ご確認の程よろしくお願いいたします。 「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

ご確認の程よろしくお願いいたします

「ご確認お願いします」という言葉は、職場でよく使うフレーズの一つです。 「ご確認お願いします」は、正しい表現で、上司など目上の人に使っても良い表現なのでしょうか。 ここでは、「ご確認お願いします」というフレーズについてみていきます。 「ご確認お願いします」普段使ってOK? 仕事ではメールなどの連絡でも、相手に失礼がないかと気を使います。 また、意識していなくても同じような表現を使いがちです。 特に、会社の上司や先輩、取引先などとの連絡に便利でつい多用しがちになってしまうのが「ご確認お願いします」という言葉です。 みなさんは、この「ご確認お願いします」という言葉の成り立ちや使ってよい相手、使用する場面、目上の人に使って良いのか、また適切な言いかえ方法などわかりますか?ここでは、多くの人に身近な、この「ご確認お願いします」という言葉について詳しく説明していきますのでご参照ください。 「なるべく早く」を正しく使っていますか? 「ご確認お願いします」の成り立ちは? 「ご確認お願いします。 」という言葉の成り立ちは、「確認」という言葉と「願う」という言葉、それぞれの言葉を丁寧語にしたもので成り立っています。 つまり「確認」に丁寧語である接頭語の「ご」をつけて「ご確認」と表現し、「願う」という言葉に、こちらも丁寧語の「お」をつけて、「する」という言葉を丁寧に「します」として、「お願いします」としています。 「ご確認お願いします」という言葉は、「確認願う」という言葉を丁寧に表現したものです。 目上の人に使ってOK? 「ご確認お願いします」というフレーズは、上司など目上の人に対して使ってよいのでしょうか。 結論から申しますと、本来自分より目上の人に対しては、相手に敬意を表す「尊敬語」や自分の行動に対してへりくだって言うことで相手を立てる「謙譲語」などを使って表現するべきでしょう。 しかし、前述のように、この「ご確認お願いします」という言葉は「確認」と「願う」という言葉をそれぞれ丁寧語に言い換えてできたものです。 つまり、この「ご確認お願いします」という言葉は丁寧語ではあるものの、この言葉自体には「尊敬」や「謙譲」の意味は含まれていません。 従って、正確には目上の人に使うのには正しくない言葉であると言えます。 会社内では「ご確認お願いします」は目上の人に使っても良い 「ご確認お願いします」というフレーズは、目上の人に使うにはふさわしくないというご説明をしましたが、一方でこの「ご確認お願いします」という表現は、現在では多くの人に浸透した言い方です。 会社内の連絡や、ビジネスシーンにおけるやり取りでもある程度フランクな関係にある相手になら使っても差し支えないでしょう。 ただし、取引先などとりわけ改まった相手に対してはより適切な言葉に言い換える必要があります。 その場合の言い換え方については次の項目でご説明します。 「ご確認お願いします。 」の目上の人への使い方は? 前の見出で説明したように、「ご確認お願いします」という言葉は、ある程度連絡し慣れた相手になら使うことができますが、改まった表現としては適切ではありません。 取引先や普段連絡を取らない上司などに対しての「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 「ご確認の程、お願いいたします。 」や、「ご確認の程、よろしくお願いいたします。 」という言い方はより丁寧で目上の人に対して使うのにふさわしい表現であると言えます。 「程」という語を加えることで、相手にお願いする内容でありながら行動を促すニュアンスを和らげることができるとともに、「いたします」という表現で、相手に対して自分をへりくだる「謙譲」の意味も含みます。 「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えは? 前の見出しでは、目上の人に対する「ご確認お願いします」の使い方を説明しました。 ここでは次に、「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えについて説明します。 「ご確認願います」という言い方は相手への失礼にあたるため、適切ではありません。 そもそも「確認」と「願う」を敬語にした「ご確認お願いします」という言葉は最低限の敬語です。 その「ご確認お願いします」という言葉からさらに敬語を省いた「ご確認願います」という言葉は敬語として不正確で不十分であると言えます。 また、「ご確認してください」という言葉も適切ではありません。 「~してください」という言葉は日本語としては理論上おかしい言葉遣いではありませんが、実際に文章として使う敬語としては正しくありません。 正しく言い換えるなら「ご確認お願いします」と同じく最低限の敬語にはなりますが、「ご確認ください」という言葉を使うべきです。 「ご確認お願いします」と言われたら? 添付資料の確認をお願いしたいときは? 「ご確認お願いします」という言葉は、主にメールなどの添付資料の確認を相手に求めるときに使われます。 そこで、添付資料の確認をお願いしたい時の「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 まず、添付資料について何を確認してほしいのかを明記する必要があります。 「~について、添付資料をご確認ください」、またはさらに丁寧な言い方をするなら、「~について添付資料をご確認の程、よろしくお願いいたします」と表現します。 特に添付資料のページを指定したい場合は、「~について、添付資料の〇枚目をご確認ください」と加えてもよいです。 「ご確認お願いします」の丁寧語は?.

