アンダー テール アンダイン。 【アンダーテール】ふじみのアンダインの倒し方【Gルート】|匿名ちゃんのゲームブログ

【アンダーテール】アンダインの友達イベントを発生させる方法|匿名ちゃんのゲームブログ

アンダー テール アンダイン

「ぬぁぁぁぁぁぁぁ!!」 「皆の心が一つになれば、負けることなど有りはしない。 」 「人間よ、覚悟しろ!!」 概要 で戦うことになる。 魚人の魔族で、魔族の王である配下のロイヤルガードのリーダーを務める。 騎士団への入団を志すの相談役でもある。 騎士団長を務めるだけありその武力は高く、尚且つ好戦的。 人間には容赦なく襲いかかるが、魔族や友達のことは大事にするため、彼らの憧れの的である。 しかし本人は名声などには無頓着で、人気者という部類の人種にも関心がない様子。 また、情熱的で豪快な性格でもある。 戦闘では、魔法で出現させる水色の槍を投擲して攻撃してくるだけではなく、槍を振って主人公のタマシイを緑色に変える。 緑色の時はタマシイに向かってくる矢印を、盾のような物で防ぐという変わった戦法をとらなくてはならない。 他の魔物たち同様倒すことも可能だが、HPを0にする度に闘志を奮ってギリギリまで回復し、再び主人公に襲いかかるという踏ん張りをみせる。 しかし、そうした状態が長続きする筈もなく、徐々に体勢を保てず矢継ぎ早の攻撃も徐々に弱まっていく。 最後は初見ならトラウマになりそうな演出を挟む。 容姿 魚人ということもあり、青い鱗の肌にヒレの形の耳など、水棲動物のような外見的特徴を持つ。 スレンダーな体型で、背が高い。 髪型は赤いポニーテール。 初登場時の後ろ姿から察すると頭頂部にのみ髪が生えているようにもみえるが、とのとあるイベントでは前髪を流した比較的普通の髪型になるなどはっきりしない。 そのせいかイラストにおいても髪型の構成は様々な解釈がされている。 目付きは鋭く、目蓋には赤いアイシャドウを塗っている。 強膜(白目)の色は黄色で爬虫類的な縦割れの瞳、歪な牙を持つ。 左目にはアイパッチを当てている。 彼女は他の女性キャラクターと比べて男性的な見た目であるため、二次創作ではイケメンに描かれることが多い。 喜怒哀楽がはっきりしており、笑う時は破顔して豪快に笑っている。 照れ顔がとても可愛い。 よく顔芸をする。 初登場時は銀色の甲冑を身に纏っているが、戦闘時には兜を外し素顔を晒す。 更にアルフィーとのイベントで登場する際は私服の上からジャケットを羽織り首にはスカーフを巻くなど、ボーイッシュな洒落着姿も披露している。 人物像 アンダインは幼い頃から好戦的な性格のため、誰にでも戦いを挑んでいた。 ある日、自分の強さを証明しようとアズゴア王に挑戦を挑むが、アズゴアはアンダインの攻撃を避けるだけで反撃をしてこようとはしなかった。 そんな彼に感化されたアンダインはアズゴアから直々に稽古を受けることになり、ついに彼を負かすほどの戦力を手に入れた。 アズゴアは彼女の能力を誇り、アンダインはそれからも地道に稽古を続けてアズゴアの親衛隊の隊長になったのだった。 その過程があってアズゴアに忠誠を抱いており、7人目の人間である主人公の魂を奪おうと容赦なく襲い掛かってくる。 パピルスからは憧れを抱かれており、騎士団に入れるよう何度も申し込まれているがその度に断っている。 その理由は「彼が心優しく純粋すぎるから」である。 そのためパピルスに戦闘以外の道を与えようと料理を教えている。 …ただし彼女自身はかなり大雑把な為、料理の方は反面教師になっている様だが。 アズゴア直属の科学者であるアルフィーとは親友で、実は彼女同様、人間界のアニメに興味を持っている。 しかし、アニメの世界の出来事を現実だと思い込んでしまっている節があり、地上には「身長の10倍以上ある巨大な剣を振るう剣士」や「魔法の国のお姫様」などが実在すると信じ込んでいる。 (そもそも彼女たち自身が魔法で作られたモンスターである為、人間の考えたようなファンタジーを地で行っている節はあるが) なお、彼女との戦闘中のメッセージの中に 「Smells like SUSHI. の匂いがする。 」というものがあり、一部のファンの間ではよくネタにされている(2つの意味で)。 このことから日本のTwitterや動画サイト等では「 寿司ネキ」と通称されていることも多い。 豪胆な性格で周りから愛されている彼女であるが、 リンク先ネタバレ有).

