ねじ 山 つぶれ。 ナットを締結した時、どうしてねじ山を3山以上出す方が良いのか?

ネジがなめた・・・。ダイソーの工具で修復なるか??

ねじ 山 つぶれ

A ベストアンサー ネジというのがボルト・ナットなのか木ネジなのか解りませんが、お話の様子では木ネジでしょうか? いずれにせよ、固く締まっているというのは、ボルトや木ネジのネジ山と雌ネジとの摩擦面が、サビなどによって摩擦が非常に強くなった状態のわけです。 サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。 もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。 皆さんの回答に重なりますが、私の場合は、堅く締まったネジを 専用工具なしで はずす場合は、大体以下のようにしています。 コツと言えるかも知れません。 1 ねじの頭溝に合ったドライバをあてがう(合わないドライバを使うと溝をつぶすおそれが大きくなります)。 2 ドライバの柄をハンマあるいはスパナなどで軽く叩き込む。 あとはゆるめる一方でOK。 4 動かない場合はもう少し強く叩いてみて、繰り返す。 5 それでもダメなら、ペンチ(プライヤがベスト)でドライバの柄を挟み、(ネジ頭溝を壊さない程度に)渾身の力でネジを押込みつつ回してみる。 okwave. php3? okwave. php3? サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。 もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。 A ベストアンサー 手すりを付けているネジですとほとんどの場合皿ネジで細い径のネジが多いように思います。 完全にねじ山がつぶれているかほんの多少でも残っているかによってちょっと方法が変わるかもしれません。 多少でも残っているようでしたら魔法の一滴が効くかも知れません。 ネジの頭に一滴たらして後は普通のドライバで回せばOKです。 ネジの番手とドライバの番手は必ず合わせてください。 もう一つインパクトドライバ(電動工具の方ではありません)を使う方法です。 ドライバのお尻の方を叩いて、それを回転力に変えるというドライバが存在します。 今回の場合などではベッセルなどから出ている簡易インパクトドライバ程度のものでOKと思われます。 余計に状態を悪くする場合もあります。 この場合はトーコマということころから出ているエアロビクス2という先のちょっと変わった貫通ドライバが効くかも知れません。 なめたねじ山部分にドライバを合わせ玄翁などで叩きます。 先がちょっと食い込むような感じになればOK。 後は回すだけです。 これでも駄目でしたらアネックスから出ているなめたネジはずしビットはどうかな? ドリルドライバなどの電動工具が必要になりますが、M3から対応しているものがあります。 全てホームセンターなどで扱っている商品になると思います。 ではがんばってみてください。 手すりを付けているネジですとほとんどの場合皿ネジで細い径のネジが多いように思います。 完全にねじ山がつぶれているかほんの多少でも残っているかによってちょっと方法が変わるかもしれません。 多少でも残っているようでしたら魔法の一滴が効くかも知れません。 ネジの頭に一滴たらして後は普通のドライバで回せばOKです。 ネジの番手とドライバの番手は必ず合わせてください。 もう一つインパクトドライバ(電動工具の方ではありません)を使う方法です。 ドライバのお尻の方を叩いて、それを回転力に... A ベストアンサー 私はボロボロの車やバイクをレストアしてピカピカにするのが趣味ですが、サビや腐ったボルトやネジを取るのに私はこんな方法を使ってます まず、質問にも書かれていたようにCRCを何回か掛け2~3日放置して回してみます、素直に外れないとの事ですがサビの除去はされてますか? 硬質ワイヤーブラシ(少し太めにの硬いタイプ)で擦ってねじ山やナットのサビを落として下さい ブラシで擦っただけでは落ちない場合は、薬品を使うとサビの除去はしやすいです ホームセンターでサビ取り液として売っている物もありますが、サンポール190円でも対応出来ます。 