肋骨 の 左下 が 痛い。 ぶつけた覚えがないのに、あばらが痛い!もしかしたら肋骨骨折かも?

肋骨神経痛の症状とは?肋間神経痛との違い

肋骨 の 左下 が 痛い

腹痛はさまざまな原因によって起こりますが、お腹のどの部位に痛みが現れているかで原因が異なる場合があります。 お腹が張っているような感じが続いて左下あたりが痛くなってきた• 変な物を食べた記憶はないのに、お腹の左下に痛みが出て下痢っぽい、吐き気もある• お腹の左下が痛くてトイレに行ったら便に血が混じっていた このようにお腹の左下に痛みがある場合、何が原因になっているのでしょうか。 左下腹痛の原因として考えられる病気 お腹の左下に痛みがでる原因の多くが胃や腸などの消化器の病気です。 また、他にも女性の内性器(子宮や卵巣など)や泌尿器の病気が原因になっていることもあります。 胃や腸などの消化器の病気 お腹の左下に痛みがでる消化器の病気には、便秘や、、炎症性腸疾患、虚血性などがあり、特に大腸の病気でよくみられます。 便秘 便秘とは、排便が順調に行われない状態のこといい、排便回数や排便量が少ない場合だけでなく、水分の少ない硬い便が出る、うまく便が出せないなども含まれます。 便秘には、大腸の働きの異常が原因で起こる機能性便秘と、腸の病気が原因で起こる器質性便秘に大別され、いずれも腹痛を伴うことが多く、特にお腹の左下に痛みを感じることがあります。 原因によって異なりますが、他の症状として腹部や食欲低下、吐き気・嘔吐などがみられる場合もあります。 憩室炎 憩室 けいしつ とは、消化器の壁の一部が袋状に突出してできたものです。 そこに細菌感染などで炎症が起きた病気をといい、特に大腸に起こることが多く、大腸にできた憩室が炎症した場合にはと呼びます。 憩室があるだけでは無症状ですが、炎症が起こることで持続する腹痛が生じます。 痛みがでる場所は憩室ができる部位によって異なりますが、お腹の左下に位置する大腸のS字結腸などにもよくみられます。 腹痛のほかに発熱を伴うこともあり、憩室が出血した場合にはがみられることもあります。 腸炎 とは、細菌やウイルスなどによる感染、薬物やなどによって腸管に炎症が起きる病気です。 原因によって症状は異なりますが、腹痛、吐き気・嘔吐、下痢などが典型的な症状です。 原因によっては発熱やを伴う下痢がみられることもあります。 炎症性腸疾患 炎症性腸疾患とは、大腸または小腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍が生じる原因不明の病気のことで、とが代表的なものに挙げられます。 症状として慢性的な腹痛と下痢、時にはを伴う下痢がみられ、腹痛はお腹の左下に起こることもあれば、右下や全体に起こることもあります。 ほかにも発熱や体重減少などの全身症状がでる場合もあります。 虚血性腸炎 虚血性とは、腸の血流が悪くなって起こる病気で、高齢者に多くみられます。 主な症状は腹痛(左下腹部も多い)と吐き気・嘔吐ですが、腸の粘膜が損傷を受けて粘膜が腸管壁からはがれ落ちると、下痢やがみられる場合もあります。 消化器以外の病気 胃や腸といった消化器の病気以外に、以下のような病気も左下腹部が症状のひとつとして現れることがあります。 婦人科の病気 卵巣に腫瘍ができる、卵巣が周囲の血管や組織を巻き込むように捻じれる らんそうけいねんてん 、受精卵が子宮内膜以外の場所に着床するなど、婦人科の病気でも左下腹痛が生じることが多く、時には激しい痛みが起こります。 女性の激しい腹痛は注意が必要です。 尿路結石 とは、腎臓から尿道までの尿路に石ができることを指し、発生する部位によって腎結石、、膀胱結石、尿道結石に4つに大別されます。 このうち左下腹痛を生じることが多いのがと膀胱結石で、では激しい痛みが現れます。 痛み以外では、で血尿や吐き気、膀胱結石で頻尿や残尿感もよくみられます。 腹部の腫瘍 腫瘍とは、過剰に増殖してできた組織のかたまりのことで、体のさまざまな部位に発生します。 発生する部位のうち、消化管や泌尿器、子宮・卵巣などお腹の臓器や組織、骨などに腫瘍ができることでも、左下腹痛が現れる場合があります。 受診の目安とポイント このように、左下腹部の痛みはさまざまな病気が原因となって起こります。 痛みが激しい場合や、などを伴う場合には早期の受診が必要です。 腹痛が、歩いたり咳をしたりして響くときにはになっていることがあります。 痛みが軽くても発熱や吐き気・嘔吐、下痢など他の症状がある場合にも、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診科目は胃や腸の病気であれば消化器内科が適していますが、原因がどこにあるのかということは自分で判断をつけづらいこともあります。 迷う場合には近くの内科や、かかりつけの医療機関で相談してみましょう。 受診の際には、どのような痛みか(ズキズキ・ピリピリ・チクチク、鈍い痛みなど)、どのように痛みが現れたのか、痛みがどのくらい続いているか、痛み以外にどのような症状があるかなど、分かる範囲で詳しく伝えましょう。