次の

【アンダーテール】Pルート。アンダイン手紙~真の研究所 #アンダーテール

アンダー テール アンダイン

ネタバレ注意! この記事には大きな ネタバレ要素が含まれています。 もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。 には、大きく分けて3種類のエンディングが存在する。 プレイヤーの行動によって分岐するが、1周目はNルートもしくはGルートとなり、2週目以降のみPルートにも分岐する。 要するに他のエンディング条件を満たさなければこのエンディングに達する。 意図的にGルートを目指さない限り、基本的に1周目は必ずこのルートとなる。 2週目でこのルートとなる条件は、と友達になると入れる、を訪問していない事。 アルフィーと友達になるには、一度以上をクリアし、かつと友達になっている必要がある。 つまり1週目はこの条件は満たせない。 描写の上では少しわかりにくいかもしれないが、彼女とのデートを終えると友達になったことになる。 アンダインと友達になるには、モンスターを全く殺さず、と友達になり、かつ彼女が暑さで倒れたときに水を掛けてやる必要がある。 彼女の家へ入って、中でのやり取りの末、アンダインがパピルスのもとへ引っ越して彼への電話に出るようになると、友達になれる。 パピルスと友達になるには、スノーフルでの戦闘で彼を倒さず、その後スノーフルに戻り彼の部屋に入り電話番号を教えてもらう事で達成できる。 1週目のみラスボス戦の後にさらにイベントが入る。 これは2週目以降は発生しない。 なお、Nルートクリアの履歴はPルートをクリアして本当のリセットをするか、Gルートをクリアするとリセットされる。 1週目はアルフィーと完全に親しくなることはできないため、Neutral Routeで1度クリアしなければ、このエンディングを見ることはできない。 Nルートをクリアする。 すなわちこのルートは必ず2周目以降となる。 Nルートクリア時に残ったセーブデータが「モンスターを一切殺していない」という条件 下記の2. を完全に満たしている場合に限り、「リセット」を行わずすぐに再開できる。 下記の2. を満たせなかった後にセーブしていた場合、True Pacifistルートに入る際は「リセット」して最初からやり直すことが必要になる。 このことはNeutralエンディングを終えた後にフラウィを殺していなければ示唆する。 ただし、この条件はGルートをクリアした時点でリセットされてしまう。 さらに、エンディングが事実上永久的に変化し、本来のものは見られなくなる。 全てのモンスターをランダムエンカウント・ボス含め 一切殺さない。 EXPが0 LVは1 であればいいので、相手の体力を0にしない程度に攻撃を加えたり、相手の体力瀕死の状態による「逃がす」を行っても構わない。 マネキン&ナプスタブルーク&ぷんすかみゅうみゅうのみEXPが増えないため、ぷんすかマネキン&メタトンの場合はダメージを与えられないためいくら攻撃しても直接の問題はない• スノーフルのパピルスらの家にて、パピルスと友達になる。 ウォーターフェルのアンダインの家にて、彼女と友達になる。 NルートをクリアしメタトンEXと停戦してから、持ち物に空きがある時にアンダインと友達になった場合は、そこでそのまま アンダインのてがみを受け取る。 