きょう りゅう 図鑑。 恐竜図鑑

小学館の図鑑NEOシリーズ

きょう りゅう 図鑑

恐竜に関するクイズを集めた、持ち運びに便利な文庫サイズの図鑑。 全100問の3択クイズに挑戦していくうち、恐竜についての知識が自然と身につきます。 美しいオールカラーのイラストで恐竜についての様々なことを解説しています。 いつでもどこでも楽しく詳しく!この一冊で恐竜博士!! 「ティラノサウルスの歯のひみつは?」「いちばん大きい恐竜は?」 好評のクイズ図鑑シリーズ最新刊は恐竜! 迫力のオールカラーのイラストと100問のクイズで、楽しみながら恐竜に詳しくなれます。 持ち運びやすい文庫サイズなので、いつでもどこでも恐竜の世界へ! ティラノサウルス、トリケラトプスに、ブラキオサウルス、ステゴサウルス、ヴェロキラプトルなど人気恐竜ももちろん登場。 クイズを出しあうのもよし、好きな恐竜を見つけるのもよしと、楽しみ方は自由! ひとりはもちろん、友達どうしや家族とでも楽しめる一冊です。 「学研の幼児ワーク」公式サイトです。 キャンペーンのご案内、ワークの特徴のご紹介、無料お試しダウンロードつきラインナップ一覧、お子さんにぴったりのワーク診断、がんばり賞の賞品紹介、コミュニティサイトへのリンクなど• いま最も読まれている女の子向けの児童書読み物「動物と話せる少女 リリアーネ」の公式ホームページです。 最新刊情報、オリジナルグッズ、イベントの紹介なども!• JS(女子小学生)のためのキャラクター&おしゃれマガジン、キラピチ公式サイト。 最新のファッション、ビューティーなどおしゃれになれちゃう情報がもりだくさん!• キッズネットは、学研が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイトです。 「知る」「調べる」「遊ぶ」「参加する」ことができるたくさんのコンテンツをおとどけします。 Gakken Tech Programは、70年の教育の歴史を持つ学研が取り組む小・中学生向けのプログラミングスクール。 プログラミングはこれからを生きる力です。 学研の図鑑の公式サイト。 幼児、小学生から専門的な図鑑まで、年齢別・目的別のいろいろな図鑑の紹介やキャンペーン情報などを紹介。 学研グループ発行の、調べ学習に役立つ書籍や学校図書館向けのシリーズ本を紹介します。 子供の学びにかかわる先生・司書のみなさんを応援し、より楽しく・実りある調べ学習を支援するサイトです。 ラストに待ち受ける感動、笑い、人生の教訓…。 大人気のショートショートシリーズ 学研の「5分後に意外な結末」シリーズの公式サイトです。

