境界 性 人格 障害 モテ る。 ADHDと境界性人格障害

「生きるのがつらい…」境界性パーソナリティ障害とは?

境界 性 人格 障害 モテ る

境界性人格障害の発症には個人差がありますが、 発症時期が早いほど深刻になります。 最近では小学校中学年くらいで境界性人格障害の症状を示す子供がいます。 小学校中学年〜中学校にかけて10代前半に始まる思春期発症タイプ、10代後半で始まる青年期発症タイプ、20歳以降に始まる成人期発症タイプに、分類することができます。 低年齢化が進む一方で、成人以降に発症するというケースも最近では多いです。 これは思春期が長くなり、自立までに長い時間を要するようになったことが関係していると言われています。 大学に進学してから、あるいは就職した後に発症するというケースも少なくありません。 しかし一般的には、発症時期が早いタイプほど成育環境の問題が深刻だったと言えます。 強い愛情飢餓や極端な見捨てられ体験を経験すると、早い時期から問題が出てきやすいです。 これに対して、はた目には問題のない家庭で、それなりに愛情も与えられて育ってきた人が境界性人格障害になるのは、年齢が上がってからの方が多いです。 このパターンには親の価値観に支配されすぎたいわゆる「良い子」が多いです。 早期発症のケースの方が、問題が深刻で回復にも時間を要しますが、長期的な予後については何とも言えません。 発症が早くても20歳を過ぎる頃には落ち着いている場合もあれば、20歳を過ぎて発症しても40歳になってもまだ不安定だという場合もあります。 対応の仕方や環境、本人の資質や努力によって大きく変わってきます。

次の

境界性人格障害です。

境界 性 人格 障害 モテ る

境界性パーソナリティ障害とは 世界保健機構の精神疾患の診断基準では、「その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った内的体験および行動の持続的パターンであり、ほかの精神障害に由来しないもの…」と定義しています。 境界性の意味は? 境界性パーソナリティ障害では、神経症の症状があらわれてきます。 ところが、 本来の神経症の患者さんが抱える不安は限局していまが、境界性パーソナリティ障害の場合、常時不安感に苛まれています。 一方で、一過性の精神病症状もあらわれます。 また、強いストレスのもとでは、 解離 自分が自分であるという感覚が失われる や妄想があらわれることもあります。 しかし、いずれも一過性ですから、精神疾患とも言いづらいです。 このように二つの疾患のはざまに発現するということで、「境界性」という名前が付けられましたが、現在では、独立した疾患として位置付けられています。 パーソナリティ障害の定義 パーソナリティ障害は、 ものの捉え方や考え方が偏り、感情や衝動のコントロールがうまく出来なく、結果として人との付き合い方に支障がでる障害です。 具体的には、会社や団体などの社会集団が持つマナー、常識、暗黙の規範に大きくはずれた言動が見られる障害です。 以前は「人格障害」とも呼ばれていました。 しかし、この病名では、性格の悪さが原因のような誤解を与えかねないところから、最近では「境界性パーソナリティ障害」と呼ばれるようになりました。 性格の良し悪しではなく、病気のせいで性格の悪い人のような言動に至ることがあるのです。 そして、当人もそのことで深く悩んでいるということを理解しておく必要があります。 パーソナリティ障害の分類 パーソナリティ障害は、大きく3つのタイプに分けられています。 境界性パーソナリティ障害は、下記の表のB群に含まれます。 B群は「ドラマチック・タイプ」とも呼ばれます。 感情的かつ衝動的なのが特徴で、周囲を巻き込んで迷惑をかけることが多いタイプです。 パーソナリティ障害の分類 境界性パーソナリティの特徴 親から自立する時期(1~3歳)に安定した愛情や関心をもらえなかったために 認知 モノの捉え方や考え方 に歪みが生じ、成長しても認知の歪みによって、対人関係がうまく築けません。 また、 見捨てられる不安が根底にあって、感情が不安定で、情動をコントロールできないため、問題行動を起こし、社会生活に支障をきたすというのが境界性パーソナリティ障害の特徴です。 以下、境界性パーソナリティ障害の特徴を列記してみましょう。 二分法的認知 これは、 物事を白か黒かといった極端な認知をしてしまい、そのことを言い募ることをさしています。 自分の主張に賛成してくれる人は、「いい人」ですが、自分の主張に沿わない人に対しては、ためらうことなく「最低の人」と断定し、妥協の余地を与えません。 これでは、人間関係うまくいくはずもありません。 不安定な感情 いつも情動のコントロールができない不安定な感情に支配されています。 また、些細なことにも敏感に反応します。 なぜ、情動を制御できないかといえば、一つには、 沸き起こる感情が本人も制御できないくらいに強いということがあります。 一つには、 過去に受けたトラウマの影響で、些細な出来事でも過去の体験と結びつき過敏に反応してしまいます。 自己イメージの混乱 境界性パーソナリティ障害がある人は、自分のイメージが曖昧ではっきりしない状態にあります。 そのために、 他人の影響を受けやすく、自分に対する一面的な評価を全人格に対する評価のように受け取ります。 それが、プラスの評価の場合は、相手の人をいい人と思いますが、マイナス評価をされると全人格を否定されたように落ち込み、相手に激しい敵意と怒りを感じます。 この過剰な反応に、周りの人はうんざりして敬遠しがちになるため、集団の中で孤立していきます。 親に対するわだかまり 親に対する強いわだかまりがある一方で、親を求める気持ちが同居しています。 親に対して否定と肯定の気持ちが同居しているわけです。 そうして、否定の気持ちがあることに罪悪感を抱いてもいますから、普通の人とは一味違う複雑な感情を抱いています。 