サンポールでの注意点 テッシュをサンポールに漬けネジの上に置くかネジを包み込んでネジに十分液体が染込むようにします、半日~1日くらい浸したらワイヤーブラシでサビをゴシゴシ取ります サンポールは原液を倍くらいの水で薄めて使いますが、強力に酸化してサビを取るのでサビ除去後はアルカリ液を掛け中和仕上げをして下さい、仕上げなしだと3日ほどで直ぐ錆びます サビを完全に取ったら、プラスチックハンマーなどでカンカンとボルトを叩いて適度な衝撃を何回も与えて下さい、そして廻してみて下さい手を抜かずにやるとこの状態で80パーセントくらいのネジは取れていました これでも取れない場合は、物にもよりますがバーナーで焼きます 焼けるものと付属品などの状態によっては焼けない物もありますので出来ない場合も有りますが、車やバイクなどの場合はバーナーで焼ける箇所でしたら最終的にこれで取ります これでもダメならネジ部を再生ですが、1台の車を蘇らすのに5箇所くらいはネジ再生する時もあるので完全にネジが壊れても補修方法はあります あと、廻されるネジがどんなネジか解りませんが、+や-ネジでしたらショックドライバー(ショックハンマーとも言う)を使うといいでしょう それでも、ネジがサビだらけだと頭の部分が吹っ飛ぶ可能性もあるので上記のようなサビ取りをしてからショックハンマーで廻す事をお勧めします ショックドライバーに付いてはネットで検索してみて下さい 種類・価格・使い方など解ると思います、サビネジも面倒な物もありますが外れた時の達成感は気持ちよいと思いますので頑張って下さい ネジを外す製品が何か解るともっと詳しい説明が出来るかも知れませんね 私はボロボロの車やバイクをレストアしてピカピカにするのが趣味ですが、サビや腐ったボルトやネジを取るのに私はこんな方法を使ってます まず、質問にも書かれていたようにCRCを何回か掛け2~3日放置して回してみます、素直に外れないとの事ですがサビの除去はされてますか? 硬質ワイヤーブラシ(少し太めにの硬いタイプ)で擦ってねじ山やナットのサビを落として下さい ブラシで擦っただけでは落ちない場合は、薬品を使うとサビの除去はしやすいです ホームセンターでサビ取り液として売っている物もありま... itwppfjapan. html 気密は必要がないので、考え方はいっしょでなので、 二液性のエポキシに金属粉を混ぜ込むとか その先着剤で、 場所的に許されるなら薄いアルミで裏打ちするとか 他の方がおっしゃってるように、ナットを張り付ける等が 考えられます。 売り物でなく、自分しか使わないなら(ばれて恥ずかしい思いをしないなら) 両面テープをナットに合わせてドーナツ状にカットし、 張り付けてから、慎重にねじをあわせれば大丈夫でしょうし、 ばかになった穴を両側からたたきこんで、タップを立てることでも ごまかせると思います。 (どっちにしても恥ずかしい話なので、他人に仕上がりを絶対に見せられませんので とにかく止まればいいので、やり方は、どうでもいいような気もしますが。 ) A ベストアンサー 良回答がいろいろと出されている所に割り込ましていただきます。 他の回答者の方が「逆ネジ」とおっしゃっているのは、 「スクリューエキストラクタ」(ネジ取り工具)のことでしょう。 ドイツのシュローダー社の製品がお勧めです。 東急ハンズなどで手に入ります。 国産にも同様の工具がありますが、不良品が多く、使い物にならないものばかりでした。 (経験済み) 使用できるネジのサイズはM3から用意されているので、たいていのネジが取れるはずです。 使い方は、工具指定のドリル径でネジの中心に穴を開け、工具を差込んだ状態で「チョン」と叩き込み、左回転で抜き取ります。 もし、工具が手に入らないときや、使っても上手くいかないときには 「ヘリサート」しましょう。 (すいませんややこしいカタカナ語を連発して、適当な日本語が無いもので) 通常、ネジが取れなくなって、ドリルで削り落としてしまうと、ワンサイズ大きなネジを使わなければなりませんが、 ヘリサートというのは内にも外にもネジか切ってある金物を入れることで、 ドリルで削り落とした穴にヘリサートタップでネジを新たに切り、 インサート金物(これが内外にネジがあるもの)をねじ込みます。 