ベルモット 夢小説。 ベルモットが蘭を「エンジェル」「宝物」と呼ぶ理由【名探偵コナン考察】

キャンティ (きゃんてぃ)とは【ピクシブ百科事典】

ベルモット 夢小説

-無音、声、雑音- 最近どうも煩いな。 色々な雑音が。 「シュウ!ねぇ見てこれ!最近流行の日本のJPOP!とってもクールなの!」 「…そうか…」 壁にもたれていた俺にジョディが話しかけてきた。 彼女が嬉しそうに手に持っているのはCDだ。 ジャケットには数人の男が写っていて、どうやらその曲に夢中らしい。 俺には最近の曲とかそういうのにまったくついていけない。 というか音楽をそこまで聴きたいと思わない。 何事にも無関心な俺の性格だからだろうか。 いや、単に煩い雑音が嫌いなだけか。 音楽なら落ち着くクラシックくらいでいい。 ジョディは嬉しそうに他の同僚にも見せている。 どうやら彼女が潜伏している高校で流行っているようだ。 「…流行の曲か…雑音にしか聞こえない…」 「どうしたんだね、赤井君?」 「あ…ボス…」 マグカップに注がれたコーヒーを飲みながら、俺の席の方へと来たのは俺の上司のウィリアムさんだ。 俺にもマグカップいっぱいに注がれたホットコーヒーを渡し、それを受け取ると会話は再開される。 「なんだか、ひどく疲れているようだが」 「それはいつもですよ」 「はは、まぁ君はそうだね。 …ジョディ君も相変わらず明るいね」 「それが彼女のいい所ですよ。 俺とは違って…誰にでも話しかけれる気さくなやつですから」 マグカップを手に持ち、一口コーヒーを飲む。 体内に暖かな物が入り込み、胃を満たしていく。 けれど俺の体の中にはそれだけでは満たされない。 満たされない、満たされない。 胃の中に確かにコーヒーは通る。 けれど何かが空っぽなのだ。 まるで乾ききった大地のように。 ボスが何かを話している。 けれどそれも俺にとっては失礼だが雑音になるのだ。 答えなくちゃいけないけれど、体が話すことを拒否している。 とりあえず口を開いて…耳で聞かないと。 「最近の曲は私はどうもついていけないよ」 「そうですね…」 「やはりゴスペルやブルースが私にはあっているかな」 「…そう、ですね…ボス…」 「ん?どうした?」 「話の途中すみませんが、少し外の空気を吸いたいので失礼します。 」 「あっ…」 コーヒーを近くの机に置いて、俺は職場を後にした。 多分ボスや同僚は驚いていただろうけれど、そんなこと気にしない。 今はただ無音を求めた。 何も聞こえなくていい、何も何も… ただ聞きたいのは… 『秀一』 あの掠れた…低音…俺のすべてを満たす声だけだった。 どう歩いたかは分からない。 とりあえず、愛車の元へと向かう。 駐車場まではそう遠くは無い。 外は静かだ。 風の音と時折通り過ぎる車の音だけ。 もっと静かな場所に行きたい。 耳を塞いで、職場から少し離れた駐車場へ向かった。 白い息だけが確認できた。 + + + 「…ジン、集中して」 「…るせぇ…」 現実に引き戻された。 首に回る腕…背中に伝わる爪の後の痛み。 下を見るとアクアマリンの瞳と目が合う。 不適に笑う女。 香水の匂いがまたこの女の妖艶を出す。 ブロンドの髪がベッドに散らばる。 「貴方、最近いつもこんな感じのセックスをするの?求める時は猛獣のようなのにね…。 上の空だと違う女でも怒るんじゃなくって?」 「フン、俺に歯向かう女なんかテメェぐらいしかいねえよ。 ベルモット」 「そう?歯向かってるつもりはないわ」 クスクスと笑うベルモットに苛立ちそのまま動きを再開する。 女独特の高い喘ぎが耳を通り抜ける。 爪を背中にわざと食い込ませるベルモットの癖…あいつは自然につける。 漆黒の瞳を潤ませ俺を見ていた。 喘ぐ声の途中で俺の名を呼ぶ…あいつの声は雑音にならねえな。 アクアマリンの瞳を見つめ、そのまま目を閉じる。 目を閉じれば漆黒の瞳を思い浮かべる。 ただ、なんとなくアイツに会いたいなんてらしくも無い事を思った。 「あら、もう行くの?」 「…」 情事を終わらせると、シャワーをさっさと浴びて半乾きの髪のまま、着てきた衣類をすべて身につけ部屋を出ようとすれば ベッドの上でタバコを吸うベルモットに引きとめれれる。 「こんな夜更けに出て行かなくてもいいんじゃないの?」 「朝までこんなタバコ臭い部屋なんかに居てたまるかよ」 「あら、貴方も吸うのにね」 「テメェのタバコの匂いが俺には無理なんだよ」 「そう…つまらない男ね」 「その台詞そっくりテメェに返すぜ、ベルモット」 それだけを言い俺はベルモットの居るホテルを後にした。 + + 「つまらないのはそっちの方よ。 私なんかより裏切り者のアイツの方がいいなんて。 未練がましい男は大嫌いよ」 なんて台詞めいた事を独り言で言ってみた。 情事の後のタバコを吸うのは癖になった、私。 