いいね!光源氏くん 7話 ネタバレ。 いいね!光源氏くん3話ネタバレあらすじ感想!光(千葉雄大)交通事故に巻き込まれて消える。運転手が最低w4話あらすじも!

いいね!光源氏くんネタバレ最新話第9話感想|京都に訪れた光源氏に沙織も呆れる│漫画ジニエスタ|by manga

いいね!光源氏くん 7話 ネタバレ

いいね!光源氏くん|第9話ネタバレ 主人公の藤原沙織の部屋に、タイムスリップして現代にやってきた光源氏と頭中将。 沙織はタイムスリップの謎を解くべく。 二人が海外で居候していたフィリップ氏の助言をもとに、三人で京都に来ていた。 様子のおかしな服装をしている二人に、観光客は何かのイベントかと沸き立つ。 優雅に観光客の相手をする二人のせいで、沙織はまだ何も情報を得られずイライラしていた。 何かのきっかけがつかめないかと御所に立ち寄るも、特に成果はない。 むしろ、自分たちが生きていた時代との差を嘆きつつ、京都観光を楽しむ二人に振り回されてばかり。 御所の次に向かった先は、フィリップからもアドバイスされていた光源氏のお屋敷跡地。 しかしそこには一本の榎がそびえ立つだけ。 ピンと来ていない光源氏の姿を見て、沙織は気づく。 この光くん タイムスリップしてきた光源氏 はまだ若いから知らなくて当然! 光源氏がその場所に住むようになるのは、もっと後のことだったのだ。 予期せぬところで本人に未来のネタバラシをしてしまった沙織。 結局なんの収穫もなく、三人は甘味を食べるのだった。 明日は宇治へ。 今度こそ、手がかりは掴めるのか?! いいね!光源氏くんは無料で読める? いいね!光源氏くんは、単行本化されているので多くのサイトで取り扱いがあります。 ただし、サイトによっては最初から月額制の加入やポイント購入が必要なものも。 まだハマるかわからないし、どうせなら「いいね!光源氏くん」を無料で読んでみたい! と思う方も多いですよね? 実は上手にサイトを使えば無料で「いいね!光源氏くん」を読むことができるんです。 雑誌・FEEL YOUNGで最新話をチェックできます。 いいね!光源氏くん|第9話感想 焦る沙織に、情緒を楽しむ光源氏と頭中将。 このチグハグさが、面白いですよね 笑 頭を回転させる沙織をさしおいて、事あるごとに歌を詠む場面なんて、ニヤニヤしてしまいます。 残念なことに今回はタイムスリップの収穫は無し。 本当にこのお話に終わりが来るのか 苦笑 謎は深まりますが、忙しさに疲れた自分に 「焦らずゆっくり風情を楽しみましょうよ」 と、言われているようで、バカバカしさも相まって肩の力が抜ける作品。 実際に自分のところにこの二人が来たら、イライラしちゃいそうですけど(苦笑) イラストのタッチも、光源氏と頭中将はなんか風情があるというか、綺麗なんですよね。 特に歌を詠むシーンのイラストは、かなり素敵! なんだかこっちも、ちょっと着物でも着てみようかななんて思えちゃうくらい。 「いいね!光源氏くん」の最新話が掲載されている「FEEL YOUNG」はmusic. jpを利用すると無料で読むことができますよ。 U-NEXT ユーネクスト U-NEXTではお試し登録時に 600円分のポイントがもらえるので、ポイントを使用すれば配信されている好きな漫画が購入できます。 最新刊であっても無料で読むことができるのが嬉しいですね。 また、U-NEXTではコミック誌も配信されています。 毎週毎月購入しているとかさばってしまい家で置き場がなくなってしまうコミック誌も電子書籍ならスマートに読めますよ。 無料期間は31日間。 継続利用で1200円分のポイントが毎月もらえるようになり、動画も見れるのでドラマやアニメ・映画も併せて楽しむことができます。 ちなみに雑誌は読み放題です。 月額と無料期間 1990円 31日間無料 ポイント 600円分 継続後1200ポイント 特典 スマホ対応・雑誌新刊読み放題・漫画無料作品あり・アニメ、ドラマ、映画などの動画見放題作品あり music. jp ミュージックドットジェイピー music. jpは漫画の他に動画や音楽まで楽しめるマルチエンターテインメントサービスです。 もらえる ポイントは961円分。 さらに動画や音楽コンテンツに使えるポイントが1500円分無料でもらえるので、好きな漫画をもっとたくさん無料で読むことができます。 漫画の単行本なら2巻ほど、さらに少し高いオトナ向けの漫画も1巻ぐらい無料で読めてしまうほどのポイントがもらえるのはmusic. jpだけです。 当サイトからはお得な 30日無料お試し登録ページにいくことができます。 月額と無料期間 1922円 30日無料 ポイント 961円分 +動画用1500ポイント 、継続後1922円分 動画は3000ポイント 特典 ポイント還元10%・スポーツ、音楽専門チャンネル見放題・スマホ対応済 FODプレミアム FODはフジテレビが運営している公式の動画配信サービスですが、電子書籍も配信されています。 無料で読める作品も多数配信されているものの、 無料期間中にもらえるポイントが最大1300円分と大きいのが特徴です。 ポイント還元率が高いことで、1000円近い漫画作品であっても無料で読めるだけでなくよりお得に購入ができるのがメリットです。 無料期間は1ヶ月。 継続利用をしても、月額利用料金以上のポイントを毎月もらえるサービスはFODプレミアムだけです。

次の

『いいね!光源氏くん』7話ネタバレあらすじと感想│笑顔消え去る嵐の京都編!!!

