スカーレット あらすじ 23 週。 スカーレット

【スカーレットあらすじネタバレ】全週・全話・視聴率を最終回までまとめ

スカーレット あらすじ 23 週

夜にはワインを飲みながら語り合うふたり。 しかし翌朝、またアンリの姿が見当たらない。 飲み過ぎてあまり記憶のない喜美子は、武志(伊藤健太郎)に電話をする。 アンリが戻り、喜美子は飲みながら談笑したときのふたりの会話を確認すると思わぬ事実が明らかになる。 一方では 武志が通う窯業研究所で八郎(松下洸平)の噂が。 第116話 2月18日(火) 照子(大島優子)が高級な肉を持ち、喜美子(戸田恵梨香)のところへ。 そこに居合わせたアンリ(烏丸せつこ)を紹介する。 そしてみんなで夕飯を食べることに。 喜美子は信作(林遣都)にも声をかける。 アンリや照子も手伝い、女性3人で身の上話で盛り上がる。 信作は八郎(松下洸平)を連れてきたため、 喜美子は戸惑い、照子は慌ててしまう。 第117話 2月19日(水) 喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)、照子(大島優子)となぜかダンスすることになった。 翌朝、喜美子が自分の今後を考えていると、アンリに「作品が人生を豊かにしている。 あんたは一人じゃない」と励まされる。 そして喜美子は、アンリからパリへの旅行に誘われる。 一方で、窯業研究所に通う武志(伊藤健太郎)は、次世代展への出品を勧められていた。 武志は悩み、喜美子に相談するのだった。 第118話 2月20日(木) アンリ(烏丸せつこ)からパリ旅行に誘われた喜美子(戸田恵梨香)。 答えをひき延ばしていると、武志(伊藤健太郎)との約束を果たすために八郎(松下洸平)が姿を現す。 住田(田中美央)は、元の関係に戻るのではないかと勘違いする。 八郎は、今日中に名古屋に戻る予定でいる。 喜美子と武志の帰りを待つ八郎だったが、武志が来た頃にはわずかな時間しか残っていなかった。 武志は八郎をなんとか引き留め、泊まることになる。 はしゃぎながら話をする武志だった。 第119話 2月21日(金) 八郎(松下洸平)は川原家に泊まることになった。 喜美子(戸田恵梨香)が食事の支度をしている間、思い出話に花が咲く武志(伊藤健太郎)と八郎。 すると、思わぬふたりが訪ねてくる。 そのふたりとは、以前八郎の弟子で、辞めさせられた腹いせに窃盗騒ぎを起こしたふたりだった。 ふたりは八郎に謝罪する。 八郎も謝罪を受け入れ、喜美子は陶芸を続けているというふたりに穴窯のノウハウを教えるのだった。 第120話 2月22日(土) 親子三人で久々に夕食をとろうとしていると、武志(伊藤健太郎)が気まずいと言い出す。 その言葉を聞き、喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)によそよそしい態度をやめ、普通に接しようと提案する。 喜美子はあえて八郎をハグするが、逆に意識してしまう。 動揺する喜美子に辞めてしまった陶芸への思いを口にする八郎。 そんな八郎に、喜美子は新たな提案をする。 入学式の当日、喜美子(戸田恵梨香)やマツ(富田靖子)は、武志との残りの時間を名残惜しみながら過ごす。 喜美子は心配しているが、「大学中は帰らない」という武志。 武志を送り出し、八郎に今までの仕送りのお礼を兼ねて連絡しようと考える喜美子。 喜美子がためらいながらも電話をかけると、見知らぬ女性が電話に出るのだった。 第110話 2月11日(火) マツ(富田靖子)が亡くなり、喜美子(戸田恵梨香)が一人で暮らし始めて3年半。 八郎(松下洸平)から突然の電話がかかってくる。 その後、照子(大島優子)と八郎がやってきて、八郎は 仏壇を拝む。 気遣いした照子は出ていき、喜美子と八郎はぎこちない雰囲気だったが、 数年ぶりに武志(伊藤健太郎)の話を始める。 そして春になり、大学を卒業した武志が信楽へと戻ってくる。 第111話 2月12日(水) 武志(伊藤健太郎)は京都の美大を卒業し、 信楽に戻ってきた。 喜美子(戸田恵梨香)はある夜 、武志から誘われて、ふたりで初めて居酒屋に出かける。 武志は喜美子に学生時代の思い出話を語りながら、大学時代の恩師について明かす。 