妊娠報告 親 いつ。 会社に妊娠を報告するタイミングはいつ? 「妊娠3ヶ月目まで」が最多というアンケート結果も|FQ JAPAN 男の育児online

双子の妊娠報告はいつが適切?職場、親兄弟、友人、目安を紹介|ふたごちゃんねる

妊娠報告 親 いつ

会社へ妊娠報告する時期 働いている場合は、会社へ必ず妊娠報告をします。 妊娠による体調の変化によって業務に支障が出たり、休むことが増えたり、場合によっては早めに産休に入らなければいけないことがあるからです。 妊娠期間中に問題がなかった場合でも、いずれ出産のために必ず仕事を休むことになりますから、妊娠を最後まで秘密にしておくということはできません。 また、産休・育休を取得する人、退職を予定している人、そのどちらも産休に入る前までに仕事の引継ぎをしなければなりません。 なかには引き継ぎに時間がかかるというケースもあるため、会社への妊娠報告は、妊娠が分かってから比較的早い段階で報告をする人が多くなっています。 早めに妊娠報告をしておくことで、妊娠・出産で自分が抜けた後に会社に与える負担を減らすことができますし、つわりなどで体調が悪いときにも配慮してもらいやすくなります。 両親へ妊娠報告する時期 両親へ妊娠を報告するタイミングで悩んでいる妊婦さんも多くいるようです。 自分の両親と夫の両親(義両親)の双方に伝える必要がありますが、一般的には両家のトラブルを起こしにくい同じタイミングで報告することが良いといわれています。 しかし実際のところ、自分の両親には妊娠2カ月(妊娠4~7週)ごろの比較的早い段階で報告することが多いようです。 一方、義両親の場合は安定期に入ってからの報告という人が多くなっています。 ただ、義両親であっても一緒に暮らしているのであれば報告するタイミングが早かったり、自分の両親でも疎遠になっている場合には報告が遅かったりなど、環境に合わせて報告する時期は異なる場合もあると思います。 両親以外の両親戚に報告する場合は、安定期以降に伝えることが多いようです。 会社で真っ先に伝えるべき相手は誰? 会社に妊娠報告をするといっても、すべての人に同じタイミングで伝える必要はありません。 最初に伝えるべき相手は、直属の上司です。 早めに上司に伝えておけば体調が悪いときや妊婦健診で仕事を調整したいときに相談しやすくなります。 同僚などに先に話してしまうと、自分の口から正式に伝える前に上司の耳に入ってしまうこともあり得ますので気を付けましょう。 上司のほかには、体調がすぐれないときにフォローしてもらうことが多くなる同僚にも早めに伝えておくのがベストです。 ただ、フォローをしてもらう前提での妊娠報告は、相手に悪い印象を与えてしまうため、できる業務は変わらずに取り組んでいくという姿勢を忘れないようにしましょう。 両親以外の両親戚には誰まで伝える? 赤ちゃんの祖父母となる実の両親・義両親には、早めに伝えるという人が多い一方で、両親戚となると誰まで報告するべきか悩んでいる人も珍しくないようです。 きょうだいが両親と一緒に暮らしている場合は、両親と同じタイミングで伝えることもあるようですが、身内が不妊治療をしているなどの場合は報告するタイミングを考えた方が良いでしょう。 さらに、両親戚の場合は自分で報告せずに、両親から伝えてもらうというケースが多くなっています。 体調不良や流産の心配がある場合は、安定期に入るまでは伝えずにいてほしいと両親にお願いしておき、安定期以降に伝えてもらうようにする方法もひとつの方法です。 ただ、地域によっては両親戚にもしっかりと妊娠報告をするのがマナーとなっているところもあるため、事前に両親や夫などに確認しておきましょう。 友人への妊娠報告は誰まで伝えればいい? 友人への妊娠報告は、現在の付き合いの頻度や関係性によって異なります。 特に仲のいい友人の場合は安定期に入ってから伝えることが多くなっていますが、それ以外の友人の場合には、安定期以降に連絡したり、会う機会があったときに報告するというケースもあります。 