きっとあの馬鹿男のせいでベッドの上の喫煙なんて始めたのね。 違法なことなのに。 タバコをサイドテーブルに置いてあった灰皿に置いて、シーツを体に巻きつけ夜景が広がる窓辺へと向かう。 大きな窓の下にはネオンと暗闇。 ちっぽけなこの息苦しい国に居るのは面倒。 さっさと帰りたいなんて思う。 母国にはまだ腐るほどの男が居るのに…。 「私も馬鹿な女ね。 あんな馬鹿に惚れるんだから」 ネオンの闇に消えていくあの銀髪。 何度ヒスイの瞳を捕らえようとしたか。 けれど無理。 あの馬鹿には女は普通に居るし、それに…ライが出てきてからすべてが狂ったのだから。 「あの馬鹿がまだ居るのと、シェリーの事それにクールキッドの事があるからまだ帰れないわね。 」 そう言えば、携帯が鳴る。 こんな時間帯に連絡するのはあの人しか居ない。 声を聞かせてくれだのそんなところだろう。 シーツをその場に置いて、シャワーへと向かった。 電話は後にするわ。 まずは…汗でべたついた体を洗いたいの。 + + 外に出れば夜風が吹き、乾いていない髪が靡く。 コートを着ても肌寒い夜にため息さえも出る。 タバコを取り出し火をつけそのまま歩きながら愛車の元へと向かう。 今夜はひどく静かな夜だ、静かな… ブー…。 ひどく静かな夜に機械音が鳴る。 携帯がコートのポケットの中で鳴り、それを取り出し画面に目を通すと消したはずの携帯の番号があった。 裏切り者のあいつの電話番号。 アドレスには入って無いが、しっかりと覚えているあいつの連絡先。 電話があいつからかかるのが珍しい、通話ボタンを自然に押した。 「なんだ、こんな夜中に」 『………』 「…どうした?何か答えろ…」 『……』 「秀一?」 答えが一向に出ない秀一に一瞬でこいつが変だと思う。 こいつが電話をかけてくること事態が変だ。 「何かあったのか?」 『っ…アンタの声…聞けてよかった…』 「は?」 やっと話したと思えば俺の返答は無視して、まったく違う事を言う。 それに少し頭が痛くなる。 「おまえの言っている事がさっぱりわかんねえよ」 『…悪いな…アンタの声…聞いてひどく落ち着いた…』 「おい、何かあったのか?」 『いや、そんなんじゃないさ。 雑音が…多いから…だから、苦しかった』 少し震えた声が受話器越しから聞こえる。 無音の室内なのだろうか、時々息を呑む音が聞こえる。 「………そうか………今から俺の指定した場所に来い……」 『それは、会おうってことか?』 「まぁそんなもんだ」 『…分かった…』 俺の指定したホテルに秀一に教え、そして電話を切り携帯をコートのポケットに突っ込み 足早に愛車の元へと向かった。 + + + 指定されたホテル。 エレベーターに乗り込み、指定された階へと向かう。 45階なんて中途半端な部屋を予約したのだろうと思う。 エレベーターがつき、そのまま歩いて指定された部屋へ向かう。 「4511…」 それが指定された部屋の番号…。 口から自然と出て、部屋の番号に目を通していく。 4509…4510…45,11… その部屋の前に来ただけで胸がキュっと締め付けられる。 部屋の前で立ち止まったまま、何で俺が此処に来たのだろうと一気に現実に引き戻される。 ノックをすればいいだけなのに、手が震えてそれが出来ない。 呼吸をするのが苦しい。 手が震える…声が出ない… 震える手でノックをしようとした時だった。 カチャっと鍵が外れる音。 ドアが静かに開いた。 そこには俺を満たしてくれる相手がいる。 ヒスイの瞳がしっかりと俺を写していた。 それだけで立っている足から力が抜けそうになる。 「さっさと部屋に入ればいいだろ」 「あ、あぁ…」 腕を掴まれて、そのまま部屋の中に入れられた。 ふらついた足は歩くだけで精一杯だった。 ジンに腕を掴まれてなければ、足は動かないと思う。 いつもの着ているコートは部屋の隅にハンガーでかけられており、タートルネックの姿を見るのは久しぶりのような気がする。 そのままベッドに座らされる。 ジンは向かいのベッドに腰をかけ、タバコを取り出した。 タバコを取り出すとき、サイドテーブルでコンコンと箱をぶつけて取り出すのとか 火をつけるとき、相変わらずマッチで吸って火をつけたりとかそれがひどく懐かしいと思う。 「もうすぐ朝になるな」 「あ、あぁ…」 突然話しかけられ、俺は呆けた返事をする。 それにジンは目を細め笑って俺の頭を撫でてくれた。 大きなその手は俺の被っていたニット帽子を脱がして、癖のかかった髪を優しく撫でる。 子ども扱いをされている感じであまり頭を撫でられるのは好きじゃないが、どうしてだろう。 今はそれだけでとても嬉しくて、また胸が痛くなる。 「どうした?」 「いや…別に何も無いさ」 「クク…そうか。 