そしてその恩師のいる信楽の窯業試験場に通うことを伝え、 さっそく市内で下宿生活を始める武志。 喜美子は再び一人で暮らすことになった。 第112話 2月13日(木) 武志(伊藤健太郎)が一人暮らしを始め、再び一人で暮らすことになる喜美子(戸田恵梨香)。 そこに喜美子と面識のない女性・アンリ(烏丸せつこ)がやってくる。 アンリは勝手に穴窯をのぞき、不信感を感じた喜美子は身構える。 アンリは喜美子の作品を30万で売ってほしいと言うが、 売る気のない喜美子は100万でなければ売らないと伝える。 その後、アンリは現金を持参。 一方で、市議会議員になったちや子(水野美紀)が喜美子の家に一晩泊まることになった。 第113話 2月14日(金) 喜美子(戸田恵梨香)の作品が欲しいと訪ねてきた見知らぬ女性・アンリ(烏丸せつこ)。 売る気のない喜美子は、高値 を伝えて諦めさせようする。 しかし、アンリは現金を持ち、喜美子の家へと足しげく通う。 喜美子は正直に売るつもりはないと説明するが、 アンリは陶器を触りながら、作品と会話ができると言い出す。 喜美子は徐々にアンリの明るく天真爛漫なところにひかれていく。 第114話 2月15日(土) 以前、 女優をやっていたというアンリ(烏丸せつこ)。 アンリと喜美子(戸田恵梨香)は親しい仲になっていく。 アンリは突然「すぐ戻る」と言い姿を消すが、何日過ぎても 戻らないため喜美子は心配する。 喜美子はアンリの行方を捜し始めると、アンリの過去が徐々に判明していく。 一方、武志(伊藤健太郎)の通う窯業試験場に良い知らせが届く。 そこにはなぜか敏春(本田大輔)の姿があった。 試し焼きをして、思うような色の片りんが出る。 喜美子は窯焚きを6回失敗した末、ある仮説にたどり着くが、 それをやるには費用がかかってしまう。 その頃、八郎(松下洸平)と喜美子の別居の噂が街に広まってしまう。 その噂は、かわはら工房への発注にも影響を及ぼしてしまう。 そこ に以前、大量注文してくれたひろ恵(紺野まひる)がやって来る。 第104話 2月4日(火) マツ(富田靖子)は喜美子(戸田恵梨香)のことを心配する。 マツから依頼があったため、草間(佐藤隆太)がやって来た。 八郎(松下洸平)は、挨拶をして足早に帰っていく。 草間に穴 窯の説明をする喜美子は、思うような焼き色を出すために2週間、窯焚きを続けるという仮説を伝える。 草間は喜美子の挑戦を後押しするが、 話を聞いた八郎は心配になってしまう。 第105話 2月5日(水) 2週間の窯焚きを心配する八郎(松下洸平)に、喜美子(戸田恵梨香)は決意と感謝の気持ち を伝える。 そして、7回目の窯焚きが始まる。 信作(林遣都)や百合子(福田麻由子)は薪入れを手伝うことになった。 照子(大島優子)も差し入れに来てくれた。 いよいよ最終日、 喜美子はかなり疲れが溜まっていた。 そんな中、穴窯の壁が崩れ炎が噴き出してしまう。 急いで消火しようとするマツ(富田靖子)だったが、 喜美子はマツを止める。 第107話 2月7日(金) 陶芸家になりたいという武志 伊藤健太郎 だったが、喜美子(戸田恵梨香)は見守りながらも複雑な思いを感じていた。 喜美子は以前、穴窯での窯焚きを成功させたとき、見に来た八郎(松下洸平)に声をかけられず別れることになってしまった。 その後、喜美子と八郎は会ってはいない。 武志は、喜美子に内緒で八郎と手紙のやり取りをしていた。 高校卒業後の進路に悩む武志は、5年ぶりに八郎に電話をかけてみる。 第108話 2月8日(土) 武志(伊藤健太郎)は八郎(松下洸平)に連絡をとり会う約束をする。 喜美子(戸田恵梨香)はその約束を知らないため、 当日、武志の言動に違和感を感じ、 大野(マギー)や陽子(財前直見)に相談。 しかし、気持ちはすっきりしない。 帰宅した 武志は八郎と会ったことは言わず、自分で決めた進路を告げた。 その日から、武志は猛勉強。 1年後、武志はその努力の成果が出て、喜美子に八郎と会った時のことを明かすのだった。 スカーレット見逃しはU-NEXT! お得にお試し視聴ができます。 最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。

