闇コルル。 【闇属性理想編成考察】恒常SSRだとコルルとターニャがやはり強い!(グラブル攻略)

【グラブル】闇古戦場2000万編成まとめ|EX+肉集め周回編成【グランブルーファンタジー】

闇コルル

絶えず困窮する少女は、燃え盛る故郷を逃れ、流転する。 鋼鉄の如き肉体とゴミ山で拾いし槍により、生きるため日銭を稼ぐ。 腹を満たすことこそが、人生において最良であると信じて。 概要 を手にした、少し古風な口調のヒューマンの少女。 生まれ持った「」という体質を疎まれ家族に捨てられたのではないかと本人は語っているが捨てられた経緯は不明。 その先で、元騎空士の老夫婦に拾われ、以後彼らに育てられたという境遇を持つ。 槍術は父親から、愛情は母親から、二人に愛されたコルルだったが、とある事件によりその島から一人で逃げることになる。 別の島で騎空士として、そして決闘者として 本人は気付いていなかったが ピンハネされながらも日銭を稼いでいた所を、主人公一行に見つかり、かなり空腹だったこともあって仲間に迎えられた。 老夫婦との別れの際の言葉を受け、二人の分も長生きして幸せになることが目標。 容姿 褐色。 褐色ロリ。 そして 太眉。 やったね太眉スキー! 髪や虹彩はエメラルドグリーンに近い。 身に纏っている服はボロボロだが、右手に持つグラーシーザーは煌々と輝いている。 攻撃対象になれば「宿命の槍」Lvが上昇し、瀕死状態になればターン終了時に2アビが発動する。 さらにこの2アビは奥義でも発動するため、アビ上限UP武器を編成すれば毎ターン、ポチらずに数百万ダメージが発生する。 瀕死だと別枠攻刃と防御力も大きく上昇する点も背水と相性が良い。 かばう効果を持つ1アビも強力で、サポアビの即死回避により 大いなる破局を耐えきる事も可能。 自己背水持ちのため渾身パーティでも十二分に戦える。 が、やはり闇背水パーティ……というより グラシスキーには必須キャラとなるだろう。 また、のデメリットをプラスに出来るキャラの1人でありと一緒にデスパーティを組む事が多い。 実装当時はLBのサポアビ枠はなかったが、2020年のアップデートで追加。 これによってのような事も出来るようになった。 刻印消費で発動するサポートアビリティと刻印の数に応じて能力の上がるサポートアビリティを含めて刻印依存が若干多い。 上手く刻印の数をコントロールできない場合は、と組み合わせて刻印を増やしていきたい。 中の人がと同じであり、実装時に「闇落ちコッコロ」がTwitterトレンド入りした。 また同じ11歳ということで、るっ!含めとの絡みが多い。 その日『グラシ』で『宿無し』とか言ってはいけない。 名前や石頭の元ネタはアイスランドに伝わるサガでのグラーシーザーの最初の所有者。 も実装を受けて大喜び、初の久遠の指輪を捧げたりした。 ちなみには 単発チケットで引いたらしい。 タグに関してはも存在するが、の同名人物と被るのでグラブルに関しては、こちらを使うとよいだろう。 グラーシーザーは当初はキャラ解放武器ではなく、今回のコルルで晴れてキャラ解放武器 ゲームシステム上は別の武器だが へと昇格した。 これはグラブルでも初の出来事である。 またこれにより、「コルルと同じポジションのキャラが実装されるのでは?」という可能性が浮上した ムーン武器でグラーシーザーと同じ開放数30個武器はグラーシーザー込みで 22種類。 関連タグ ……フレーバーテキストには ゴミ山から拾ったとあるが……。 メインキャラの一人として登場。 水着姿のコルルも登場する様子だが……後にイベント中のフェスで水着バージョンが実装された。 ……カップやきそば現象 …で参戦した。 所有しているアビリティの構成が若干似ている。 かばうアビリティや自傷系アビリティで背水を加速させる立ち位置も共通。 なのだが。 関連記事 親記事.