すると、元のネジと同じ大きさのネジが使えるようになるという優れものです。 活字で説明しただけでは解りにくいので、機械工具屋へ相談すると良いでしょう。 機械工具屋が見つからない時は、近くにある機械工場に電話して、出入りの工具屋を紹介してもらいましょう。 蛇足ですが、 調整ネジの材質は何をお使いでした。 調整ネジは頻繁に回すことが多いので、ねじ切る可能性が高い。 ねじ切れを防止するためには、強度のあるSUSのネジなどを使うようにすると、今度のようなトラブルが避けられます。 また、紹介したヘリサートは、雌ネジがだめになったときや、雌ネジをあらかじめ補強しておく用途にも使えます。 参考になりましたでしょうか。 良回答がいろいろと出されている所に割り込ましていただきます。 他の回答者の方が「逆ネジ」とおっしゃっているのは、 「スクリューエキストラクタ」(ネジ取り工具)のことでしょう。 ドイツのシュローダー社の製品がお勧めです。 東急ハンズなどで手に入ります。 国産にも同様の工具がありますが、不良品が多く、使い物にならないものばかりでした。 (経験済み) 使用できるネジのサイズはM3から用意されているので、たいていのネジが取れるはずです。 使い方は、工具指定のドリル径でネジの中心に穴... A ベストアンサー tk42です。 現物を見ていないので、見当外れになってしまう 出来ない かもしれませんが回答します。 穴が開いてある大きさによりますが、 1.簡易的に試しに割り箸 穴が小さい場合は爪楊枝など を何本か刺す。 注・・・竹は仕上げを含め難しいので選ばない方が良いでしょう。 無い場合は、仕方がないですが・・・。 2.かんなや仕上げが出来そうな部分ぐらいに処理 割り箸、爪楊枝ぐらいなら手でも処理出来ると思います。 丁寧に仕上げる必要はありません。 3.試しにねじを止めて見る。 4.いけそうだと、思うのであれば、先程刺した割り箸などをある程度取り除く。 5.なるべく穴にあった木で堅い物を探す。 一番良いのは、元になる木より少し固めの木が良いが材質が分から無いのであれば極力堅い木 おすすめは「箸」、最近は、100円均一でも売っています。 極力塗っていない物 塗っている場合は次の工程「6.」の前までに削っておく、その場合は長いまま、使うと思う部分を入念に! 、木の物、堅い物を選ぶようにして下さい。 注・・・竹は仕上げを含め難しいので選ばない方が良いでしょう。 無い場合は、仕方がないですが・・・。 6.「5.」で用意した木に木工用ボンド塗って、穴に差し込み軽く金づちなどで叩いておく 強く叩いたり、叩きすぎると元の木を傷めたりする場合もあります。 注意して下さい。 イメージとしては、くさびの様な形になります。 7.元の木より飛び出ている部分をある程度処理して、かんななどで仕上げる。 木工用ボンドが乾くように1~2日ほど置くのがベストです。 以上が私の考える回答になります。 この方法は、いろいろな場所で応用が利くと思います。 場合によっては、割り箸などで大丈夫な事もあります。 ただし、あまりにも大きく 大きさなどを含む 木の材質が違う場合には、木の性質により、元の木が伸び縮みの違いにより割れる場合がいにがあります。 同じ種類の木でも起こります。 くどい様ですが、元の木より少し堅めの木 伸び縮みが少ない木 が良いと思います。 P.S 物を大切にする事は良い事だと思います。 今年は良い年にしたいと思っています。 お互い助け合ってがんばっていましょう。 tk42です。 現物を見ていないので、見当外れになってしまう 出来ない かもしれませんが回答します。 穴が開いてある大きさによりますが、 1.簡易的に試しに割り箸 穴が小さい場合は爪楊枝など を何本か刺す。 注・・・竹は仕上げを含め難しいので選ばない方が良いでしょう。 無い場合は、仕方がないですが・・・。 2.かんなや仕上げが出来そうな部分ぐらいに処理 割り箸、爪楊枝ぐらいなら手でも処理出来ると思います。 丁寧に仕上げる必要はありません。