次の

【スカーレットあらすじネタバレ】全週・全話・視聴率を最終回までまとめ

スカーレット あらすじ 23 週

神山 清子(こうやま きよこ)・1936年8月2日、長崎県佐世保市生まれ。 ・陶芸家。 (日本の女性陶芸家の草分け) ・和洋裁学校を卒業。 陶器の絵付け助手を始める。 陶器会社を経て27歳で独立、作陶を始める。 途絶えていた古信楽の再現に成功し、自然釉薬を使った陶芸の第一人者となる。 劇中で描かれる家族関係や人生で起きる出来事はすべてオリジナルです。 2002年12月、神山の半生を描いた本『母さん子守歌うたって—寸越窯・いのちの記録』が出版。 2005年1月、『母さん子守歌うたって』を原作とした映画『火火』(高橋伴明監督)が公開される。 緋色のマドンナ 陶芸家・神山清子物語 中條 誠子(なかじょう せいこ) ・1973年6月25日生まれ。 ・兵庫県宝塚市出身。 ・聖心女子大学卒業。 ・NHKのアナウンサー(1996年入局)。 しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。 そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。 信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。 喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。 武志もさらに作品を作りはじめる。 直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。 一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。 そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。 照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。 ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。 ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。 変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。 より引用 戸田 恵梨香(とだ えりか)・1988年8月17日生まれ。 ・兵庫県神戸市出身。 ・女優。 ・特技:料理、ピアノ、ダイバー、書道、少林寺拳法(初段)。 フラーム所属。 趣味は、ジム通いや菓子作りなど。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 川原家の人々 川原常治(かわはら じょうじ)…北村一輝 喜美子の父。 大阪出身。 小学校を卒業後、商家に丁稚奉公に。 両親はすでに亡く、兄二人も戦争で失っている。 山っ気があり、戦前からいろいろな商売に手を出してきたが、すぐに見栄を張って酒をふるまう癖と、困った人を見捨てておけない人のよさで、金が全く身につかない。 川原マツ(かわはら まつ)…富田靖子 喜美子の母。 大阪・八尾の大地主の娘。 商売で実家に出入りしていた常治と、駆け落ち同然で結婚した。 穏やかでおっとりした性格。 常治がすることをニコニコと受け入れ、文句も言わずに信楽についてきた。 川原直子(かわはら なおこ)…桜庭ななみ(子ども時代:やくわなつみ) 喜美子の妹で川原家の二女。 空襲で取り残された影響で、ワガママで身勝手で自己中で反抗心が強く、時折、喜美子を困らせることがあるトラブルメーカー。 川原百合子(かわはら ゆりこ)…福田麻由子 喜美子の妹で川原家の三女。 大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ち。 母親の優しくて穏やかな性格を、一番受け継いでいる。 直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、相談相手となる。 草間宗一郎(くさま そういちろう)…佐藤隆太 常治が連れてきた謎の男性。 戦時中は満州で働いていた。 日本で空襲にあって行方不明になった妻を、ずっと探している。 幼い喜美子に温かく、かつ真摯(しんし)に接してくれる。 大阪での出会い 庵堂ちや子(あんどう ちやこ)…水野美紀 新聞記者。 喜美子とは大阪の下宿屋で知り合う。 酒田圭介(さかた けいすけ)…溝端淳平 喜美子が働く下宿屋に居住する医学生。 育ちがよく、まじめな青年。 下働きとして頑張る喜美子に、とても優しい。 田中雄太郎(たなか ゆうたろう)…木本武宏 喜美子が働く下宿屋に住む謎多き男性。 実は映画俳優を目指しているとの噂がある。 荒木さだ(あらき さだ)…羽野晶紀 大阪市内の下宿「荒木荘」の女主人。 戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの女性下着のデザインを始める。 一方で実家を下宿屋として改装。 大久保のぶ子(おおくぼ のぶこ)…三林京子 荒木荘の元女中。 女中業のスペシャリスト。 荒木荘を去った後も時折手伝いに来る。 ジョージ富士川(ジョージ ふじかわ)…西川貴教 世界的に著名な芸術家。 大阪での喜美子との出会いは一瞬ではあったが、信楽で思わぬ再会を果たすことになる。

