ジャーナリスト 伊藤 詩織。 伊藤詩織氏が勝訴、強姦めぐる訴訟で元記者に賠償命令

ジャーナリスト伊藤詩織「面と向かって、その言葉を投げかけられるのか…」“オンラインの誹謗中傷”を語る

ジャーナリスト 伊藤 詩織

伊藤詩織という「ジャーナリスト」がいる。 米ニューヨークの大学でジャーナリズムを学び、ピアノバーで働きながら米メディア実習生をしていた2013年にTBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口敬之氏と知り合い、14年にワシントン支局のプロデューサーとして就職斡旋を依頼。 15年に日本で会い「準強姦」とされる事案が発生、刑事告訴したが立証できず不起訴処分となった。 17年に伊藤氏はこの事件を手記本『BLACKBOX』を出版、外国特派員協会で会見し、同時に伊藤氏が山口氏を相手に「望まない性行為で精神的苦痛を受けた」と民事訴訟を提訴。 その後、伊藤氏は英BBCの番組に出演し「レイプ被害」を訴えた。 一方、山口氏は16年にTBSを退職、 今年4月伊藤氏を「ジャーナリスト生命を絶たれた」と逆提訴している。 TBSワシントン支局には雇われなかったが、「 MeToo」運動の高まりもあって、伊藤氏はBBCに採り上げられると、「被害者の一女性」から「ジャーナリスト」として活動の幅を拡げ始めた。 「不倫」の概念なくなる「複数愛」 レイプ被害を訴える伊藤詩織氏が、複数パートナー推奨・性の奔放さを訴えた問題の炎上動画。 そこで今回の「ポリアモリー動画炎上」事件につながる。 「ポリアモリー」とは「ポリ(複数の)+アモール(愛)」で「複数愛」とされる「恋愛の一形態」。 「#結婚式に自由を」(www. jiyukon. この「運動」の「発起人」となっているのが「CRAZYWEDDING」という「団体」だ。 「結婚したいと思う?一人一人がつくる結婚観」とした動画では、「月イチ婚」や「事実婚」の夫婦を伊藤氏が取材、日本にはないフランスの事実婚を支援するPACS制度を紹介。 問題は「恋人が複数?【枠にとらわれないパートナーの形】」の動画だ。 「複数の人たちと同時に合意を得ながらオープンな形で関係性を築くことを実践する人たち」に取材し「ポリアモリーとは、アメリカで1960年代に流行ったフリーセックスやフリーラブの流れからアメリカで90年代に生まれた。 浮気や不倫とは異なりお互いに合意を得て、複数の人と愛し合う関係を築くことを言い、その中にもたくさんのスタイルや理想形がある」と紹介している。 ポリアモリーの女性が「バラバラで付き合っている形ではなくて、皆で付き合える状態、トライアッド(3人婚)が理想的」と話す部分やポリアモリーの人と付き合った女性の「嫉妬心とか独占欲をなくせれば、互いが気持ちよく関係を続けられたのに」と語る場面も出てくる。 ここで「嫉妬心の克服」で想起されるのが、マルクスの盟友エンゲルスが米国の人類学者モーガンの『古代社会』に鼓舞されて著した『家族・私有財産・国家の起源』である。 エンゲルスは「原始共産社会」が「階級や搾取なき社会」であったと断定的に推測し、原始社会は「乱婚制」であり、「嫉妬を克服した」と説き一夫一婦制は、後からできたものというが、それは実証的な研究ではなく、財産に格差が生まれ「階級社会」ができるまでの「理想形」という想定された「虚構」にすぎない。 マルクス主義フェミニズムが依拠するのは、エンゲルスの「夫は家族の中でブルジョアであり、妻はプロレタリア」という記述だ。 母系制だった原始共産社会が転覆され、文明が発生したとする筋書きから、女性解放運動が説かれるようになった。 60年代の「性解放=フリーセックス」運動は、マルクス主義+フロイト左派でライヒやマルクーゼらの思想が「ヒッピー文化」と相まって、社会を席巻した。 その流れから「ポリアモリー」のライフスタイルが生まれたわけだ。 日本では法的に重婚を禁じるが、「ポリアモリーのスタイルが認められれば」と伊藤氏は語る。 彼女自身が「多数愛の実践」を表明してはいないが、どう見ても不可解だ。 SNS上では「レイプ被害を訴える人が複数愛を呼びかけるのは疑問」と「炎上」している。 だがもし 「多数愛」が常識になれば「不倫」の概念はなくなってしまうだろう。 伊藤氏の活動は、日本人の倫理観の破壊工作に他ならない。 思想新聞「体制共産主義に警戒を」5月1日号より(掲載のニュースは本紙にて) 5月1日号 日米、「新領域」で防衛連携強化 /自主憲法制定、国連刷新を 宮城で安保セミナー/ 主張「改憲で令和の時代を切り拓こう」 etc.