しかし、同じ友人グループ内で妊娠報告を受けている人と受けていない人がいる場合、自分で伝える前にほかの友人から妊娠したことが伝わり、関係がギクシャクしてしまうこともあるようです。 このような心配がある場合は、報告を先にした友人に「ほかの人には後で自分の口から伝えるため、それまでは話さないで欲しい」とお願いしておくといいでしょう。 <ママ友への報告は必要?> 2人目以降の妊娠の場合、上の子どもの関係でママ友としての付き合いをしていることもあると思います。 特に親しくしている場合は、子育てや妊娠中の相談相手として早めに伝えるという人も多いようですが、友人と同様に安定期に入ってから伝える人もいます。 もし、ママ友としてそれほど親しい付き合いをしているわけではない場合には、安定期以降またはおなかが目立ってきた時期をみて報告しても問題ありません。 深い付き合いをしていないママ友の中には不妊治療をしている人もいるかもしれないので、あえて自分から妊娠報告はしないという選択もあります。 会社への妊娠報告で一緒に伝える必要のあること 会社の上司に妊娠報告する場合は、出産予定日はもちろんのこと、今後の仕事についてどのように考えているのかも伝えておく必要があります。 特に、「いつから産休に入る予定なのか」「退職するのか産休・育休取得後に復職するのか」、復職するのであれば「いつから復職するのか」ということは重要です。 もちろん、出産してみないと分からないことではありますが、予定を伝えておかないと会社側も対応が取りにくくなります。 そのため、あらかじめ家族と話し合って、出産前後の予定をシミュレーションしておきましょう。 伝え方の例としては、妊娠した事実と現在の妊娠数週、出産予定日を報告した後、出産後に復職したいのか、退職するのかを伝えます。 復職を希望している場合は、育休の取得が可能かどうかも聞いておきましょう。 さらに、復職後に赤ちゃんが体調不良を起こしたときにはどう対処する予定なのか(夫や家族の協力の有無)も伝えておくとベストです。 もし、妊娠報告の時点で体調がすぐれない場合は、今後の業務内容を配慮してもらえるかどうかも確認しておくようにします。 引継ぎに関しては、妊娠報告をした日ではなく改めて時間を取り、誰にどのような方法で引継ぎをしていくのかを相談して決めます。 友人へメールで妊娠報告する場合の伝え方 友人の場合は、メールで妊娠報告をすることも多くあります。 特に仲がよい友人や、妊娠を心待ちにしていたことを知っていたり相談にのってもらっていたりした友人であれば、喜びを全面に出した内容でも問題ありません。 しかし、グループメールなどで複数の友人へ一斉に知らせる場合には、簡潔に報告した方が相手も受け取りやすくなります。 メール文面の例としては、「急なご報告ですが、このたび妊娠しました。 現在、妊娠〇カ月です。 もっと早くに報告したかったのですが、安定期に入ってからと伝えようと思い、この時期の報告になりました。 予定日は〇月〇日です」のような内容です。 自分の状態を詳しく書きすぎるとマタニティハイと受け取られてしまうこともあるため、最初の報告では必要最低限の情報だけ伝えるようにしましょう。 友人へ妊娠報告するときの注意点 友人へ妊娠報告する場合は、相手のおかれている状況を考えないといけないことがあります。 特に、友人が不妊治療を受けている場合やなかなか妊娠できずに悩んでいることを知っている場合は、妊娠報告をするタイミングや伝え方に配慮が必要です。 ただ、妊娠したことを伝えないでいると、相手は「気をつかわせた」「同情された」とマイナスに受け取られてしまう可能性もあります。 ですから、安定期を過ぎたあたりにほかの友人と同じタイミングで報告するのがいいでしょう。 また、SNSなど不特定多数が閲覧できる場所での妊娠報告は、マタニティハイや幸せをアピールしていると受け取られ、相手を不快にさせてしまうことがあります。 自分ではそんなつもりがなくても、あくまでも妊娠報告は親しい友人間だけでおこなうようにしましょう。

