちたがりで独りよがりな性格であった。 『』(系)で観たのファンである。 また、『』を観てにも傾倒し 、学校の文化祭で自ら脚本・主演で『』を上演したことがあった。 高校卒業後はミュージカル女優を目指すも、ダンスの学校に通っていたこともあった。 友人が主宰する劇団の公演に出演することがあり稽古の時にセリフの掛け合いで、面白さを狙って自分なりにアレンジして演じたところ「台本どおりにやれ」と怒られる。 この時に「集団でやるのは私には向いてない。 自分は笑いを求めているし、笑いを取るのが一番嬉しい。 」と感じてお笑いを始めるきっかけになったという。 その後、最初はコンビを組む目的で東京・の『シアターD』で観たライブをきっかけに親しくなったに相談しつつ、雑誌で募集をかけたり、公園のストリートライブなど様々な場所で相方を探したが結局見つからなかった。 一人でやって行くことを決めワタナベエンターテインメント開催のライブ『STEP! STEP! STEP! 』のオーディションを受けに行くも本人曰く「全くウケず、才能がないし無理だな。 」と思い、お笑いから退いて一時として勤務することになった。 他にも、店の仕事も経験していた。 この時は「負けたから去る」というバレーボールをしていた小学生時代に培われた男気質で頑固な考えから、簡単に「またお笑いに戻ろう」という考えにはなれなかったと言う。 一方で売れている芸人の苦節や下積みを知っていたらその考えは違っていたのかも知れない、とも話している。 しばらく社会人として普通に暮らしていたが、目標などやりたいことがなくなっていき、人生に挫折を感じるようになったという。 かつてネタ見せの時に「芸人に向いていない」と激しくダメ出しされてお笑いの道を諦めたから、のいわゆるの時にも、『』(日本テレビ)などでそのブームを直視することが出来なかった。 そんな中、ひたすら絵を描く日々を送るようになり、そのうち膨大な数の作品が出来、小さな個展も開いた。 また短期契約での仕事をしていたこともあり、(現:宅地建物取引士)の資格を取得した。 芸人デビュー後 [ ] 芸人デビュー直前の当時、家族にも紹介した婚約者がおり結婚寸前までいったが、お笑いを諦めきれず、その婚約者のプロポーズを断ってまで再度芸人の道を目指した。 31歳でに13期生として2010年10月に入学。 高校生の時に相方として誘った人と一緒に入学した(しかしその相方はわずか一か月で退学)。 2011年9月卒業。 同スクール在学中の2010年12月にデビュー。 最初は本名で活動していたが、デビュー1年目の途中で自ら現在の芸名に改名。 「のように一人でも芸能界を渡って行けるように」という意味で、ノラと名付けた (の戯曲『』の主人公ノラからとったと語ったこともある )。 ババノラは、ババチャンが「人に笑われたくない」と言い出したことがきっかけで解散した。 なお、これ以外にももう1組コンビ歴がある。 ちょうどこの頃、前述の劇作家イプセンの「この世で一番強い人間とは、孤独で、ただ一人で立つ者なのだ」という名言を思い出し、ピン芸人としてやっていくことを決める。 またこの他にも、挫折したりうまく行かないことが続いたりしていた時の節目に、の名言やの持つ座右の銘に支えられていたことがあった。 (日本テレビ)に出演した際、緊張していたこともあり、また同局アナウンサーのとの掛け合いがうまくいかず、まったくうけなかった。 マネージャーからは「やってしまったね」と言われ、「日テレ出禁になると思った」と語っている。 企画・構成を平野が全てやるこのライブはチケットがすぐ完売することもあった。 10回目には場所を表参道GROUNDに移し開催する。 著名人のファンも多く、女優のや俳優の 、 、などが平野のライブに足を運んでいる。 過去の出演番組の中では、女優の や歌手のなどが「今会いたい人」として番組内に平野をゲストに呼び共演を叶えている。 他にものは平野の初単独となるDVD「バブルはそこまで来ているゾ! 」を絶賛し毎日観ているとラジオで公言している。 後にオードリーの特番やラジオなどで共演をしている。 また、韓国の男性グループのメンバー が、EXOコンサートツアー「The EXO'rDIUM」福岡公演で平野のモノマネを披露、の情報番組『アサデス。 』出演時にも「バブル歌手カイです」と言い首を大きく振るモノマネをした。 AbemaTV『EXO Coming』でEXOと平野が共演した際はカイと一緒にコラボネタを披露した。 2016年5月11日、「OK! バブリー!! feat. バブリー美奈子」でシングルデビューした。 プロデュースはが担当している。 、自分が出演した番組がたまたま6日連続放送となったことで、これがその後のメジャー感を印象させるきっかけとなったともされている。 平野もこの現象を「ノラウィーク」と呼んでいる。 