次の

スカーレット ネタバレ【23週】あらすじ「闘う覚悟を決めた喜美子」|みんなの朝ドラ

スカーレット あらすじ 23 週

【スカーレット 24週】あらすじ 貴美子の白血球の型が武志のものと一致するかどうかは今日結果が出ることになっていて貴美子は病院に向かった。 大崎に呼ばれて貴美子は診察室に行き白血球の型が合わなかったと報告された。 八郎は工房にきて白血球の型が合わなかったと貴美子に伝えて貴美子は後ろ向きなこと言ったら罰金なと八郎に言う。 武志の友達の大輔と学、そして真奈は骨髄適合検査を受けたいと貴美子に伝え友達にも声をかけると約束した。 ちや子から電話がありこれから出かけないかと貴美子を誘った。 ちや子はサニーで大野夫婦と話をしていて貴美子が来て2人は久しぶりの再会だった。 仲間に貴美子の名前を出して呼びかけるとちや子は貴美子に約束する。 武志と同じ病気の安田智也の母親を誘って患者の会にきた2人。 日高れい子が大崎と一緒にきてなかなかドナーが見つからないと話す。 智也の母親の理香子は智也の症状が重いことに悩んでいてつい貴美子と日高に当たってしまう。 一方、武志はバイト先で具合が悪そうにしていて真奈が心配で駆けつける。 白血球の型が合わなかったことを真奈は武志に伝えたが武志はなぜかよそよそしかった。 武志は智也の病室にやってきて2人で楽しく話をした。 貴美子が工房に行くと真奈が武志のことを外から見ていた。 真奈は武志に嫌いやと言われても武志の会いたい気持ちが抑えられなかったと貴美子に話す。 武志は自分が病気だから真奈のことを避けていて病気だから会わないのは納得できないと真奈は武志に怒った。 家にきた八郎は武志に武志にしかできない作品を作れと言い「俺を超えていけ」と武志に告げる。 武志は家の畳で寝ていると雨が降り、物干し竿にかかっている傘を見てあるアイデアが浮かんでいたーー。 大崎から武志が熱を出したと伝えられて貴美子は大崎に感謝していた。 武志は智也の勉強を教えることになったと貴美子に報告して琵琶湖大橋を渡ると聞いて貴美子も行くと言い出す。 一方、居酒屋「あかまつ」では芽ぐみの結婚が決まって敏春は酔っ払いながら武志の健康を祈った。 お風呂に入ろうとした武志は自分の髪の毛が抜けて驚いていた。 朝になり、貴美子は理香子のために作った作品を眺めていた。 病院にやってきた貴美子は作ったお皿を理香子に渡していて、 そのとき智也の容態が急変した! 大崎が駆けつけて理香子は智也を心配して泣いていた。 一方、貴美子の家にいた八郎は荒木さだの電話に出た。 貴美子が家に帰ってきたとき、さだと圭介に久しぶりの再会をした。 武志と八郎がさだと圭介に挨拶して貴美子は昔話で盛り上がっていた。 さだはがん患者のためのブラジャーを作っていると聞き圭介はちや子と会ったと楽しそうに話す。 医学の進歩は凄まじく数年後には白血病も治る病気になると圭介は貴美子と八郎に告げる。 武志はバイトをしながら作品作りに没頭したがなかなかうまく水の波紋ができずにいた。 学と大輔は骨髄適合検査を受けてくれるよう声がけをしていた。 バイトをやめることになった武志はヤングのグに頭を下げた。 それだけ思い入れがあるってことだな! 八郎は白血球の型を調べてくれるように姉にお願いしてそのお礼に器を作っていた。 家に直子と真奈がきてみんなでスッポン鍋を食べた。 直子は武志に病気になっても真奈と付き合ったらええやんと言い武志は逃げるように部屋に戻った。 貴美子の作品が完成して狙った色を出すには 景色を想像することが大事だと武志に話す。 武志は大皿を焼いていて水が生きているような色を出すことに成功して貴美子と喜んでいたーー。 患者の会で知り合った理香子に貴美子は作品を作った。 一方、武志は真奈と頻繁に会うことになったが武志は病気になった自分とは付き合えないと真奈に告げる。 病気と闘いながら武志は理想どおりの作品を完成させた。 貴美子は武志とともに「みんなの陶芸展」に向けて作品作りに励む。 まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

次の