戴く 頂く。 「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

誤用が多い敬語「させていただく」の正しい使い方・言い換え・英語表現を解説!

戴く 頂く

スポンサーリンク 戴くの意味と使い方 次に「戴く」の意味と使い方を見ていきます。 「戴」には 「面を持ち上げてかぶせる」「 頭に物をのせる」という意味があります。 「頂く」「戴く」の両方が使えない時に、ひらがなを使うことがあります。 文部省で決まった使い方として 補助動詞の「いただく」はひらがなを使うという決まりになっています。 つまり動詞にくっついている「いただく」は、ひらがなを使わなければならないのです。 困ったときは「頂戴する」を使いましょう! 間違った使い方 「くださる」「いただく」が混ざってしまい、間違えた使い方をしている方が多いようです。 「本日はご来場いただきまして、誠にありがとうございます」 ふむ。 よく聞く言葉ですよね。 あっているように思えるかと思いますが実は、間違っています。 「本日はご来場くださいまして、誠にありがとうございます」 が、正解です。 「ご来場いただく」のではなく、「ご来場くださる」のです。 非常に難しいですね。 普段使う「いただく」という言葉。 仕事でも、プライベートでも、敬語を使う場面ではかならず使います。 しかし使い方を誤解している方も多く、相手に「???」と思わせる場合もあります。 日頃から、敬語の使い方を理解しておく必要がありますね。 私自身、敬語をうまく使えているかと問われるとはっきり言ってNO!です。 きちんとした日本語も使えていないと思います。 言葉の意味と使い方、きちんと使えればとてもスマートな印象を持つことができますね! ぜひ、敬語を使う時気にかけながら、話してみてください! この寒い時期にたくさん食べる果物っていうと何でしょうか。 そうみかんです。 ビタミンたっ 平日は仕事が忙しくって、戸籍謄本が必要でも日曜以外では役所に取りにいけないってことありますよね。 もやしは安価で量もそこそこ多く、食費を抑えるには絶好の食品ですよね。 ですが、他の野菜に比べて 「それ確信犯だよね」みなさん結構使っていますよね。 ですが、その使い方は本当に正しいのでしょう 文章を書いていて「ここは『恐い』『怖い』どっちを書くんだろう?」と迷ったことはありませんか? 平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始されているマイナンバー(個人番号 気になってもなかなか他の人には聞けない性に関する悩み。 「オリモノが濡れる 「やばー。 今日も残業フラグ立ったわ…」「やばい…これは…モテフラグじゃね?」「うわー、これ死亡フラグ みなさんは『湯シャン』という言葉を聞いたことがありますか? この言葉から想像できる方もいらっし 戸籍謄本を申請するときには、その使い道や理由がなければならないって知っていますか? 戸籍は住民• 人気記事一覧• 32ビュー• 11ビュー• 6ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 最近のコメント• に より• に かおり より• アーカイブ• カテゴリー• 161•

