コロナウイルスいつまで残る。 「ウイルスってどのぐらい生きるの?」新型コロナウイルスについて普段感じている“素朴な疑問”を専門家に聞いてみた

新型コロナの外出自粛はいつまで続く? 専門家会議の岡部信彦氏に聞く:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

コロナウイルスいつまで残る

[画像のクリックで拡大表示] 3月13日の金曜日は、26歳のフィオナ・ローレンスタインさんにとって不運な日だった。 週末にかけて高熱が出て、咳が始まり、やがて息切れがして話しづらくなった。 病院に行って検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかったので、入院して酸素吸入が施された。 2日後には退院できるほどに回復したが、症状はそれで終わらなかった。 やがて激しい下痢が始まり、嗅覚を失い、喉の痛みと蕁麻疹(じんましん)に悩まされた。 なかでも厄介だったのは、最初の症状が出てから約1カ月後に現れた、強い疲労感と激しい頭痛だった。 言葉が出にくくなり、集中力を失い、話している途中で何を言おうとしていたのか忘れてしまうようになった。 「トラックにぶつけられたようなものでした」と彼女は振り返る。 「数日間はどうにか仕事をこなしていましたが、ある日、ついにベッドから出られなくなりました」 新型コロナウイルスに感染した人の中に、なぜローレンスタインさんのように発症から数週間から数カ月間も症状がぶり返す人がいるのかは、まだわかっていない。 症状が長期間続く患者は、一部のウイルスが体内にとどまる「持続感染」の状態にあるのかもしれない。 研究者たちは今、ウイルスの持続性、つまりウイルスが患者の体内に残る期間を明らかにしようとしている。 新型コロナウイルスの持続性を理解することは重要だ。 なぜなら、患者がウイルスを他人にうつす恐れのある期間や、患者を隔離するべき期間、あるいは再感染の可能性があるかどうかさえも、それで決まるからだ。 「ウイルスの持続性は厄介です」と、米国立がん研究所がん研究センターの上席研究員でエイズウイルス(HIV)の薬剤耐性を研究しているメアリー・カーニー氏は話す。 特に新型コロナウイルスについては、個人や臓器によってウイルスの持続性にどのような差があるのかがまだわかっていないと氏は言う。 新型コロナウイルスのゲノムは、DNAではなくRNAでできている。 C型肝炎ウイルスもRNAウイルスだが、持続感染により、最初の感染から数十年経ってから肝硬変や肝臓がんに進行することがある。 「持続感染が長期にわたる場合、その影響も長期的である可能性があります」とカーニー氏は言う。 新型コロナウイルスは発見から間もないため、長期的な持続感染の可能性やその影響はまだ明らかでないが、調査する必要がある。

次の

コロナウイルスの症状はいつまで?2波はいつくる!後遺症はあるの?①

コロナウイルスいつまで残る

新型コロナウイルス感染症対策として、特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されて3週間余り。 企業によるテレワーク導入や商店・飲食店などの営業自粛を受け、一見、国内の感染者数の伸びも減少傾向になっているかのように見える。 一方、重症患者を受け入れる医療機関では綱渡りの状態が続き、医療崩壊は依然として目前にあるとも言われている。 新型コロナウイルスの感染拡大の今後、特に、検査の動向と今後のわれわれの行動について、専門家会議メンバーである川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長に話を聞いた(発言内容は2020年4月23日時点の情報に基づくものです)。 安心するのは時期尚早、医療崩壊の危機は去っていない 緊急事態宣言発令からおよそ3週間、新型コロナウイルスの日々の感染者数の伸びは少し落ち着いてきたようにも見えますが、専門家会議のメンバーでもある岡部先生は、今の状況をどのようにお考えでしょうか。 岡部信彦さん(以下、岡部さん) 感染者数の増加スピードは減少傾向になっているように見え、ありがたいことではありますが、「 気を緩めるのはまだ早い」とお伝えしたいです。 今、私たちが見ている数字は、約2週間前に感染した人たちの数です。 この人たちと潜伏期間中に接触し、感染してしまった人が、これからまたたくさん発症してくるかもしれません。 新規感染者の数は減少傾向に見えるが…。 (2020年4月28日18時現在、厚生労働省ホームページより) 新型コロナウイルス感染症は、感染しても8割くらいの人は重症化せず自然に回復する疾患ですが、一部の患者さんは、急激に悪化し、亡くなってしまうこともあります。 母数である感染者数を減らさなければ、重症者の数も減りません。 感染者の多い地域では、重症患者を受け入れるベッド数がひっ迫し、他の病気の新規患者を受け入れられないという事態も起きています。 その上、院内感染も各地で見られるようになり、病院スタッフが発症してしまう、あるいは濃厚接触者として自宅待機を余儀なくされるなど、医療崩壊は目前にある状態はあまり変わっていないので、ここをなんとかしないと重症者を救えません。 そのためにはベッド数を確保するのと並行して、なんといっても全体の感染者の広がりをさらに抑えなければいけません。 まだまだ気持ちを緩めずに、感染しないよう、感染を広げないよう、ご協力ください。 日本国内でのPCR検査数がなかなか増えないことが、感染を拡大させているのでは、という意見もありますが、これについてはいかがですか? 岡部さん 日本国内のPCRなどの検査数は、欧米や韓国などに比べて圧倒的に少ない(*1)のは確かです。 感染者数を確実にとらえ、適切な医療につなげるためには、 できるだけ早く、さらに多くの検査が速やかにできるようにしたほうがいいと思っています。 そもそもPCR等の検査は、検体数1=1人の検査、というわけではありません。 1人につき複数部位から検体を採取することもありますし、患者さんの経過中に複数回検査をすることもあります。 患者さんが退院する前には、陰性であることを2回確認することが必要です。 このように、1人に対して何回も検査を行うケースが多いことを踏まえると、全体のキャパシティを広げることは必須です。 またPCR検査だけではなく、新しく開発された方法を取り入れていくことも必要です。 検査には試薬や機械が必要です。 手間と時間と費用もかかります。 慶應大学病院のように(*2)、一般患者からウイルスが持ち込まれ、院内感染が起こることを防ぐ目的で、コロナウイルス感染が疑われるわけではない新たな入院患者さんや術前の患者さんに検査を行うというのは意義があると思いますが、単に心配だからという理由で症状のない人全員にPCRなどの検査をするのは現実的ではありません。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。 夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。 さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

