スプラトゥーン2 ガチエリア 時間。 【スプラトゥーン2】ガチエリア必勝講座!ウマデエが上がる立ち回りのコツ!

【スプラトゥーン2】ガチマッチで延長戦に突入する法則がわからない人は読むべし!

スプラトゥーン2 ガチエリア 時間

ペナルティタイムについて を確保した後、相手に取り返されると「ペナルティタイム」が出現する。 ペナルティタイムはカウントの下に表示され、ペナルティタイムのあるチームが 再びを確保してもカウントが減らず、代わりにペナルティタイムの時間が減っていくようになる。 ペナルティタイムを0にすることで、再び通常のカウントが減るようになる。 ペナルティタイムはを長く確保していればいるほど課せられる量が増えていき、 「直前に確保していたカウント数 どちらも誰も確保していない状態 or 相手に奪われていた状態から自チームが奪ったときからのカウント数。 ペナルティーを減らしているときを含む の4分の3の値が付く」 詳細は要。 また、ペナルティタイムが0でない状態で新たにペナルティが発生すると現在の数値に加算される。 このペナルティタイムは勝敗には直接影響しない。 いくらペナルティタイムがあったとしても、最終的にはカウントが少ないほうが勝利する。 を塗ろう! 当たり前じゃなイカ、と思うかもしれないが、これが一番大事だ。 敵を倒すことに夢中になるあまり、の防衛がおろそかになり奪い返されるのはよくあるパターン。 特に、調子良く敵を倒せているからと、敵陣に攻め過ぎての周辺から離れるのは危険だ。 別ルートから隙を突かれてを塗られてしまう可能性があるぞ。 また、敵にを取られている場合にも、を無視して敵と戦っていては負けに近づくばかりだ。 で一番大事なのは敵を倒すことやキルレシオではなく、 ガチエリアを確保しカウントを減らすこと。 いくら敵を倒そうがの確保時間が短ければ負けてしまうことを意識しよう。 逆に言えば、敵を一匹も倒せなくても、さえ確保できれば勝利できる。 むやみに前に突っ込まず、しっかりを確保し自分の色に維持することを心がけよう。 細かいことになるが、確保時に、エリアの中に相手の細かい塗りが残っていってかつ安全に塗り返せる場面ならばきちんと塗っておこう。 なぜならば、その細かいインクを塗り返しておかない場合相手側からすればカウントストップにしやすくなるためありがたく、こちら側からすればカウントストップしてから塗り返すよりもカウントが稼げ、塗り返す手間が減るからだ。 の中でやられるな! 自分が倒されると、自分の周りが相手の色のインクに染まる。 は意外に狭く、やられた時に飛び散るインクの範囲は意外なほど広い。 だいたいスプボムの塗り面積と同じ面積が塗り返される。 (特にが2つある場合、1つのエリアはかなり狭い) の中で倒された場合、単純に自分ひとり分の戦力がなくなることに加えて、一発でカウントが止まったり、相手に確保されてしまうことすらある。 では後から塗り返せば良いが、カウントやペナルティが存在するではその 1回のデスで一気に不利になり、カウントを大きく進められて逆転され、ペナルティを付けられその後押し返せないというパターンが 全く珍しくない。 戦う上での中に入った方がいい場合もあるが、の中に足を入れている間は絶対にやられないくらいの気概で、細心の注意を払って戦おう。 防衛ポイントを確保し、前線を維持せよ! の戦い方は、基本的にと同じ。 中央付近を制圧し、それを維持し続けることが最大の勝ち筋だ。 を確保できたら、次にやるべきことは、敵の侵入経路にそれぞれ人員を配置し防衛すること。 周辺に進入するための経路は、どのステージにもいくつか存在する。 敵の動きをしっかりと観察しつつ、侵入してくる敵を撃退するのだ。 これが、の基本的な戦い方。 幸運にも全ての防衛ポイントを確保できたなら、勝利はグッと近づくぞ。 もちろん、他の防衛ポイントが崩されていないか、こまめにマップを見るなどして周囲のチェックは入念に行おう。 危なそうなら、やその周囲を塗りに戻ったり、他の防衛ポイントへ援護に行くことも大切だ。 他のルールでは戦場がヤグラやホコなどと連動して常に動くため、その位置に応じた攻めと引きの判断は比較的わかりやすい。 