専属 エージェント 契約。 加藤浩次 吉本導入の「専属エージェント契約」は自身の提案と明かす― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本専属エージェント契約した芸人は誰?現在と今後について|気になる調べ隊!

専属 エージェント 契約

所属タレントの反社会的勢力への闇営業問題をめぐって、吉本興業は8月8日、東京・新宿の東京本部で、「経営アドバイザリー委員会」(座長:川上和久氏・国際医療福祉大学教授)の初会合を開いた。 報道によると、吉本興業はこの中で、(1)所属タレント全員と書面の契約をむすぶ、(2)これまでの「マネジメント契約」に加えて、新たに「専属エージェント契約」を導入する、(3)タレントが2つの契約形態から選べるようにする--と明らかにした。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 これによって、芸能事務所は、タレントを育成して、メディアに売り込み、仕事を取ってくるという「マネジメント」をすることになります。 このマネジメントには、育成や売り込み営業、契約交渉、スケジュール管理にとどまらず、税務や法務、上京した場合の住居サポートなど、タレントの生活に幅広く及ぶトータルマネジメントになります。 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 これに対して、「専属エージェント契約」というのは、タレントがトータルマネジメントを受けるのではなく、タレントが中心となって、芸能活動に必要な業務ごとに代理人(エージェント)を選任するというスタイルです。 たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 欧米ではこうしたエージェント契約が主流です。 まず、有名になるためには、テレビをはじめとしたメディア露出が不可欠です。 そして、日本においては、テレビ業界などメディアと芸能事務所の結びつきが極めて強いので、メディア露出するためには芸能事務所に所属して、トータルマネジメントを受ける必要があるというのが現状でした。 最近は、Youtuberなど、ネットメディアを活用したスタイルもありますが、企業CMや映画など、多額の資金が動くところには、やはり依然としてテレビ局などのメディアが大きく関与しているのが実情です。 --専属エージェント契約の導入は「日本初」なのでしょうか? 日本においても、ミュージシャンはまれにエージェント契約のケースがあります。 たとえば、楽曲制作やコンサートなど音楽活動については、ミュージシャン本人がおこなって、テレビ出演などのメディア露出する際には芸能事務所のマネジメントを受けるというケースです。 ただ、私が知る限りでは、お笑い芸人において専属エージェント契約というは今まで聞いたことがありません。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 特に、現時点でかなり売れているお笑い芸人にとっては、主体的に吉本興業にどのような業務を委託するのか選べるので、自由度の高い契約といえます。

次の

田村亮復帰で「専属エージェント契約」追い風? 年末ガキ使で加藤自嘲も...: J

専属 エージェント 契約

「亮さん、おかえりなさい。 応援しています!」 同社の発表を受け、ネット上では亮さんの復帰を喜ぶ声が続々。 「亮さん、おかえりなさい。 応援しています!」といった温かい声が次々と上がっているほか、「ぶっちゃけ亮は最初から許されてたよね。 むしろなぜ謹慎してたんだってレベル」と、謹慎処分すら重すぎたのではないかといった声も上がっている。 また、亮さんの相方である田村淳さんは同日14時台に、ツイッターで「私もコンビの相方として、田村亮を近くで厳しく見守ってきましたが、しっかりと反省し、その反省をこれからの芸能活動に活かしたいという、田村亮の強い意志を感じましたので、再びコンビとして活動していきたいと思います」とのメッセージを発表した。 歓迎ムード一色といった状況のネット上を見る限り、亮さんはこれまでと同じように活躍することができそうだ。 そう考えると、騒動が起こる前との唯一の違いは、吉本興業と「専属エージェント契約」を結んでいるということになるかもしれない。 「みんなやると思っていたら、気付けば俺1人」 吉本興業における「専属エージェント契約」とは、2019年に発覚した亮さんらの騒動後となる8月8日に同社東京本部で開かれた「経営アドバイザリー委員会」で提唱された新制度。 同委員会終了後に開かれた記者会見では、従来のマネジメント契約に加えて、「専属エージェント契約」という形態を導入することが発表された。 スケジュール管理などのマネジメント的な要素を所属芸能人が自ら行うことで、会社と折半するギャラの比率が、従来の契約よりも芸能人側の比率が大きくなると報じられるなどしている。 同制度をめぐっては、発案者の加藤浩次さん(50)が10月13日に、本人が10月1日付で同制度による契約を締結したと発表。 従来の契約よりも芸能人側に有利とされるだけに広がりを見せるかと思われたが、大みそ日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」では、笑いの刺客として登場した加藤さんが、「(エージェントを)みんなやると思っていたら、気付けば俺1人」と、「明日があるさ」の替え歌で歌い上げており、当初予想されたほどの広がりを見せていないのは事実だ。 ただ、今回、亮さんが復帰する際に選んだのは、その「専属エージェント契約」。 いったんは掛け声倒れに見えた同制度だが、従来の契約よりも芸能人側に有利とされるだけに、亮さんの決断が、今後の吉本所属芸能人のマインドに影響を与えることになるかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