次の

伊藤詩織(ジャーナリスト)は通名?本名は尹(ユン)?学歴や彼氏の噂などチェック!

ジャーナリスト 伊藤 詩織

伊藤詩織という「ジャーナリスト」がいる。 米ニューヨークの大学でジャーナリズムを学び、ピアノバーで働きながら米メディア実習生をしていた2013年にTBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口敬之氏と知り合い、14年にワシントン支局のプロデューサーとして就職斡旋を依頼。 15年に日本で会い「準強姦」とされる事案が発生、刑事告訴したが立証できず不起訴処分となった。 17年に伊藤氏はこの事件を手記本『BLACKBOX』を出版、外国特派員協会で会見し、同時に伊藤氏が山口氏を相手に「望まない性行為で精神的苦痛を受けた」と民事訴訟を提訴。 その後、伊藤氏は英BBCの番組に出演し「レイプ被害」を訴えた。 一方、山口氏は16年にTBSを退職、 今年4月伊藤氏を「ジャーナリスト生命を絶たれた」と逆提訴している。 TBSワシントン支局には雇われなかったが、「 MeToo」運動の高まりもあって、伊藤氏はBBCに採り上げられると、「被害者の一女性」から「ジャーナリスト」として活動の幅を拡げ始めた。 「不倫」の概念なくなる「複数愛」 レイプ被害を訴える伊藤詩織氏が、複数パートナー推奨・性の奔放さを訴えた問題の炎上動画。 そこで今回の「ポリアモリー動画炎上」事件につながる。 「ポリアモリー」とは「ポリ(複数の)+アモール(愛)」で「複数愛」とされる「恋愛の一形態」。 「#結婚式に自由を」(www. jiyukon. この「運動」の「発起人」となっているのが「CRAZYWEDDING」という「団体」だ。 「結婚したいと思う?一人一人がつくる結婚観」とした動画では、「月イチ婚」や「事実婚」の夫婦を伊藤氏が取材、日本にはないフランスの事実婚を支援するPACS制度を紹介。 問題は「恋人が複数?【枠にとらわれないパートナーの形】」の動画だ。 「複数の人たちと同時に合意を得ながらオープンな形で関係性を築くことを実践する人たち」に取材し「ポリアモリーとは、アメリカで1960年代に流行ったフリーセックスやフリーラブの流れからアメリカで90年代に生まれた。 浮気や不倫とは異なりお互いに合意を得て、複数の人と愛し合う関係を築くことを言い、その中にもたくさんのスタイルや理想形がある」と紹介している。 ポリアモリーの女性が「バラバラで付き合っている形ではなくて、皆で付き合える状態、トライアッド(3人婚)が理想的」と話す部分やポリアモリーの人と付き合った女性の「嫉妬心とか独占欲をなくせれば、互いが気持ちよく関係を続けられたのに」と語る場面も出てくる。 ここで「嫉妬心の克服」で想起されるのが、マルクスの盟友エンゲルスが米国の人類学者モーガンの『古代社会』に鼓舞されて著した『家族・私有財産・国家の起源』である。 エンゲルスは「原始共産社会」が「階級や搾取なき社会」であったと断定的に推測し、原始社会は「乱婚制」であり、「嫉妬を克服した」と説き一夫一婦制は、後からできたものというが、それは実証的な研究ではなく、財産に格差が生まれ「階級社会」ができるまでの「理想形」という想定された「虚構」にすぎない。 マルクス主義フェミニズムが依拠するのは、エンゲルスの「夫は家族の中でブルジョアであり、妻はプロレタリア」という記述だ。 母系制だった原始共産社会が転覆され、文明が発生したとする筋書きから、女性解放運動が説かれるようになった。 60年代の「性解放=フリーセックス」運動は、マルクス主義+フロイト左派でライヒやマルクーゼらの思想が「ヒッピー文化」と相まって、社会を席巻した。 その流れから「ポリアモリー」のライフスタイルが生まれたわけだ。 日本では法的に重婚を禁じるが、「ポリアモリーのスタイルが認められれば」と伊藤氏は語る。 彼女自身が「多数愛の実践」を表明してはいないが、どう見ても不可解だ。 SNS上では「レイプ被害を訴える人が複数愛を呼びかけるのは疑問」と「炎上」している。 だがもし 「多数愛」が常識になれば「不倫」の概念はなくなってしまうだろう。 伊藤氏の活動は、日本人の倫理観の破壊工作に他ならない。 思想新聞「体制共産主義に警戒を」5月1日号より(掲載のニュースは本紙にて) 5月1日号 日米、「新領域」で防衛連携強化 /自主憲法制定、国連刷新を 宮城で安保セミナー/ 主張「改憲で令和の時代を切り拓こう」 etc.