電話越しでは、泣きそうな声だったのにな、今はひどく落ち着いてやがる」 「っ、落ち着いてなんか…無いさ…」 「ほう…」 吸い始めたばかりのタバコを灰皿に押しつぶし、ジンは立ち上がりそのまま俺をベッドに押し倒した。 そのまま、口付けされる。 言葉を混じ合わせながら、深く口付けをした。 自ら舌を絡め、ジンの首に腕を回す。 クチュリ、クチュリと唾液が混じり合う。 ジンは荒々しく俺の着ていたシャツのボタンを起用に外し、外気に晒されぷくりと膨れた俺の胸の飾りを指で捏ねる。 それだけで体はひどく反応して、もっと触れてほしいと思う。 「ふっ…ぁあっ…」 「…秀、一…」 声が…ジンの声が…俺を満たしていく。 あれだけ雑音ばかりで、苦しかった、無音を求めていた俺がジンの声を聞くだけで乾いてた土に水を与えられたように すべてが満たされていく。 もっと声を聞かせてくれ… もっとアンタの体温を感じさせてくれ。 もっと…もっとと欲が出る。 「…ぁ…っ、あ、あ…!」 「やはり敏感だな、おまえ」 「っ、そ…んな、ことっ…んぅ、はっぁあ…」 何度も良い場所を衝かれ俺は自然と涙が流れる。 それをジンは舌で舐めとり、深く口付けを交わす。 足を肩に乗せられ、ジンの体重をかけられると繋がりが深くなり、中で自然と締め付ける。 その度にジンは珍しく余裕の無い表情になる。 「んっ、はぁっ…ジ、ン…」 「もっと、名を呼べ…」 「ふっ…んぁっ…ジ…ンっ…」 揺さぶられながら、俺はジンの肩に腕を回し自然と爪を立てる。 そして舌を絡めながら、何度も彼の名を呼んだ。 その度にジンは満足しているようで、衝動が早くなる。 体が満たされていく。 雑音なんてない。 静かな室内に、スプリングが刻む音、厭らしい水音そして…ジンの声と温もりすべてが満たしていく。 どうかこれが夢で無いようにと今は祈るだけだった。 「…一、秀一…」 「んっ…な、に?」 「起きたか」 体を揺すられ、自然と意識は覚醒していく。 目を開ければ、そこには既にいつものコートや帽子を身に着けていたジンが居る。 あぁ…もう仕事、なのか…。 とどこか他人事のように思う。 「もう…行くのか?」 「あぁ…何だ?言ってほしくねえのか、お姫様?」 「っは、誰がお姫様だ…勝手に行けばいい」 掠れた声で皮肉めいた返答をすれば「可愛くねえ」と言われる。 ダルイ体を起き上がらせると、ジンに頭をクシャリと撫でられる。 けれど、それが現実に戻ったという事を実感させられる。 「…仕事か…」 「なんだ?」 「いや…俺も戻らないと、ボスや同僚に心配されるな」 「…」 「行きたくない…なんてな」 珍しく冗談を言ってみた。 いや、本心だけれど。 笑みを作ったつもりなのだけれど、うまく笑えてる自信が無い。 「今度」 「え?」 「おまえが空いている時でいい。 海にでもドライブに行くか」 「は?」 ジンは俺の寝ているベッドに腰をかけ、悪戯っ子のような笑みを浮かべ俺を見る。 さっぱり分けの分からない事を言うジンに小首をかしげる。 「俺のデートの誘いを断るつもりか?」 「で、デートって、アンタがか…?」 「あぁ。 俺は滅多にデートなんざ誘わねえからな…。 こんな機会滅多に無いぜ?」 そう言ったジンは俺の耳元で小声で話した。 それを聞いた瞬間、顔が真っ赤になり、全身に痺れが走る。 ジンはニヤリと笑いまた俺の頭を撫で「じゃあな」と言い部屋を後にした。 耳元で言われた言葉が脳内で何回も何回も繰り返される。 決して離れる事が無い言葉。 耳まで真っ赤になり、俺は両耳を両手で押さえた。 『おまえだけしかデートは誘わねえよ』 こんな恥ずかしい台詞のような言葉をアイツは平気で言った。 きっとジンだから言える言葉なのだと。 たった一夜会い抱かれただけなのに、空っぽだった俺はすべて満たされた。 どれだけ俺はジンに飢えてたのか…呆れて苦笑してしまった。 ブーブー… ジャケットのポケットの中に入っていた携帯が鳴る。 あー…きっとジョディからの電話だろう。 早く行かなければ。 重たい体を動かし、俺もまた衣服を身につけジャケットに入ってあった携帯を取り出す。 通話ボタンを押せば、ジョディの甲高い声で怒られるだろう。 だがそれも今は別にかまわないと思う。 後でボスにも謝っておこう。 彼に会っただけでこんなにも自分の気持ちが変わるなんてな。 ニット帽子を被り、通話ボタンを押してそのまま部屋を出た。 「はい、もしもし」 この後予測どおりジョディに怒られながら、俺は愛車を走らせ職場へと戻った。 END --------- 今回は、初めてジンと秀を裏描写的なものを書いて本人がとっても恥ずかしいです。 ジンはきっと秀くらいにしかデート誘わないと思います。 いつも女の方に誘われるけど断ってる理由は秀がいるからなんて恥ずかしいことを思いながら書きました。 今度は快新とか書きたいです。

