時候の挨拶 6月。 お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」 コロナ禍における文頭・文末の挨拶表現 ー6月の挨拶ー

時候の挨拶9月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

時候の挨拶 6月

6月上旬に使う時候の挨拶 6月上旬から中旬にかけては、時候の挨拶で次のような言葉を添えるのが適切です。 なお、上旬・中旬・下旬を問わず使える表現もあります。 -【漢語調】時候の挨拶の例文• ・入梅の候• ・長雨の候• ・初夏の候• ・向暑の候• ・薄暑の候• ・小夏の候• ・梅雨空の候• ・梅雨寒の候• ・初夏の候• ・立夏の候• ・首夏の候• ・紫陽花の候• ・万緑の候• ・若葉青葉の候• ・青葉の候• ・深緑の候 など• ・梅雨入りを感じさせる、ぐずついた天候が続いております。 ・6月だというのに、真夏を感じさせるような暑さが続いております。 ・しっとりとした風に、草木の緑の香りがただよう季節となりました。 ・雨にぬれて美しく咲く紫陽花に、心が洗われるような今日この頃です。 ・梅雨の晴れ間に輝く太陽に、夏への移ろいを感じるようになりました。 ・水を含んだ草木の生き生きとした輝き、雨上がりの美しい虹に心打たれるこの頃です。 ・入梅とともに長雨が続いております。 ・うっとうしい梅雨の季節となりましたが、時折吹く初夏の風に汗ばむこともございます。 ・梅雨に入り、庭の紫陽花が見頃となりました。 ・入梅後、久々の晴れ間に青空を仰ぐことができました。 ・雨上がりの青空に夏の気配を感じる今日この頃です。 など 6月下旬に使う時候の挨拶 6月中旬から下旬にかけては、時候の挨拶で次のような言葉を添えるのが適切です。 -【漢語調】時候の挨拶の例文• ・梅雨の候• ・梅雨晴れの候• ・霖雨(りんう)の候• ・麦秋の候• ・向夏の候• ・向暑の候• ・夏至の候• ・短夜の候• ・梅雨冷えの日が続き、日差しが恋しく感じられるこの頃です。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃でございます。 ・梅雨の晴れ間に吹く初夏の風に、汗ばむこともある今日この頃です。 ・早いもので、本年も半分が過ぎ去ろうとしています。 ・雨上がりの草木の緑が鮮やかに目に映る季節になりました• ・早くも梅雨が明け、日に日に暑さが厳しくなってまいりました。 ・長雨が続き、梅雨明けが待たれる毎日でございます。 ・梅雨寒の日が続く中、紫陽花が見事な花を咲かせております。 ・梅雨明けも間近となり、本格的な夏の到来を予感しております。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 など 6月のビジネス文書の例文 頭語・結語、時候の挨拶、相手の繁栄を喜ぶ・日頃の感謝を伝える言葉、結びの挨拶を含む、6月にふさわしいビジネス文書の文例を紹介します。 -6月上旬~中旬に送るビジネス文書の例.