次の

義両親への妊娠報告はいつする?悶々と悩んでいたときに気づいた、とても大切なこと by チッチママ

妊娠報告 親 いつ

産婦人科の超音波検査で、子宮内に胎嚢(たいのう)が確認され、その約一週間後に赤ちゃんの心拍が確認されると妊娠が確定します。 嬉しい反面、だれにどのタイミングで妊娠を伝えれば良いか悩むかもしれませんね。 おめでたいことなので一刻も早く伝えたくなるかもしれませんが、妊娠初期は他の時期に比べて流産のリスクが高い時期です。 親や両親に伝えるタイミングは、夫やパートナーと相談して慎重に検討したいものですね。 妊娠報告のタイミングとして、以下の時期に伝えた先輩ママが多いようです。 ・心拍確認ができる妊娠6週頃 ・出産予定日が確定する妊娠8~10週頃 ・早期流産ではなくなる妊娠4ヶ月頃 ・安定期に入る妊娠5ヶ月頃 さまざまなケースが考えられるので、妊娠の経過などを見ながら自分の親や義父母に報告すると良いでしょう。 自分の親には、何週目に妊娠を報告すると良いのでしょうか。 とくに決まりはありませんが、心拍が確認できた後から、安定期を過ぎるまでのあいだに報告する人が多いようです。 親との関係が良くない場合や、妊娠を報告したくない場合は夫婦でしっかり話し合っておく必要があります。 里帰り出産で実家に帰るのであれば、分娩予約やいろいろな準備も必要になるので少し早めに相談したほうが良いですね。 可能であれば、電話やメールよりも、直接会って報告したほうが良いでしょう。 喜ぶ姿を目の前で見られるかもしれません。 報告するときは、できればママだけではなく夫やパートナーも一緒に行きましょう。 服装は相手にもよりますが、いつもよりフォーマルなものにしておくと改まった雰囲気になるかもしれません。 未婚の場合の妊娠報告は、非常にデリケートな問題になります。 婚約中で、両方の親が結婚、妊娠ともに認めている状態であれば報告しやすいですが、それ以外では報告しにくいかもしれません。 しかし、報告しないまま出産するのはリスクがあります。 生んだ後、両親や義父母の協力を得られない可能性があるからです。 18歳や19歳などの未成年が出産する場合、親の承諾は不要です。 しかし、未成年との結婚には、原則として父母両方の同意が必要となります。 つまり、両親や義父母の承諾がなければ、出産したとしても戸籍に不都合が生じる可能性があるのです。 未婚の場合はできる限り、早い段階で両親に妊娠を伝えて、今後のことを相談するのが良いでしょう。 伝え方は人それぞれですが、妊娠週数と出産予定日、結婚前に妊娠となったお詫び、今後の計画などを織り交ぜて、パートナーと一緒に報告するのが良いかもしれません。