次の

左腹部下(アバラ最下部の下)の不快感について

肋骨 の 左下 が 痛い

お腹の左下が痛い!疑われる病気や症状は6つ お腹の左下のあたりには、大腸の肛門の手前側にある 「S状結腸」があります。 まるで「S」の字を描くようにカーブしていることから、この名前が付けられました。 このS状結腸のあたりは、大腸の中でも一番便が溜まりやすく、それに伴う痛みも出やすい場所です。 このS状結腸のあたりから左下の腹部までに、痛みが出やすい6つの病気や症状を見ていきましょう。 ただし、これ以外が原因という場合もあるので、自己判断はしないようにしてくださいね。 いずれの病気であっても、早めに消化器科、胃腸科などを早めに受診することをおすすめします。 お腹の左下に痛みが出やすい病気・症状• 潰瘍性大腸炎• 虚血性大腸炎• 大腸憩室症• 過敏性腸症候群• 大腸がん• 便秘 潰瘍性大腸炎 大腸粘膜が炎症を起こして、ただれや潰瘍を作る原因不明の病気です。 病変が現れる場所には個人差がありますが、左側大腸炎型というタイプでは大腸の左側を中心に炎症を起こします。 下痢・腹痛・血便・粘り気のある便が主な症状で、ひどくなると発熱や貧血、体重減少などの症状も見られます。 何らかの要因で免疫異常が起こって、大腸粘膜を過剰に攻撃してしまうことが原因と考えられていますが、はっきりとは解明されていません。 遺伝的な要因に加えて、肉食中心の食生活や腸内細菌のバランスが関係しているとも考えられています。 参考: 虚血性大腸炎 「虚血(きょけつ)」というのは特定の部分に血が届かなくなり酸欠状態となってしまうことをいいます。 大腸への血流が悪くなって栄養分や酸素が供給されなくなり、炎症や潰瘍が生じる病気です。 左下腹部に多く現れやすいといわれていますが、腸のどこでも起きる可能性がある病気です。 特徴としては激しい腹痛・下痢・下血が主な症状で、嘔吐や吐き気、発熱が見られることもあります。 この病気の原因は不明ですが、動脈硬化などで血流が悪くなっているところに、便秘などの影響により腸内の圧力が上昇することが原因の一つとも考えられています。 参考: 大腸憩室症 大腸憩室(けいしつ)症というのは、大腸粘膜が袋状になって、ところどころ腸の外側に突き出たものが多発する病気です。 発生部位に民族による違いがあり、欧米人においてはお腹の左側、日本人ではお腹の右側に発症することが昔は多かったそうです。 しかし近年、食の欧米化やライフスタイルの変化などにより日本人でも左側に発症するケースが増えています。 左側の場合は、S状結腸あたりに発症しやすいとされています。 無症状で偶然に大腸検査で見つかることがあります。 腹痛・下痢・便秘・腹部膨満感があって発見される場合もあるようです。 また、便が詰まったりして炎症を起こすと、憩室炎となります。 進行すると強い痛みが出てくるので注意が必要です。 参照: 過敏性腸症候群 大腸検査では特に異常がないのに、便秘・下痢・腹痛・腹部膨満感などが見られる病気です。 