次の

ネジ穴が潰れたネジを回す裏技!回らなくなりバカになったネジ山は?

ねじ 山 つぶれ

鉄粉やサビや砂などで、どうしてもハブボルトは汚れる。 そんな状態のままでホイールナットを締め込むと、噛む可能性が高まります。 ウーム。 砂とかが、間に入るからか〜。 その場合は、今回のようにボルト側がダメになるか、あるいはホイールナット側がダメになるか、ですね。 トルクレンチを使って、ちゃんと規定トルクで締めれば避けられるってことではナイですね。 ですね。 「締め付けすぎ」とは違います。 どうすれば回避できるんでしょう?• ホイールを付ける直前に、 ハブボルトを掃除するんです。 ワイヤーブラシでゴシゴシやったり。 なるほど。 それだけでも、噛んでしまうかも知れない砂を落とせるので効果的ですよ。 ついでに、車高調のネジ掃除みたいに潤滑油を……、• あ! ハブボルトに潤滑油のようなものを吹き付けるのはNGです。 それはなぜ?• ホイールナットがユルんでしまいます。 ハブボルト専用のものならいいんですけど、一般的な潤滑油はNGです。

次の

つぶれた・バカになった・なめたネジ山回す便利すぎて驚く方法

ねじ 山 つぶれ

潰れたネジのはずし方 ネジ穴の潰れてしまった「なめたネジ」は、 太めの輪ゴムをかませることで、かなり簡単に外すことができます。 やり方• 潰れたネジ頭とドライバーの間に、太めの輪ゴムを挟みます。 ドライバーで強く押しながら、輪ゴムごとネジをゆっくり回します。 たったこれだけです。 これで、潰れたネジをはずすことができます! 太めの輪ゴムをかませて、ドライバーとネジの間の摩擦度を上げれば、潰れたネジでも簡単に外すことができるんですね~。 さんの動画に分かりやすいものがあったので、参考にしてみてください。 早く回すと輪ゴムに穴が開いたり、上手く回せないので、 力を入れてゆっくり回してくださいね! スポンサーリンク その他のネジ穴が潰れてなめたネジの外し方 輪ゴムの他にも良い方法がいくつかありますので、ご紹介しておきます。 ラジオペンチなどで挟んで 外す 発想を変えて、ラジオペンチなどでネジを挟んではずしてみましょう! ちょっと力のいる方法で、ネジの回りにスペースがないと難しいかもしれませんが、輪ゴムでうまくいかなかったら試してみてください。 やり方は、 ペンチで ネジ頭の外側をしっかり挟んで、力強く回 すだけ! 皿ネジなどの頭が低いネジは、挟むことが難しいです ネジ頭をハンマーで叩く 直接的な方法ではありませんが、 ネジ頭に対して真っ直ぐにドライバーを突きたて、ドライバーのお尻をまっすぐハンマーで叩く方法です。 こうすることにより、衝撃でネジがゆるむ場合があります。 ゆるんだら、ドライバーで回したり、ラジオペンチなどで挟んで回してはずします。 加熱する こちらも直接的な方法ではなく、ネジを外しやすくする方法です。 1分程度加熱することで、膨張熱を利用して、潰れたネジを緩ませることができます。 ライターでは火傷してしまうのでオススメしません。 周辺に溶けやすいものや、燃えやすい物がないか確認した上で、 ガスバーナーを使って1分加熱してみてください。 専用の道具を使う!潰れたネジのはずし方 先ほど紹介した、家にある物で潰れたネジが外せなかった場合は、お金がかかってしまいますが、潰れたネジ専用の道具ではずすことができます。 ネジすべり止め液 「ネジすべり止め液」を使って、潰れたネジを外す方法です。 ネジすべり止め液は、ネジ穴の摩擦増強剤です。 潰れたネジ穴に塗ることで、ドライバーとかみ合うようになるので、ネジを外すことができます。 完全につぶれてしまったネジ穴だと難しいかもしれません。 貫通ドライバー 「貫通ドライバー」を使って、潰れたネジを外す方法です。 貫通ドライバーは、潰れたネジ穴にセットしてハンマーで叩くことで、ネジにドライバーの先端を食い込ませて、ネジ穴の溝を作ることができます。 そのまま回してはずすことができますよ! バイスプライヤー 「バイスプライヤー」を使って、潰れたネジを外す方法です。 本来は溶接等でクランプとして使用する工具ですが、おまけとしてネジ取り機能が付いています。 強く握ることでロックがかかるので、ネジの頭を挟んで、そのままネジをはずすことができます。 ネジザウルス 「ネジザウルス」を使って、潰れたネジをはずす方法です。 先端がネジを挟むのに特化した形状になっているので、潰れたネジをいとも簡単にはずすことができます。 使い方は、先ほど紹介したバイスプライヤーと似ています。 ネジザウルスは、 ネジ頭に対して垂直につかんで、回しながらネジをはずします。 ネジ頭が挟めないとはずせないので、ネジ頭の浅いネジには適していません。 ネジ穴をつぶさない工夫 ネジ穴が潰れないようにするためには、ドライバーの使い方が肝心です。 ドライバーは、ネジを廻して外すというよりも、ネジに強く押し付けて回す道具です。 押し付ける力7 : 回す力3くらいのイメージで作業するのが良いと思います。 ネジが固くて取れない場合は無理をせず・・・• ネジ頭をハンマーで打ちつけて、衝撃で緩ませる。 油を差し込んでみる。 などを試してみると、簡単にネジが回しやすくなったりします。 万一ネジ穴が潰れてなめてしまったら、輪ゴムを使って回してみましょう。

次の