Nルートクリア又はメタトンEX停戦の前に、アンダインと友達になっていた場合は、コアとMETAホテル間の橋でアンダインから電話がかかる。 この電話を受けたか、持ち物に空きが無い時にアンダインと友達になった場合は、パピルスの家の前にてアンダインから アンダインのてがみを受け取る。 この手紙をアンダインの目の前で捨てることはできないが、よそで捨てると アンダインレターEXをもらうことができる。 こちらも役目は同じであるが「 どこでも捨てることすらできない」ようになっている。 このイベントは1周目では発生しない。 ホットランドので入口に手紙を差し込む。 これによりアルフィーと友達になることができる。 パピルスから電話を受けると、再びアルフィーのラボに入れ、バスルームの入り口からに入れるようになっている。 真実のラボに入ると、エレベーターは故障して後戻りできなくなり、 True Pacifistルートが確定する。 へ到達した際のエレベーターも一時的に蔦で覆われ、最後の戦いを終えるまで使えなくなる。 真実のラボ以降の登場モンスターに攻撃ダメージを与えることは出来ない。 ラスボス戦闘後、プレイヤーは地下世界を出る前にいせきを含め真実のラボを除いた全エリアに再訪問することが出来るようになる。 Gルートを未クリアの方は閲覧しない事を強く推奨します。 このルートを進行している場合、いくつか非常に高い難易度のバトルが追加されることになる。 誤解されがちだが、Pルートとは異なり1周目からこのルートに入ることはできる。 あくまで、意図せずに入ってしまうような条件ではないだけである。 以下の条件を途中で達成できなかった場合、道中の展開変更にかかわらずNルートに移行する。 主人公はランダムエンカウントするモンスターをエリアごとに一定数殺す必要がある。 原則として、そのエリアにおけるボスモンスターを殺す前に達成しておく必要がある。 Nルートでもそうだが、達成後はそのエリアでのランダムエンカウントが通常と異なる演出に変化している。 殺害までに20体。 Gルートを中止しなければ、残り殺害数を0にしてセーブポイントを調べると「ケツイ。 」とのみ表示される。 殺害までに16体 ボスを含め累計40 、かつそれまでにを殺す。 遭遇した場合はを必ず殺す必要がある。 このエリア以降、セーブポイントを調べると残り殺害数が表示される。 このエリアのみ、オワライチョウが生存していて残り殺害数が0でなければ、に着いて以降、「あの げいにん か…」表示となる。 ウォーターフェル大橋への到達までに18体 累計60。 エコーフラワーの中に、残り殺害数を表示するものがある。 エコーフラワーが何輪も咲いているエリアの途中で、残り殺害数が0でなければ、引き返すように言われる。 コアの終点到達までに40体 累計100。 主人公は以下に挙げるモンスターを全て抹殺しなければならない。 その殆どは強制エンカウントする中ボスとボスだが、ランダムエンカウントのモンスターも含まれる。 挙げないモンスターの中にも、停戦できず、抹殺しか選択肢が無いモンスターがいる。 Genocideルートでシャイレーンを殺害することでが変化• 厳密には抹殺できないが、駆け付けたアンダインが に変化(クリックでネタバレ)し、メタトンも に変化する事が確定する(メタトンはホットランドやコアのランダムエンカウントモンスターを40体殺戮することでも変化するが、何れにせよこのルートの過程で必然的に達成されることになる)•