便秘型・下痢型・混合型(便秘と下痢を繰り返す)の3つのタイプに分類されます。 この病気の場合にも、腹痛が左の脇腹から下腹部に多く現れると言われています。 腸のぜん動運動の異常や腸全体の知覚過敏が見られ、精神的なストレスが原因と言われていますが、原因ははっきりと判っていません。 詳しくはこちらを参考にしてください。 大腸がん S状結腸は大腸がんが発生しやすい場所です。 早期の大腸がんではほとんど自覚症状がありません。 しかし、S状結腸に発生した大腸がんでは比較的早い段階で便に血が混ざることもあります。 また、腹痛・便秘と下痢を繰り返す・残便感などの症状も見られます。 原因はまだ全て解明されてはいませんが、飲酒や肥満、肉食中心で食物繊維の少ない食生活が一因であることが指摘されています。 病気の進行を食い止めるためには早期発見・早期治療が大切です。 便のチェックや検便、大腸検査などを受けて早期発見を目指しましょう。 参考: 便秘 便秘の症状として、お腹の左下が痛むということもあります。 腸の中でも最も便が溜まりやすいところが左下中央寄りのS状結腸のあたりです。 この部分は、構造的にどうしても便が溜まりやすくなっています。 なぜ便秘で腹痛に? 腸は「ぜん動運動」することで便を肛門の方へと送り出し、排泄しやすくしています。 ところが、ぜん動運動が弱かったり、水分不足で便が硬かったりすると、S字結腸のようなカーブの所で便秘を引き起こしてしまうことがあります。 お腹に溜まった便のせいで、腸が膨らむことが痛みの原因になります。 また、ガスで腸が膨らむことで、周りの臓器を圧迫して痛みを感じることもあります。 便秘になりやすい生活習慣は? 便秘による腹痛を防ぐには、そもそもの便秘を改善し、繰り返さないように予防することが大切です。 食生活では、肉類などの動物性脂肪の摂り過ぎや食物繊維不足も便秘の原因になります。 これらはガスの原因になる悪玉菌を増やしやすい食生活です。 また、排便を我慢することが多いと、便が溜まっても便意を感じなくなってしまって便秘になることもあります。 また、お腹が痛い時に、刺激の強い便秘薬や腸への刺激が強い不溶性食物繊維の摂りすぎは逆効果になることもあるので気をつけた方が良いでしょう。 適切に早めの受診を なお、便秘の影には重大な病気が隠れていることもあるので、甘く考えないようにしましょう。 腹痛は体の大事なサインと考えて、原因を見極めて対処することが大切です。 腹痛を伴う便秘の場合には、自己判断で薬を使うよりも、医師に相談することをおすすめします。 さいごに お腹の左下が特に痛むという場合には、ここで紹介したような病気の可能性が考えられます。 しかし、他にも原因は考えられるため、自己判断するのは危険です。 もし気になる場合には、早めに医師に相談することをおすすめします。 また、長い間何らかのお腹の症状に悩まされている場合には、腸内環境を改善することが必要かもしれません。 食生活や生活習慣についても改めて見直してみましょう。

次の

左の肋骨のあたりが痛い!!疑われる原因と治療法は??