次の

【グラブル】新キャラ:闇SSR「コルル」の性能・評価 闇では初の全体かばう持ち

闇コルル

誰もがグラン君(の中の人)になれるわけではない・・・ 毎日日課としてつよバハ、アルバハHLを自発しています。 つよバハは最初と最後が闇属性なのでデバフ的に光属性、アルバハの方は最初に参戦したのが当時参戦しやすいと言われていた光属性で慣れてしまったため今でも光属性とどちらも光属性での自発です。 ただ、現状の難易度高めのエンドコンテンツ、特に有利属性がないものは闇属性、特に闇背水の一強になっている模様・・・ つよバハの自発では闇属性の参戦者の方にトリプルスコア以上も付けられたこともありますし、一年前は殆ど見かけなかった共闘野良でのアルバハHL自発での闇属性参戦者も今では上位に名を連ねることが多いです。 流石に装備までは分かりかねますが、それでも流れるログなどから推察するとやはり背水編成なのだろうなーと予想しています。 要因としては一昔前にも闇背水の時代があったので闇背水の装備の要となるグラーシーザーを複数揃えている方がそれなりにいるのではないかということ。 そして、アビリティ1つで背水ガンギマリになる水着ゾーイの存在・・・ 今でもその2つの要因さえあれば短期戦においてはそれなりに戦えてしまうでしょう。 そして、おそらく闇背水の強化に拍車をかけたのは この2キャラの台頭。 そして支配の天秤の存在でしょうか。 コルルは言わずとしれた現状の背水の一角。 アビリティ構成自体背水よりのものになっていますが、特に強いと思われるのが奥義効果や瀕死時でのちぇすとの自動発動。 上手く背水状態を維持できれば毎ターン強力なアビリティダメージがもれなく付いてきます。 同黒騎士は最終上限解放されることで同様にHP50%以下の時に2アビの自動発動があります。 こちらはコルルのちぇすとの自動発動よりは発動条件が緩いので発動させやすいです。 で、どちらも自動発動があるところにアビリティダメージ上限アップの武器スキルがある支配の天秤の存在・・・ その上コルルの解放武器の宿無しも バッチリ噛み合ったスキル構成だったりします。 ここまでの環境があれば闇背水が強くても不思議はない気がしますが、実際極めるとなるとコルルと黒騎士の指輪ガチャを厳選したりと大変そうではあります。 それでも支配の天秤を活かしてハイランダー編成とすれば、一昔前のようにグラシを何本も並べなくともそれなりの背水編成になるのかなーと思います。 共闘連戦で本腰を入れてアーカーシャHLやグランデHLで青箱でのヒヒイロ掘りをするのでもなければ十分戦えている感じです。 おそらくその辺を気にせずに突っ込めるのが強者への近道なのでしょうが・・・ まぁ、闇属性が強いと言っても今の環境だと闇属性だけを強くすればいいというわけでもありません。 ハイランダー編成でもない。 敵の行動パターン把握とキャラ性能だけでもここまで戦えるんじゃ。 惰性の慣れている光編成もいいっすが日々変わる新しい編成をネットや動画見て勉強するんじゃよ。 背水に拍車をかけたのはコルルとあとニーアが強い。 ルシファーでもニーアの渇望効果があるだけで背水の安定感が違う。 黒騎士はつかわねぇのでシャレムを入れてくれ。 シャレムは化け物やで。 デバフなら高難易度マルチで味方がいっぱいつけてくれるしサポの追撃、奥義全て黒騎士以上。 シリウス50%はコルル1アビとシャレム2アビでコルルガード コルルサポアビでHP1耐えるのと渇望でほぼ生き残る。 あとは30%までひたすら殴りターン回して15%手前までに ニーア3アビをシャレムにつけつつ コルル1アビとシャレム2アビのコンボで完全破局カットを準備して テュポーン4凸召喚フルチェイン シャレムさんがおっそろしい奥義ダメと追加ダメ出してくれるんで終末アビダメつけてるんじゃよ。 適当に殴れば青箱まで行ける行ける。 ただルシファーはいまだに慣れないですけど、ここ最近は闇のみ参加して バレクラ、闇フェリ、ヴァンピィ、ニーア、シャレム+賢者呼び出し他属性SRでやっています。 昨日ルシHL動画見てましたが、グラシ4、マジェスタス2とゼノ槍 メイン 、黒麒麟弓、終末、ウンハイルで立ち回っていた人がいました。 グラシ強いですねぇ。 出たときからずっと強い。 ここまで腐らない武器があっただろうか。 同じ武器で風も出ましたがこちらは全く聞かない。 それはきっと、キーキャラが風にいないから・・・。 それぞれの属性でやれることが異なるのは願ったりかなったりなのですが、完成まで時間かかりますよね。 私も新しい風を自分に取り入れ、更なる研鑽を積まねば・・・。