また、先に述べた二分法的な極端な認知のもとにありますから、等身大の親の姿をとらえられないまま、ある時はこきおろし、ある時は過度に理想化してしまいます。 自己破壊的行動 境界性パーソナリティ障害の人が抱く不安の核心にあるのは、 見捨てられることに対する不安です。 これに、自己否定の感情や二分法的認知の歪みが重なって、極端に自分の価値を低く捉えるようになります。 その結果、 自傷行為や自殺など自暴自棄的な行動に走るケースも見られます。 精神疾患に似た症状 精神病と神経症の境界という状態ということもあり、 境界性パーソナリティ障害の中には幻覚、妄想、解離症状など精神病に似た症状が見られるケースがあります。 しかし、それ以外でも、境界を越えてうつ病やアルコール依存症、過食症、拒食症などの精神病の領域に移行する傾向があります。 境界性パーソナリティ障害の診断の基準 境界性パーソナリティ障害は、診断の難しい病気だとされています。 以下に示すのは、大まかな診断基準で、5つ以上該当するケースでは、境界性パーソナリティ障害の可能性が高いとされています。 1 見捨てられる不安:見捨てられることを避けようとするなりふり構わず行動する。 2 不適切な怒り:激しい怒りをコントロールすることができずに周囲にぶつけてしまう。 3 感情が不安定:不安やいらだちなど、情緒が短時間で変わりやすく不安定。 4 2つ以上の衝動的な行動が見られる:浪費、性行為、アルコール、その他の薬物乱用、無謀運転、無茶食いなどの2つ以上の衝動的な行為。 5 極端で不安定な人間関係:理想化とこき下ろしといった不安定な人間関係。 6 自殺企図や自傷行為などを行い周囲を脅すような自己破壊的な行動。 7 自己同一性障害:自分に対する確固たるイメージの欠落。 8 慢性的な空虚感:生きている実感がなく、虚しいといった気分に支配されている。 9 妄想的な思い込みや解離症状:ストレスによって生じる妄想的な思い込みや重い解離症状。 参考: 境界性パーソナリティ障害の原因と治療 境界性パーソナリティ障害は、なかなか治りにくいとされていましたが、 効果の高い治療法が開発され、年齢とともに徐々に軽快することが明らかになってきています。 境界性パーソナリティ障害の原因 境界性パーソナリティ障害の原因は完全に解明されたわけではありませんが、 最近の研究では、衝動的な行動パターンは、中枢神経系を制御する神経伝達物質・セロトニンが関係していて、神経系の機能低下によるものだと考えられています。 遺伝との関係でわかっていることは、情緒が不安定で気分がコロコロ変わるような親の性質が子どもに遺伝しやすいのではないかということですが、 一般的には遺伝的要因は少ないとされています。 こうした生物学的要因のほかに 養育環境、家庭環境、ストレスの多い社会環境、いじめや虐待によるトラウマなどの環境が、境界性パーソナリティ障害の発症に深くかかわっていることが明らかになってきています。 このように幼児期の養育環境や生育環境の影響は無視できませんが、特に注目されているのは、 「不認証環境」が境界性パーソナリティ障害の素地を作るということです。 不認証環境とは、 親から常に否定的な扱いを受けるという環境です。 あるがままの自分が認められず、親のルールに従うことを強いられた環境で育つと、いつも親の目を気にし、基本的な安心感が育ちません。 その結果、常に不安に付きまとわれた境界性パーソナリティ障害の素地を作ってしまいます。 認知行動療法による治療 パーソナリティ障害の治療は長期にわたりますが、 重要なのは患者と治療者(医師・カウンセラー)の協力と信頼関係です。 治療の現場では、どんなことが問題になっているのかということや、その対策について一緒に検討していきます。 治療の柱となるのは、 支持的精神療法、認知行動療法、精神分析的精神療法などの精神療法(orカウンセリング)です。 治療をとおして認知の歪みを直していきます。 薬物療法 薬物療法もおこなわれますが、薬物療法では、 感情調整薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や少量の抗精神病薬が使用されます。 なお、境界性パーソナリティ障害に対して保険適応の薬剤はありません。 薬物は主に付随する症状の緩和のために使われています。 接し方のポイント1:距離をおいて冷静に見つめる 境界性パーソナリティ障害の患者さんの感情は「ジェットコースター」のように激しく表現されます。 そして、家族も一緒に乗せられてしまって大変な思いをするというのが特徴です。 なぜ、それほどまでに激しい言動をおこすのか、少し距離をおいて冷静に見つめることが重要です。 彼らを変えようとするのではなく、まずは受け入れ、理解し、感情的に否定せず、冷静に対処するということが求められます。 接し方のポイント2:専門家の支援 受け入れるものの、本人にも責任があるという姿勢を貫くことも忘れないようにしましょう。 家族の養育環境に問題があったとも、家族や周囲の人が責任を感じすぎてしまうと、本人は自分の問題の責任を家族に押しつけてしまいがちになります。 「それはあなたの問題です」と一線を引く姿勢を崩さないようにしましょう。 また、家族で抱えこまずに専門家に相談し支援を受けたりすることもお勧めします。 境界性パーソナリティ障害は治る 正確な疫学的統計はありませんが、患者数は人口の1、2%くらいではないかと推測されています。 この数値は、境界性パーソナリティ障害が、稀な障害ではないことを物語るものです。 かつては、治りにくいとされていましたが、治療法の進歩で時間はかかるものの、治る病気であることも明らかになってきています。 境界性パーソナリティ障害の患者は、 1年後には約6割が、6年後に診断すると約7割が診断基準を満たさなくなっているというデータもあります。 早期に支援の窓口に相談し、専門の医療機関で治療に取り組むようにしてください。

次の

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の特徴と患者さんとの接し方とは?

