ロイヤル リムジン グループ。 ロイヤルリムジンはどんな会社?場所はどこ?従業員600人全解雇の理由は?

ロイヤルリムジンの「一斉解雇」が波紋…「休業手当より失業給付の方が良い」って本当?

ロイヤル リムジン グループ

ロイヤルリムジンの公式サイト 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で東京都内のタクシー会社が全乗務員を解雇したというニュースが波紋を呼んでいる。 解雇そのものも衝撃的だったが、朝日新聞の報道によると、同社は解雇した従業員を感染症終息後に再雇用する方針を示したという。 つまり業績が悪い間は、従業員に雇用保険を受給させ、業績が回復したら再雇用するということだ。 これに対してインターネット上で多くの疑問の声が上がっている。 朝日新聞デジタルは8日、記事『東京のタクシー会社、全乗務員600人解雇へ 自粛影響』で、 ロイヤルリムジン(東京都江東区)がグループ会社を含む5社の全乗務員約600人を解雇する方針であることを明らかにした。 外出自粛要請の影響に伴う業績の悪化が原因だ。 同記事は、こうした事実に加えて同社の担当者の談話として以下のように報じた。 「担当者によると、7日から順次、乗務員に解雇を伝えているという。 その際、乗務員には『感染拡大が収束した段階で再雇用する。 希望者は全員受け入れる』と説明したという。 同社は『休業手当を払うよりも、解雇して雇用保険の失業手当を受けた方が、乗務員にとって不利にならないと判断した』と説明している」 この報道に関してネット上では以下のような疑問の声が寄せられている。 「なぜこの内容を公にしたのか?雇用保険受給は失業中の求職活動が必須。 活動せずに元いた会社以外に就職しないことが明確なのであれば受給要件を満たさない。 要するに、暗黙の了解の下進めるべき案件だったのに公になったことで受給できない。 全ての企業がこれをやると制度が破綻する」 「今受給している者です。 解雇されて失業手当は貰えるかもしれないですが、早期に同じ会社に戻る場合は計画受給とみなされる形になっています。 なので、支給された分の倍返しで返済となる上に早期就職手当など出ません。 特例あるなら別ですが」 「果たして、政府が認めるかな。 コレがオーケーだと偽装解雇で失業保険を貰い、受給後に元の会社に戻って働けてしまう。 事実上の不正受給」 東京労働局「そもそも受給資格が認められない」 実際、雇用保険上の制度としてこうした運用は許されるのか。 東京労働局職業安定部の担当者は次のように指摘する。 「雇用保険の受給資格を有する方の定義は、現に元の会社と雇用に関する契約が完全に失効していて『積極的に求職活動をし、いつでも就職可能』な環境にある方を指します。 元の会社に早期に戻ることが約束された状態では、そもそもこの受給資格を満たしていません。

次の

新型コロナ:ロイヤルリムジン、2労組と雇用継続で一致 :日本経済新聞

ロイヤル リムジン グループ

ロイヤルリムジンの公式サイト 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で東京都内のタクシー会社が全乗務員を解雇したというニュースが波紋を呼んでいる。 解雇そのものも衝撃的だったが、朝日新聞の報道によると、同社は解雇した従業員を感染症終息後に再雇用する方針を示したという。 つまり業績が悪い間は、従業員に雇用保険を受給させ、業績が回復したら再雇用するということだ。 これに対してインターネット上で多くの疑問の声が上がっている。 朝日新聞デジタルは8日、記事『東京のタクシー会社、全乗務員600人解雇へ 自粛影響』で、 ロイヤルリムジン(東京都江東区)がグループ会社を含む5社の全乗務員約600人を解雇する方針であることを明らかにした。 外出自粛要請の影響に伴う業績の悪化が原因だ。 同記事は、こうした事実に加えて同社の担当者の談話として以下のように報じた。 「担当者によると、7日から順次、乗務員に解雇を伝えているという。 その際、乗務員には『感染拡大が収束した段階で再雇用する。 希望者は全員受け入れる』と説明したという。 同社は『休業手当を払うよりも、解雇して雇用保険の失業手当を受けた方が、乗務員にとって不利にならないと判断した』と説明している」 この報道に関してネット上では以下のような疑問の声が寄せられている。 「なぜこの内容を公にしたのか?雇用保険受給は失業中の求職活動が必須。 活動せずに元いた会社以外に就職しないことが明確なのであれば受給要件を満たさない。 要するに、暗黙の了解の下進めるべき案件だったのに公になったことで受給できない。 全ての企業がこれをやると制度が破綻する」 「今受給している者です。 解雇されて失業手当は貰えるかもしれないですが、早期に同じ会社に戻る場合は計画受給とみなされる形になっています。 なので、支給された分の倍返しで返済となる上に早期就職手当など出ません。 特例あるなら別ですが」 「果たして、政府が認めるかな。 コレがオーケーだと偽装解雇で失業保険を貰い、受給後に元の会社に戻って働けてしまう。 事実上の不正受給」 東京労働局「そもそも受給資格が認められない」 実際、雇用保険上の制度としてこうした運用は許されるのか。 東京労働局職業安定部の担当者は次のように指摘する。 「雇用保険の受給資格を有する方の定義は、現に元の会社と雇用に関する契約が完全に失効していて『積極的に求職活動をし、いつでも就職可能』な環境にある方を指します。 元の会社に早期に戻ることが約束された状態では、そもそもこの受給資格を満たしていません。

次の

金子健作(ロイヤルリムジン)社長の経歴や年収は?出身大学や全員解雇の謎まで徹底解説

ロイヤル リムジン グループ

4月7日に全従業員約600人の解雇を発表した東京のタクシー会社・ロイヤルリムジングループ。 今回新たに、ロイヤルリムジンのグループ会社「ジャパンプレミアム社」が解雇の際、一部従業員と「再雇用」を前提として退職の合意書を交わしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。 これは失業保険の不正受給に当たる疑いがある。 〈甲乙は、甲の事業が正常化し雇用を再開する際には乙を再雇用する事を、相互に確認する〉 解雇に反対して団体交渉を続けている50代の男性社員が話す。 「社長は4月7日から各営業所で解雇通告を行なっていますが、7日時点では一部営業所でこの『退職合意書』に従業員たちがサインしています。 後で『再雇用』の文言が削除された『退職合意書』にサインさせ直していますが、従業員にはそれについてなんの説明もなかったので、再雇用を信じて退職に合意した従業員も多かったと聞きます」 そもそも、金子社長は4月6日付で営業所に張り出した文書でこう訴えていた。 〈完全復旧した暁には、みんな全員にもう一度集まっていただき、今まで以上に良い会社を作っていきたいと思います。 ロイヤルリムジンは永久に不滅です。 かならず皆さん、再会しましょう!〉 だが、5月6日に行われた団交では、従業員が再雇用について確認すると、金子社長は 「(営業所に張り出した文書を)よく読んで下さい。 僕が再雇用を約束したかどうか。 してないですよ! 夢や希望は語っているかもしれませんが」 労働問題に詳しい旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が指摘する。 「雇用保険法施行規則にある通り、失業保険の給付条件は、離職前の事業主に再び雇用されたものでないことです。 つまり、経営者側が従業員に再雇用することを前提として失業保険の受給を促したとすれば、『不正受給』に当たる可能性があります。 また、不透明な再雇用の約束で退職に合意させたのであれば、従業員を騙して合意させたことになります」 5月13日発売の「週刊文春」では金子健作社長の過去や、二転三転する主張などについて詳細に報じている。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月21日号).

次の