スタ即。 「プラズマラット」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「合流して即フルメニューは無理」 リハビリのピリオダイゼーション

スタ即

というわけで、 開店間際から女の子がやってくるのをじっくりと待つスタイルでいざ待機!! パブスタナンパを体験!女の子に声掛けしてみた パブリックススタンドは相席屋とは異なり、必ず女の子と話せるわけではありません。 「フリースタイルで飲み放題のバー」というコンセプトですから、 一人で飲みに来るお客さんもいます。 (実際にこの日、ナンパ目的ではなく一人でお酒を飲みに来ているサラリーマンもいました) しかしながら、 パブスタが出会いの場であることは男女ともに周知の事実です。 女の子も声をかけられることは理解して来店しています。 ナンパ初心者の方でも使えるナンパスポットとして活用できるのではないでしょうか。 早速、僕らも女の子が来店してくるたびに声掛けをしてみました!(笑) 一組目(20代OL4人組) 最初に来店してきたのは4人組のOLさん。 こっちは男二人なので、若干ビビッていましたが勇気を出して声掛けGO!! 池袋が職場という彼女たちは1軒目で飲んだ帰りにパブスタに寄った模様。 コロナ後では初めての来店ということでした。 割とノリのいい彼女達とはすぐに打ち解け、店内では僕らの席が一番盛り上がるほどの展開に!! お酒好き、ノリの良い女の子たちだったので終始笑いを混ぜながら楽しみました。 ちなみにこの女の子の中の一人とは喫煙ブースで こっそりラインを交換! 翌日も仕事という彼女達は2時間ほど飲んで帰っていきました。 3組目(激カワ女子大生2人組) ここからはもう記憶が曖昧なのですが、すでに相当の量の酒を飲んだ僕ら。 店内も男女問わず初対面同士が仲良くなっている雰囲気があります。 満席ではありませんが、程よい来客数でだれもが親しくなりやすい雰囲気がありました。 若いくせにとにかく酒が強いww パブリックスタンドでは飲み放題のメニューのほかにも多種多様なカクテルやシャンパンがあり、もちろんショットなどのアルコール度数高めのアイテムもそろっています。 この時点でもかなり酔っていた我々ですが、最後に彼女たちとノリでショットを注文。 ノリノリで一気飲みする女子大生二人組に翻弄されるオジサンの僕ら(泥酔ww) とにかく可愛い女の子だったのでめちゃくちゃ楽しかったわけですが・・ ほぼ記憶がありません~(笑) どさくさに紛れてライン交換だけはしていたみたいですが、10個以上は年下の女の子たちに潰されて泥酔しながら帰宅しました・・。 (情けねぇ) この日のナンパ結果としては・・ ワンチャンお持ち帰りならず!!(笑) OLさん1名と女子大生2名のラインをゲットした結果となりました。 パブスタで即お持ち帰りは可能!?ワンチャン攻略法 今回パブリックスタンドでのナンパを体験して、いくつか攻略法をまとめてみたいと思います。 ポイント 肝心なテーマは 「パブスタでお持ち帰り」はできるのか!!ということ。 結論からいうと 「お相手次第では可能」だと思います。 イケメンや凄腕のナンパ師さんであれば、 さらに高確率でお持ち帰りができるでしょう。 ここではワンチャンを成功させるための攻略ポイントをご紹介していきたいと思います。 お持ち帰りを狙うなら「遅い時間」や「終電間際」がおススメという声もあるかと思いますが、できるだけ確率を上げるなら 早めの時間から突撃する方が良いと思います。 パブスタのハッピーアワーは18時から20時で、 飲み放題料金は男性「2200円(税込み)」という破格で遊ぶことができます。 ・たくさんの女の子にアプローチできる ・男性客のライバルが少ない ・2軒目に連れ出しができる パブスタは遅い時間になればなるほどお客さんは増えますが、同時にライバルも増えてしまいます。 終電間際に来店しても、すでに男女のグループが出来上がっている可能性が高いのです。 そういう意味でも、パブスタでは オープンから待機することで多くのチャンスをものにできる可能性があります。 女性も話しかけられることは覚悟の上で来店しているはずです。 もちろん断られるケースもありますが、 気になる女の子には躊躇なく声掛けしていくべきですね。 