次の

ジャーナリスト伊藤詩織「木村花さんの件は本当にショックでした」“誹謗中傷から、どうやって身を守るか”を考える

ジャーナリスト 伊藤 詩織

5月29日、ついに被害女性である詩織さん(28)が顔出しで会見を行った。 そもそも伊藤詩織さんと山口敬之さんの主張は平行線で交わっていない。 そもそも。 事件の内容は合意のもとにいたしたか? 無理やりいたしたか?の問題です。 合意のもとにいたしたらこれは全く何の罪でもないワケです。 伊藤詩織さんがここに来て(2017年)名乗り出ていた不自然さ? 山口敬之さんの知名度は2015年(事件当時)よりはるかに上がっているのはたしかです。 伊藤詩織のプロフィール 名前:伊藤詩織(いとうしおり) 年齢:28歳 職業:フリージャーナリスト、写真家、ドキュメンタリー映像作家 ロイター社にも記事を持ち込んでいたそうです。 スポンサーリンク 週刊新潮の取材によると。 事件が起きたのは2015年4月3日。 当時、TBSに在職の身であった山口氏は、ジャーナリスト志望の詩織さんと待ち合わせ、串焼き屋と鮨屋をハシゴする。 その過程で、酒に強いはずの詩織さんは意識を失い、山口氏の宿泊先ホテルに連れ込まれたのだ。 下腹部の痛みで詩織さんが目を覚ますと、そこには腰を動かす山口氏の姿が。 しかも山口氏は、避妊具をつけずに行為に及んでいた。 直後のやりとりは、以下のとおり。 顔を出しての会見は異例中の異例 山口:ごめん。 君のことが本当に好きになってしまって。 早くワシントンに連れていきたい……。 これから7時にチェックアウトをして空港に向かうので、シャワーを浴びたら一緒に薬局でピルを買いましょう。 詩織:とにかく服を返してください。 山口:下着だけでもお土産で持って帰ってもいいかな。 いつもは強気なのに困った時は子供みたいで可愛いね。 その後、詩織さんは告訴状を提出する機会をうかがい、4月30日に高輪署に受理される。 6月4日までには逮捕状が発付され、8日に山口氏を逮捕する算段となったが、寸前で中村格・警視庁刑事部長(当時)の指示により取り止められるという、不可解な展開を迎えたのだ。 「週刊新潮」の取材に対し、山口氏は、 「純粋に検察の判断に不満があるなら、時をおかず不服申立を行われるのが自然だと考えます」 と疑義を呈するが、詩織さんはこう答える。 「不起訴処分後は暫く塞ぎこんでいました。 そこから気持ちを前向きにし、検察審査会に向けて調査を続け、証拠開示にも時間を要したのです」 6月1日発売の「週刊新潮」では、一連の流れを振り返る特集記事を掲載した。 山口敬之さんは週間新潮報道後ここ3週間全くテレビ番組には登場していません。 ここで準強姦罪逮捕状が握りつぶされたと言う問題です。 準強姦罪とは、「人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じること」又は「心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせること」を手段とします。 「人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じること」の例としては、被害者自らの睡眠や飲酒酩酊を利用する場合、性交の意味を理解できない高度の知的障害者の女性を姦淫する場合などが挙げられます。 「心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせること」の例としては、被害者に飲酒させその酩酊状態を利用する場合、医師が薬物を挿入すると誤信させて姦淫した場合などが挙げられます。 今回は山口敬之さんと伊藤詩織さんは一緒に飲酒をしているということで、準強姦罪での告発となった模様です。 民進党が関わっているかもとされる人脈 この人脈ももちろんたまたま偶然という見方ももちろんありますね。 氏が安倍首相のちまたでは御用記者とよばれているのを考えても、ハニートラップや伊藤詩織さんの売名行為なども疑っている模様。

次の