ノリ で 入籍 し て み たら ええ やん 歌詞。 ヤバイTシャツ屋さん

ノリで入籍してみたらええやん。|りょうかん|二拠点ブロガー|note

ノリ で 入籍 し て み たら ええ やん 歌詞

一度聴くと忘れられない秀逸なリリックが印象的。 バンドで、ギター&ヴォーカル、そして作詞・作曲を担当する、こやまたくやさんにバイト経験や仕事観について伺いました。 9月20日にリリースした新曲の誕生秘話にも注目です。 通称・パインさんという人がいて、実はその人が、ヤバイTシャツ屋さんの名付け親なんですけど、すごく滑舌が悪くて「(真似をして)今度の日曜日、ヤバイTシャツ屋さん行きまーす」って。 その人の名前をタイトルにしてみようかなということで決めました。 ちなみに、パイナップル先輩にはタイトルになったことはまだ伝えてないんですけど(笑)。 そうなんですけど、さすがに伝わりづらいかなと思ってやめました。 『たんぽぽ』は思考回路を8周したくらいのイメージで、『パイナップルせんぱい』はたぶん4周ぐらい(笑)。 とりあえず冷やかしたかっただけなんですけどね(笑)。 それを歌詞に入れてちょっと毒も混ぜつつ作っていきました。 ヤバイTシャツ屋さん史上初めて歌詞に沿った映像なんです。 今まで歌詞に沿ってこなかったので、そろそろやってみようかと。 芝居力も求められる内容なんですけど、メンバーもだいぶ見られる意識が出てきたのか、割といい感じに演じていましたね(笑)。 過去最大キャパの自分たちのワンマンということで、緊張しているメンバーの姿が見られると思いますし、一番最初に寸劇があるんですけどそこも見どころです。 曲がいっぱい入っているので、これを見てノリ方を知ってもらって、実際ライヴに足を運んでもらえればうれしいです。 一番最初は、大学1年生の時に家の下にあったお寿司がメインの、割烹料理屋さんで働きました。 家から近いところがいいなと思っていたら、家の下で募集していたので即決めました(笑)。 そこでは、1年くらい働いていましたね。 お寿司だったり、海鮮丼だったり……。 だから僕、1年生の頃は食生活に恵まれていたので、すごく健康だったんです(笑)。 そうなんです。 ただ、ある日店長が疲れていたのか、マグロのでっかい切り身が丸ごとドーンと出てきた日があって(笑)。 まぁ仕方がないんで、自分で切ってご飯にのせて醤油をかけて食べました。 味は美味しかったですね。 撮影現場では、監督の補助だったり、装飾美術的なことをやりましたね。 けっこう大きな作品の現場だったので、ものすごく多くの人が動いていて、実際の現場のすごさを勉強しました。 すごい人数のスタッフが動くので、監督がしっかりしていないと成り立たないというのは感じました。 あと、それぞれの部署がプロフェッショナルで、美術さんだと、なんでも自分で作っちゃうんですよね。 棚が必要だとなったら、木を削って組み立てちゃうとか。 時代劇的な映画だったので、買ってきたお皿に汚しを入れて雰囲気を出したり、引き出しの中も年代物をそろえたり。 映っていない部分まで細かく作り込んでいると、全体のクオリティーが上がるんです。 そういう一つ一つがすごいなと思いましたし、大切さを学びました。 コンビニでも働いたということですが。 深夜に働いていたんですけど、コンビニは全然楽じゃなかったですね。 一回コンビニで働いてみたいなっていう軽い気持ちだったんですけど、大変すぎて……。 タバコの銘柄を全部覚えた頃にやめちゃいまいた(笑)。 でも、一通りの作業は全部できるようになってからでしたね。 ヤバイTシャツ屋さんも、最初はお客さんが5人ぐらいで、細々とやってましたから(笑)。 でも、そこから少しずつ状況が変わってきてメジャーデビューもさせてもらえて。 きっと、基本的にはこれからもずっと変えないのが、面白いんだろうなと思うんです。 変わらへんままどんどん大きくなっていくところが、僕らもお客さんも面白い。 もともと自分もライブキッズで、バンドが好きというところから始まっているので、お客さん目線で見ながら活動しているところはあると思います。 他の人にはすごく厳しく指導している女性の上司がなぜか僕には優しい(笑)。 でも、バイトで上司との関係は結構大事なことなので、母性をくすぐれる人は、くすぐったほうがいいと思います(笑)。 とにかく、バイト経験はあったほうがいいですよね。 お金を稼ぐことの大変さって、バイトをすることで一番わかると思うんです。 一度、バイトをしていない女の子と付き合ったことがあるんですけど、全然、価値観合わなかったですもん(笑)。 そこで得た感覚とか、見たものがきっと何かに生きてくるし、経験は多いほうが魅力的でいられると思います。 2015年より本格的に活動を開始。 ギター&ヴォーカル担当。 しばたありぼぼ(Ba. )、もりもりもと(Dr. Cho. )と3人組自称メロコアバンドとして、現在も大阪を中心に活動中。 躍動感あふれるパフォーマンスとストーリー性のある歌詞で注目を集め、出演したフェスでは入場規制が連発した。 今年9月20日にリリースした最新作「パイナップルせんぱい」は、オリコンウィークリーランキング2位を獲得。 1st LIVE DVD『Tank-top of the DVD』Now On Sale!! 関連ワード•