次の

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の正しい意味や使い方!英語表現もあわせて解説

ご確認の程よろしくお願いいたします

Contents• 「ご確認お願いします」の敬語としての使い方 「ご確認お願いします。 」は「確認」を欲しいと相手に依頼する言葉ですね。 会社で 上司に確認作業を要求するときや ビジネスメールでほんとうによく使います。 ですので敬語として正しく使われているかといったことが大切です。 」は正しい使い方? 「ご確認おねがいします。 」が正しい使い方になっているのかというと 間違いではないといったことになります。 何故、そういったあいまいな言い方になるのかというと、 この言葉は、「ご確認 をお願いします。 」といった 「を」といった助詞が抜けているといえます。 しかし、「ご確認お願いします」といった使い方は現在、一般的によく使われていてそれが失礼だと感じる方も少ないかと思います。 ある程度日常化されていることばです。 ですので間違いとはいえないといったことになります。 その 「確認」という名詞に「ご」がついたことばが「ご確認」、 「願う」を謙譲語の一般形「お〇〇〇になる」に当てはめて、「お願いします」 にしたものです。 【ご確認】 この 「ご」は語基よりも前に付くもので 接頭辞(せっとうじ)、接頭語(せっとうご)とですね。 接頭辞の 「御(ご)」は尊敬、謙譲、美化語としての使い方がありますが、 この「ご確認」の「御(ご)」は相手の行為を敬う形ですので 尊敬の意味としての使い方です。 【お願いします】 「願う」を丁寧にした「お願いします」は、 基本的には、目上の人に対して命令したことばです。 命令というのがきつい言い方だとしても「お願いしたいことを絶対にしてもらいたい」ということを 婉曲表現したものです。 「お願い」には相手への敬意が含まれています。 謙譲語の 一般形「お〇〇〇になる」あてはめて「お願いします」となっていることからも 正しい敬語になっています。 以上のようなことから「ご確認おねがいします。 」は、正しい使い方であるかというと直属上司など身近な相手であれば、 目上の人に対しても使用できる敬語表現になっているといえます。 「ご確認願います」は正しい敬語? スポンサードリンク では、「ご確認願います」は正しい敬語になっているのでしょうか? こちらは、「ご確認お願いします」から 「お」がない、「します」となっている だけなののですが、これでは正しい敬語としては 間違っているのではと考えます。 「ご確認願います」も正しい謙譲語である、と書かれているものも多くもみうけられます。 しかし、これらは、 自分がすることに対しての謙譲語です。 「確認する」のは相手です。 ですので、 この形式にはあてはまりません。 ということで、 「願います」というのは、丁寧語が付いているだけで、謙譲語になっていないといったことです。 ですので 「ご確認願います」は敬語として使うのには適していないと言えます。 「ご確認のほど宜しくお願い致します。 」は正しい? スポンサードリンク では、「ご確認のほど宜しくお願い致します。 」は正しい使い方なのでしょうか。 「ご確認のほど宜しくお願いいたします。 」は 正しい表現です。 「~のほど」の形は、 断定を避け、表現を和らげるのに用います。 「程」というのは、「そのあたり」と言う意味の言葉でもあります。 物事を直接、指さずに ぼやかして表現するのは、日本の伝統的な配慮表現の一つですので間違っている使い方ではありません。 「ほど」を使うことで相手に押しつけがましくなくやわらかい印象を与えたいときに使うとよいのではないでしょうか。 「ご確認」or「御確認」 「ご確認」と書くのがいいのか? 「御確認」と書くのがより丁寧なのか? 迷うこともあります。 「ご確認」「御確認」でもどちらでも間違いではありません。 ただ、 一般のビジネス文書などでは、「ご」はひらがなで書く場合が多いと思います。 「御確認」と書くと、敬語の「御」と本体の「確認」との言葉の切れ目も分かりづらくなります。 「ご確認」と書くと、敬語の部分がひらがな、本体が漢字となるので、「ご」が接頭語であることが明快ですね また、画数の多い漢字が並ぶとごちゃごちゃしてしまうので、「ご確認」の方が読みやすいといったこともいえます。 といったことで「御確認」と「ご確認」のどちらが良いかは、 別にルールはなく外見上のことだけです。 ま と め 「ご確認お願いします」「ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい使い方なのかといったことや「ご確認」or「御確認」どちらを使う方がいいかなどをみていきました。 「ご確認お願いします」「ご確認の程宜しくお願い致します」もどちらも使ってもおかしくない使い方であると言えます。 しかし、「ご確認願いします」といった使い方は敬語としてはあまりよくない使い方だといえます。 ビジネスメールなどではあまり丁寧すぎる文章も適していないので、使い方に迷うことも多いです。 「ご確認」と「御確認」もどちらが正解といったことではないのですが、ご確認とするほうが相手にも読みやすいといえます。 他にも敬語表現として考えすぎると難しいところがあることばですが、ポイントをつかんでその時に応じた使い方ができるようにしたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集