境界 性 人格 障害 モテ る

「鬱」にも色々あり単なる「抑うつ状態」 かつての抑うつ神経症、現在は、気分変調症 等様々な「うつ」が存在致します。 症状は非常に多彩で、一見何の問題もないような人から、アダルト・チルドレンと言われるような症状や、リストカット(手首を切る自殺未遂)を繰り返すケースや、幻覚や妄想を伴って、まるで分裂病かと思われるような激しいものまであります。 全体的には心の不安定さや急激に変化しやすい感情などが特徴です。 多数の研究者が、幼いころの母親との関係が原因であると考えています。 有名人で境界例と思われる人には、あのダイアナ妃をはじめとして、他にもたくさんいる様です。 詳細は以下を参考に・・・。 1.【DSM-IV】アメリカ精神医学会(APA)が発行する精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版 2.【ICD-10】WHO(世界保健機構)の疾病及び関連保健問題の国際統計分類 第10版 詳細は、以下をご参考に・・・。 だからと言って全く無視する事もいけない事だと思います。 いずれにせよ、難しい事ですが、巻き込まれる場合がありますので、ほどほどの距離を置く事も重要です。 Q うつ病の入院する目安は・・・ うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。 うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか? うつ病になって、2年になります。 通院していますが、薬が効いているのかわかりません。 人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。 食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。 1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。 うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。 A ベストアンサー ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。 パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。 でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。 何かを試してみるのはとても良いことですよ。 どこから、状況が打開されるかわからないし 色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。 入院には「強制入院」と「任意入院」があります。 強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。 任意入院は本人の希望で行われる入院です。 私の場合は任意入院でした。 理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない 状況とちょっと深刻な身体状況であったため。 医師に相談してみてください。 医師があなたの考えや判断に一理あると思えば 入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。 任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。 医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。 入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。 どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり チェックされる。 持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。 他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。 医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。 私の経験では返って疲れましたね。 廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。 何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。 入院期間は人それぞれです。 任意入院は特に。 私など2週間で退院しました。 意味がないと思ったので。 それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。 冒頭に書いたように、今の状況を打開 するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。 何か聞きたいことがあれば質問をください。 答えられる限り、経験からお返事します。 ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。 パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。 でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。 何かを試してみるのはとても良いことですよ。 どこから、状況が打開されるかわからないし 色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。 入院には「強制入院」と「任意入院」があります。 強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者... Q はじめまして。 39歳の夫です。 結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。 妻も39歳でお互い再婚です。 結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。 普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。 結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようになりました。 ケンカの途中でベランダに走り乗り越えようとしながら「オラー!見てろー!飛び降りるぞー!」と叫ぶこともありました。 ケンカの原因ですが妻の言い分では、全て私にあるそうです。 「私には優しくしてくれないのに、私以外の女に優しい」「メールの返信が遅い、他の子には早いのに」っと、良くある嫉妬のようなものが殆どでしたが、それ以外で自分の意見が通らない、軽く注意されると言うことでも不機嫌になり、発狂していました。 たまたま、トイレが流れていなかったので「流れていなかったよ。 」というと、不機嫌になり「流れが悪いから便器を交換しろ!」というので、「まずは、できることからで流れたか確認しようね。 」というと、怒りが爆発しました。 これも私が妻を不安にさせたことが原因だそうです。 不機嫌になる、怒るのは良しとして自殺を見せ、発狂するまで収まらないのは異常と思い、平常時の妻とも随分話し合いましたが結果として私に改善を求めます。 私も改善するから妻にも「怒る前に一呼吸おいてね。 」という話をすると「それで怒ったら、やっぱり出来なかったと攻められるから、私は約束できない。 」と言います。 このようなことは、最低月に1回起こりました。 心療内科にも行きましたが、改善はしませんでした。 また、神頼みで除霊もしました。 その後、妻の妊娠のため精神科での検査等は出産後ということになり、高齢出産でもあるため、結果的に、私は無職になって家事の全てをこなし、妻の為に腰と顔のマッサージをする等、全力でサポートしてきました。 