次の

義両親への妊娠報告はいつする?悶々と悩んでいたときに気づいた、とても大切なこと by チッチママ

妊娠報告 親 いつ

妻の妊娠を職場に報告するのは、妊娠 16週目に入ってからがベストだと言われています。 その理由は、妊娠 16週になると安定期に入り、流産の可能性が大幅に低くなるため。 また、妊娠 16週目は妻のホルモンバランスの乱れが落ち着きはじめ、体調も安定する時期とも言われています。 妻もつわりの時にできなかったことが徐々にできるようになっていくので、精神的な余裕が生まれ、そろそろパパの職場に報告してもいいと考えるようになります。 ただ、妊娠 16週目の前に職場に報告した方がいい場合もあります というのも、妻のつわりがひどい場合や体調がすぐれない場合、上の子の保育園の送迎などをパパがやらなければならなくなったり、病院に妻を連れて行かなければならないことがあるからです。 もし安定期に入る前に妻の妊娠を伝える場合は、直属の上司や特にかかわりが深い同僚にのみ伝えましょう。 安定期に入る前に妻の妊娠を職場の人に知られると、万が一のことがあったときになかなか伝えづらいため注意が必要です。 職場に妊娠を報告するタイミングは妻にも相談しよう ここまでは妻の妊娠を職場に報告するタイミングについて一般論をご紹介しました。 ただ、妊娠中はナイーブになっている妻も多いのが現状。 出産ギリギリまで職場には黙っておいてほしいと考える人もいますし、何かあったときに備えて早く職場に伝えておいてほしいという人もいます。 夫婦が同じ職場に勤めている場合も同様。 パパは早く妻の仕事の負担を減らしてほしいと願うかもしれませんが、妻は可能な限り妊娠前と同じように働きたいと考えている可能性もあります。 妻の妊娠がわかったら、早い段階で職場に妊娠を伝えるタイミングについて妻とよく話し合っておくことが大切。 そして、できれば妻の要望を聞き入れてあげてくださいね。 妊娠報告の前例についても調べておくと安心 職場には、勘がするどい人もいますよね。 パパが妻の妊娠について何も話していないのに、パパの普段の行動から妻の妊娠を察知し、しつこく探りを入れてくる人もいるかもしれません。 ただ、まだ報告すると決めた時期ではないからと否定し続けるのも考え物。 結果的にそのことがリスクになってしまうこともあるので注意が必要です。 妻の妊娠・出産はいつか同僚に知られることになります。 そのとき同僚が、パパに嘘をつかれたと思ったらどうでしょう。 やはり嫌な気分になりますよね。 しつこく探りを入れてくる人には「妊娠していない」と否定するのではなく、 「妊娠していたらいいな」「子供がほしいな」と肯定も否定もせずに上手にかわすのがポイント。 妊娠を報告したとき、「やっぱりね!」と相手が得意げになれるような対応をしておきましょう。 妻の妊娠を報告は誰にする? 妻の妊娠の報告を、みんなの前で大々的にするのは避けましょう。 社内にはさまざまな事情を抱えている人がいます。 流産を経験した人、子供ができずに悩んでいる人などは、たとえおめでたい報告であっても、つらい思いをしてしまうことがあります。 妻の妊娠は、まず上司に伝え、誰に伝えるべきか上司の指示を仰ぐのが無難。 上司は部下が抱える事情を把握していることが多いので、問題がなければみんなの前で報告するように言うでしょう。 もし配慮すべき事案があるなら、あまり触れ歩かないようクギを刺されるかもしれません。 上司に妻の妊娠を報告したら、そのあと同じチームの仲間や親しい同僚に伝えましょう。 パパが妻の出産時に休みをとったり、育児休暇を取得するのであれば、その影響を受ける可能性がある人に妻の妊娠を報告しておくのがマナー。 あわせて人事部や総務部など、出産にまつわる給付金や育児休暇の取得にかかわりがある部署への報告も忘れずに行いましょう。 妻の妊娠について報告する内容 職場に妻の妊娠を報告する際、「妻が妊娠しました」だけではいけません。 出産予定日を伝え、育児休暇を取得するかどうかなど意思をはっきりさせておくことが大切。 出産予定日とプロジェクトの時期が重なっていた場合、スケジュールを組みなおしたり、担当を変えるなどの対応が必要になります。 妊娠は喜ばしいことですが、仕事に影響が出てしまうことをよく思わない人もいるので、影響が最小限になるようできる限りの気配りをしましょう。 妻の妊娠を報告した際、子供がいる上司は妻の体調や赤ちゃんの様子を聞いてくることがあります。 日ごろから妻や赤ちゃんの様子を気にかけ、上司の質問に答えられるようにしておくことも大切です。 職場への報告はメールでもいい? 妻の妊娠がうれしくて、早く上司や同僚に伝えたいとはやる気持ちもわかります。 ただ、忙しい時間帯やトラブルに見舞われた時などに報告するのは避けるべき。 上司が一息つくタイミングや、帰宅準備をしているときなどに声をかけるといいですね。 それが難しいなら、メールで「直接話したいことがあります」という旨を伝えておくのもおすすめ。 妻の妊娠を報告するタイミングや方法 1つで、パパや家族に対する印象が変わってしまうこともあります。 妻の妊娠の報告は、上司が時間的にも精神的にも余裕があるタイミングを見計らい、慎重に行いましょう。 番外編:妊娠後期、産後に向けて食材宅配を手配しておこう! お腹が大きくなり動きづらくなる妊娠後期、そして産後一ヶ月は、赤ちゃんを外に連れ出すことができないため、 早めに食材を宅配してくれる生協を契約しておくのがおすすめです。 食材以外にも生活用品、ベビー向けの商品を取り扱っている生協も多いため、もしもの時のために、自宅で注文できる状況にしておけば安心ですよ。 Photo by.

次の