これに対してはステージ中央で固定されている。 そのため、試合を通して敵味方とも中央付近に集まっていることがほとんどで、つい何となく中央に居座ってしまいがちである。 つまり「エリアを奪われた時点から不利状況になる」のではなく、「エリアをとられたときにはすでに不利状況になった後である」場合が大半なのである。 この「そろそろエリアをとられそうな不利状況」にいち早く気づくのがとても重要だ。 具体的には、味方が複数やられた、複数の敵のが貯まっている、エリア近辺に足の踏み場がないほど敵インクが溢れている…などがそのサインだ。 こうなったら、ほとんどの場合そろそろ敵にエリアを確保され、エリア付近に残ればそのままたおされるだろう。 この間にやられてしまえば敵の前線はさらに大きく上がり、カウントは大きく進むことだろう。 そして味方が数名ずつやられ続ける事態が続けば、高い確率でそのままノックアウトされることだろう。 先に書いたような人数不利、塗りの不利、敵の満タンなど、不利状況のしるしに気づいたらすみやかに自陣の安全な場所へと下がろう。 そして敵がそれより前線を上げられないようにボムなどで牽制しつつ、打開のためゲージを貯め、味方の復帰を待とう。 すでに敵に囲まれ安全に自陣へ戻れそうにないなら、復活地点へするのも手だ。 一人だけでも生き残れば、それそのものが敵へのプレッシャーになり、ゲージも失わずに済み、その後打開する大きな助けになるぞ。 ここで不利になったことに気づけないと、気づいたときには味方が3人やられており、敵4人に取り囲まれて一斉に襲われそのまま敵の人数有利が続く…なんてことになる。 そうならないよう、味方の様子やイカメーターに常に気を配り、「逃げ時」を敏感に感じ取って行動するのがとても大切だぞ。 なお、不利時にエリア付近や敵陣にセンプクし、敵に奇襲を仕掛ける動きをするイカがしばしばいる。 うまく味方と挟み撃ちできれば有効なこともあり、必ずしも全て間違いとは言い切れない。 しかし復帰した味方の前線に負担をかけやすく、基本的にひとりで裏取りするよりもいったん下がって味方とともにで打開する方が安定する。 奇襲するときは、味方をよく見て有効と思えるときだけにしよう。 そういう場面はとても少ないはずだ。 なお、センプクから独りで敵へと特攻するのはイカしていないぞ。 仮に裏を取ったとしてもすぐにほかの敵に気づかれて返り討ちにあう場合がほとんどだし、もし本当にキミ1人で3~4人を相手にガシガシ戦って打開できる力があるのなら、そもそも不利状況になんかなっていなかったはずだぞ。 での運用法• 塗りの補助と戦線維持に使おう。 基本に従った運用に加えて、エリアの塗りを任せることで、自分は潜伏しつつ索敵やマップの確認を行える。 が2ヶ所ある場合は、コレ1つで片方を確保可能で、十数秒の間だけ自分はもう片方に専念できる。 だけでなく周囲を塗らせても良い。 敵の侵攻を妨害したり、周囲からの奇襲をかけやすくなる。 を使う上では基本となることだが、壊しにくい場所に設置すると、敵が視点をそちらに向ける際に大きな隙を晒すことになり、戦闘を有利に進めることが出来る。 ステージ毎に有効な設置箇所は決まっているので、事前にさんぽで確認しておこう。 、 基本的にはと同じ。 牽制、劣勢時にエリア奪取のキッカケや相手の防衛ポイント崩しにもなる。 撤退させるには弱いので、インク残量には注意したい。 道作り性能が高く、開幕でエリアまで早く着くための手段として使える。 特になど平坦かつ一直線に辿り着けるステージで有効。 エリア外から塗ったり、撤退や突入のキッカケにも使えるが、地形に左右されるのが欠点。 索敵と牽制能力が高く、エリア周辺や防衛ポイント、敵が攻め込むであろうルートに投げると敵を一定時間拘束し、場合によっては追い払う事もできる。 Ver. 0で追尾時間と爆発範囲が弱体化したが、インク消費量も軽減したので2個投げしやすくなった。 ただしインクロック時間は変わっていないため投げ過ぎには注意。 はとにかくいち早く優勢(防衛側)になることが重要であり、戦線より前に対してほとんど効果がないは、試合序盤や巻き返しの際には使いどころに困るである。 