のネタ披露コーナーであり合格者がほとんど出ないことで有名なお笑いイミグレーションでは、合格を意味する入国許可を平野にが与え、話題となった。 放送の『』()で結婚を発表。 、の番組『』(放送予定)のロケで訪れていた宮崎県で撮影中にを骨折し全治1か月と診断される。 テレビ朝日はの定例社長会見において、「安全の配慮が十分でなかった」として陳謝した。 、トレードマークだった長い髪をバッサリ切った姿をインスタグラムに投稿。 人物 [ ] 趣味は、、。 特技は、、(のダンス、ダンス) 、の『』のライブバージョンを完全コピーすること 物真似は、 、ベラ(「」の登場人物)などがレパートリーにある。 のヴォーカル(越智志帆)に似ていると言われたことで「スーパーノンフライ」というキャラクターや 、女スナイパー、女子ボウラーのキャラをやっていたこともあった。 元バレーボール選手の経歴を買われて日本代表が出場する国際大会・(日本テレビ)の応援サポーターに任命され、その中継の際には自ら試合中のプレーを解説・指摘することもあった。 好きな俳優は、好きな野球選手は、。 他、好きなスポーツ選手は。 父親はかつて関係の仕事をしており、現在はカラオケ居酒屋を経営している。 バブル時代に小学生だった平野自身から見て「バブリーな人だった」とのこと。 ちなみに、母は居酒屋の隣でたこ焼き店を経営。 自身も小学生の時にファンレターを書いて送った経験があったことから、寄せられたファンレターには全て、自筆で返事を書いて返送している。 芸風 [ ] 衣装はのに流行していた大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ(自分でした髪をほどいてソバージュにしている )、メイクは直線的で太い眉と強い色味の口紅、という出で立ち。 1985年に発売されたポータブルタイプの携帯電話「」 (で買ったという材料で手作りしたもの )を提げて登場する。 このキャラが生まれたのはの年末頃だった。 このネタを始めたきっかけは、バイクヘルメットを使ったネタを事務所の先輩のに見せた時に、ふかわに「方向性は合っているから、このキャラクターに真摯に向き合おう」との勧めの助言と後押しを受けたことだった。 ふかわには「キャラの精神状態が面白さを左右する」との助言も受けている。 ネタを作るに当たっては、バブル時代当時平野本人はまだ小学生だったという世代的な事情から、バブル時代関連の本と自身のわずかな記憶を頼りに 、『』やの作品、の作品、の曲の歌詞などを参考にしている。 「OK、バブリー! 」「ぶっとびー! 」「おったまげ! 」(ショルダーホンの受話器を取って)「しもしも〜? 」などの決め台詞 、「ワンレン・ボディコン・」などの定番の台詞がある。 また、の一文字を言われたらバブル時代らしい言葉で返すという「OK50音バブリー! 」と称したネタもあり 、このネタは自分のブログの中でも頻繁に披露している。 他に、五十音の一文字を言われたら、が言いそうな言葉で返すというネタ、「バブリーしりとり」(DVD『の「ワロタwwww」~超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち~』収録 )などのネタがある。 の音楽「ナウシカ・レクイエム」と掛け合わせた「ランランララ、」というネタは、今の夫との会話の中から出来た。 「バブル時代を再現するというわけではなく、あの時代をいじりたいので、それからちょっとずれてても、自分が面白いと思ったことを優先してネタを作っている。 バブルを直に体験していたらこのネタは出来なかった」という。 バブルネタで出演する時、の曲「」を(登場曲)にして登場することがある。 平野本人も、この曲が好きという所がある。 当初は母のバブル時代の衣装を着ていたが、その後、衣装や携帯電話などの小道具はすべて手作りのものを使うようになった。 出演 [ ] テレビ [ ]• (2012年1月15日、)• (2012年12月13日、) - 『エアーパフォーマンス王決定戦』コーナー出演• (2014年6月25日・7月2日・8月6日、日本テレビ)• (2014年8月14日、日本テレビ)- 『エンタメまるごとクイズッス・芸人夏祭り』コーナー出演• (2014年8月15日・8月20日・2015年5月27日・7月31日・10月28日、日本テレビ)- 『どんよりどんびき 天カメ一武道会』コーナーなどに出演• (2014年9月18日・2015年1月9日、日本テレビ)• (2014年9月28日、)• (2014年10月1日、) - 『15秒で目が覚める一発ギャグランキング』コーナー初出演。 以後不定期出演• (2014年10月17日、テレビ朝日)• (日本テレビ)• 「ザ・トーナメント」(2014年12月16日) - 『ものまねショートSHOW』出演、「50音のうちのどれを言われてもバブルのような言葉で返す」を演じる。 (2014年12月28日・2015年1月12日・3月29日・9月21日、)• 第一次予選会(2015年1月1日、TBS)• ニッチでグッジョブ(2015年1月17日、フジテレビ)• あけまくり(2015年1月25日、)• (2015年3月、日本テレビ)- 第4回・第5回・第6回『すぐ言う王座決定戦』出演• (2015年3月25日、テレビ朝日)• 〜デリ芸()• (2015年5月17日、)• うぷ村(2015年7月8日、TBS)• (2015年7月21日、テレビ東京)• (2015年8月8日、)• (2015年9月3日、TBS)• (2015年9月29日、フジテレビ)• (2015年10月15日、日本テレビ)• (2015年9月21日・10月27日・11月3日・2016年1月12日、フジテレビ)• (2016年1月9日 - 、テレビ東京)• (2016年4月3日、テレビ東京)• (2016年1月28日、TBS)• (2016年3月11日、日本テレビ) - 喫茶店のカウンターの客 役(持ちネタそのままのようなバブル女キャラで出演)• (フジテレビ)• 女芸人! 春の決起集会2016(2016年5月2日、日本テレビ)• (2016年9月10日、CBC)• (2016年10月8日、TBS)• (2016年10月24日、関西テレビ・フジテレビ)• (2016年10月29日、日本テレビ)• (2016年12月9日、TBS)• (TBS) - 「サンジャポファミリー」としてイレギュラー出演• (2016年12月18日、テレビ朝日) - 『1週間ティラミスだけを食べて生活』• (2016年12月31日、NHK)• コーナー 平野ノラの「おったまげ」初耳学! (、2017年4月23日よりレギュラーコーナー化)• (日本テレビ) - 応援サポーター• (、2019年4月5日)• (2020年2月12日・4月22日、日本テレビ)• (フジテレビ)- 準レギュラー• 金曜コーナー「おったまげ~調査隊!」() - レギュラー• () - 火曜レギュラー CM・広告 [ ]• 「キリン淡麗」『淡麗バブリ〜キャンペーン』(2017年4月11日 - )• 秀光ビルド(2017年)• 「シンクロブラ」イメージモデル (2018年)• 「ウェルカム スマホ割」(2019年)と共演• 「三ツ矢レモネード」(2019年)と共演 その他 [ ] DVD• の「ワロタwwww」〜超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち〜(、発売) ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• バブリー!! feat. バブリー美奈子(2016年5月11日、) DVD [ ]• バブルは、そこまで来ているゾ! (アニプレックス、発売)- 初単独DVD 脚注 [ ] []• 芸能手帳タレント名簿録Vol. 50('15〜'16 )「平野ノラ」の項に掲載• TVでた蔵. 2016年12月9日. 2016年12月10日閲覧。 2018年2月3日. 2018年2月8日閲覧。 ワタナベエンターテインメント. 2016年1月29日閲覧。 2016年11月5日. 2016年11月6日閲覧。 2015年1月12日閲覧。 115「今月のコンテンツガイド」• gooテレビ 2016年10月29日. 2016年11月6日閲覧。 TVでた蔵. 2017年4月30日. 2017年5月3日閲覧。 2016年11月28日. 2016年12月4日閲覧。 livedoorNEWS(AbemaTIMES) 2017年2月4日. 2017年5月3日閲覧。 gooテレビ 2018年6月1日. 2018年6月1日閲覧。 livedoorNEWS 2016年11月7日. 2016年12月10日閲覧。 平野ノラのOK! バブリーブログ 2014年6月22日. 2015年9月13日閲覧。 お笑いナタリー 2015年6月9日. 2015年9月13日閲覧。 平野ノラのOKバブリー! ブログ 2015年7月15日. 2016年5月5日閲覧。 (2016年5月5日閲覧)• (2016年5月5日閲覧)• (2016年5月5日閲覧)• エンタメウィーク 2016年4月22日. 2016年5月5日閲覧。 2015年10月24日. 2016年5月5日閲覧。 kpopstarz日本語版 2016年10月7日. 2017年10月4日閲覧。 kpopstarz日本語版 2016年12月12日. 2017年10月4日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年5月11日. 2016年5月12日閲覧。 