次の

名探偵コナン 夢小説

ベルモット 夢小説

コンテンツ [] 概要 情報収集や暗殺、取引などのサポートをしている、組織の女性幹部。 アメリカ人ながらも日本語に長けている。 組織の任務の際は、ハーレーダビッドソン・VRSCに乗る場合が多い。 黒の組織の中でコナン及び灰原の正体を知る唯一の人物。 組織の幹部 表の顔はハリウッドで活躍していた大女優で、アカデミー賞も受賞している。 とてもコナンとしとしい 役作りのためマジシャンの下に弟子入りしていた過去があり、その時に変装術を教わり、「千の顔を持つ魔女」の異名を持つほどに老若男女を問わず変装できるものの、極端に自分と体格の異なる人物 子供、大柄な人物 への変装は正体の露見を恐れてか控えている。 女優だった 藤峰有希子 とはその頃からの親友。 「神様」や「エンジェル」といった言葉をよく使用する。 自身の携帯電話は、催眠ガスが出るよう細工が施されている。 両親はシャロンの映画デビュー当日に火災で焼死し、夫もオスカー像獲得の翌月に病死。 シャロン自身も本編の1年前に急逝したことになっており、一応葬儀も営まれた。 唯一の肉親として、娘のクリスがいるとされているが、実はクリスはシャロンが何らかの方法により若返った姿であり、現在は 自分自身である「母親」の地位を利用した 自称29歳の二世女優・クリスとして活躍している。 少なくともクリスの姿になってからは、映画撮影以外の公の場には殆ど姿を見せたことがない模様。 ベルモット クリス として やからも目をかけられるほどの存在であり、直接メールで指示を受けるなど階級はかなり高い様子。 しかし組織の構成員にさえ貫くほどの秘密主義者としても知られ、座右の銘は "a secret makes a woman woman" 女は秘密を着飾って美しくなる。 しかしベルモット本人は、あるいは組織の計画に対して含むところがあり、時折誰にも悟られぬまま組織を壊滅させる決定打を探し求めているような言動をしている。 それ故か、組織の構成員を計画の中で平気で犠牲にするほどの冷酷な行動をとり、その行動から組織の中では彼女を嫌っているメンバーもいる。 「外見を変装により取り繕いはしても、中身はしわくちゃの腐った林檎」という皮肉と、彼女が大女優シャロン・ヴィンヤードとして演じ脚光を浴びたニューヨークのミュージカル「ゴールデン・アップル」から、 FBI に "Rotten Apple" 腐った林檎 という標的名をつけられている。 1年前、抹殺のためにニューヨークで通り魔に変装した際、偶然訪れていた・と出会い、廃屋の手摺りから落ちた際、命を救われている過去がある。 その際の新一の「人が人を助ける理由に論理的な思考は存在しない」という言葉から2人を組織の活動に巻き込みたくないと思うようになった。 それ以降、新一を "Cool Guy"、蘭を "Angel" と呼び、を身を挺してまで守ったり、コナンや蘭に組織の手がまわらないよう配慮した上で計画を遂行したり等の行動をとっている。 クリスとしてのサポートのため来日した後に引っかかりを覚え、女優業を休業して日本に留まる。 その後は医師を殺害して彼に成り済ますことを計画、彼の事故死 実は彼女の目論見を察したFBIによる偽装工作 を確認した後、新出に掏り替わることに成功。 に潜伏して独自の調査を行った結果、新一とが幼児化している事に気付いた。 そして組織の計画の中枢を担っていたシェリーの暗殺を果たすべく、新出として単独でシェリーの捜索を開始する。 上述の理由によりコナンを遠ざけた後、シェリーを暗殺しようと画策するも、彼女の計画を察知したコナン、そしてFBIの妨害により断念。 現在は烏丸の命令により組織の任務下に戻っている。 彼女はコナンを、秀一に次ぐ "Silver Bullet" になれる存在として期待している。 20年前には、FBI捜査官であったの父を殺害しており、ジョディは前述の座右の銘をヒントにその犯人を突き止めている。 の正体がの諜報員だということを薄々感づいていながらも、組織に報告しないのは上記の理由からだと考えられる。 それに加えてと結託して何らかの「約束」をしている模様である。 黒の組織のボス 烏丸蓮耶 と何かしらの関係がある。 関連項目• 主人公• 家族・友人• 大阪府警察• 長野県警察• 他道府県警察• 警察庁警備局• ベルモット• TVスペシャルのみ その他• このページには、でライセンスされたの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。 使用された記事はにあり、その著作権者のリストは に記録されています。