次の

ハッピーウェディング前ソング

ノリ で 入籍 し て み たら ええ やん 歌詞

結婚しない若者にドロップキック。 今をときめく大人気(コミック)バンド、 通称ヤバTの新曲についてなんだけど、とりま真面目な話から入りたい。 最近日本人の「未婚化」の話題を報道などで良く目にする。 結婚しない若者が増えている事がなんか問題らしいぜ。 俺自身は結婚しているし結婚して良かったと思ってるんだけど、 でも別に未婚化が「問題」とまでは考えてはいない人間である。 俺の周囲には結婚してない友人もまだ多いけど、 「早く結婚したら?」なんて言わないし思わない。 別に結婚なんてしなくても良いし、 個人の選択の自由に任せておけばいいんじゃないかと思う。 言うまでもないがライフスタイルなんて様々なのである。 ?労働力不足?移民とロボットでなんとかなるんじゃね? 大体結婚するのにいちいち日本の将来のこととか考えてねーよ。 結婚したければすりゃいいし、したくなきゃしなきゃいい。 だが、昨今の婚姻率の低下について問題点があるとすれば、 それは 「結婚したくてもなかなか出来ない」層である。 できない理由は金銭的な問題、家庭の問題、 その他宗教やらなんやらかんやら色んな要素が ときには複合的に絡む事もあるんだろう。 特に結婚式を挙げる場合は金銭感覚が狂うからマジでヤバい。 我が家も「ん?5万のオプション? それくらいならいっとく?」 みたいな恐ろしい事を結婚式の準備時には平気で言っていた。 なのに今はルンバを買うかどうかで悩んでいる。 ホント頭おかしい。 そんなわけで「結婚」には人生の一大イベント感があるが故に、 「ちゃんと慎重に考えなければならない」というハードルを 皆の心が勝手に作ってしまっているという側面があるのだ。 今回のヤバTの曲「ハッピーウェディング前ソング」は そんな結婚に迷える若年層の背中をそっと押してくれる曲だ。 キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス! からの入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!!!!! これはヤバい。 背中をそっと押すというよりも むしろ背後からドロップキックをキメてくれちゃってる。 キスしたならもうさっさと結婚せんかいという 強引なメッセージで強制入籍を進めてくる。 ノリで入籍してみたらええやん 君らお似合いやん それハッピーやん 二人 これから一生ずっと 一緒に居ろや 速攻、婚姻届 役所に届けよう 彼らは日本の未婚化・晩婚化にブレーキをかけようとしているのだ。 コミックバンドのふりしてなんと意識の高いバンドなんだろうか。 今度のに彼らが立候補したならきっと多くの票を集めるだろう。 しかも上記のフレーズのポイントは 「入籍」という言葉だ。 「結婚」ならばまぁJ-POPでも耳にする事はあるが、 「入籍」なんて単語を曲の中で聞いた事がない。 でも結婚より入籍と言った方がより具体的な行為を示しているわけで、 法的な手続きとかするんだろうなみたいにイメージが浮かびやすい。 こんな言葉をキャッチーに運んでくれるからたまらない。 そしてさらなるポイントは次の歌詞 入籍してみたらええやん きっと2年以内に別れるけど… ノリで入籍してみたらええやん ええやん ええやん の部分である。 