爆発による塗り範囲は広いが、足元にしか設置できないという欠点があり、設置するには大きな隙を晒してしまう。 そのため、交戦中の場所や、敵陣側のエリアに、無理に設置しに行ったりしないように。 ただの的である。 均衡状態やこちらが押されている時は、無理に使うものではない。 センサー効果を生かしつつ効果的に使いたい。 逆に、こちらが優勢になった時は、効果を発揮しやすい。 今作ではが永続するようになったため、優勢なうちに敵が通りそうな場所やエリア内にを設置しておくのが有効な策になった。 余裕のある時に敵の進入路に設置しておけば、敵の侵入を素早く察知して先手を取ることができるし、 エリア内に置いておけば、エリアが塗られた際、自動で塗り返してくれる効果がある。 塗り自体で稼げる時間は僅かだが、センサー効果が付けばしめたもの。 侵入してきた敵はセンサー効果を生かして倒し、お帰りいただこう。 は防衛ができる限り4人が戦線に居る事が鍵となるが、そのサポートに使える。 エリア周辺に設置しておけばやられた味方の早期復帰に役立つ他、相手の動きを捉えるレーダーの役割も持つ。 相性の良いを積む事で、ゾンビの如くしつこく戦線に絡むことが可能。 特に性能アップはチーム全体に ビーコンへの 短縮を付与するようなもので、メイン1つ採用するだけでも効果が高い。 でのの使い方• (oror) 投げつけたエリアから相手を撤退させ、ほぼ確実に塗ることができる。 そのためカウントストップやエリア確保が狙いやすい。 単純な塗り能力ならの方が上だが、キル能力ではの方が上。 また、は壁や障害物にくっついてしまうので、エリア付近が開けていなかったり、障害物が多いステージでは設置ミスをしてしまうことも。 版はその独特の塗り範囲から、ステージの形状に有効度は左右されるが、おおむね有効。 () 相手を撤退させることは可能だが,塗りたい場所を塗ることは難しい. 打開時は,遠投などを利用して広範囲にボムを投げて索敵すると良い.制圧力は他の に比べて低いため,特に味方と合わせることを意識したい. 抑え時は相手の打開に合わせ,高台に投げると効果的. 3個以上を同じ場所に投げる必要はない. 専用の戦術。 2~4人でを発動すれば、種類にもよるがから敵を退却させ、一気にエリアを確保することができる。 しかし、失敗すれば一気に窮地に追い込まれたり、が2つのときには一気に確保できない可能性があるため、2つあるステージでは多連のほうが優れている状況もある。 をやる時は、それも考えて作戦を考えるのもありだろう。 防衛時には侵攻する敵の単体キルも狙える。 また、を発動された場合に速やかに消滅させることもできる。 但し発動中は隙だらけである点が難あり。 防衛ポイント周辺に展開すれば、敵の進軍を強力に抑止できる盾となる。 エリア周辺なら相手に塗らせず、かつ爆発によって非常に広い塗りが発生するため、エリア奪取力が非常に強い。 範囲内にいる敵に少なくないダメージを浴びせるため、相手を戦線から引かせることが可能。 無理して戦線に来ても手負い状態なので倒し易くもなっている。 の範囲をエリアに対して長時間被らせるようにするとさらに効果的。 但し塗りはまばらなので、これ単体でエリアを確保する事はできない• 味方のバブル即割り連携だけでなく、単騎で使ってもカウントストップやエリア制圧が可能。 だが何より重要なのは、相手のボムに対するメタとして、相手のエリア奪取を未然に防ぐ事ができる点だ。 非常に撃ち落とされやすいのが弱点の1つなので、使う際には要注意。 に関しては即割り構成であるかどうかで変わる。 即割りができない構成の場合は爆発までに時間が掛かるのでメタとして使える。 割られる前に潰してやろう。 逆に 即割り構成であった場合は発動前に割られてまったく勝機が無い。 ほとんど無理があるので、離脱するに越したことはない。 ちなみにタブーとされるエリア内でのデスについてだが、と同様飛び上がっている最中でデスした場合であれば地面は塗られない。 抱え落ちするよりかは、発動後に狩られてもいいのでワンチャン覚悟で発動したほうが良いことも。