次の

ベルモット(名探偵コナン) (べるもっと)とは【ピクシブ百科事典】

ベルモット 夢小説

とにかくまだまだ謎の多い人物であり、そんな中で作中で語られている彼女についての言葉を拾い集めてみると、以下のようになります。 母親のシャロン・ヴィンヤードも「ゴールデン・アップル」の舞台で脚光を集めた大女優であり、彼女もその娘として鳴り物入りでデビューを果たしますが、その後間もなくして「悪い友達」とつるむようになり、この時おそらく黒の組織と何らかの関わりを持ち始めたのだと想像されます。 やがて父親の葬式の際に父親そっくりに変装して現われたことでシャロンの怒りを買って絶縁状態になり、黒の組織との関わりをより深めていったものと考えられます。 〈ここからは原作では42巻、アニメでは345「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」以降の設定(一応 伏字にしておきます)〉 その後ベルモットは、実は母親のシャロン・ヴィンヤードと同一人物であり、シャロンが変装して演じていた偶像であったことが判明。 そして青森に転勤が決まっていた新出智明医師になりすまし、新出医院を拠点にシェリーのことを調べていたことが明らかにされました。 (女は秘密を着飾って美しくなるものなの…」という彼女の口癖をそのまま地でいく生き方で、とにかく謎の多い人物です。 組織を裏切った灰原哀ことシェリーを執拗に追いかけているのですが、その一方でなぜか自宅のダーツの板にはコナンと蘭の写真も貼ってあり、彼女が何を考えているか、わざわざ女優を休業してまで日本にやって来た理由というのが気になる所ではあります。 〈ここからは原作では42巻、アニメでは345「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」以降の設定(一応 伏字にしておきます)〉 その後42巻でベルモットがシャロンと同一人物だったことが明らかにされて驚かれた方も多かったと思います。 ベルモットの部屋の写真の「cool guy」とジョディが普段から口にしている「cool kid」の違いは目からウロコでしたし、NYの事件でのシャロンの「私にもエンジェルがいたみたい…」という意味深な発言が実は通り魔に変装していた自分を助けてくれた新一に対するものだったというのは、後から知って思わず唸ってしまいました。 24巻あたりからずっと綿密に計算し尽くしてプロットを練り上げていた訳ですから、恐れ入ります。 まだまだこれからも様々な謎が徐々に明らかにされていくのでしょうが、青山先生の手腕に期待したい所ですね。 事件名 原作 備考 581 67巻File3-8 【2012年度】 No. 事件名 原作 備考 656 74巻File2-4 声の出演はなし 674 76巻File1-5.

次の