次の

恐竜図鑑

きょう りゅう 図鑑

恐竜がより好きになってきたら、ぜひ取り入れたいのが図鑑です。 絵本のようなストーリーはなくても、恐竜がたくさん載っているだけで、うれしいのが恐竜好き!わが家でも、幼稚園児が分厚い図鑑を喜々として読みふける姿に、驚かされることもありました。 幼児へのおすすめは、こちらの図鑑絵本です。 絵も大きく説明も子ども向き。 さらに紙が丈夫で長持ちします!また、カテゴリー別に恐竜が出てくるので、わが子はこの図鑑絵本を通じて「つのりゅう」「よろいりゅう」「けんりゅう」と分類することを覚えました。 わが家はこの本で恐竜図鑑デビュー。 さらにそれでも足りない!と、ポケット図鑑へ移行しました(どこへでも持ち運ぶので1年たたずボロボロに……それでもまだまだ愛用中です)。 その後、クリスマスには念願の大型の図鑑をプレゼントしました。 図鑑によって見せ方も色遣いも違うため、どれもよく見ていますし、図鑑を並べて同じ恐竜を見つけて楽しんだりもしています。 恐竜の名前を10個くらい覚えたら、手にとってほしいのが黒川みつひろ先生の「恐竜あいうえお」です。 アロサウルスの「あ」から、ワンナノサウルスの「わ」まで、あいうえお順に恐竜が登場します。 本文には、それぞれの恐竜の基本データと特徴、名前の由来が書かれています。 「~サウルス」「~ラプトル」の意味がわかるだけでも、楽しくなってきますよ。 実はこの絵本、息子が恐竜を好きになりはじめた頃に図書館で見つけたのですが、そのときはまったく興味をみせませんでした。 でも、ある程度恐竜を知ってから、あらためて見た所、「あ~これ知ってる~」「こんなに恐竜っていっぱいいるんだね~」「ユタってどこ?」と夢中になり、その後はすっかり愛読書に。 絵本としても、図鑑としても、ひらがなやカタカナを覚えるための知育本としても役に立つ優秀な1冊です。 ある日、主人公のダイちゃんがうとうとしていると……なんと自分が化石になって、恐竜が暮らす時代で発掘されたのです!恐竜たちはダイちゃんを大事に持ち帰り、調べて、大発見として世の中に公表しました。 一躍有名人となったダイちゃん、どんなことが待ち受けているのでしょうか……。 ダイちゃんの化石体験を通じて、化石の発掘や調査、博物館への展示等、恐竜の研究の流れがわかるこちらの絵本。 少し種明かしになりますが、作者のあとがきに「博物館の恐竜たちも、人間の間違った推測に、まゆをひそめているかもしれませんね」とあります。 実は、恐竜については、まだまだわからないこともたくさんあるのですよね。 未来の恐竜博士に贈りたいチャーミングな絵本です。 こちらは、人気の科学漫画サバイバルシリーズの1冊です。 海釣り中のアクシデントで恐竜の島にやってきた主人公たち。 登場人物は、度胸満点で好奇心いっぱいの男の子と、賢くて冷静な女の子。 そして恐竜を愛するあまり、ときに危ない橋を渡ってしまう古生物学者の父という絶妙な組み合わせです。 3人の会話は面白いのに、とっても知的。 恐竜に詳しくなれますよ。 筆者のおすすめは、2巻から読むこと!子どもに人気の白亜紀からはじまるので、お話に入りやすいのです。 ティラノサウルスの子育てや、テリジノサウルスの爪の謎など、親子で「へぇ~」とうなるようなシーンがたくさんありました。 漫画の世界観が気に入ったら、1巻に戻ってみてくださいね。 ちなみに漫画の読み聞かせは、「ドドドドド…」「キィィ」「グルルルル」などの擬音語のオンパレードで少し滑稽です(笑)。 ですが、臨場感たっぷり!オールカラーでイラストばかりなので、わが家の4歳児も十分楽しんでいますよ。 最後にご紹介するのは、ドラえもんの学習漫画「ふしぎ探検シリーズ」の1冊です。 漫画と解説ページが、交互に出てくる構成になっています。 最初からじっくり通しで読むよりも、ペラペラめくりながら、お子さまが興味や疑問をもったテーマをのぞいてみるとよいでしょう。 特集の内容は、恐竜や生命の誕生、種類、体の仕組み、食べ物、暮らし、発掘、そして日本の恐竜までと盛りだくさん。 この1冊でかなりの知識を網羅的に学べる、優れた参考書的存在です。 解説ページの文字は細かいですが、ひとつひとつのコラムは短いので、未就学児でも大丈夫。 漫画には、ドラえもんのひみつ道具もたくさん登場しますよ! 息子のお気に入りは「きょうりゅういろいろじまん」のページです。 大きさや重さ、群れの数、走るスピードの1番さんが登場します。 目の大きさや歯の数まで取り上げられていて、面白いですよ。 ぜひ見てみてください。

次の

小学館の図鑑NEOシリーズ

きょう りゅう 図鑑

恐竜好きのお子さんに見せてあげたいサイト、絵本・図鑑を集めました。 より知識を深めて、プチ恐竜博士になっちゃいましょう。 無料で使える恐竜図鑑サイト 詳細で正確なデータが手に入る博物館の公式図鑑は、ぜひ活用したいものです。 恐竜専門の博物館として有名な福井県立恐竜博物館のは、 種類または名前から恐竜を調べることができます。 標本データベースや、恐竜のよく聞かれる質問コーナーも便利です。 は、 恐竜の標本をQuickTime VRを使って色々な角度から見られる画期的な図鑑。 プロトケラトプス、アロサウルス、カマラサウルス、ユタラプトルの骨格標本のほか、アンモナイトや恐竜の卵もグルグル回して見ることができます。 現在40種類の恐竜が丁寧に書かれたイラストと簡潔な解説で紹介されています。 ライドに乗って恐竜を見られるアトラクションで有名なユネスコ村大恐竜探検館の は、 ティラノサウルス、アパトサウルス、マイアサウラなどアトラクションの恐竜模型が写真に使われていて迫力があります。 分類・時代・産地・大きさ・地層なども紹介。

次の