次の

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

時候の挨拶 6月

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 時候の挨拶とは? c Shutterstock. com 時候(ジコウ)の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉で、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しを指します。 四季の豊かな日本ならではの美しい手紙の習慣ですが、使い方がよくわからず、敬遠している方も多いのでは? このページでは、梅雨の時期にビジネスで使える、時候の挨拶をご紹介していきます。 「梅雨の時期」と一口に言っても、梅雨入り前から梅雨明けまで、季節は細やかに表情を変えますよね。 それに合わせて、時候の挨拶も選ぶ言葉が変わります。 その時々の季語を入れれば、季節感が割と簡単に出せます。 ですから、時候の挨拶は考えているよりも難しくありません。 一緒に学んでいきましょう。 梅雨の時候の挨拶・例文をチェック c Shutterstock. com 梅雨といえば、雨の日が続き、鬱陶しい季節ですよね。 天気が悪いと、気も滅入ります。 そんな気持ちを和らげるのが、時候の挨拶。 特に、ビジネスシーンで手紙を書く場合には、固い話から入ると相手との心の距離が縮まりません。 雨が続く季節だからこそ、受け取り手の気持ちをすがすがしくさせるような文章を届けたいですね。 ここでは、梅雨の時期に使える例文をそれぞれご紹介していきます。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「漢語調」の慣用句 c Shutterstock. com 時候の挨拶には、「漢語調」のものと「口語調」のものの2通りがあります。 漢語調は、例えば「梅雨の候」というように、季節を表す言葉の後に「の候」とつけます。 「候」が表しているのは、季節や気候。 漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書や格調高い文書にしたいときに用いられていますよ。 一方、口語調は、「雨のうっとうしい季節が続いておりますが」というように、話し言葉のような柔らかい表現で季節感を表します。 気心の知れた友人や長年の付き合いのある相手など、親しい人に手紙を送る際に、使われることが多いですね。 ビジネスでも、親しみやすい文書にしたいときは、使うことがあります。 まずは、漢語調の時候の挨拶からご紹介していきましょう。 「初夏の候」は5月下旬~6月上旬まで 暦の上では、立夏から立秋の前日までを夏と言います。 暦には、初夏という区分はありませんが、夏の初めという意味合いを込めて、5月下旬から6月上旬を指すことが多いですね。 したがって、「初夏の候」(しょかのこう)は、梅雨入り前の6月上旬に用いるとよいでしょう。 ビジネス文書では、「初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、5月下旬〜6月上旬には、「万緑の候」(ばんりょくのこう)、「薄暑の候」(はくしょのこう)という時候の挨拶も使います。 「入梅の候」は6月上旬~中旬まで 「入梅の候」(にゅうばいのこう)は、「梅雨の季節に入りました」ということを表しています。 実際の梅雨入りの時期にあわせて用いるといいですよ。 ビジネス文書では、「入梅の候、貴殿ますますご清祥の由、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月上旬〜中旬は、「紫陽花の候」(あじさいのこう)、「芒種の候」(ぼうしゅのこう)という時候の挨拶も使います。 c Shutterstock. com 「梅雨の候」は6月中旬~下旬まで 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は、梅雨の期間中に用います。 一般的には6月中旬から下旬頃に用いることが多いですね。 ビジネス文書では、「梅雨の候、貴殿におかれましてはいよいよご健勝の趣、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月中旬〜下旬は、「長雨の候」(ながあめのこう)という時候の挨拶も使います。 「夏至の候」は6月下旬 「夏至の候」(げしのこう)は、「夏至」の期間にあわせて使います。 2020年の夏至は、6月21日 日。 夏至の期間は、2020年7月7日 火 「小暑」の前日までとなります。 したがって、「夏至の候」は、6月下旬の挨拶に使うのがいいですね。 ビジネス文書では、「夏至の候、貴社にはますますご隆盛の段、お慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、6月下旬は、「梅雨晴れの候」(つゆばれのこう)、「短夜の候」(たんやのこう)という時候の挨拶も使います。 「向暑の候」は6月全般に使える 「向暑の候」(こうしょのこう)は、「初夏の訪れを感じる季節」、「暑さに向かう時候」を表します。 したがって、梅雨の無い地方や梅雨らしさを感じない年などの6月全般に使えますよ。 ビジネス文書では、「向暑の候、貴社にはますますご隆盛の由、慶賀の至りに存じます」などというように使います。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「口語調」の慣用句 c Shutterstock. com 続いて、口語調の慣用句をご紹介します。 慣用句とは言っても、そのままの言葉で使わなければならないという厳格なものではありません。 したがって、あなたの感性に合わせて言葉をアレンジして使うことも可能ですよ。 また、先ほどもお伝えした通り、口語調の時候の挨拶は主に親しい人への手紙に使われるもの。 ビジネスで口語調を使う際は、親しみやすい演出をしたいとき、漢語調だと固すぎると感じるときに使ってみてください。 5月下旬~6月上旬の例文 梅雨入り前の5月下旬から6月上旬は、先にも述べた通り、初夏に当たります。 ですから、この時期は、「初夏」や梅雨入り前の天候等に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「さわやかな初夏となりました」 ・「清々しい初夏を迎え」 ・「梅雨がもうそこまでやってきておりますが」 6月上旬~中旬の例文 梅雨入りの時期に入る、6月上旬~中旬。 この時期は、「梅雨入り」や「紫陽花」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「入梅とともに雨が続きますが」 ・「雨に紫陽花の花が映える季節となりました」 ・「梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる日差しとなりました」 6月中旬~下旬の例文 梅雨の期間中である6月中旬から下旬頃は、「梅雨」や「長雨」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃」 ・「鬱陶しい梅雨空の毎日ですが」 ・「長雨の続く毎日ですが」 c Shutterstock. com 6月全般に使える例文 6月全般に使うとしたら、暑さに向かっている様を表すといいでしょう。 梅雨のない地方の方にも使えますね。 例文は下記になります。 ・「暑さ日増しに厳しく」 ・「吹く風も次第に夏めいてまいりましたが」 梅雨の時候の挨拶・お礼状で使える例文は? プライベートな手紙では時候の挨拶から始めることもありますが、ビジネス上での手紙は、「拝啓」から始めて、「時候の挨拶」を書いたら、「繁栄を慶ぶ言葉」、「感謝の言葉」を入れます。 「繁栄を慶ぶ言葉」というのは、「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 その後に「主文」を入れ、「結びの言葉」、「敬具」の構成が一般的です。 c Shutterstock. com お礼状で使える例文をご紹介しましょう。 「拝啓 吹く風も夏めいてまいりましたが、〇〇様にはその後もお変わりなくご精勤なさっていることと拝察いたします。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、〜にしていただき、ありがとうございました。 今後も〜(重ねてお礼のひと言)これからも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 敬具」 「梅雨の時候の挨拶+安否の挨拶」の形で手紙を書く c Shutterstock. com 梅雨の時候の挨拶は、これまで幾つかご紹介してきました。 時候の挨拶だけで終わらせずに、安否を尋ねる挨拶を加えることで、よりスマートな文章になります。 以下に例文をご紹介しましょう。 ・「さわやかな初夏となりました。 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」 ・「入梅とともに雨が続きますが、貴殿におかれましてはなお一層ご隆盛の由拝察いたしております。 」 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃、皆様お変わりはございませんでしょうか。 」 最後に c Shutterstock. com ここまで、「梅雨の時候の挨拶」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 6月は梅雨の影響を受け、天気と同様に気分が晴れないことも多い月です。 そんな季節こそ、時候の挨拶を使って、相手へのねぎらいの気持ちを伝えたいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