いいね!光源氏くん 7話 ネタバレ

京都へ行く光たち 多元宇宙論研究者のフィリップの提案で、京都を訪れた光と中将、そして沙織。 自分たちの居た京都とは違う様子に驚く光と中将だったが、早速抹茶パフェを食べに喫茶店へ。 店内のお客さんを見ながら、このままこの世界で暮らすのも悪くないという意見を言い出す。 それを聞いた光は、帰れるものなら帰りたいが、帰ったとしてもこの世界に未練が残りそうだと打ち明ける。 抹茶パフェが運ばれて来た途端、それまでの話は忘れたようにテンションが上がり、和歌を詠む光。 その後、東本願寺に行き写真を撮ったりして観光を楽しむ3人。 光に何か記憶に残っていないかと尋ねるが「さぁ?」と答える光だった。 宇治の源氏物語ミュージアムを訪れた光たち。 そこに詩織も追いかけてくる。 4人で中に入り、元の世界に帰る手がかりを見つけようとする。 ショックを受ける中将 中将の言葉を聞いた光は、自分は元の世界に戻りたいと言いながらも、中将のいない世界は考えられないと言う光。 元の世界に戻ることは、光を引き立てるために帰ることだと言う中将。 すると沙織も光に「脇役の気持ちなんて分からない」と怒りだす。 勝手に帰ればいいと言い、源氏物語の中では、光が愛した女性は誰一人幸せになっていないと打ち明けてしまうのだった。 ギクシャクしたまま、東京に帰った光たち。 夜、フィリップから沙織に電話が来て、光たちの次元ジャンプの謎が分かったと言われる。 だがその直後、フィリップの元に追手が来たらしく、会話が途切れてしまうのだった。 adsbygoogle []. 非現実的過ぎて二人の気持ちは分かりませんが、中将の気持ちに共感する沙織はカッコよかったです。 もちろん、光に対しての思いが苛立たせているのも伝わり、少し切なかったです。 いよいよ次週は最終回なので、光がどんな決断をするのかが気になります。 「いいね!光源氏くん」7話のみんなの感想と評判 続けて見ても光くんと成瀬が同一人物が演じているとは微塵と思わせないのが役者さんって凄いなーって思う。 中ちゃんもツラい。 沙織ちゃんの中ちゃんへの言葉、光くんへの言葉、どちらも真っ直ぐで不器用な沙織ちゃんらしい。 来週が最終巻なんて寂しいし、どんなラストになるの!?来週こそリアタイする! — にしこみ nikomi10311101 沙織殿……よくぞ言ってくれたっ!!! 初めて源氏物語を読んだ時から思っていた全てを言ってくれて、共感しかなかった!! そして……頭の中将……そうだよね。 やっぱ……そうだったんだよねと、胸が痛くなる。 ついでに滅多に見掛けなくなった二千円札も手にとって光くん。 adsbygoogle [].