ナンパで女の子に声掛けをするパターンとしてはいくつかセリフがあると思いますが、 パブスタではなんでもいいと思います(笑) 「一緒に飲みましょ」 「こんばんは!!」 「ここ2軒目なんですかー?」 こんなセリフを第一声にすれば、女の子のテンション次第でトークは始まると思います。 注意点 パブスタは男女ともにフラットで自由に過ごしている空間ですので、あまり堅苦しい声掛けはしない方がいいと思います。 最初はノリよく気軽な感じで接することで女の子も返答がしやすいのではないでしょうか。 また、女同士だけで飲みたいという女の子には冷たくあしらわれることもあるでしょう。 そんなときはしつこくナンパし続けるのではなく、 すぐに切り替えて次にいくのが無難ですな。 どんな女の子と話していても全力でその席を盛り上げましょう。 そうすることで、周りの女の子たちに対し 「あの人たちは面白いんだ」「盛り上がってて羨ましい」という認識を植え付けることができます。 どんな世界でも 「モテる男ほどモテます」。 たとえオジサンでもパブスタで一番盛り上げることができれば、他の席の女性からも意識されるはずです!! まずは、話ができた女の子たちを全力で楽しませ、盛り上がっている雰囲気を作り上げましょう。 パブスタでは通常フロアのほかに2畳ほどの喫煙スペースが用意されています。 アイコスやタバコを吸う女の子であれば一緒に喫煙ブースへ行くことが可能です。 実際に最初のOLさんとはこの喫煙室でライン交換をしました。 フロアではテンションを高く話をしていますが、 喫煙室では親密に落ち着いて口説くことができます。 「ライン交換しよ」 「この後どうするの?」 といったような口説きフレーズもここでは話しやすい環境だと思います。 外のカラオケや居酒屋に連れ出した後、ホテルへといった流れが無難ですよね。 その場合、 パブスタで盛り上がっているピーク時に連れ出しを打診しましょう! 女の子が「この人たちともっと一緒に飲みたい」と思ってくれるタイミングで切り出すべきです。 店内で長く話をしすぎてしまうと、徐々に盛り上がりに欠けてきます。 真面目な出会いを求めている場合と、ワンチャンを狙う場合ではターゲットは異なるでしょう。 その日限りの持ち帰りを狙っていくのであれば、即れやすそうな女の子を捕まえる方が効率的かと思います。 ・ノリの軽そうな女の子 ・お酒好きな女の子 ・露出度の高めな女の子 ・終電を逃した女の子 女の子の場合も「出会いに期待してる子」から「楽しく飲めればいい」「お持ち帰りされたい」という子まで様々です。 特に東京は 新宿、池袋、渋谷、恵比寿、銀座、上野など・・近くの店舗をハシゴして遊ぶことが可能です! たとえ、池袋店で女の子がいなくても新宿にいけばいる可能性もあります。 ハッピーアワーの時間から入店をすれば3000円程度で終日ハシゴナンパができます! なるべく多くの女の子と出会いたい場合はパブスタハシゴがおススメですね! (参照: ) 大人のパブスタナンパまとめ ナンパ初心者でも楽しめる自由な空間でした!! 僕は30代半ばのアラフォーに近い年齢ですが、なんとか立ち回ってナンパすることができました。 特に池袋店にくる女の子は若い子が多いとおもうので、40代以降のオジサンがガチでナンパというのは中々ハードなチャレンジかもしれませんが(笑) (男性の客層は学生からサラリーマンまで幅広いので、オジサンでも浮くことはないと思います) 銀座店や恵比寿店ともなれば女性の年齢層や職種も変わってくると思いますから、 自分の 年齢によって店舗選びも大切かもしれませんね。 ポイント とにかくパブスタはナンパ初心者にはもってこいの遊び場です。 女性側も出会いを意識しているわけですから、 ほとんどの女の子は声掛けに反応してくれると思います。 強制的に ランダムで相席になる相席屋よりも、 お互いが話したい相手と話せるパブスタの方がコスパも満足度も高いような気がしました。 もちろん、良い相手がいない場合は何も起こらないで終わることもあるでしょう。 ただし、運がよければ色々な出会いに巡り合える可能性はありますよね。 普段、女の子と接点のない30代、40代の我々でも楽しく飲める環境があると思います! 完全に泥酔して撃沈した僕が言うのもおこがましいですが(笑) ぜひ今回の記事を参考にパブスタナンパにチャレンジしてみてはいかがでしょう!!.