時候の挨拶6月下旬の例文と書き出しや結び!夏至を迎えて

時候の挨拶 6月

6月の時候の挨拶として、ビジネスで使用するような改まった漢語調の言葉と少し砕けた言葉を使用する口語長という2種類があります。 ここでは、6月にビジネスの場で改まったときに使用する漢語調の「初夏の候」という言葉を紹介します。 上旬の頃は、まだ梅雨入り前になりますので、「これから雨が多くなり過ごしにくくなりますね」という意味を込めた文や結び言葉を使用すると良いでしょう。 漢語調として、挙げられる語句は「~の候」や「~のみぎり」という使い方があります。 ~の部分に6月の時候の挨拶として相応しい言葉が入ります。 そこで、漢語調と口語調に分けていくつか文例と結び言葉の使い方を順番に見てみましょう。 6月は梅雨入り前の夏の初めというところがポイントになります。 6月の時候の挨拶として、ビジネスに使用する漢語調の言葉は先程も紹介した通り「入梅の候」という言葉になります。 この言葉を使用する際には、雨の多さと過ごしにくさが一層増したことで相手の状態が変わりがないかを心配する内容だといいでしょう。 6月の梅雨の時期は体の節々が痛くなったり、気圧の変化が激しく持病や精神疾患を持っている方には、より一層つらい時期となっていきます。 これらを含めた内容で、文章を作り上げると相手も心配してくれている気持ちがより伝わってくるでしょう。 過ごしにくい時期だからこそ、あえて明るい表現を使用することもお勧めします。 その文例や結び言葉の内容は後に紹介します。 まずは6月上旬から中旬にかけての漢語調の言葉を紹介していきましょう。

次の