アイスソード。 アイスソード、ロマンシングサガ・ミンストレルソング攻略images.munchpunch.com

ねんがんのアイスソードをてにいれたぞ! (ねんがんのあいすそーどをてにいれたぞ)とは【ピクシブ百科事典】

アイスソード

トルネコ2 不思議のダンジョン30階ので手に入る。 上に立った瞬間なので、とうぞくの壷を使えば問題なく手に入る。 ロマンシングサガのように「ゆずってくれ たのむ!」は不可で、殺してでも奪い取るしかない。 尤も、30階でガーゴイルを倒せる実力はほぼ無いので、事前にアイテムで無力化するのが正しい。 剣の強さは25とこの時期では破格の攻撃力で、炎系に倍ダメージを与えられる能力を持つ。 具体的にはととの三種類。 だが、逆に氷系のととに対しては1ダメージしか通らなくなる。 フレイムとようがんまじんはブリザードとひょうがまじんの下位種であり、どちらも序盤の敵。 ばくだんいわはその性質上ダメージが倍になっても良いとは限らない。 つまり、使用価値はかなり低い。 罠アイテムだとさえ言える。 尤も、31階以降は氷系モンスターも出なくなるので攻撃力目当てでメイン武器にするのも良い……、 と思ったら61階以降の忘れた頃にブリザードが場違いな弱さのまま再登場するので、やっぱり使えない。 他のダンジョン、例えば攻撃力を期待して試練の館に持っていくとしても、 そもそもアイスソードを入手できる実力があれば、他の強力な武器も割と入手できてしまう。 そんなわけで何の役にも立たないと思いきや、こんなでもマイナス能力とは認識されていないらしく、 の「すばらしい剣を作った」には必要。 コンプリートするなら一本だけは確保しておこう。 ……ちなみに、能力的にはのほぼ下位互換である。 (上記6体のモンスターはイエティはともかくとして残りは物質系なのでつるはしで砕ける) 「すばらしい剣を作った」に黄金のつるはしが必要なのはわかるが、なんでアイスソードも必要なんだ? レア剣のくせにセットできる技が少ない。 使えるのはせいぜいくらいで、それもで代用可。 これで炎系モンスターを倒せばを覚えられ・・・たらよかったのに、それもない。 戦士の技を覚えるには不要な剣であるが、一応、に合成すれば 氷系モンスターに1ダメージの性質を利用してを攻撃し続けてを習得するのには役に立つ。 トルネコ3 トルネコ3でも登場。 の41F以降の店で購入できる。 2ほどの強力な攻撃力は失われたが、代わりに能力が強力になっている。 のモンスターとに1. 75倍のダメージを与えるようになり、重ねがけ可能。 印2個で2. 25倍、3個で2. 75倍、4個で3. 5倍のダメージを与えられる。 また、前作とは異なりブリザードとひょうがまじんに対しても通常通りのダメージを与えられるようになっている。 要はの上位互換。 だが、かなりレアなため実用性はいまいち。 見たことない人もいるんじゃないだろうか。 仮に手に入れたとしても、強化した武器の試し切りダンジョンである不思議の宝物庫では、50F以降は組ばかりで炎系はほとんど出なくなるため、この能力を活かす機会はあまりない。 何気に異世界でも深層で変化の壷を使うと出たりする。

次の

アイスソード性能考察

アイスソード

元ネタ いわゆる。 FFでは「」で統一されている。 ただし、こちらは神器クラスの強さを持っており、伝説の巨人が鍛えた曰く品でもある。 で「念願のアイスソードを手に入れたぞ!」といい喜ぶ味方モブから、 「殺してでも奪い取る」ことができてしまう。 ロマサガの本領、フリーシナリオを語る上で欠かせないエピソードであり、 ディシディアでも使われたスクウェア伝説のネタである。 スカーレットでは予約すると最初から使用可能なる あまり関係ないが、FF4TAのでも「なにをするきさまらー」というセリフが出てきている。 また、FF11ではがウィンダスミッションの後日談において「相手を殺してでも手放したくはなかったんですけれども」と、真逆の発言をしている。 FF14では最初のダンジョンの前にいるガラットという男が「念願のエーテリアル装備を手に入れたぞ!」とのたまい、件の流れに沿ってエーテリアル装備について説明をしてくれる。 残念ながら殺して奪い取ることはできない。 FFの中では唯一FF3のみ「」。 語感としてはこっちの方が格好ry.

次の

ねんがんのアイスソードをてにいれたぞ! (ねんがんのあいすそーどをてにいれたぞ)とは【ピクシブ百科事典】

アイスソード

今回は現在開催中のイベントでガラハドを取るかアイスソードを取るかでいろいろ意見が飛び交っていたのでまとめてみた話です。 ガラハドを選択する場合と性能について まずはガラハドの性能は以下の通りになっています。 素早さ補正の無いポジションからBPを節約し、 2~3ラウンド目で開幕冬の嵐を使わせる運用が理想。 メリット、ガラハドを選択した場合のメリットとして。 ・ 今後別のSSスタイルが出た場合冷たい風やバリアなど技マシンキャラとしては有能。 ・ 攻撃が2種とも全体攻撃で周回要因としては優秀。 ・ 配布キャラの中では高性能 ・ 長期で今後を見据えてプレイする人向け 3. デメリットとしては ・ 育成しないと使い物にならない、スタメンがLv50+戦闘力9000前後で揃っている場合は、スタイルLv50までが前提、まあ全キャラに言えることではありますが。 ・ 今後登場するスタイル次第(ある意味 運営の匙加減次第) 現状は1種の冷気のみだが、通常の技が出てくれば冷気+斬撃アタッカーになる。 アイスソードを選択する場合と性能について 1. アイスソードの性能 最終強化で威力36とVHALL攻略時に手に入る豪炎剣、水波の調、配布されたカドゥケウスなどと同様の攻撃力。 メリット、アイスソードを選択するメリットとしては ・使い回しができるので、大剣スタメンがいる場合、即補強可能。 ・現状唯一の大剣のSS(威力36+腕力5) ・VH攻略が出来ない新規プレイヤー向け。 デメリット、デメリットしてあげられる物は、 ・ 今後登場する武器により産廃する可能性大。 ・現状 水属性補正が必要なキャラがいない(可能性としては今後登場する術持ちシルバーのみ) まとめと世間の反応や自分の場合 ロマサガ1では自分は容赦なく殺してでも奪い取る派でしたが、今作においては大分話が変わってきて、 性能で考えると、 長期的目線で見たらガラハ ド1択かなと言う感じで、 新規プレイヤーや即戦力、スタメンの底上げ、育成が追い付いていない人、短期的目線 ならアイスソードと言う考えで自分は納得しました。 または少数の人が 思い出補正で好きな方を選ぶパターンか。 ・自分の場合 自分は既にスタメンはALL50で固まっているので ガラハド1択です。 先に育成しておけば今後SSスタイル出てきたら即戦力に出来ますし。 今後アイスソードと同様の攻撃力の大剣が出て来ると思われるので産廃する可能性を考えるとやはりガラハドかなと。 ・世間の反応 世間の反応も基本は一緒で大半の長期プレイしている人はガラハドで、少数がアイスソードの流れ、 比率で言うと6:4~7:3くらいの割合でガラハドが多い模様。 まあぶっちゃけ自分が納得する方を取ればいいんですよ、多分1~2年後にはそれに並ぶスタイルか装備は揃っているでしょうし。 情報確認交換所があるということは数年後に報酬が変わって、復刻する可能性も十分あるので。 カテゴリー一覧•

次の