出産は、妻の実家の方が安心できるだろうということで、妻と一緒に妻の実家へ出産予定日一ヶ月前から居候することにしました。 妊娠中も私は掃除、洗濯はするようにしていました。 この間も、妻が発狂し、私の荷物を玄関から投げ捨てられ家を追い出される事もありました。 勿論、私も応戦し、幾度か妻を殴ることもありました。 殴った理由は「こんな子供要らない!生まれてきても不幸だ!」と言いながら自ら腹を叩いている時や、飛び降りをしようとしたとき、「子供には父親は要らない!」と言いながら殴りかかってきたとき等です。 一度は、殴り方が悪く鼓膜を抜いてしました.... 出産後、産後の肥立ちもあるので一ヶ月検診が終われば東京へ戻り、ホルモンバランス等もしっかり検査して、この異常な怒りを治そうと約束していたので、なんとか頑張っていました。 それでも子供も無事生まれたのですが、先日、夜中にやっと子供を寝かしつけ、4時間の授乳、おむつ交換まで寝ようとした時、完全に寝入ったところで起こされました。 「腰と顔のマッサージをして欲しい」と言うのです。 寝入りばなを起こされ分けも分からない状態だったのですが、腰が痛いと寝れないだろうと思い、腰のマッサージをしました。 ただ、本当に眠くて体が重くて、とても顔マッサージまでは出来ないと思い、「顔マッサージは明日にしてくれない?」と言うと、不機嫌になりました。 私は、そのまま寝てしまい4時間後の授乳、おむつ交換で起きました。 妻は母乳をあたえ終わると不機嫌そうに、さっさと寝てしまいました。 私は、母乳で足りない分のミルクを作り、与え、オムツを交換し子供を寝かしつけました。 翌日、「昨日はゴメン、顔マッサージするか?」と言うと「嫌々なら、しなくていい!」と切り捨てられました。 正直あきれました..... 妻の怒りは納まらず、東京へ戻り、この異常な病気(?)をしっかり検査する約束をあっさり破棄しました。 怒りの原因が顔マッサージというのは、理不尽ではないか?っと応戦すると「腰のマッサージの仕方に誠意が無い。 また、お前が原因なんだ。 私が納得するまで謝り続けろ!」と言います。 妻のご両親も、もういがみ合うしかないのら離婚して欲しい様子です。 孫も居るし、ここは私に引けという状態になりました。 結局、私は妻を最大限にサポートするため暫く無職を貫き、妻の実家での生活もし、妻の為に一切の家事もこなしたのですが、生まれたばかりの子供とも引き離され、1人東京で、愛知の病院を探しています。 妻のご両親に病院を紹介し、妻を連れて行って検査をしてもらうためです。 私も、かなりヤバイです。 子供に会いたい..... 妻が何故、ここまでひどいのか? 原因が分かれば、治療もできるし、子供とも一緒に暮らせるはずです。 いろいろネットで情報を収集していると、これは境界性人格障害ではないか?と.... 妻の実家、愛知県で境界性人格障害の診断のできる病院は無いのでしょうか? 宜しくお願い致します。 はじめまして。 39歳の夫です。 結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。 妻も39歳でお互い再婚です。 結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。 普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。 結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようにな... A ベストアンサー 2度目失礼します。 9の回答の者です。 人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。 なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。 正式な診察でなかったので、医者として病名(?)を口から出すことは出来ない状況でしたが、感想として「ご主人は社会全体に対して被害感を感じる人」「離れたほうがいいでしょうね」とコメントをもらいました。 奥さんは普段とおかしくなった時の差が激しいとのことなので、自分が診察される時には絶対本当の顔を見せないんじゃないでしょうか。 主さんは診断を受けることにこだわってみえますが、診断なんて医者によって違うし、患者のその日のコンディションによっても変わります。 診断=治療スタートではないと思います。 また、治療を続けるには、奥さんの自主的な意思が必要です。 治療を受ける動機は「困り感」ですが、それが奥さんにあるでしょうか? 診断が必要になるのは、離婚や親権争いなど、奥さんと関係を清算する時かもしれませんね。 あと気になったのが、「悪いことをすれば叩かれる」というフレーズですが・・・。 果たしてそれはそうですか?主さんにとっては体に染み付いた常識かもしれませんが、自分からの一方通行の考え方、物の見方だと私は思います。 本当にそれは正しいのか、考えてみていただきたいと切に願います。 人によっても状況によっても「悪いこと」の基準は変わります。 戦争で相手をたくさん殺せば勲章ものですが、平常時に1人でも殺せば殺人罪です。 人間の命の重みはどちらも同じなのに。 主さんにとっての「奥さんがした悪いこと」とは、何だったのでしょうか。 妊娠中のお腹を叩いたことなどですか? 確かに、胎児にとって悪いことです。 普通の母親ならそんなことはできません。 しかし、奥さんにはそうせざるを得ないほどの悪いことを主さんからされたという言い分があるかもしれません。 悪いことをされたから叩いたという言い分があるかもしれません。 その言い分は、境界性の人なりの・・・きっと不条理なものなんじゃないかと思います。 理由のない見捨てられ感だとか、思い込みの激しい誤解や被害感、そこから生まれる本当に不条理な憎しみなどなど・・・。 悲しいかな、人格障害の人たちはその不条理な感情の渦中にいて不条理さに気付くこともできないし、抜け出すこともできないのです。 奥さんにとって先に悪いことをしたのは主さんということになっているかもしれませんね。 それなのに主さんから叩かれたら、もう本当に憎む対象になってなってしまうんじゃないでしょうか。 奥さんからの暴力に対して、どうしたらいいかということですが・・・私もどうしていいかわかりません。 そして逃げて30分ほどたったら電話で「暴力を振るわれたら逃げざるを得ない。 でも安心して。 1週間(期間は状況による)したら様子を見に行くから」と告げ、何か相手から要求や謝罪があっても一切とりあわず居所も告げず避難し、言葉どおりに行動するんだそうです。 主さんも奥さんとの線引きが必要かもしれませんね。 奥さんの要求にどこまで従えるかが本当の愛情ではありません。 主さんがあんまりにも従ってくれるので、奥さんはさらに暴走するしかなくなって、かえって可哀想です。 奥さんは主さんを振り回して自分を満足させようとしていますが、本当の満足は人の振り回しからは得られません。 むなしい負のスパイラルに陥るだけです。 主さんが、本当はどうしたいのかはっきりさせるといいかもしれませんね。 子供さんのことだけが気がかりなのか、子供を育てるための必要として奥さんを見ているのか、自分が独りになることが嫌なのか、それとも本当に奥さんというパートナーを必要としているのか・・・。 それによって対処の仕方も変わってきますね。 いろんなことを推測だけで書いてしまいましたので、違っている部分も多分にあると思います。 それはどうかお許しください。 そして、主さんが本当に「そうだ」と思うところだけどうか参考になさってください。 長文失礼しました。 どうかお元気で。 2度目失礼します。 9の回答の者です。 人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。 なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。 Q はじめまして。 