gooテレビ 2016年10月20日. 2018年1月9日閲覧。 2017年12月26日. 2018年1月9日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年4月27日. 2018年4月27日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年5月29日. 2018年5月29日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年5月9日. 2019年5月9日閲覧。 J-cast news. 株式会社 ジェイ・キャスト. 2017年9月14日. 2017年9月14日閲覧。 gooテレビ 2016年11月28日. 2016年12月4日閲覧。 2015年6月4日閲覧。 なお実際の平野自身はバブル崩壊後のである。 Yahoo! ニュース 2016年11月12日. 2016年11月14日閲覧。 お笑いナタリー 2014年11月14日. 2014年12月26日閲覧。 2018年2月3日. 2018年2月8日閲覧。 2015年7月7日. 2017- 06-24閲覧。 2014年12月16日. 2015年2月25日閲覧。 平野ノラのOK! バブリーブログ 2014年12月16日. 2016年1月10日閲覧。 キリン 2017年4月11日. 2017年4月12日閲覧。 ソーシャルゲームインフォ 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』。 2018年8月10日閲覧。 外部リンク [ ]• (ワタナベエンターテインメントオフィシャルサイト)• hiranonora -• (noranoranora1988)-• - この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の

平野家(静岡銀行頭取・平野繁太郎・平野孝雄の家系図)

平野 ノラ 静岡

来歴 [ ] 芸人デビュー前 [ ] 不動産会社に勤めていた父はかつて仕事と遊びを思い切りやって土地を転がすバブリーな生活をしており、これは後の平野の芸風と決して無関係ではない。 小学3年生の時に、をしていた母親の影響で、を始め、東京都のチーム『東金町ビーバーズ』に選手として所属。 以後も選手を続け、中学校もバレーボールの強豪校・葛飾区立金町中学校へ 、高校もバレーボール推薦でに進学。 チームで中・高9年間キャプテンを務め、関東大会で2位になった他、全国大会と杯で優勝を経験。 この時に涙を流す平野の姿がアップでテレビに映ったことがある。 「今芸人としてやっていく上で大切な精神力が、厳しい練習環境で揉まれていくうちに培われた」とも言う。 子供の頃から目立ちたがりで独りよがりな性格であった。 『』(系)で観たのファンである。 また、『』を観てにも傾倒し 、学校の文化祭で自ら脚本・主演で『』を上演したことがあった。 高校卒業後はミュージカル女優を目指すも、ダンスの学校に通っていたこともあった。 友人が主宰する劇団の公演に出演することがあり稽古の時にセリフの掛け合いで、面白さを狙って自分なりにアレンジして演じたところ「台本どおりにやれ」と怒られる。 この時に「集団でやるのは私には向いてない。 自分は笑いを求めているし、笑いを取るのが一番嬉しい。 」と感じてお笑いを始めるきっかけになったという。 その後、最初はコンビを組む目的で東京・の『シアターD』で観たライブをきっかけに親しくなったに相談しつつ、雑誌で募集をかけたり、公園のストリートライブなど様々な場所で相方を探したが結局見つからなかった。 一人でやって行くことを決めワタナベエンターテインメント開催のライブ『STEP! STEP! STEP! 』のオーディションを受けに行くも本人曰く「全くウケず、才能がないし無理だな。 」と思い、お笑いから退いて一時として勤務することになった。 他にも、店の仕事も経験していた。 この時は「負けたから去る」というバレーボールをしていた小学生時代に培われた男気質で頑固な考えから、簡単に「またお笑いに戻ろう」という考えにはなれなかったと言う。 一方で売れている芸人の苦節や下積みを知っていたらその考えは違っていたのかも知れない、とも話している。 しばらく社会人として普通に暮らしていたが、目標などやりたいことがなくなっていき、人生に挫折を感じるようになったという。 かつてネタ見せの時に「芸人に向いていない」と激しくダメ出しされてお笑いの道を諦めたから、のいわゆるの時にも、『』(日本テレビ)などでそのブームを直視することが出来なかった。 そんな中、ひたすら絵を描く日々を送るようになり、そのうち膨大な数の作品が出来、小さな個展も開いた。 