次の

「プラズマラット」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

スタ即

メールで即レスする必要は全くない。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれていると、頻繁にメールチェックをしてしまい、本来やらなければいけない仕事に手をつけられなくなる。 これでは本末転倒であり、仕事の生産性が低くなるだけだ。 僕自身は今基本メールは即レスだが、それは生産性が高まった結果にすぎない。 仕事がデキる人が即レスなのは、彼らが仕事に余裕があるからだ。 逆に言うと、もしあなたが長時間労働に苦しんでいるなら。 あなたがするべきことはむしろメールチェックの頻度と時間を制限することだ。 僕自身、メールチェックの頻度と時間を制限することで飛躍的に生産性を上げることに成功した。 今日はその僕自身の経験から、そのメリットについて語っていこう。 さぁ、今日も早速いってみよう! 広告 メール処理だけで日中が終わってしまう問題 「メールを即レスしなければいけない」という考え方にとらわれることのデメリットは何だろうか。 それは仕事の生産性が圧倒的に落ちることだ。 まず、メールボックスを常にパソコンの画面で開いていると、単純にその画面が気になり(無意識だからあなたは気づいていないが)あなたは目の前のことに集中できなくなっている。 メールボックスの画面や、通知は明らかにノイズなのだ。 単純にこれだけで、あなたの生産性は落ちている。 問題はここからだ。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれていると、常にメールボックスを見て、常にメールに返信し続けなければいけない。 また、メールでは他人から仕事の依頼が来ることも当然多い。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれる人はこうしたメールでの依頼に対してすぐ着手してしまう傾向が強い。 そうすると メールの返信と、メールで来た仕事の依頼で日中のほとんどが終わってしまうことになる。 だから残業しなければいけなくなり、長時間労働が慢性化するというわけだ。 「メールは即レスすべき」の呪縛の恐ろしさをわかっていただけただろうか? この呪縛から逃れるためにもっとも効果的な解決策。 それは、メールチェックをする頻度と時間を決めることにある。 メールは本来すぐ確認するべきものではなかった 何を隠そう、僕自身も昔は常にメールチェックをしていた。 メールが来たらすぐチェックをしていたし、当然返信もすぐしていた。 上司や同僚からメールでタスクを依頼されたら、それを「すぐ処理しなきゃいけない」と脊髄反射的にタスクに着手してしまっていた。 その結果、当たり前のように残業していた。 しかし、長時間労働に悩み、「なんとかしたい」とビジネス書に答えを求めるようになり、次第に「メールは即レスすべき」という考え方自体に問題があることを知った。 メールはすぐ確認するべきものではなかったのだ。 本来メールは受け手が好きな時に確認できることに意味があるツールだ。 急ぎの用件であれば電話をすればいいわけで、メールを送ったら相手がすぐ確認してくれる(メールはすぐ確認すべき)と思うのはあきらかにツールの使い方を間違っている。 そして最終的には、 メールチェックは1日2回、15分ずつというマイルールを決めることにした。 このマイルールで運用してどうなったか、結果を書いていこう。 仕事の主導権を取り戻した! 結論から言えば仕事は全く支障なく回っていった。 まず、頻度と時間を決めたことで、メールチェックの時間は単純に「メールチェックの時間」になった。 即レスできるものはするが、即レスできないものは翌日以降に「メール返信」というタスクとして個別に対応すればいいことに気づいた。 当然メールで依頼されたタスクも、翌日以降のタスクにすればいいことに気づいた。 こうして メールチェックだけに専念することで、本来その日自分がやりたかった仕事に集中できるようになり、自分のペースで仕事が進むようになった。 仕事の生産性は圧倒的に向上していった。 仕事の主導権を「メール」から「自分」に取り戻すことができるようになったのだ。 まとめ 「メールはすぐ確認するべきだ」という考え方の背景には、おそらく日本人のマジメな性格が影響していると僕は考えている。 つまり、相手が送ってきたこと(メール)に即レスをしないことは「失礼だ」という礼儀的な要素が強いと考えている。 しかしここまで書いてきたように、ツールの性質を考えれば、メールを即レスしないことは失礼でもなんでもない。 むしろ生産性が低い方が、ビジネスマンとして他の人に迷惑をかけることになるということに気づいてほしい。 また、「メールはすぐ確認すべきだ」という考え方のせいで生産性が圧倒的に落ち、結果的に長時間労働に陥ることについてもここに書いたとおりだ。 解決策は簡単。 メールチェックの頻度と時間を決めてしまうことだ。 そしてそれを忠実に実行する。 やってみれば僕が書いたように全く支障なく、いや、むしろ大幅に仕事の生産性が上がっていくことを実感できるはずだ。 以下の記事も理解を深めるために読んでみてほしい。 セミナー情報も随時お知らせします。 「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。 もちろん、無料です! 登録は以下からどうぞ• とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中 毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。 しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。 しかも、 30日間は実質無料でお試し可能。 まずは試してみてほしい。 きっとあなたの役に立つ。 個人セッションのご依頼 平日18時以降、都内で開催。 遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。 詳細とお申し込みはこちらから。