二十代女性です。 境界性人格障害を治す手がかりになる本や方法 病院などを教えていただきたく投稿しました。 昔からずっと自己肯定感が低く 生きづらさや恋愛での悩みなどを抱えてきました。 心理学を勉強したことから、アダルトチルドレンだとは認識していたのですが いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。 テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。 今、恋愛をしていますが、私が不安になったり考え込んだり 感情を抑えるのが苦手なため相手を疲れさせてしまい 幾度となく別れ話が出ました。 いまは向こうも頑張ってくれていますが、自覚したことを機会に きちんとなおしたいです。 こちらで事例が出ているような、相手を脅したり自殺未遂をしたりはしていませんが 喧嘩になると次の日まで持ち越せず夜中でも話を求める 感情が高ぶると物に当たりたくなりますが、かなり必死で堪えています。 堪えているのはばれてます。 何度か、夜中に家を飛び出したこともあります。 衝動のままに行動したら、おそらく本気で相手を殴ったり罵倒したり 死ぬと喚いたり、電話をし続けたり、試す行為をしたり絶対してしまいます。 相手の些細な行動から拒絶されていると感じ、どうしようもなく胸が痛く怖くなります。 喧嘩をしていても、内心は見放されるのが怖くてたまりません。 どうにかわかってほしい反動や、見放される不安で感情が湧き上がり抑えられなくなります。 人からは褒められ憧れられるような仕事をしており 友人も多く関係も良好で心も開いていますが 誰になんと言われようと自分を肯定できておらず、自信がありません。 こんな自分が嫌で嫌で、相手を苦しめるのも嫌ですし、治したいです。 ずっと生きづらさを感じて、常に悩んで苦しんで心がズキズキしている人生でした。 どうにかして治したいです。 もっと楽に心穏やかに生きたいです。 よろしくお願いします。 はじめまして。 二十代女性です。 境界性人格障害を治す手がかりになる本や方法 病院などを教えていただきたく投稿しました。 昔からずっと自己肯定感が低く 生きづらさや恋愛での悩みなどを抱えてきました。 心理学を勉強したことから、アダルトチルドレンだとは認識していたのですが いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。 テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。 今、恋愛をしていますが、私が不安になったり考え込んだり 感情を抑えるのが苦手なため相手を疲れさせてしまい 幾度... A ベストアンサー 元境界性人格障害の者です。 ご質問を拝読致しましたが、あなた様が境界例である可能性は極めて低い、叉は万が一そうであっても、相当軽度であり、問題視する程ではないとお見受け致しました。 まず >いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。 >テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。 この点。 テスト と仰るのは、恐らくネット上や、書籍からではないでしょうか。 あの類の質問事項はあくまでも 可能性がある、という結果が出るように段階付けられているのが特徴です。 あなた様は、[危険な状態です、今すぐ専門家に相談を]という結果にはなった事はないのではと存じます。 >感情が高ぶると物に当たりたくなりますが、かなり必死で堪えています。 抑えられるのでしたら、境界例ではありません。 程度にもよりますが、この障害の方は、ワーっと感情が高ぶると、自己をコントロール出来なくなり周りを何らかの方法で巻き込むのが特徴です。 >衝動のままに行動したら、おそらく本気で相手を殴ったり罵倒したり 死ぬと喚いたり、電話をし続けたり、試す行為をしたり絶対してしまいます。 予想で留まれるのなら、大丈夫です。 これらの症状は文献などで調べられたのかと存じますが、 そうなるかも知れない、だけですよね。 そして最大に、私があなた様の事を境界例ではないと思う点。 >友人も多く関係も良好で心も開いていますが 境界例の方は常に他人に対する評価が揺れ動いてしまうので、対人関係が常に不安定です。 周囲の人間と上手くやれている事からも違うと思います。 じゃあなんなの?と思われるかと思われると思います。 あなた様の場合、アダルトチルドレンである可能性が高いです。 何故混同しがちかと言うと、境界例の殆どの方がアダルトチルドレンだからです。 しかしアダルトチルドレンはご存知と思いますが病気ではありません。 恐らく心療内科などへ行かれても安定剤などを処方されるだけで、あなた様の望むアプローチは受けられないと思います。 アダルトチルドレンは、過去の自分が受けた傷を癒やしてあげる事によって治ります。 大丈夫です。 あなた様の中に、実年齢のあなた様と、子供の頃傷を受け癒やされないままでいる小さなあなた様が存在しているとお考え頂く事が一番解りやすいかと存じます。 カウンセリングは非常に有効です。 元境界性人格障害の者です。 ご質問を拝読致しましたが、あなた様が境界例である可能性は極めて低い、叉は万が一そうであっても、相当軽度であり、問題視する程ではないとお見受け致しました。 まず >いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。 >テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。 この点。 テスト と仰るのは、恐らくネット上や、書籍からではないでしょうか。 あの類の質問事項はあくまでも 可能性がある、という結果が出るように段階付けられているのが特徴... Q こんばんわ~! パーソナリティ障害と言っても色んな方がいて、色んな症状がありますので全部一括りにするのは危険だと思いますので、その辺りを理解、考慮してアドバイスお願いしますm. m 社会に出て約20年。 長く続いた仕事&バイトで、約10ヶ月くらいです ーー; 最短で辞めたのは、ドタキャン。 一日と続きます。 仕事が決まるまでは意欲満々なのですが、仕事に行くとなると、何故か行きたくなくなります。 続いた仕事は、毎日が楽しかったんです。 怒られて泣いてばかりの職場もありましたが、色んな事を含めて楽しかったです。 辞める理由は様々。 仕事が思っていた内容と違った。 理想ではなかった。 人との衝突。 キレて辞めてしまった。 大まかにこんな感じです。 社会に出ても親元にはいませんでした。 一人で住んでいた時期。 知人宅に住んでいた時期。 そして7年前に実家に帰ってきて、親と二人暮らしでしたが、約3年前に親が倒れて自分一人になりました。 仕事はロクに続かなかったのは、誰かに養ってもらえる!のとは違うように感じます。 お金より大事な自分の感情を大事にしているのかな?と最近思うようになりました。 自分の感情を優先している為に、行きたくないなと思えば、平気で嘘を付ける。 でも行かなかったら、やっぱり後悔、自己嫌悪です。 仕事が続かなくて困っています。 お金も大事ですが、社会に出て私も孤独にならずに、みんなと関わっていたい。 社会の一員でありたい。 そして、お金も欲しい。 自立したいです。 つい最近の出来事。 採用されたバイト先で、キレてしまい、途中で「帰ります!」と言って泣いてしまいました。 どうしても抑えられなかった。 指導してくれた方の指導の仕方に腹が立ってしまいました。 後で考えれば、受け取り方の問題なのですが・・・ 上から目線やん! 何で、そんな風にしか言えやんの! 偉っそうに! 私の事、何か気に入らんの! そう受け取ってしまい、大人気もなく、感情が高まってしまい、カ~ッとなりました。 結局2時間しか、その職場にいませんでした。 情けないです。 何で我慢ができんかったんやろう!って・・・ 人格障害は仕事が続かない。 m 社会に出て約20年。 