ご確認の程よろしくお願いいたします

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方、(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)注意点について。 ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。 この記事の目次• ご確認の程よろしくお願い申し上げます の意味• ご確認のほど〜意味は「確認してもらうよう・してくれるよう」• ご確認の程〜の「のほど」ってどんな意味?• よろしくお願い申し上げます は「お願いする」の丁寧な敬語• ご確認の程よろしくお願い申し上げます の意味は「確認してもらうよう、お願いします」• ご確認の程よろしくお願い申し上げます の使い方• 使い方「催促のビジネスメール結び締め」• 前置きに気づかいのフレーズを!• ご確認のほど・ご確認くださいますよう・ご確認頂きますよう・ご確認いただければ幸いです の違い• もっとも丁寧なのは「ご確認いただければ幸いです」• 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい• ご確認の程よろしくお願い申し上げます のビジネスメール• 例文「仕事の依頼を催促する」ビジネスメールto上司• 転送メールで「日程調整の返事を催促する」to社外取引先 目次• ご確認の程よろしくお願い申し上げます の意味 「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味は「確認してくれるよう、よろしくお願いします」 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご確認のほど〜意味は「確認してもらうよう・してくれるよう」 「ご確認のほど〜」の意味は「確認してもらうよう〜」あるいは「確認してくれるよう〜」 「ご確認」のもととなる単語は「確認」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって敬語にしています。 「(自分が相手に)確認してもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)確認してくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「ご確認の程」というように漢字を用いてもOKですし、「ご確認のほど」と平仮名にしてもOK。 ご確認の程〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「ご確認の程」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「了解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 よろしくお願い申し上げます は「お願いする」の丁寧な敬語 「お願い申し上げます」の意味は「お願いします」• もととなる単語は「 願う+言う」であり、• さらに丁寧語「ます」を使って「 お願い申し上げます」という敬語にしています ここでつかう「よろしく」には深い意味はありません。 何かを頼んだりするときに添える語です。 「お願い申し上げます」は例文のように「よろしくお願い申し上げます」としてもOKですし「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧。 あるいは「お願い致します」「お願いいたします」とも言い換えできます。 ご確認の程よろしくお願い申し上げます の意味は「確認してもらうよう、お願いします」• ご確認 = 確認すること• のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• すると「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味は… 「確認してくれるよう、お願いします」 「確認してもらうよう、お願いします」 のように解釈できます。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 ご確認の程よろしくお願い申し上げます の使い方 つづいて「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の使い方について。 おもに催促のビジネスメール結び締めに使うフレーズであり、決まりきった使い方のみ。 使い方「催促のビジネスメール結び締め」 「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の使い方 おもに返事を催促するビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」• 例文「ご確認のほど何卒よろしくお願い致します」 のようにして返事を催促すると丁寧です。 具体的にはたとえば、出欠の催促をするビジネスメールのとき。 「さて、過日にメールにてお願いしておりました打合せ日程ご相談の件、その後いかがでしょうか。 大変失礼とは存じますが、念のため先日お送りしましたメールを転送いたしますので、 ご確認の程よろしくお願い申し上げます。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「確認してね!よろしく」という意味なのです。 