また短期契約での仕事をしていたこともあり、(現:宅地建物取引士)の資格を取得した。 芸人デビュー後 [ ] 芸人デビュー直前の当時、家族にも紹介した婚約者がおり結婚寸前までいったが、お笑いを諦めきれず、その婚約者のプロポーズを断ってまで再度芸人の道を目指した。 31歳でに13期生として2010年10月に入学。 高校生の時に相方として誘った人と一緒に入学した(しかしその相方はわずか一か月で退学)。 2011年9月卒業。 同スクール在学中の2010年12月にデビュー。 最初は本名で活動していたが、デビュー1年目の途中で自ら現在の芸名に改名。 「のように一人でも芸能界を渡って行けるように」という意味で、ノラと名付けた (の戯曲『』の主人公ノラからとったと語ったこともある )。 ババノラは、ババチャンが「人に笑われたくない」と言い出したことがきっかけで解散した。 なお、これ以外にももう1組コンビ歴がある。 ちょうどこの頃、前述の劇作家イプセンの「この世で一番強い人間とは、孤独で、ただ一人で立つ者なのだ」という名言を思い出し、ピン芸人としてやっていくことを決める。 またこの他にも、挫折したりうまく行かないことが続いたりしていた時の節目に、の名言やの持つ座右の銘に支えられていたことがあった。 (日本テレビ)に出演した際、緊張していたこともあり、また同局アナウンサーのとの掛け合いがうまくいかず、まったくうけなかった。 マネージャーからは「やってしまったね」と言われ、「日テレ出禁になると思った」と語っている。 企画・構成を平野が全てやるこのライブはチケットがすぐ完売することもあった。 10回目には場所を表参道GROUNDに移し開催する。 著名人のファンも多く、女優のや俳優の 、 、などが平野のライブに足を運んでいる。 過去の出演番組の中では、女優の や歌手のなどが「今会いたい人」として番組内に平野をゲストに呼び共演を叶えている。 他にものは平野の初単独となるDVD「バブルはそこまで来ているゾ! 」を絶賛し毎日観ているとラジオで公言している。 後にオードリーの特番やラジオなどで共演をしている。 また、韓国の男性グループのメンバー が、EXOコンサートツアー「The EXO'rDIUM」福岡公演で平野のモノマネを披露、の情報番組『アサデス。 』出演時にも「バブル歌手カイです」と言い首を大きく振るモノマネをした。 AbemaTV『EXO Coming』でEXOと平野が共演した際はカイと一緒にコラボネタを披露した。 2016年5月11日、「OK! バブリー!! feat. バブリー美奈子」でシングルデビューした。 プロデュースはが担当している。 、自分が出演した番組がたまたま6日連続放送となったことで、これがその後のメジャー感を印象させるきっかけとなったともされている。 平野もこの現象を「ノラウィーク」と呼んでいる。 のネタ披露コーナーであり合格者がほとんど出ないことで有名なお笑いイミグレーションでは、合格を意味する入国許可を平野にが与え、話題となった。 放送の『』()で結婚を発表。 、の番組『』(放送予定)のロケで訪れていた宮崎県で撮影中にを骨折し全治1か月と診断される。 テレビ朝日はの定例社長会見において、「安全の配慮が十分でなかった」として陳謝した。 、トレードマークだった長い髪をバッサリ切った姿をインスタグラムに投稿。 人物 [ ] 趣味は、、。 特技は、、(のダンス、ダンス) 、の『』のライブバージョンを完全コピーすること 物真似は、 、ベラ(「」の登場人物)などがレパートリーにある。 のヴォーカル(越智志帆)に似ていると言われたことで「スーパーノンフライ」というキャラクターや 、女スナイパー、女子ボウラーのキャラをやっていたこともあった。 元バレーボール選手の経歴を買われて日本代表が出場する国際大会・(日本テレビ)の応援サポーターに任命され、その中継の際には自ら試合中のプレーを解説・指摘することもあった。 好きな俳優は、好きな野球選手は、。 他、好きなスポーツ選手は。 父親はかつて関係の仕事をしており、現在はカラオケ居酒屋を経営している。 バブル時代に小学生だった平野自身から見て「バブリーな人だった」とのこと。 ちなみに、母は居酒屋の隣でたこ焼き店を経営。 自身も小学生の時にファンレターを書いて送った経験があったことから、寄せられたファンレターには全て、自筆で返事を書いて返送している。 芸風 [ ] 衣装はのに流行していた大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ(自分でした髪をほどいてソバージュにしている )、メイクは直線的で太い眉と強い色味の口紅、という出で立ち。 1985年に発売されたポータブルタイプの携帯電話「」 (で買ったという材料で手作りしたもの )を提げて登場する。 