次の

グッスタ!の強み|グッドスタート|法人向け プログラマ研修

スタ即

パブスタ=ナンパという印象は、男女ともに有る為、ここに来る女性はほぼナンパ目当てだ。 男はナンパしないほうがむしろ浮いてしまうレベル。 パブリックスタンドの公式サイトでは、店舗ごとの混雑状況が確認できるので、行ったら人がいなかったということは防げるので、とても便利だ。 そんなパブリックスタンドが新宿にあるので突入してきた。 ちなみに、新宿のパブリックスタンドへは何回も行っているが毎回LINEを交換することができる。 僕は基本的にソロストなのだが、今回は知人と共にパブリックスタンドへ行ってきたので、その時の体験談を紹介したいと思う。 また、新宿にはパブリックスタンドが2店舗ある。 新宿歌舞伎町1号店と新宿歌舞伎2号店だ。 出会いが多く賑わっているのは新宿歌舞伎1号店の方で、新宿歌舞伎2号店は若干目立たない場所に位置するということもあり1号店に比べると人が少ない。 なので、今回も新宿歌舞伎1号店へ突撃してきた。 パブリックスタンド新宿歌舞伎1号店の詳細 パブリックスタンド新宿歌舞伎町1号店 東京都新宿区5 歌舞伎町1-5-4 第22東ビル B1F 【営業時間】 月〜金18:00 — 5:00 土・日・祝17:00 — 5:00 ちなみに新宿歌舞伎1号店は靖国通り沿いにあり、目の前にへHUBや相席屋が入っているビルが建っているために、出会いを求めている人たちが多く集まる。 パブリックスタンドは店内に入るとまず初めに料金システムの説明があり、そこで会計を済ませる。 男性は入店日や入店時間で料金が異なるが通常3000円(税抜)、金土は3500円(税抜)で飲み放題で女性は1000円で飲み放題だ。 ちなみに、男性は飲み放題ではなく単品でも入場が可能で、6枚綴りのチケットを3500円(税抜)で購入することができる。 チケット1枚で飲み物1杯であって、このチケットは友人なんかと分け合うことができる。 例えば6人で分け合えば、1人600円程で入場できてしまうのだ。 僕たちは、2人での入場なので、6枚綴りのチケットを購入して、3枚ずつ分け合った。 ちなみに、この日にチケットを全て使い切れなくても、6ヶ月間は有効なので、6ヶ月以内にまた来ればいい。 この日は新宿へ着くのがかなり遅く、パブリックスタンドへ着いた時にはすでに22:00頃だった。 早速チケットを持ってバーカウンターへ行こうとするが、店内はとても混雑しており、バーカウンターも並んでいる。 だが、バーカウンターに並んでいる時はチャンスでもあるのだ。 バーカウンターに並んですぐに、女性2人が筆者たちのすぐ後ろに並んだ。 しかもかなり可愛い。 これはラッキーなので、すぐさま声をかけた。 お金はかかるのだが、ナンパの手間が省けてかなり効率よくなるので資金があれば是非活用しよう。 今回行ったのは新宿歌舞伎1号店だが、新宿歌舞伎2号店も出会いがないこともない。 しかし、新宿歌舞伎1号店ができてすぐに人気が出て、新宿で出会いを求める人は新宿歌舞伎1号店らへんでの行動が多くなった。 また、新宿歌舞伎町2号店はビルの10Fにある。 そのビルの1Fには、パブリックスタンドの看板はあるのだが目立たない。 なので、そもそも新宿にはパブリックスタンドが1店舗しかないと思っている人が多いだろう。 だが、知っている人は知っているし、混雑している新宿歌舞伎1号店を避けて来る人もいるので、10Fまで上がれば出会いもある。 混雑はしていないのだがその分ライバルも少ない。 新宿歌舞伎1号店みたいにナンパばかりというわけでもないので、タイプの女性を見つければチャンスだ。 落ち着いた大人っぽい雰囲気が好きなら新宿歌舞伎2号店に行くべきだ。

次の