加藤浩次 吉本「専属エージェント契約」導入に「僕が考えついた」と経緯明かす

専属 エージェント 契約

日本テレビ公式サイトより 組織改革が注目されている吉本興業が、従来の専属マネジメント契約のほかに、「専属エージェント契約」を導入する方針を明らかにした。 極楽とんぼの加藤浩次が提案し、騒動を受けて設置された「経営アドバイザリー委員会」での話し合いを経て、導入が決まったという。 「基本的には、仕事をオファーするクライアントとの交渉を吉本が担当するという契約。 ギャランティーはクライアントから芸人サイドに直接振り込まれ、そのギャラから決められたパーセンテージが芸人から吉本に行く、というシステムです。 吉本は、芸人のスケジュール管理は担当せず、あくまでクライアントとの交渉のみを担当します」(芸能事務所関係者) この「エージェント契約」を導入するのは、日本の芸能界で初めてだと報じられているが、実際にはそういうわけでもない。 「明確に『エージェント契約』と銘打っているケースはないですが、たとえばミュージシャンには、事実上のエージェント契約がすでにあります。 本業が別にあるミュージシャンなどは、ライブのブッキングや音源制作の仕切りだけを事務所に依頼して、それ以外の活動は完全に個人で自由にやっているというケースが少なくない。 この場合、事務所はあくまでもアーティストとレコード会社やイベンターの間で交渉するだけの存在であり、事実上のエージェントという形になる。 あるいは、小規模のバンドだと、全国ツアーのブッキングは自分でやって、音源制作に関するレコード会社との交渉だけを事務所にまかせるというパターンもあります」(音楽業界関係者) また、大学教授や作家といった文化人タレントについては、実質的なエージェント契約となっているケースがある。 「文化人タレントは、テレビやラジオの仕事以外にも連載や書籍の執筆、講演など細かい活動が多い。 芸能事務所に所属していても、執筆や講演の仕事はその事務所仕切りでないことが多い。 この場合、あくまで芸能事務所はテレビ・ラジオ出演時のエージェントであり、出版関連の仕事は自分が直で受けるか、別のエージェントが存在する。 タレントの蛭子能収さんが漫画やイラストの依頼を受ける場合は事務所がノータッチになるとか、そういうケースです」(出版業界関係者) この「専属エージェント契約」が、吉本興業に導入されることで芸人たちの労働環境は大きく変わっていくという。 「一番大きいのは、吉本を通さなくても自由に仕事ができるようになること。 これまでなら、たとえば自分の得意分野の趣味を活かして、個人的付き合いで取ってきた仕事であっても、ギャラは一旦吉本に入ってから、その何割かが芸人に入ってくるシステムだった。 それがエージェント契約であれば、吉本が交渉していない仕事については、全部自分のギャラになる。 黙っていても仕事のオファーがくるような一部の芸人にしか関係ない話です」(前出・芸能事務所関係者) また、吉本が「専属エージェント契約」と発表したことも見逃してはならない。 改革をしたつもりが、蓋を開けてみればまったくそんなものではなかった……なんてことにならなければいいのだが。 加藤の乱が無駄じゃなかったと祈るばかりだ。

次の