長く続いた仕事&バイトで、約10ヶ月くらいです ーー; 最短で辞めたのは、ドタキャン。 一日と続きます。 仕事が決まるまでは意欲満々なのですが、仕事に行くとなると、何故か行きたくなくなります。 続いた仕事は、毎日が楽しかったんです。 怒られて泣いてばかりの職場もありましたが... A ベストアンサー まず初めに中傷している訳ではありませんが気分を害されると思います。 お読みになりたくなければ読まないでください。 それが医師が本音を直接伝えない理由です。 内容を読ませてもらいパーソナリティ障害というのを調べさせてもらいました。 恐らく書かれていないものも存在するんでしょうけど。 それで、私から言わせていただくと「は?」なのです。 なぜかというと障害と診断されたのは mogupipi5022さんが医師の所に行って何らかの説明を話し合った結果の医師判断病名です。 診断を受けていない人にしてみれば一般にあることですよ。 なので一般目線で回答します。 大まかにお辞めになる理由をこのように記していますが、会社は mogupipi5022さんのモノではありません。 そして、他人は mogupipi5022さんの弟妹ではありません。 それは仕事を始める前から認識しなければいけないものです。 だから面接というものがあるんです。 認識が出来ないというのは入院しなければいけない程です。 ですが医師の判断ではソコが無い。 つまり、医師は認識を怠っている事を改めれば治ると言いたいんですけど、病院・クリニックetcは経営しており自己嫌悪や自意識過剰や自己中といったものの激しい人には言えないんですよ。 理由は半日・一日と些細なことも含めて【キレて】と実際お書きになってます。 >人格障害は仕事が続かない。 私みたいな感じでは続かないのでしょうか? 人格障害をお持ちの人でも仕事は続けられます。 しかしその人次第です。 mogupipi5022さんが改めない今まで通りで良いという感じなら続かないと思います。 >どうすれば、ちゃんと毎日仕事に行けるようになりますか? 私が記したことを一発で冷静に読んで理解して頂ければ、あとはキレないようにするだけです。 ものすごく噛み砕いて書いてますので分かって頂ければ幸いです。 まず初めに中傷している訳ではありませんが気分を害されると思います。 お読みになりたくなければ読まないでください。 それが医師が本音を直接伝えない理由です。 内容を読ませてもらいパーソナリティ障害というのを調べさせてもらいました。 恐らく書かれていないものも存在するんでしょうけど。 それで、私から言わせていただくと「は?」なのです。 なぜかというと障害と診断されたのは mogupipi5022さんが医師の所に行って何らかの説明を話し合った結果の医師判断病名です。 診断を受けていない人にしてみれば一般... A ベストアンサー こんにちは。 境界性人格障害の方は、人当たりのいい方は多いですが、空気が読めない(ごめんなさい、こういう言葉は嫌いなのですが…)ことが多く、そのことで周りとの関係を壊し、それを他人のせいにすることがままあります。 また、男女問わずキレイな方だったりすると、そのことでグループ内の平和を乱すことがあります。 でも、自分で悪いとは全然思っていない場合が大半だったりします。 境界性人格障害の方には、独特の引き込むような魅力的な雰囲気を持つ方も多いので、引き込まれて魔力にとらわれてしまう方も多くいらっしゃいます。 もしお友達にいらっしゃるなら、決して良くも悪くも特別扱いをせず、普通の友達として接するのが良いと思います。 誘惑されても、決してのってはいけません>< Q 旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。 ずっと心療内科に通っています。 2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。 クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。 ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。 今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。 さて・・・今の旦那は「母親」という大きな呪縛からもちょっとは解かれ、鬱の回復期(?)だと思うのですが、私への依存が強く、自己中な考え方、幼少期に母親にかまってもらえなかったからか、私への 要求だらけでもううんざりです。 旦那の母親は、診療科の先生に言わせると、境界型パーソナリティ障害だと思われる人だそうです。 旦那も少し(いや大分?)境界型の性格です。 「死ぬ」とほのめかしていた頃は、必死で死んでは駄目だと支え(その間3人の子供の精神安定をフォローするのも大変でした)、夜どこかへ行ってしまった旦那を必死で探したり、休職した際も、私がかなりハードに働き、それはもう、クタクタでへとへとで大変でした。 「しっかりしろよ!」と言いたいけど、旦那に言うと、「どうせ俺は出来ないんだ」と、また暗く落ち込むので本人に喝を入れるとか、本音でガンガントークが出来ません(また死ぬって言われたら嫌だし) 正直、旦那の愚痴を聞くのも嫌で、巻き込まないで欲しいと思っています。 愛は無いけど情はある。 といった気持ちです。 子供がまだ中学生と小学生なので、大人になるまでは辛抱・・・と思っていましたが、こんな旦那、どうあしらったらいいか・・・私だけが我慢しているようで、「割に合わない」と考えてしまいます。 寝る前に暗い話(どうして俺はこうなんだろう・・・こんな僕はいや?等)をするので、隣で寝るのが嫌になり、今は一緒に寝ていません。 (娘が旦那と寝ています) それについても、今朝、「娘が僕と一緒に寝たいから替わったわけ?それとも僕と一緒に寝るのが嫌なん?」と聞いてきたので、正直に「娘はパパと寝たいって言ってる。 私はそもそも1人で寝たいタイプだし、寝る前にグチグチ暗い話しないのなら、また一緒に寝てもいいけど。 」と言ってやりました。 するともう・・・またキレて暗くなりはぶてた様子・・・ 自分の思うようにならないと、すねたり、はぶてたり、暴言を吐いたりする旦那。 朝からため息ばかりつかれ、周りがどんなに気を使っているか、分かって無いんでしょうか? よくキレていたので、正直ビクビクしています。 こんなの普通の夫婦関係じゃないですよね?とにかく毎日疲れます。 鬱だから・・・といって一番身近な妻である私に辛い思いをさせて平気なのでしょうか? 「どうしたらいい?」としょっちゅう職場からも電話があり、アドバイスしても結局は聞き入れてもらえず、勝手に落ち込んでいる旦那。 振り回すだけ振り回しといて、「僕の事嫌いになった?」などと甘えて聞いてくる神経がわけ分かりません。 私はひとつも旦那に(精神的に)支えてもらっておらず、心安らぐ事が無いです。 顔を見るのも嫌になっています。 愚痴になってしまいました。 すみません。 私のような方、他にもおられるのでしょうか?私が心療内科に相談した方がいいのでしょうか? 毎日が辛いです。 旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。 ずっと心療内科に通っています。 2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。 クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。 ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。 今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。 さて・・・今の旦... A ベストアンサー うちの主人も7年間うつ病です。 休職を1年半しました。 まだまともに出勤できません。 私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、 3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。 