次の

[スプラトゥーン2] モズク農園ガチエリアとかいうクソつまらないステルールをできるだけ楽しむために知っておきたいこと

スプラトゥーン2 ガチエリア 時間

ガチエリアが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で 負けているチームがエリアを確保している時延長戦に突入します。 ・バトル時間が5分経過した時点で ガチエリアをどちらのチームも確保していない場合、 直前に負けている方のチームが確保していて、カウントを止められてから 10秒以内だと延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・相手チームにエリアを確保された状態で延長戦になった場合、確保していな方のチーム その時勝っているチーム が 確保仕返す、またはカウントを止めて数秒 10秒? 経過すると延長戦が終わり勝利となります。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 これにより言えること ・負けている状態で延長戦に入ったら 数秒 10秒? 以内にエリアの確保を目指しましょう。 ・エリア内でやられると相手インクをぶちまけてすぐカウントストップになります。 あわてず落ち着きましょう。 ガチヤグラが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で 負けているチームがヤグラに乗っていると延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・ 勝っているチームがヤグラに乗れば延長戦は終わります。 ・負けているチームがヤグラから降ろされて 10秒経過、ヤグラが戻り始めると延長戦は終了します。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 これにより言えること ・勝っている時に延長戦に突入したら、 カウントリードされるまでにヤグラの上の相手を倒し、ヤグラに乗りましょう。 自分のチームがどこまでヤグラを進めたか思い出します。 その地点に来られるまでに止めれば勝利ですので焦ってやられないようにしましょう。 ・負けている時延長戦に突入した場合、 相手にヤグラの上に立たれた瞬間負けになります。 不利な状況でも落ち着いて相手をヤグラに近づけないようにしましょう。 ガチホコが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で、 負けている方のチームがホコを所持している場合延長戦に突入します。 ・バトル時間が5分経過した時点でガチホコをどちらのチームも保持していない場合、 その前に保持していたホコ持ちが倒されてから 15秒以内だったら延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・ ホコ持ちを倒す、倒されるとバトルは終了します。 ・誰もホコを持っていない状態で延長戦に突入した場合 突入から数秒間誰もホコを持たないと延長戦が終わります。 これにより言えること ・負けている時は 時間がなくなりそうになったら意地でもホコを確保しておかないと延長戦に持ち込めません。 目の前にホコがある場合、状況が不利でも持たなければ負けてしまうので気をつけてください。 ・誰もホコを所持していない状態で延長戦に突入したら勝っているチームは相手にホコを持たせないようホコを守りましょう。 ・勝っている時相手がホコを所持して延長戦に突入したら リードされる前に相手のホコ持ちを倒しましょう。 自分のチームがどこまでホコを進めたか思い出します。 その地点に来られるまでに止めれば勝利ですので焦ってやられないようにしましょう。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 まとめ たまに、負けている時はヤグラに乗っていないとダメなのに相手を倒そうとうっかり降りてしまって延長戦終了、負けになるなど、 延長戦の条件をしらないがためにチャンスを無駄にしてしまうイカがいます。 文章にするとややこしいですが慣れてくると自然に「延長来る!」「延長が終わっちゃう!」とわかるようになります。 この記事を読んでおくと実戦でのとっさの時に役立つと思います!最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の