次の

コルル(グラブル) (こるる)とは【ピクシブ百科事典】

闇コルル

闇属性SSRキャラクター「コルル」キャラクター情報 年齢:11歳 身長:130cm 種族:ヒューマン 趣味:駆けっこ、かくれんぼ、高いところに登ること 好き:温かいシチュー、育ててくれた老夫婦 苦手:自分のペースを乱されること 引用元: 実装直前に名前のお漏らし(公式ガバ)があったことから一時は新ハーヴィンか!!!って言われてましたが幼女でした。 手にする獲物は闇の背水マンにはものすごく見覚えのあるアレ 名前の元ネタ的にも本当にグラシの持ち主っぽい感じがしますよするする。 そして武器が絡んだフェイトエピソードとかアルタイルのフェイトとかそんな時代を思い出す懐かしさ。 グラブル界少女のお約束に漏れず、この子も非常に薄幸な生い立ちの少女であります。 優しく甘やかせて幸せにこき使ってあげたい。 後は連れて行く場所に応じてといった感じか。 OD状態の長い古戦場では有用。 背水時のカッチカチに期待するなら防御に振るのもあり、LBサポアビが未開放という事でここを残すかは迷う所。 指輪で狙う効果はもうこれは「アビリティダメージ上限上昇」狙い一択。 グラブルの幼女はどうしてこんなブラック環境ばっかりなんだろうねサラちゃん。 こんなキャラクター性能という事もあって、現在ではつよバハでのMVPレースで大暴れ中。 闇ソルジャーとコルル2人でリロリロする事によってぶっ飛んだ貢献度を稼ぎ出す猛者もたくさんいます。 ロビーつよバハ部屋に入ればいくらでも遭遇出来るので編成とかはそちらを覗いて見てね! つよバハ以外の使い勝手はどうなん あまりにもつよバハ前提での強さが有名すぎるので、そこ以外の部分での特記事項。 ハデス編成の場合はさらにマジェスタスを詰むことが可能、組み合わせれば本当にかっちかちでごんすには出来る。 ただしシスなど違って幻影、分身といった効果があるわけではないので、敵の特殊次第では倒れる時は簡単に倒れるキャラなのでそこは注意。 染めるにはちょっと厳しそうなメンバー。 ただしコルル自身は背水で別枠バフ持ち、ちぇすとをメイン火力と考えると連撃面をあまり気にせず他の染め編成にも比較的引っ張ってはいきやすいかもしれない。 25 間違いなく言えるのは蘇生薬の効果は端数切り上げだが、瀕死になる判定がよくわからない。 蘇生薬の瀕死の判定では少なくともなんか変な処理が入っている気配はする 動画で見れたケースでは「全員一致で瀕死判定になったor瀕死判定になった」りしている。 何か別の要素があるかもしれまない。 ただ最大HPの計算に実は端数が存在していたりすると・・・これはもうわからんね! とりあえず現状言えるのは蘇生薬を使った状態のコルルは瀕死になってたりなってなかったりする中途半端な状態になりそうなこと。 HPの調整で確定出来るかもしれないし、その他の条件が絡んでいるかもしれないということ。 まさに闇ソルジャーとコルルの為にあるような装備でつよバハ修羅勢はダマ突っ込んで4凸してたりはする。 今は全く縁がないって思ってる人も一応は残しておきたい一本。

次の