で、私の対策ですが、 ・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない) ・旦那は生きているだけでヨシとする。 致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。 ・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。 否定は絶対にしない。 ・子供は無条件にパパが好きなのでそれは推奨する ・自分が旦那の近くにいるだけでイライラするような状況になったら 自分のキャパが減っていると言う事なので、自分のケアに専念して黒い気持ちの浄化に努める ・旦那の話が多い人からは距離を置く(ノロケ話満載のママ友は絶縁) ・できるだけ独身の友達と会う(違う世界だから気分展開になる) ・離婚するかどうか考えて、しないと決めたら腹をくくってこの状況を受け止める。 ・心の処方箋になるような本を心の親友として持ち、時々ひもといて心の浄化につとめる ・同じことは二度考えないようにする ・鬱の人は自分のことで精一杯。 思いやりや協力を求めない ・奥さんがしっかりしすぎていると旦那さんの立場がますますなくなるようなので、 自分もがんばらない ・旦那のプライドは傷つけない ・あまり気を使わない。 私も一時期は旦那の半径1メートル以内に近寄るのも嫌でした。 何か生理的に嫌になったんです。 重荷としか思えなくなったこともあります。 進学も就職も順調だったのに、結婚が人生一番の失敗だったと愕然としたこともあります。 お子さんが3人もいてうらやましいです。 頑張っているママを誰よりも理解してくれる仲間がたくさんいるじゃないですか。 うちは一人っ子です。 で・・・・私はカウンセリングには行ってますが、とても頼りになります。 質問者様は疲れているだけなので、心療内科は行かなくてもいいように私は思いました。 質問者様は私よりもずっとずっとがんばっていらっしゃって、 旦那様のグチも聞いて(私はだいたいスルーするほうが多いかも!) 働いて本当にすごいと思います。 私だったら家出してます(私も1回家出しましたが。 子供が泣いて家に帰りたいと言うので帰りました)。 とにかくうつ病は長いんです。 重苦しいんです。 いつ治るのか治らないのか先が見えないし、 努力しても看病しても、さっぱり手ごたえがなくむなしいのです。 しかも世間には軽く見られるのです。 しかしこれも運命なのです。 どうかご自分の心のケアをして、いい人生を送られますよう。 私もまだ希望を持ってます。 うちの主人も7年間うつ病です。 休職を1年半しました。 まだまともに出勤できません。 私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、 3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。 で、私の対策ですが、 ・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない) ・旦那は生きているだけでヨシとする。 致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。 ・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。 否定は絶対にしない。 ・子供は無条件にパパが好... Q アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害の違いについて。 アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害は酷似しているという記述を見かけました。 アダルトチルドレンは・・アルコール依存症、機能不全家庭、トラウマ、嗜癖・・といったキーワードで説明されることが多く、ボーダーラインは「見捨てられ不安」「自傷行為(リスカ、OD等)」「攻撃性」などのキーワードで説明される臨床単位。 そこまではわかるんです。 いくら明確に説明されていても、本質的な(本質的な心性の)違い、というのがわからないし、私はいったいどちらに該当するのかもわからない。 どちらも該当するようで、かつ該当しないような気がしてしまう。 でも、困っていることなんかはあります。 それで、医者に行けばどうにかなるんでしょうか。 クスリはたいして効かないとも言われ、カウンセリングが治療の柱になる。 なんとなく、ボーダーラインかな、とも思ったりもするけれども、かつて色々な医者にかかってきて、 けれども、ぴんと来なかったんです。 でも、どこにもかからず、放置しておくのもどこか不安で・・。 良い方法はないでしょうか。 アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害の違いについて。 アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害は酷似しているという記述を見かけました。 アダルトチルドレンは・・アルコール依存症、機能不全家庭、トラウマ、嗜癖・・といったキーワードで説明されることが多く、ボーダーラインは「見捨てられ不安」「自傷行為(リスカ、OD等)」「攻撃性」などのキーワードで説明される臨床単位。 そこまではわかるんです。 いくら明確に説明されていても、本質的な(本質的な心性の)違い、というのがわから... A ベストアンサー 『アダルトチルドレン』の中に、『境界性人格障害』も含まれると考えると分かりやすいかも知れません。 「アダルトチルドレン」は、広い意味で「子供の頃、親に愛情を注いでもらうことが出来ず、その影響が、成長した後にも様々な形で症状となって現れる」という状態を指します。 「愛情を注いでもらうことが出来ず」というのは、具体的には、親がアルコール依存症などのために日常的に暴力を振るったり、子供に無関心であったり、さらには親自身がアダルトチルドレンであったために感情が不安定で、子供に過干渉になったり、激しく叱責したりするような状態です。 このように、親の愛情を受けられず、満たされなかった思いは、様々な形で子供に影響が出ますが、その一つとして『境界性人格障害』という形で現れる場合があります。 治療としては、その「満たされなかった思い」を、時間を掛けて少しずつ埋めていくという事になりますが、簡単ではありません。 薬は、たとえばその満たされなかった思いから来る「抑うつ状態」などを、対処療法的に改善するために処方されたりしますが、薬で「境界性人格障害」も含めた「アダルトチルドレン」が治る訳ではありません。 カウンセリングが行なわれるケースも多いですが、それ以外にも、医師や看護師など、病院スタッフとの「かかわり」の中で、少しずつ人との信頼関係を安定的に築いていく事自体が、「治療」になるとも言えます。 しかし、残念ながらそこまで『アダルトチルドレン』を深く理解して治療を行なう事の出来る医療機関は、多いとは言えないのが現状だと思っています。 特に『境界性人格障害』の場合は、患者さん本人の、医療に対する「極端な信頼」と「極端な不信」がめまぐるしく入れ替わり、信頼関係を築く以前に本人が治療を中断してしまったり、場合によっては医療機関側が治療を中止することもあります。 「良い方法」という意味では、HPなどで調べて、「境界性人格障害」も含めた「アダルトチルドレン」に関しての治療実績があり、医師だけでなく、カウンセラーやその他のスタッフも、ある程度専門知識を持った上でのかかわり方を学んでいる医療機関で診てもらうこと、ということになると思います。 具体的な病院名などは、挙げる事が出来ません。 すみません。 『アダルトチルドレン』の中に、『境界性人格障害』も含まれると考えると分かりやすいかも知れません。 「アダルトチルドレン」は、広い意味で「子供の頃、親に愛情を注いでもらうことが出来ず、その影響が、成長した後にも様々な形で症状となって現れる」という状態を指します。 