次の

「頂く」と「戴く」の違いとは?お金やビジネスでの使い分けも解説

戴く 頂く

「頂く」と「戴く」は同じ意味を持つ言葉と考える• 「頂く」と「戴く」で迷ったら「頂く」を用いる• 動詞の「頂く=戴く」と補助動詞「いただく」は区別が必要 「頂く」と「戴く」は同じ意味を持つ言葉と考える 「頂く」と「戴く」という二つの言葉。 同じ意味を持つ言葉として解説している辞書もあれば、異なる意味を持つ言葉として解説しているものもあり、解釈はまちまちです。 インターネット上でも、 「頂く」は行為 「戴く」は物品 などという「頂く」と「戴く」の分類をよく見かけますが、 辞書の王様『広辞苑』は同じ意味の言葉として解説しています。 実際に、「頂く」と「戴く」が同じ意味の言葉であることを物語っているこんな古いことわざがあるのをご存知でしょうか。 「 頂くものは夏も小袖」 他人からもらえるものなら季節はずれで不要なものでももらっておこう、という意味を持ったことわざです。 このことわざで使われているのは「 行為」に使われるはずの「 頂く」ですが、このことわざは物品の受け取りに関する言葉です。 このことわざからも、 「頂く」と「戴く」は同じ意味で使われる言葉である。 二つの言葉の違いを分類することはそれほど意味がないことであるとご理解いただけるかと思います。 そこで、「頂く」と「戴く」の二種類の表記は同じ意味を持つ言葉であるという辞書の王様の解釈を前提として説明を進めてまいります。 「頂く」と「戴く」で迷ったら「頂く」を用いる 「頂く」と「戴く」。 両者の言葉の意味するところが同じということであれば、どちらを使っても間違いないということになります。 しかし、迷ったら「頂く」を使うことを筆者は強くお勧めします。 お勧めするのには理由があるからです。 しかも解釈の余地がない明確な理由が。 理由はひとつ。 「頂く」は常用漢字だからです。 常用漢字は、役所の公用文や学校教育の分野で使われることが規定され、新聞や雑誌などの公共性が高い出版物の中でも原則として使用されています。 ちなみに学校のテストの解答は常用漢字を使うことが求められています。 もしも 答案用紙に「戴く」と書いてしまったら、それは間違いと評価されます。 なお学校の教育現場の外では、常用漢字だから正しい。 それ以外は誤り。 決してそのようなわけではありません。 しかし、常用漢字を用いていれば間違いと言われることはほぼ無くなります。 動詞の「頂く=戴く」と補助動詞「いただく」は区別が必要 「頂く」と「戴く」は同じ意味の言葉であると述べましたが、意味が決定的に異なる「いただく」という言葉が存在します。 この点、注意が必要です。 間違えると恥をかきます。 「頂く」も「戴く」も、いずれも動詞です。 しかし、動詞ではない「いただく」という言葉が存在するのです。 動詞ではなく補助動詞。 他の動詞にくっついて使われる言葉です。 例えば、 【お客様にご来店いただく】 お客様が来店する。 来店してもらう。 来店するという動詞だけでも十分に意味は通じますが語尾に「いただく」を付け加えることで丁寧で改まった表現に変身します。 この動詞を丁寧で改まった表現に変身させてしまう時の「いただく」は補助動詞と呼ばれ、 補助動詞として「いただく」を書く際は、「頂く」でも「戴く」でもなく、ひらがなの「いただく」を使うことが原則です。 「頂く」と「戴く」/「いただく」の違いと正しい使い分けまとめ 以上、説明が長くなりましたので、再び混乱してしまった方もおられるかも知れません。 最後に今一度、「頂く」と「戴く」「いただく」の正しい使い分け方をまとめておきます。

