コロナ アウトブレイク。 明日から休校。コロナウイルスのアウトブレイクとパンデミックについて

アウトブレイクのレビュー・感想・評価

コロナ アウトブレイク

情報開示が遅い インターネットで検索してニュースを漁っていて感じたのは情報開示の遅さが原因ではないだろうか? 新型コロナウイルスの最初の患者さんは 引用 周先旺市長 12月27日に最初の症例が見つかりました。 追跡すると、 最初の患者は12月12日に入院しました。 情報開示がされたのが1月20日だそうです。 中国の国家衛生健康委員会が発表しました。 裏を返せばそれまで何の情報開示もされていない。 なので武漢市の人々は新型コロナウイルスに対して無防備だったのではないだろうか? 日本の場合、新種のウイルスに限らず、病気が流行しそうになったら注意喚起をします。 インフルエンザしかり、ノロウイルスしかりです。 手洗いをしましょう、マスクをつけましょう。 生モノには気をつけましょう。 などなど、予防方法を国民に教える事でかなり人数が救える。 武漢肺炎ウイルス(新型コロナウイルス)の場合は海鮮市場で売ってる野生動物の肉を食べないようにという注意喚起や原因が分かったら 即座に販売を中止させればよかった。 世界でパンデミックが起こらない理由 中国と世界の違いは簡単に言ってしまえば情報共有が早い。 中国で新型コロナウイルスが流行しているのはもちろん知ってるし、ウイルスを保菌してたのが武漢市の海鮮市場で販売されていたコウモリとかヘビが原因だってのも知ってる。 ワクチンや特効薬がなくても対症療法で治る事も知ってる。 その条件下で中国人を入国させなかったり、発症した人を迅速に病院へ運び、治療する。 中国の場合は感染した人が感染に気づかずに行動していたり、野生動物からの感染だというに対策しなかった。 素早く情報開示をして対策を取ったから各国、パンデミックになってない。 日本で何故、感染が広がらないのか? 日本でも新型コロナウイルスの感染者は出ています。 しかし、しっかりと対策をしています。 一部、なんで武漢市、中国人の入国拒否とかの対策をしないのか? サーモグラフィーだけでノーチェックじゃないか! という批判もあるけど、日本ではパンデミックにならない。 発症した人を速やかに入院させているというのもありますが 日本の公衆衛生が非常にきれいでインフルエンザ対策をしている人も多い。 手洗い、うがい、マスク、メガネ、をして咳をしている人の半径2mには近づかないなどの予防法も知っている。 まとめ 何故、中国で新型コロナウイルスがパンデミックしたか? それは中国共産党が情報収集をして情報開示をしなかったからです。 早く知っていればみんながマスクをつけ手洗いをしてジビエを食べるのを控えたはずです。 シンプルな話、国民の一人一人がきちんと予防対策をしていればある程度、防げた。 日本はもちろん、各国もきちんと対応しているからパンデミックしないわけです。 正確な情報を取って適切な行動をする事が大切、無闇矢鱈と怯えるのはダメ。 きちんとした判断をすれば殆ど、感染拡大しないんじゃなかろうか。 ちなみに新型コロナウイルスで死亡した中国人の平均年齢79歳で普通の肺炎でも高齢者が死亡する可能性が高い事もあって 妥当な数字になっている。 過渡に怯える必要はないけど、きちんと対策しましょう。

次の

明日から休校。コロナウイルスのアウトブレイクとパンデミックについて

コロナ アウトブレイク

今回のお題は「 オーバーシュート」です。 英単語的には何となく想像できる並びではありますが・・・ 逆に聞きなれた単語同士がくっついてもハッキリとした意味がわからないのがもどかしい…笑 さっそく正確な意味を調べてゆきましょう! オーバーシュートの意味とは? オーバーシュート overshoot:英 [名] スル 行き過ぎたり、度を越したりすること。 為替相場についていうことが多い。 引用元: 相場の行き過ぎた変動のこと。 引用元: 英語のovershoot(オーバーシュート)が語源の言葉で• 〔目標を〕 通り越す I overshot the store. その店を通り越してしまった• 〔飛行機などが〕 行き過ぎる The airplane overshot or overrun the runway. その飛行機は滑走路を行き過ぎた などのように英文の中で使われています。 「クラスタ」はオタク用語で調べたんだけどね!笑 オーバーシュートの使い方と使用例 例 為替相場がオーバーシュートしているが年度末明けの来週には戻る予想です。 例 感染者のトレースが出来ていない現在、いつオーバーシュートが起こっても不思議ではない。 この場合のオーバーシュートは 「 爆発的な感染拡大、患者の急増」という意味です。 オーバーシュートの類語は? 疫学用語でのオーバーシュートは「爆発的拡大」「患者の急増」という意味ですが、感染症の流行の際によく見聞きするワードに「 アウトブレイク」「 パンデミック」などがあります。 また「パンデミック」の定義には「 エンデミック」「 エピデミック」も関連してきますので、それらの意味も見てゆきましょう。 アウトブレイク outbreak:英語 「 悪疫 たちの悪い流行病 ・感染症の突発的発生」のこと。 日本語では「感染爆発」「感染症集団発生」とも訳されます。 英語のoutbreakの語源は「突発的に発生する」という意味で対象は感染症等だけではなく「戦争」「虫 イナゴ・バッタ等 」また「怒り」など 突然に湧き起こる様子をあらわします。 このワードが疫学用語として使われる場合には• 一定の期間内 time• 特定の地域 place• 特定の人間集団 person で予想されるより多くの感染症患者が 突発的に発生することを意味します。 映画「outbreakアウトブレイク」 1995年に公開されたこの映画は致死率の非常に高いウイルスが引き起こす「バイオハザード(微生物災害)」と戦う人々を描いた物語です。 感染症が狭い範囲で比較的緩やかに広がり、予測の範囲を超えない状態のことを言います。 前出のエンデミックよりも規模が大きくなり、広範囲の集団で発生する状況です。 この流行の中で突発的に規模が拡大して集団で発生することを「 アウトブレイク」と呼びます。 日本語訳では「世界的流行」「汎用性流行」「感染爆発」とも呼ばれます。 それぞれ「 ある感染症が爆発的に感染拡大すること」という意味では類似していますが、どこが違うのでしょうか?• オーバーシュート overshoot ある感染症などの 爆発的拡大、患者の急増• アウトブレイク outbreak ある感染症が 一定の地域の集団で 突発的に発生すること。• パンデミック Pandemic ある感染症が 一定の地域に止まらず 世界的に大流行すること。