このキャラが生まれたのはの年末頃だった。 このネタを始めたきっかけは、バイクヘルメットを使ったネタを事務所の先輩のに見せた時に、ふかわに「方向性は合っているから、このキャラクターに真摯に向き合おう」との勧めの助言と後押しを受けたことだった。 ふかわには「キャラの精神状態が面白さを左右する」との助言も受けている。 ネタを作るに当たっては、バブル時代当時平野本人はまだ小学生だったという世代的な事情から、バブル時代関連の本と自身のわずかな記憶を頼りに 、『』やの作品、の作品、の曲の歌詞などを参考にしている。 「OK、バブリー! 」「ぶっとびー! 」「おったまげ! 」(ショルダーホンの受話器を取って)「しもしも〜? 」などの決め台詞 、「ワンレン・ボディコン・」などの定番の台詞がある。 また、の一文字を言われたらバブル時代らしい言葉で返すという「OK50音バブリー! 」と称したネタもあり 、このネタは自分のブログの中でも頻繁に披露している。 他に、五十音の一文字を言われたら、が言いそうな言葉で返すというネタ、「バブリーしりとり」(DVD『の「ワロタwwww」~超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち~』収録 )などのネタがある。 の音楽「ナウシカ・レクイエム」と掛け合わせた「ランランララ、」というネタは、今の夫との会話の中から出来た。 「バブル時代を再現するというわけではなく、あの時代をいじりたいので、それからちょっとずれてても、自分が面白いと思ったことを優先してネタを作っている。 バブルを直に体験していたらこのネタは出来なかった」という。 バブルネタで出演する時、の曲「」を(登場曲)にして登場することがある。 平野本人も、この曲が好きという所がある。 当初は母のバブル時代の衣装を着ていたが、その後、衣装や携帯電話などの小道具はすべて手作りのものを使うようになった。 出演 [ ] テレビ [ ]• (2012年1月15日、)• (2012年12月13日、) - 『エアーパフォーマンス王決定戦』コーナー出演• (2014年6月25日・7月2日・8月6日、日本テレビ)• (2014年8月14日、日本テレビ)- 『エンタメまるごとクイズッス・芸人夏祭り』コーナー出演• (2014年8月15日・8月20日・2015年5月27日・7月31日・10月28日、日本テレビ)- 『どんよりどんびき 天カメ一武道会』コーナーなどに出演• (2014年9月18日・2015年1月9日、日本テレビ)• (2014年9月28日、)• (2014年10月1日、) - 『15秒で目が覚める一発ギャグランキング』コーナー初出演。 以後不定期出演• (2014年10月17日、テレビ朝日)• (日本テレビ)• 「ザ・トーナメント」(2014年12月16日) - 『ものまねショートSHOW』出演、「50音のうちのどれを言われてもバブルのような言葉で返す」を演じる。 (2014年12月28日・2015年1月12日・3月29日・9月21日、)• 第一次予選会(2015年1月1日、TBS)• ニッチでグッジョブ(2015年1月17日、フジテレビ)• あけまくり(2015年1月25日、)• (2015年3月、日本テレビ)- 第4回・第5回・第6回『すぐ言う王座決定戦』出演• (2015年3月25日、テレビ朝日)• 〜デリ芸()• (2015年5月17日、)• うぷ村(2015年7月8日、TBS)• (2015年7月21日、テレビ東京)• (2015年8月8日、)• (2015年9月3日、TBS)• (2015年9月29日、フジテレビ)• (2015年10月15日、日本テレビ)• (2015年9月21日・10月27日・11月3日・2016年1月12日、フジテレビ)• (2016年1月9日 - 、テレビ東京)• (2016年4月3日、テレビ東京)• (2016年1月28日、TBS)• (2016年3月11日、日本テレビ) - 喫茶店のカウンターの客 役(持ちネタそのままのようなバブル女キャラで出演)• (フジテレビ)• 女芸人! 春の決起集会2016(2016年5月2日、日本テレビ)• (2016年9月10日、CBC)• (2016年10月8日、TBS)• (2016年10月24日、関西テレビ・フジテレビ)• (2016年10月29日、日本テレビ)• (2016年12月9日、TBS)• (TBS) - 「サンジャポファミリー」としてイレギュラー出演• (2016年12月18日、テレビ朝日) - 『1週間ティラミスだけを食べて生活』• (2016年12月31日、NHK)• コーナー 平野ノラの「おったまげ」初耳学! (、2017年4月23日よりレギュラーコーナー化)• (日本テレビ) - 応援サポーター• (、2019年4月5日)• (2020年2月12日・4月22日、日本テレビ)• (フジテレビ)- 準レギュラー• 金曜コーナー「おったまげ~調査隊!」