次の

頂くと戴くの違いとは?意味や使い分けを解説

戴く 頂く

まず基本的に「戴く」「頂く」という漢字については「頂く」の方が多く使われることになります。 また「頂く」という表記については平仮名の表記が多く見られます。 迷ったら平仮名でも差し支えないのですが、漢字を使いたいところではあります。 そのため、まず「頂く」という漢字について覚えるようにしましょう。 「頂く」という漢字は食べるやもらうを意味する謙譲語表現になります。 自分がへりくだり相手への敬意を示すのが「頂く」をはじめとした謙譲語の特徴です。 例えば贈り物やお土産、あるいは書類といった形のあるものを相手からもらう場合には「戴く」という漢字を使うことができます。 目に見えるものにしか使えないというのが「戴く」という漢字表現の特徴です。 逆に「頂く」という漢字については目に見えないものをもらう場合にも使うことができる表現です。 例えばアドバイスを頂くという場合には「頂く」という言葉が該当し、「戴く」は基本的に使えません。 何故ならアドバイスは形のあるものではないからです。 「戴冠」という言葉がありますが、これはタイトルを手にした時に使う言葉であり、本来の意味は冠を戴き、王位に即位するという意味合いがあります。 その際に冠は高く掲げられるために「戴冠」という言葉が使われるのです。 「戴く」という漢字には食べるというニュアンスはありません。 「いただきます(頂きます)」は食べるに言うフレーズとして一般的になっていますが、これは「頂く」という漢字から来ています。 「もらう」ニュアンスは「頂く」「戴く」それぞれにありますが、食べるニュアンスは「頂く」にしかありません。 そのため、何かを食べることを表現する場合には「頂く」を使います。 ただし食べ物をもらう場合には「戴く」を使うこともありますので、それを食べるのかまずはもらうだけかを見分けて使うようにしましょう。 物をもらう場合には「頂く」という漢字を使うこともできますが、「戴く」の方がより丁寧なニュアンスの言い回しになります。 「戴く」を使うと相手に仰々しく響く場合もありますので状況に応じた使い分けが必要です。 また「戴く」という表現は「頂く」よりももらうことを表現する強い要素があります。 「頂く」という言葉は、物をもらってからそれを保管しておくニュアンスまであります。 そのため、物に対してあくまでももらうニュアンスを強調したい場合には「戴く」を使った方がその状況に見合った表現ができるということになります。 「頂く」と「戴く」をもらうという動詞の謙譲語で使う場合には、「戴く」を使った方がより丁寧でフォーマルなニュアンスになります。 そのため、もらうという動詞を使う時に最大限の敬意を相手に示したい場合には「戴く」を使います。 例えば「本当に美味しかったです!私にとって最高のご馳走を頂きました!」といった形で使います。 この場合ご馳走を食べた(頂いた)という意味になるため「戴いた」は使えません。 何を頂いたかにより漢字を使い分けるのです。 例えば「いつもお気遣いいただき申し訳ありません。 ありがたく頂きます」といった形で使います。 この場合の「頂きます」は前後の文脈により、「食べる」「もらう」両方の意味合いで解釈することができます。 例えば「会社設立の記念品として素敵な彫刻を頂きました」といった形で使います。 彫刻を頂いた場合にはただ単に頂くだけではなくどこかに飾って保管しておく要素も入っているので「頂きます」という漢字表現を使います。 「社長からお土産を戴きました」という際に「戴きました」という漢字が使えます。 もちろん「頂きました」という表現を使っても間違いではないのですが、社長という会社のトップに対する敬意を込めて「戴きました」を使っているのです。 例えば「これまでの功績により素敵な賞とトロフィーを戴きました」となります。 「戴きました」を使い相手に最大限の敬意を示し、また「戴きました」という表現は賞をもらったことについても敬意を払った表現になります。 単に受け取るという意味合いですがビジネスでよく使われる言い回しです。 下記の関連記事は「受領する」を丁寧に、ビジネスで活用できるよう紹介したおすすめの内容になりますので、こちらも参考にしてください。 もらうという意味合いを最大限丁寧にした熟語であり、「頂く」や「戴く」と使う部分で置き換えて使うことができる表現です。 一般的に使われるのは名刺交換の場合です。 初対面の相手に対して最大限の敬語表現を意識するため「頂戴いたします」となるのです。 戴くと頂くの対義語は「差し上げる」 戴くと頂くの対義語は「差し上げる」です。 「戴く」も「頂く」もいずれも相手から「もらう」という意味があり、その反対の言葉は「あげる」になります。 そのため、「あげる」を丁寧にした「差し上げる」という言葉がこれらの言葉の対義語になるのです。 eatは「食べる」と直訳できる動詞ですがhaveは他にも様々な意味があり「食べる」を意味する場合もあります。 例文を参照してください。 I received a souvenir from the president. 「はかる」という言葉には、「いただく」以上にバリエーションがあり、特に数値を算出したり把握する際に使う「はかる」にもバリエーションがあるため、極めて使い分けが難しくなっていると言えます。 下記表にまとめましたので確認してください。 「はかる」のバリエーション• ・図る:考えることや企画をすること• ・計る:数や時間を数える場合に使う• ・測る:長さや高さ、深さや広さを数える場合に使う• ・量る:体積や容積を数える場合に使う• ・諮る:相談する• 「すすめる」も「いただく」同様に、同じような意味合いで違う漢字を使う言葉です。 下記表に違いをまとめていますので確認してみましょう。 「すすめる」のバリエーション• ・進める:物事を進行させる• ・勧める:とある行為を相手に促しはたらきかけること• ・薦める:人や物事のメリットを説明し取り入れるよう働きかけること• ・奨める:勧めると同じ意味で使われる 戴くと頂くを正確に使い分けられるようになろう! 戴くと頂くを正確に使い分けられるようなれば、ビジネスだけではなく日常生活での語彙も増やすことができます。 分からない部分を平仮名で書いてある書類やビジネスメールよりも、漢字でキチンと書いてあるものの方が説得力があります。 ここで紹介した戴くと頂くの使い分けを早速実践で試してみましょう!.

次の