肋骨 の 左下 が 痛い

右肋骨の下に痛みを感じる原因 深呼吸をすると痛みを感じる場合 肋間神経痛• 深呼吸• しゃっくり• 大声を出す などをしたときに右肋骨の下あたりに痛みを感じる場合は肋間神経痛である可能性が高いです。 肋間神経痛とは、背骨から出ている肋間神経という神経が刺激されることによって痛みを感じます。 肋間神経の近くにある筋肉や骨などに圧迫されたときに痛みを感じると言われているのです。 このような肋間神経痛が起こる原因はさまざまあるのですが、• ストレスや疲労• 猫背 が一番よくある原因としてあげられます。 日ごろからストレスがたまっていると、無意識的に体が緊張していることが多いです。 例えば、ストレスがたまっていたり、イライラしていると貧乏ゆすりをしてしまうことがありますよね。 緊張して体がこわばってしまうと、肋間神経の圧迫につながり肋間神経痛が起こりやすくなってしまうのです。 また、デスクワークなどをしているときにいつも背中が曲がっていたり、普段から猫背気味の方は肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 背中が曲がっている猫背の状態は肋間神経を圧迫しやすい状態になっているのです。 この結果、深呼吸や咳などの刺激で右肋骨の下あたりに痛みを感じることがあるのです。 また、肋間神経痛では押しても痛みを感じることがあります。 肋間神経痛の場合は、慢性的に痛みが続くことはありませんので1~2日できるだけ安静にしていると気づいたら治っていることが多いです。 ただ、肋骨の痛みには他の重篤な病気が隠れている可能性もありますので、痛みが強かったり、痛みがずっとひかない場合は必ず内科などに受診するようにしましょう。 押すと痛みを感じる場合 ひび・骨折・打撲 右側の胸あたりを押したときに痛みを感じる場合は、肋骨にひびが入っていたり、骨が折れていたり、あるいは打撲になっていることが考えられます。 また、笑ったり、寝返りをしたときに痛みを感じる場合も肋骨にひびが入っている可能性があります。 他にもひびや骨折である場合は、押したときだけでなく咳などの突然の刺激でも痛みを感じることが多いです。 肋骨のひびは他の部位の骨がひび入っているときより痛みが少なく分かりにくいことが多いので注意しなければなりません。 こちらで症状や治療などについて詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 筋肉痛 単純に、右肋骨あたりの筋肉痛ということも考えられます。 日ごろから運動をしている方は、なにか過剰な運動をしていない限り右胸が筋肉痛になることは考えにくいですが、運動不足の方だと少しの負荷で筋肉痛になってしまうことも考えられます。 例えば、何か重い荷物を抱えて持ったりしただけで翌日筋肉痛になってしまっていることもあるのです。 何もしなくても痛みを感じる場合 帯状疱疹 帯状疱疹とは、 体に赤い湿疹や水ぶくれが出ることが特徴的です。 このような皮膚にあらわれる症状の他にも体の片側に神経痛が出るという特徴があります。 このチクチクとした神経痛は湿疹が現れる前に起こります。 なので、右肋骨が痛くなった後に湿疹などが体に現れた場合は帯状疱疹である可能性が高いです。 帯状疱疹の初期症状についてはこちらの記事でお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: 内臓の病気 右側のあばら骨の下には、肝臓や胆のうといった臓器が存在します。 特に肝臓は臓器の中で一番大きいですが、「静かなる臓器」といわれ肝臓が悪くても症状がかなり表れにくいのです。 他にも胃の痛みが右肋骨の下あたりの痛みとして感じることもあります。 このように肝臓の下あたりにズキズキとした鈍い痛みがある場合は、どこか内臓に異常がある可能性もありますので内科などで診察してもらうことをおすすめします。 まとめ 右側の肋骨の下あたりに痛みを感じる原因についてお伝えしました。 症状別に分けるとさまざまな原因が考えられ、内臓も近くにあるので重篤な病気の前兆である可能性もゼロではありません。 痛みの原因としては肋間神経痛である場合が一番多いと感じますが、少しでも「なんかおかしいな」と感じたら病院に行くなど柔軟な対応をしていきたいです。 また、左側の肋骨あたりに痛みを感じる場合についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の