() - レギュラー• () - 火曜レギュラー CM・広告 [ ]• 「キリン淡麗」『淡麗バブリ〜キャンペーン』(2017年4月11日 - )• 秀光ビルド(2017年)• 「シンクロブラ」イメージモデル (2018年)• 「ウェルカム スマホ割」(2019年)と共演• 「三ツ矢レモネード」(2019年)と共演 その他 [ ] DVD• の「ワロタwwww」〜超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち〜(、発売) ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• バブリー!! feat. バブリー美奈子(2016年5月11日、) DVD [ ]• バブルは、そこまで来ているゾ! (アニプレックス、発売)- 初単独DVD 脚注 [ ] []• 芸能手帳タレント名簿録Vol. 50('15〜'16 )「平野ノラ」の項に掲載• TVでた蔵. 2016年12月9日. 2016年12月10日閲覧。 2018年2月3日. 2018年2月8日閲覧。 ワタナベエンターテインメント. 2016年1月29日閲覧。 2016年11月5日. 2016年11月6日閲覧。 2015年1月12日閲覧。 115「今月のコンテンツガイド」• gooテレビ 2016年10月29日. 2016年11月6日閲覧。 TVでた蔵. 2017年4月30日. 2017年5月3日閲覧。 2016年11月28日. 2016年12月4日閲覧。 livedoorNEWS(AbemaTIMES) 2017年2月4日. 2017年5月3日閲覧。 gooテレビ 2018年6月1日. 2018年6月1日閲覧。 livedoorNEWS 2016年11月7日. 2016年12月10日閲覧。 平野ノラのOK! バブリーブログ 2014年6月22日. 2015年9月13日閲覧。 お笑いナタリー 2015年6月9日. 2015年9月13日閲覧。 平野ノラのOKバブリー! ブログ 2015年7月15日. 2016年5月5日閲覧。 (2016年5月5日閲覧)• (2016年5月5日閲覧)• (2016年5月5日閲覧)• エンタメウィーク 2016年4月22日. 2016年5月5日閲覧。 2015年10月24日. 2016年5月5日閲覧。 kpopstarz日本語版 2016年10月7日. 2017年10月4日閲覧。 kpopstarz日本語版 2016年12月12日. 2017年10月4日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年5月11日. 2016年5月12日閲覧。 gooテレビ 2016年10月20日. 2018年1月9日閲覧。 2017年12月26日. 2018年1月9日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年4月27日. 2018年4月27日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年5月29日. 2018年5月29日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年5月9日. 2019年5月9日閲覧。 J-cast news. 株式会社 ジェイ・キャスト. 2017年9月14日. 2017年9月14日閲覧。 gooテレビ 2016年11月28日. 2016年12月4日閲覧。 2015年6月4日閲覧。 なお実際の平野自身はバブル崩壊後のである。 Yahoo! ニュース 2016年11月12日. 2016年11月14日閲覧。 お笑いナタリー 2014年11月14日. 2014年12月26日閲覧。 2018年2月3日. 2018年2月8日閲覧。 2015年7月7日. 2017- 06-24閲覧。 2014年12月16日. 2015年2月25日閲覧。 平野ノラのOK! バブリーブログ 2014年12月16日. 2016年1月10日閲覧。 キリン 2017年4月11日. 2017年4月12日閲覧。 ソーシャルゲームインフォ 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』。 2018年8月10日閲覧。 外部リンク [ ]• (ワタナベエンターテインメントオフィシャルサイト)• hiranonora -• (noranoranora1988)-• - この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の