「お取り計らいの程よろしく お願いいたします」「お取り計らいの程よろしく お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「お取り計らいの程 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧です。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご確認の程〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご確認の程〜」 「たびたび恐縮ではございますがご確認の程〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご確認の程〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご確認の程〜」 「たびたび恐れ入りますがご確認の程〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご確認の程〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご確認の程〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご確認の程〜」 ご確認のほど・ご確認くださいますよう・ご確認頂きますよう・ご確認いただければ幸いです の違い ところで「ご確認」の使い方というか続くフレーズには、 「ご確認 くださいますようお願い致します」 「ご確認 のほどお願い致します」 「ご確認 頂きますようお願い致します」 「ご確認 いただければ幸いです」 というように主に4つあります。 これって何が違うのでしょうか? 「ご確認いただければ幸いです」 の意味は 「確認してもらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ」 となり「ご確認くださる」なのか「ご確認いただく」なのか「ご確認のほど」なのか「ご確認いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご確認いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご確認いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 以下の例文をご参考にどうぞ。 例文「ご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「再度ご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます」 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい せっかくですので「ご確認いただきますようお願い」「ご確認くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご検討 くださいますようお願い申し上げます」 「ご検討 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 ご確認の程よろしくお願い申し上げます のビジネスメール さいごに「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」を使ったビジネスメールや文書の例文を紹介します。 新たにメールを作る必要はなく、もとのメールを転送して作る。 さて、過日にメールにてお願いしておりました打合せ日程ご相談の件、その後いかがでしょうか。 大変失礼とは存じますが、念のため先日お送りしましたメールを転送いたしますので、ご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 大変失礼とは存じますが、念のため先日のメールを転送いたしますのでご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 営業部 ノマド 例文「仕事の依頼を催促する」ビジネスメールto上司 【to社内・上司】 上司への催促メールで「仕事の依頼を催促する」ときのビジネスメール例文。 メールで連絡をしていなければ、新たに催促メールを作る。 人事部・ノマドです。 さて先般、2017年度・人事評価面談の実施依頼を社内掲示板にて掲載しておりましたが、貴部署の進捗がまだのようでしたので、確認までにご連絡いたしました。 その後、ご状況いかがでしょうか。 なお、本メールと行き違いでご報告いただいておりましたらその旨お申し付けください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認のほど何卒よろしくお願い致します。 新たにメールを作る必要はなく、もとのメールを転送して作る。 転職・ノマドでございます。 さて、過日に送付しておりましたお打ち合わせ日程ご相談の件、その後いかがでしょうか。 念のため先日お送りしましたメールを転送いたします。 たびたび恐れ入りますが、ご確認いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 転職・ノマドでございます。 さて、先日メールにて送付しておりました貴社訪問お願いの件、その後いかがでしょうか。 お忙しいところ大変失礼とは存じますが、確認のため連絡いたしました。 先日のメールを転送いたしますので、ご確認いただければ幸いです。 たびたび申し訳ありませんが、ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

次の