次の

新型コロナウイルスはいつまで生きてる?付着したウイルスの生存期間と除菌・殺菌方法

コロナウイルスいつまで残る

今なお感染拡大が続く新型コロナウイルス。 13日の「直撃LIVEグッディ!」では、新型コロナウイルスに関する疑問を、愛知医科大学病院・感染症科の三鴨廣繁教授と、とうきょうスカイツリー駅前内科の金子俊之院長の2名が徹底解説した。 大村正樹フィールドキャスター: 新型コロナウイルスに関する疑問の声を、街から集めてきました。 今回は、一部クイズ形式にして、先生方にお答えいただきたいと思います。 まず、一番疑問の声が大きかったものがこちらです。 消毒液はどのくらいの時間、抗ウイルス効果がある? 大村正樹フィールドキャスター: 消毒液はつけた瞬間だけ効果があるのか、それともつけた後は例えば1時間くらい効果があるものなのか?先生、教えてください。 金子俊之院長: アルコールはすぐに揮発します。 きわめて短い時間で、消毒効果はなくなります。 安藤優子: 消毒液は、その時に手についていたものを落とすということですか。 そのあとずっと、「この手は消毒しているからウイルスがつかない」とか、そういうことではないんですね? 三鴨廣繁教授: そういうことではないです。 (消毒液を)つけて乾いたら、その時点から余分なところを触ればいろんな菌やウイルスがつきますね。 例えば食事の前とか、必要な時にしていただきたいなと。 我々医療従事者は、それぞれの患者さんにいろんな微生物を移してはいけませんから、診察する前に必ずします。 大村正樹フィールドキャスター: 店頭から消えている消毒液ですが、実は短い効果しかないんですね。 必要な時に、その都度消毒をするようにしましょう。 服や物に付着したウイルスは、どれくらいの時間残る? 三鴨廣繁教授: 大体、今のエビデンスとしては、 48時間は余裕で生きているということが確認されています。 もっと長く72時間とか生きているかもしれない。 長いのだと、7日間生きているという論文もあります。 それはいき過ぎかもしれませんが、それくらい強く生きられるウイルスだということはご理解いただきたいと思います。 高橋克実: 先生、インフルエンザはどのくらいなんですか? 三鴨廣繁教授: インフルエンザは48時間以内だといわれています。 遼河はるひ: 長い時間、残るんですか。 最近、エレベーターのボタンを押すだとか、電車の手すりを触る時に手袋をするのが流行りましたよね。 でもその手袋を手で触ってしまったら、手にウイルスがつきます。 だったら、もう素手で全部触って、その手を絶対に目や口に持って行かないで、必ず洗う。 その方がいいんでしょうか? 三鴨廣繁教授: それが一番大切です。 僕もはじめ手袋と言われた時に、どうするんだろうなって実は疑問に思っていたんです。 我々医療従事者も手袋はしますが、そのまま捨てるわけです。 だけど電車の中でそれを捨てるわけじゃありませんからね。 倉田大誠アナウンサー: 先生、ウイルスが離れやすいとか付きやすいとか繊維や、形状で違いというか特徴ってあるんでしょうか? 金子俊之院長: (ウイルスが付着した場合)ツルツルしたものの方が、凹凸があるものよりも比較的長く生きているという論文を読んだことがあります。 三鴨先生、そういった認識でよろしいですよね? 三鴨廣繁教授: その通りですね。 一般的にツルツルしたところ、表面に光沢があるところは生きやすいと言われています。 家族で同じ湯船につかったら感染する可能性はある? 大村正樹フィールドキャスター: 三鴨先生、金子先生、どちらも 「感染する可能性は低い」という回答でした。 安藤優子: お湯にウイルスが入り込んだら、生きていられるんですか? 金子俊之院長: お風呂の中は湿度も非常に高く保たれていますし、湯船やお風呂場で感染する可能性は極めて低いんじゃないかと思います。 三鴨廣繁教授: 可能性は低いが、ゼロではないということだと思います。 実際にホテルなんかでは、大浴場を禁止にしているところもありますよね。 安藤優子: 私は、むしろ タオルの使いまわしとか、そちらの方が危ないんじゃないかと思うんですが… 三鴨廣繁教授: それは絶対ダメです。 この時期はタオルは別のものを使っていただく。 手洗い場ではできればペーパータオルを使っていただくのがいいと思います。 安藤優子: 湯船の中は大丈夫かもしれませんが、大浴場などは、脱衣所とかそちらの方がリスクがありますか? 