先述したように若者がなかなか結婚に踏み切れない理由の一つは 結婚に「失敗できない人生イベント感」が染みついている事だ。 一緒に生活し始めてどうしても許せない部分があったらどうしよう。 仮に離婚とかしたら親や親族とか友人になんて思われるか不安だ。 そんな先の事を考えて慎重になりすぎるあまりに 「結婚」というものを必要以上に重く捉えるようになってしまう。 しかしそうじゃないとヤバTは歌っているのである。 「ノリで入籍してみたらええやん」 このフレーズに全てが詰まっている。 本当に2年後に別れたとしても、だ。 とりま入籍してみる事だと彼らは訴えているのだ。 この考え方って俺はとても大事なんじゃないかと思う。 結婚でも何でもそうだがうまくいくかいかないかなんて いくら考えたって分らないものは分らないものだ。 結婚して「うーん、やっぱダメだったわ」となったら 離婚してまたそれぞれ別の人生を歩めばいい。 そしてまた誰かと結婚したくなったらすればいい。 結婚という行為はそれくらいの軽い認識でもいいと思うんよ。 だからヤバTが歌う「ノリで入籍したらいい」というのは、 テキトーに歌っているようで実は とても的確な意見である。 結婚を重く考え過ぎるからかえって良くない。 例え「2年後に別れるかも」と思ったとしても入籍すればいいのだ。 だが上記の歌詞のせいで、 結婚式の余興みたいな場面ではちょっと歌いにくい曲ではある。 まぁ「ハッピーウェディング前ソング」だし、 基本的には結婚する前のカップルに送る曲なので問題はないのかな。 この曲を聞いた若いカップルが、 勢いで結婚する現象が次々に起きれば面白いと思う。 ヤバTを聴く層の年代にはそんなカップル多そうだし、 これで結婚が促進されるのであれば万々歳ではないか。 てか「カップル」っていう言い方はもう古いよね? ちょっとおっさん臭が出てしまった…。 今はみんななんて言ってるの?アベック? ちなみにこの曲が入ったシングル名は『パイナップルせんぱい』だ。 初回版のジャケットにはパイナップルのイラストがあるが、 通常版にはパイナップル以外の果物しか確認できない。 お好きなバージョンをどうぞ。 あとこの曲は見事週間2位を獲得した。 こういう曲が売れているという事実は素直にうれしい限りだね。 さぁみんな入籍!入籍!さっさと入籍! 【採点】 ・結婚するならノリノリで 30点 ・若年層への強いメッセージ 20点 ・ノリで出馬したらええやん 20点 ・人生観は様々そう誰もが知ってる 2点 72点 曲名リスト 1. ハッピーウェディング前ソング 2. 眠いオブザイヤー受賞 3. とりあえず噛む 4. ハッピーウェディング前ソング remix by coh8.

次の

ノリで車買ってみたらええやん👍

ノリ で 入籍 し て み たら ええ やん 歌詞

selected entries• 19 recent comment• 最後まで諦めない。 たまには僕のブログも読んでください。 たまには僕のブログも読んでください。 たまには僕のブログも読んでください。 乙妻でDいじりすぎ問題。 タナDからメロン、なみさん、新井からデザート。 冬に使っていたボディソープを使い、冬の事を色々思い出した。 そう、気づいたら6月だ。 台本は一切ない人生。 あーテラハ楽しみだよーん。

次の