次の

映画アウトブレイクを無料視聴!新型コロナウイルスの末路か

コロナ アウトブレイク

アウトブレイクとパンデミックの違いとは アウトブレイク、エピデミック、パンデミックの違いはほぼ地理的なものだけです。 アウトブレイクはコロナウイルスでいえば、武漢で流行したことを指します。 次にその武漢というコミュニティ以外、つまり中国全土に広まる段階がエピデミック、さらに世界的になる現象がパンデミックと呼ばれます。 1つだけ異なるのは、エピデミックは世界的流行で、周期的なインフルエンザなどに対しても使用されることです。 エピデミックの初期段階ではまだ、どの経路で感染者が感染したかをたどれます。 しかしパンデミックになると、経路の特定は極めて困難になります。 パンデミックはエピデミックやアウトブレイクに比べて、コントロールができない状態といえます。 コントロール困難なコロナウイルスのパンデミック宣言 WHOがコロナウイルスに対してパンデミックを宣言したことは、コロナウイルスがコントロール可能な段階を超えてしまったことを意味します。 感染症や疫病に対する対抗策は、検疫と隔離です。 検査をして感染しているかどうか? をはっきりさせ、その上で隔離することが基本です。 余談ですがWHOのパンデミック宣言を受け、日本ではようやくコロナウイルスの検査が保険適用となりました。 参照 またによれば、日本国内で検査を受けた人数は、3月12日時点でわずか1万人弱です。 閑話休題。 コロナウイルスのパンデミックが宣言されたことで、より強力な検疫と隔離が求められるかもしれません。 過去の事例学ぶ。 2009年の新型インフルエンザはどのように終息したか? 2009年にも新型インフルエンザが、大流行しました。 どういうことか? 2009年の新型インフルエンザは、人類に定着しました。 季節性インフルエンザの1つとしてです。 騒がれなくなったのは、単にマスメディアが報道しなくなったからです。 そして人類はすでに4つの、コロナウイルスによる風邪を持っています。 今回の新型コロナウイルスが5つめとして定着することは、不自然な話ではありません。 新型コロナウイルスは致死率が高いので危険だ! と思うかもしれません。 しかし致死率が高く出るのは、中国特有の現象があるようです。 中国は検査を重症患者優先にしているために、致死率が高めにでるとのことです。 コロナウイルスのワクチンができる見通しは?それまではどうなるの? 今後の展開について、考えてみましょう。 あくまでこの見解は、筆者の個人的な感想の域を出ません。 また筆者は感染症や疫病の専門家ではありませんので、その上でお読みください。 によれば、WHO協力センターの国内・ 国際保健法研究所所長、ローレンス・ゴスティンは「コロナウイルスのワクチン製造には12~18ヶ月かかるだろう」との見通し。 つまりワクチンができるまでは、疫病の基本対応である検疫と隔離で臨まなければなりません。 日本国内において感染者数が増えてくれば、より強力な検疫と隔離が必要とされるかもしれません。 素朴な疑問ですが、ワクチンができるまでに間に我々は耐えられるのでしょうか? 1年にも及ぶ検疫と隔離があるとすると、不満は鬱屈するでしょう。 そもそも飽きて、誰も関心を抱かなくなる可能性もあります。 ちなみに筆者はすでに、コロナウイルスの騒動に飽きています。 またコロナウイルスによって、グローバル化した体制が見直されるかもしれません。 現在、渡航制限をしている国が増えています。 グローバル化や人の行き来によって、コロナウイルスはパンデミック化したのです。 ちなみに20世紀初頭のスペイン風邪の時期も、世界はグローバル化していました。 現段階ではグローバル化とパンデミックを関連させて、論じる有識者はいません。 しかしコロナウイルスが終息、ないし収束すれば「グローバル化の弊害」と論じる有識者も出てくるでしょう。 すでにアウトブレイク、エピデミックを超えてパンデミックになったコロナウイルス。 今後どのような展開になるのでしょうか? どのような展開になるとしても、過度に不安視するのは危険です。 歯科しか商標化することもまた、危険でしょう。 適度に力を抜いて「あ~……どうなんのかな? まあ、どうなっても何かできるわけじゃないけど」と構えておきましょう。

次の