「愛情を注いでもらうことが出来ず」というのは、具体的には、親がアルコール依存症などのために日常的に暴力を振るったり、子供に無関心であったり、さらには親自身がアダルトチルドレンであったために感情が不安定で、子供に過干渉... Q 境界性人格障害の人は何か苦しいのでこのような行動をしているのでしょうが、何がそんなに苦しいのでしょうか?それが病気だとは分かっていますが、初歩的なところで考え込んでいます。 境界性人格障害だった妻と離婚しました。 元妻は感情の起伏が極端で、包丁を持ち出しては死んでやるとやっていました。 人恋しいと言っては飲み屋通い。 月に10万円近くは飲み代になくなりました。 精神科に通院していましたが、薬を処方するだけで何も解決にはなりませんでした。 薬だけでもかなりの量を飲んでいました。 毎日眠れないと言って明日仕事がある私に深夜でも話しかけます。 こんな妻と離婚しました。 皮肉なことに離婚してようやく第三者的に元妻を考えるようになりました。 元妻は42歳です。 薬のせいか若いときは痩せていたのに今では若かったときの体重の2倍以上は太っています。 このまま放置するのは私自身は苦しいです。 離婚したと言っても住居費や生活費を渡して面倒を見ています。 何とか助けてやりバイトでもコンスタントにできるまでは面倒を見てやりたいのです。 A ベストアンサー 参考意見です。 以前、関連質問に回答した者です。 つい最近読み終えた本なのですが、精神科医の岡田尊司さんがお書きになった『母という病』 ポプラ社 をお読みになると、元奥さまの苦しみがリアルに想像できると思います。 こちらの書籍はAmazonでも購入できますし、おそらく図書館でも借りることができると思います。 幼いうちに母親との安定した愛着関係を築くことが出来なかった人たちの苦しみ、その不安定さはどこからくるものなのかを、一人一人の人生にスポットを当てながら、精神医学と生物学的なレベルで解き明かすべく書かれたのが、この書籍です。 私事で申し訳ありませんが…この本を知るずっと以前のことです。 私自身が二児の母となった三十代の初め頃、重い鬱状態になりまして…。 過去もそして今も、自傷行為は一切ありませんが ただ、小学生の頃と高校を卒業した頃に、摂食障害手前になってしまったことがあります 、その頃は何もかもが楽しめなくなり、起き上がることもままならず、自分には何の価値もなく思えて消えてなくなりたい気持ちばかりが押し寄せ、いつ終わるのかさえ分からない辛い日々を送っていました。 誰一人知り合いのいない土地へ引っ越したこと、慣れない家事と育児、父親との死別、遠く離れて住んでいる、私の父を亡くした悲しみから鬱病になってしまった母、そして仕事の心労から鬱病手前にまでなってしまった夫のことで、悩み事が次々と津波のように押し寄せて、知らず知らずのうちに過労になってしまっていたのがよくなかったようです…。 その後、とあることを切っ掛けに、私は重い鬱状態から回復できたのですが、回復して冷静に物事を考えられるようになると、私は子供を連れて里帰りなどで母と長期間過ごした後にグッタリと無気力になり、いつも寝込んでしまっていたことに気が付いたのです。 「もしかすると、私は母にとても気を使っている? 母の私たち きょうだいや孫たちとの対応の露骨な違いに、幼い子どもにさえ容赦のない母の言動に深く傷ついている?」と、それまで、どこの家にでもあることだと、疑問さえ抱かなかった母親との関係について考えるようになったのです。 驚いたことに、この本には私の体験とよく似たことが、発端から気付き、そして母親とどう向き合ったのか迄が書かれていました。 母親を愛したい、愛されているのだと信じたかった子供ほど、怒りを封じていたので、怒りを爆発させずにはいられない、そんな日が突然やって来るのだということが書かれていました。 愛情を欲していた、その強さの分、怒りもまた大きくなるのだと。 私の半生は、『母という病』に登場する人たちのように壮絶ではありません。 幼い頃にしっかりと確かに愛されているのだと信じていた時期と、それほど年月を置かないある日を境に、まるで手の平を返したように突然冷たい態度を取るようになってしまった母と、どちらの顔も私は知っているので、何も疑わずに母を慕い信じていた頃の記憶を頼りに今を踏ん張れている状態です。 愛された記憶があった私でも、激しく自分を卑下したり、世を儚んだりしたことがあったのですから、幼い頃に母親から愛された記憶が一切ない、もしくは微かにしか持たない人たちの悲しみは、どれほど深く耐えがたいものなのか、この本を読んで思い知った気がしています。 この本には、父親と子の関係についてはあまり触れられてはおらず、母親に責任を求め過ぎている感を個人的に感じております 自分が母親だから余計にそう感じてしまうことは否定できませんが、同じ著者による『父という病』という本が今年の3月末頃に発売される予定なので、こちらを読むことで、そのあたりの疑問が補完できるかもしれません。 しかし、全体によく纏まっているし納得させられる事柄が多く、全部読み終えると今なお残る自分の中の問題が見えてきます。 それだけに辛いものがありますが、ご質問者ご自身も、この本を通して元奥さんのこと、そしてご自身のことが見えてくるのではないかと思うのです。 共依存ということを通して愛とは何なのだろうかと考え、そして自分が目指し求める愛の在り方を模索する。 それは、ご質問者に突きつけられている現実だと思いますが、この本を読むことで、ご質問者はご自身を許すことができるのではないかとも思うのです。 一方的に決めつけてはいけませんが、奥さんは育て直しをしてくれる方を求めているのではないでしょうか。 実母に甘えた経験がなくて、母親に添い寝をせがんだ娘さんの話が この本には載っていましたし、本では紹介されていませんでしたが、世間では女性のセラピストが赤ん坊を世話する母親のように、クライエントに接する治療法が存在します。 母親の慈愛を知らない女性には、男性パートナーだけではどうしても埋めつくせない悲しみがある、それはたった一人の力だけではどうしようもないこと。 そのことを知るだけでも、ご質問者の自責の念、そして心の傷が薄れるのではないかとも思えるのです。 母親にほんの少しでも愛された記憶があるのなら、ご質問者はこの本が読めると思います。 そうでない場合は辛くなるかもしれないので、無理にはお薦めできませんけれども。 ご参考になれば…。 参考意見です。 以前、関連質問に回答した者です。 つい最近読み終えた本なのですが、精神科医の岡田尊司さんがお書きになった『母という病』 ポプラ社 をお読みになると、元奥さまの苦しみがリアルに想像できると思います。 こちらの書籍はAmazonでも購入できますし、おそらく図書館でも借りることができると思います。 幼いうちに母親との安定した愛着関係を築くことが出来なかった人たちの苦しみ、その不安定さはどこからくるものなのかを、一人一人の人生にスポットを当てながら、精神医学と生物学的なレベル... A ベストアンサー 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。 下記のサイトにいろいろと情報が出ております。 うつ病のかたが 実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。 効果はいろいろみたいですが。 lighttherapy. lighttherapy. html でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、 散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを 整えることができたと実感しています。 調子が良い時に 使用するとさらに調子が良くなる感じでした。 少しでも参考になれば。 lighttherapy. lighttherapy. html 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試し...

次の