三鴨廣繁教授: そちらの方がリスクは高いですが、公衆浴場の脱衣所は、今の時期だけでなく以前からきちっと環境整備、消毒がされていますから。 比較的安全に利用していただけると思います。 大村正樹フィールドキャスター: 続いて、女性の方から多かった質問です。 洗濯物は外に干したらウイルスが付着する? 金子俊之院長: ウイルスが付着する可能性は低いです。 例えばくしゃみをして直接吹きかけるとかであればもちろん付着する可能性はありますが、一般的に飛沫は長くても5mと言われていますので。 外に干していただいても何の問題もございません。 むしろしっかりと換気がされた外で天日干しいただいた方がいいんではないかと思います。 安藤優子: 三鴨先生、市中感染という言葉があるじゃないですか。 市中感染って、街の中に出れば空気で感染してしまうのかなってイメージしちゃう人もいらっしゃると思うんです。 それが、こういった質問につながっていると思うんですが。 三鴨廣繁教授: このウイルスは飛沫感染と接触感染だと言われていますが、飛沫は空気中をフワフワ飛んでいくようなものではありません。 私がこうやって話していても、2m以内で落ちてしまいます。 ですから、空中を舞っているということはほとんど考えにくいんです。 接触感染は触らなければ大丈夫ですから。 洗濯物を外の人が触ることはあんまりないですよね。 ですからそういう意味で、洗濯物は大丈夫です。 子供たちが公園で遊ぶのは大丈夫かという質問と同じで、遊ぶのは大丈夫なんです。 ただ遊具を触るから、手洗いをしっかりしなければいけないと。 安藤優子: なるほど。 市中感染=ただ歩いているだけで感染してしまう、ということではないんですね。 免疫力を高める食べ物は何? A. 発酵食品(ヨーグルトや味噌など) B. キノコ類 C. 海藻類 大村正樹フィールドキャスター: 三鴨先生も金子先生も 「ABC全て」という回答でした。 金子俊之院長: 「これがコロナウイルスに効く」とかあると思うんですけど、 今の段階で確固たるエビデンスがあるものは、まだないんです。 とにかく大事なのはどれを食べてほしいとかではなく、三食バランスよくしっかり食べていただいて、しっかり休息・睡眠をとっていただいて生、活のリズムを整えていただく。 生活の質を向上することが大事ですので、何でもバランスよく召し上がっていただければと思います。 安藤優子: いま納豆の売り場に行くとわりと品薄だったりするので、Aかと思いました。 三鴨廣繁教授: 金子先生がおっしゃった通り、バランスの良い食事と、十分に睡眠をとることが大事ですよ。 普通の風邪との見分け方は? 金子俊之院長: 明確に「こういった症状があれば新型コロナウイルスの感染が疑わしい」ということはありません。 比較的に、一般的な風邪と比べて重症化しやすい、呼吸器症状が目立ちやすい、発熱が発生しやすいという傾向はあるようですが、明確な見分け方はないという認識です。 三鴨廣繁教授: 日本政府が発表された受診の目安がありますよね。 「健康な人は4日間37. そこから分かるように、普通の風邪は大体3日以内で収まるでしょうと。 インフルエンザでも3日程度でだいぶ収束してきます。 ですから、 新型コロナウイルスの特徴を唯一言えば、少し熱が長く続くかなと、それは言えるかもしれません。 熱が長く続いているのであれば、疑って相談センターに電話するように、となっているんです。 だけど症状だけからは、見分けはつかないでしょう。 安藤優子: 今、一番心配されているのは高齢の方の罹患だと思います。 ちょっと具合悪いなと思っても家の中に4日間いろと言われると、他者へ移す、つまり家庭内感染が拡大する恐れがあると思うんです。 三鴨先生はそういうやり方についてどう思われますか? 三鴨廣繁教授: これはですね、できるだけ重症の方を病院で診察していく、あるいは入院していただくという方向性を持って医療体制が組まれています。 今の中ではこういう体制しか、仕方ないかなと思います。 ただ、例えば実際に4日間も熱が出たら我慢できません。 その時に、例えば金子先生のクリニックに相談していただくことは、決して否定はしていないんです。 僕が新型コロナの患者に接して熱が出た場合は受診してはいけませんが、そうでなく「ふつうの風邪かな?」と思った時に受診することは誰も否定していないので、そのあたり間違いのないようにしていただきたいと思います。 (「直撃LIVE グッディ!」3月13日放送分より).

次の