ガチマッチ指南/ガチエリア指南

スプラトゥーン2 ガチエリア 時間

ガチエリアが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で 負けているチームがエリアを確保している時延長戦に突入します。 ・バトル時間が5分経過した時点で ガチエリアをどちらのチームも確保していない場合、 直前に負けている方のチームが確保していて、カウントを止められてから 10秒以内だと延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・相手チームにエリアを確保された状態で延長戦になった場合、確保していな方のチーム その時勝っているチーム が 確保仕返す、またはカウントを止めて数秒 10秒? 経過すると延長戦が終わり勝利となります。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 これにより言えること ・負けている状態で延長戦に入ったら 数秒 10秒? 以内にエリアの確保を目指しましょう。 ・エリア内でやられると相手インクをぶちまけてすぐカウントストップになります。 あわてず落ち着きましょう。 ガチヤグラが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で 負けているチームがヤグラに乗っていると延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・ 勝っているチームがヤグラに乗れば延長戦は終わります。 ・負けているチームがヤグラから降ろされて 10秒経過、ヤグラが戻り始めると延長戦は終了します。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 これにより言えること ・勝っている時に延長戦に突入したら、 カウントリードされるまでにヤグラの上の相手を倒し、ヤグラに乗りましょう。 自分のチームがどこまでヤグラを進めたか思い出します。 その地点に来られるまでに止めれば勝利ですので焦ってやられないようにしましょう。 ・負けている時延長戦に突入した場合、 相手にヤグラの上に立たれた瞬間負けになります。 不利な状況でも落ち着いて相手をヤグラに近づけないようにしましょう。 ガチホコが延長戦に入る条件 ・バトル時間が5分経過した時点で、 負けている方のチームがホコを所持している場合延長戦に突入します。 ・バトル時間が5分経過した時点でガチホコをどちらのチームも保持していない場合、 その前に保持していたホコ持ちが倒されてから 15秒以内だったら延長戦に突入します。 延長戦終了の条件 ・ ホコ持ちを倒す、倒されるとバトルは終了します。 ・誰もホコを持っていない状態で延長戦に突入した場合 突入から数秒間誰もホコを持たないと延長戦が終わります。 これにより言えること ・負けている時は 時間がなくなりそうになったら意地でもホコを確保しておかないと延長戦に持ち込めません。 目の前にホコがある場合、状況が不利でも持たなければ負けてしまうので気をつけてください。 ・誰もホコを所持していない状態で延長戦に突入したら勝っているチームは相手にホコを持たせないようホコを守りましょう。 ・勝っている時相手がホコを所持して延長戦に突入したら リードされる前に相手のホコ持ちを倒しましょう。 自分のチームがどこまでホコを進めたか思い出します。 その地点に来られるまでに止めれば勝利ですので焦ってやられないようにしましょう。 ・ 負けているチームがカウントリードすると延長戦は逆転の結果で終わります。 まとめ たまに、負けている時はヤグラに乗っていないとダメなのに相手を倒そうとうっかり降りてしまって延長戦終了、負けになるなど、 延長戦の条件をしらないがためにチャンスを無駄にしてしまうイカがいます。 文章にするとややこしいですが慣れてくると自然に「延長来る!」「延長が終わっちゃう!」とわかるようになります。 この記事を読んでおくと実戦でのとっさの時に役立つと思います!最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の