次の

カテゴリ:BGM

アンダー テール アンダイン

ネタバレ注意! この記事には大きな ネタバレ要素が含まれています。 もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。 には、大きく分けて3種類のエンディングが存在する。 プレイヤーの行動によって分岐するが、1周目はNルートもしくはGルートとなり、2週目以降のみPルートにも分岐する。 要するに他のエンディング条件を満たさなければこのエンディングに達する。 意図的にGルートを目指さない限り、基本的に1周目は必ずこのルートとなる。 2週目でこのルートとなる条件は、と友達になると入れる、を訪問していない事。 アルフィーと友達になるには、一度以上をクリアし、かつと友達になっている必要がある。 つまり1週目はこの条件は満たせない。 描写の上では少しわかりにくいかもしれないが、彼女とのデートを終えると友達になったことになる。 アンダインと友達になるには、モンスターを全く殺さず、と友達になり、かつ彼女が暑さで倒れたときに水を掛けてやる必要がある。 彼女の家へ入って、中でのやり取りの末、アンダインがパピルスのもとへ引っ越して彼への電話に出るようになると、友達になれる。 パピルスと友達になるには、スノーフルでの戦闘で彼を倒さず、その後スノーフルに戻り彼の部屋に入り電話番号を教えてもらう事で達成できる。 1週目のみラスボス戦の後にさらにイベントが入る。 これは2週目以降は発生しない。 なお、Nルートクリアの履歴はPルートをクリアして本当のリセットをするか、Gルートをクリアするとリセットされる。 1週目はアルフィーと完全に親しくなることはできないため、Neutral Routeで1度クリアしなければ、このエンディングを見ることはできない。 Nルートをクリアする。 すなわちこのルートは必ず2周目以降となる。 Nルートクリア時に残ったセーブデータが「モンスターを一切殺していない」という条件 下記の2. を完全に満たしている場合に限り、「リセット」を行わずすぐに再開できる。 下記の2. を満たせなかった後にセーブしていた場合、True Pacifistルートに入る際は「リセット」して最初からやり直すことが必要になる。 このことはNeutralエンディングを終えた後にフラウィを殺していなければ示唆する。 ただし、この条件はGルートをクリアした時点でリセットされてしまう。 さらに、エンディングが事実上永久的に変化し、本来のものは見られなくなる。 全てのモンスターをランダムエンカウント・ボス含め 一切殺さない。 EXPが0 LVは1 であればいいので、相手の体力を0にしない程度に攻撃を加えたり、相手の体力瀕死の状態による「逃がす」を行っても構わない。 マネキン&ナプスタブルーク&ぷんすかみゅうみゅうのみEXPが増えないため、ぷんすかマネキン&メタトンの場合はダメージを与えられないためいくら攻撃しても直接の問題はない• スノーフルのパピルスらの家にて、パピルスと友達になる。 ウォーターフェルのアンダインの家にて、彼女と友達になる。 NルートをクリアしメタトンEXと停戦してから、持ち物に空きがある時にアンダインと友達になった場合は、そこでそのまま アンダインのてがみを受け取る。 Nルートクリア又はメタトンEX停戦の前に、アンダインと友達になっていた場合は、コアとMETAホテル間の橋でアンダインから電話がかかる。 この電話を受けたか、持ち物に空きが無い時にアンダインと友達になった場合は、パピルスの家の前にてアンダインから アンダインのてがみを受け取る。 この手紙をアンダインの目の前で捨てることはできないが、よそで捨てると アンダインレターEXをもらうことができる。 こちらも役目は同じであるが「 どこでも捨てることすらできない」ようになっている。 このイベントは1周目では発生しない。 ホットランドので入口に手紙を差し込む。 これによりアルフィーと友達になることができる。 パピルスから電話を受けると、再びアルフィーのラボに入れ、バスルームの入り口からに入れるようになっている。 真実のラボに入ると、エレベーターは故障して後戻りできなくなり、 True Pacifistルートが確定する。 へ到達した際のエレベーターも一時的に蔦で覆われ、最後の戦いを終えるまで使えなくなる。 真実のラボ以降の登場モンスターに攻撃ダメージを与えることは出来ない。 ラスボス戦闘後、プレイヤーは地下世界を出る前にいせきを含め真実のラボを除いた全エリアに再訪問することが出来るようになる。 Gルートを未クリアの方は閲覧しない事を強く推奨します。 このルートを進行している場合、いくつか非常に高い難易度のバトルが追加されることになる。 誤解されがちだが、Pルートとは異なり1周目からこのルートに入ることはできる。 あくまで、意図せずに入ってしまうような条件ではないだけである。 以下の条件を途中で達成できなかった場合、道中の展開変更にかかわらずNルートに移行する。 主人公はランダムエンカウントするモンスターをエリアごとに一定数殺す必要がある。 原則として、そのエリアにおけるボスモンスターを殺す前に達成しておく必要がある。 Nルートでもそうだが、達成後はそのエリアでのランダムエンカウントが通常と異なる演出に変化している。 殺害までに20体。 Gルートを中止しなければ、残り殺害数を0にしてセーブポイントを調べると「ケツイ。 」とのみ表示される。 殺害までに16体 ボスを含め累計40 、かつそれまでにを殺す。 遭遇した場合はを必ず殺す必要がある。 このエリア以降、セーブポイントを調べると残り殺害数が表示される。 このエリアのみ、オワライチョウが生存していて残り殺害数が0でなければ、に着いて以降、「あの げいにん か…」表示となる。 ウォーターフェル大橋への到達までに18体 累計60。 エコーフラワーの中に、残り殺害数を表示するものがある。 エコーフラワーが何輪も咲いているエリアの途中で、残り殺害数が0でなければ、引き返すように言われる。 コアの終点到達までに40体 累計100。 主人公は以下に挙げるモンスターを全て抹殺しなければならない。 その殆どは強制エンカウントする中ボスとボスだが、ランダムエンカウントのモンスターも含まれる。 挙げないモンスターの中にも、停戦できず、抹殺しか選択肢が無いモンスターがいる。 Genocideルートでシャイレーンを殺害することでが変化• 厳密には抹殺できないが、駆け付けたアンダインが に変化(クリックでネタバレ)し、メタトンも に変化する事が確定する(メタトンはホットランドやコアのランダムエンカウントモンスターを40体殺戮することでも変化するが、何れにせよこのルートの過程で必然的に達成されることになる)•

次の