次の

最新話!【いいね!光源氏くん】20話(4巻)|ネタバレ感想あらすじ|FEEL YOUNG(フィールヤング)|少女マンガVIPまとめ。

いいね!光源氏くん 7話 ネタバレ

光源氏が現代に現れた経緯は? 突然、現代である沙織の部屋に現れた光源氏ですが、何が起きてそうなってしまったのか気になりますよね。 原作の冒頭では、光源氏がどこかへ向かう途中、暗闇に迷い込んでしまっていました。 さまよい歩いていると、御簾(みす)(宮殿や神殿などでかけるすだれ)の向こう側に明かりを見つけ、人がいると思い開けると、そこは沙織の部屋だったというわけです。 このとき光源氏が向かっていた場所は須磨。 数多くの女性との恋愛を謳歌していた光源氏でしたが、 右大臣の娘との密会が知られてしまい、光源氏は自ら都を離れ、須磨で謹慎生活を送ることを決心していたのでした。 平安時代に帰りたい光源氏 現代にやってきて初めて見るものや外の世界に圧倒されていた光源氏。 (当然ですね・・) なぜここにやってきてしまったのか状況が分かるまで、ここ(沙織の部屋)に置いてほしいと光源氏は沙織に頼みます。 「あなただけが頼りなのだ・・」と数々の女性の心を掴んできた瞳で訴えられ、沙織は思わず承諾してしまうのです。 沙織は光源氏を「光くん」と呼び、現代の生活に合わせて二人で服を買いに行きました。 光はSNSを沙織から教えてもらい、自撮りと短歌を投稿したり(笑)、今まで味わったことがないようなスイーツを堪能したりと少しづつ現代に馴染んでいっているように見えました。 しかし、やはり元居た時代に戻りたいと願う光。 真夜中に光は、沙織の部屋に来た時に潜ってきたすだれを何度も開け、帰る方法を探っていたのです。 そんな光の姿をみた沙織は、どうやったら戻れるのか一緒に考えよう!と言います。 そこで思いついたのは、 来た時と同じ状況を作るということ。 光が来た日は新月で、沙織はバリで買ったお香を焚いていました。 そして同じようにすだれをくぐれば元の時代に戻れるはず、と次の新月である三日後に決行! しかしなぜか作戦はうまくいかず、光は帰ることができませんでした。 光源氏が消えた? 光が帰れるようにと祈祷をしに行った帰り道、二人が歩いていると突然目の前にトラックが! トラックが沙織にぶつかりそうになった瞬間、光は沙織を助けました。 沙織が目を覚ましたのは病院。 幸いほぼ無傷で済みました。 沙織は、トラックの前に飛び出して助けてくれた光の姿を探しますが、見当たりません。 病院の看護師さんが言うには、搬送されてきたのは沙織一人だったと・・。 光は消えてしまっていました。 頭中将、現る! 光が突然消えてしまい、元の日常だけが残った沙織。 別れの辛さを断ちきるために、光のものを処分しようと決意します。 沙織が作ってあげた光のSNSのアカウントを削除しようとスマホを見ると、SNSの通知が鳴りました。 光がSNSに投稿をしたのです。 そこにはなんと美女二人とリゾートビーチにいる光の姿が! それからも光に会いたいという気持ちは消えない沙織。 皆既月食の夜、寂しい気持ちで光を思っていると、部屋のすだれの向こうに人影が。 光くんが帰ってきた!と涙をこぼす沙織でしたが、よく見ると光ではありませんでした。 それは光源氏のライバルとされる頭中将(とうのちゅうじょう)だったのです。 頭中将は、光源氏を訪ねるため同じく須磨に向かっている途中でした。 また光と会う手掛かりが掴めるかも?と沙織は頭中将を部屋に住まわすことにしたのでした。 光との再会 沙織の部屋に住むことになった頭中将。 物覚えが良い頭中将は、どんどん現代の生活に慣れていき、インスタグラムも始めました。 ある日、インスタで和歌を交換している相手と会うことになり沙織もついていきました。 頭中将はその相手を女性だと期待していましたが、なんと待ち合わせ場所には光の姿が! 再び、光も沙織の部屋に来ることになりましたが、三人では手狭なため、頭中将は沙織の妹・詩織の友人でホストのカインのルームメイトとなりました。 しかもカインが働いている店で頭中将もホストとして働くこととなったのでした。 ドラマは現在出ている3巻までのエピソードを元に作られているそうです。 原作の漫画はまだ続いているので、最終回はドラマオリジナルの結末となるようです。 3巻までを読んでの結末予想となります。 トラックの事故の後、沙織の前から姿を消していた光はアメリカへと行っていたのでした。 ある日、沙織の部屋に、アメリカで光の面倒を見ていたというフィリップという人物が光を訪ねてきました。 フィリップは、日本の古典文学の研究をしているといいます。 フィリップに促され、沙織たちは手掛かりを探るため京都に行くことになりました。 後日、京都へとやってきた光源氏と頭中将と沙織。 直衣(のうし)と烏帽子(えぼし)の格好の光と頭中将は観光客たちに囲まれたり、抹茶パフェを堪能したりと、なかなか手掛かりとなる収穫はありません。 宇治の源氏物語ミュージアムにやってきた三人。 そこでは当然のことながら、源氏物語の主人公である光源氏ばかりが取り上げられています。 頭中将は、自分が光を引き立てる脇役なのだと気づき、落ち込んでしまいました。 東京に戻ってきてからも落ち込んでいた頭中将はとうとう姿を消してしまいます。 そこへフィリップから沙織に連絡が。 事の経緯を話すと、「それはまずい」とフィリップ。 フィリップはある仮説を立ててました。 「自分の道を生きたい」と考える頭中将は、物語に戻りたくないと願っているということ。 強制的に元の世界に戻されるか、存在そのものが消えてしまうのではないかとフィリップは言います。 頭中将をやっと見つけ、沙織たちは頭中将をなんとか説得。 心配していたカインが、「 一緒に店を出そうって約束したじゃないっすか!」と言った直後、カインはその場からフッと姿を消してしまいました。 突然消えてしまったカイン。 カインは光たちがいた平安時代に飛んでいました。 難なく平安ライフをこなし、紫の上に一目ぼれをしたカインは恋文を書いていると、いきなり現代に戻ってくることができました。 カインの出来事によって、やはり 物語を変えてしまう行動を起こせば帰れるのではないか、ということに。 物語を変えてしまうようなことを起こすにはどうしたらいいか、沙織たちは考えます。 トラック事故の時のように命に関わるような出来事だといいのではと考え、カインの提案でバンジージャンプをすることに。 しかしバンジージャンプをしても何も変わらなかったのでした・・。 ここで3巻は終わります。 原作のフィリップが言う、源氏物語の本筋を変えてしまうような言動をしてしまうと修正がかかる、というのはまだドラマでは出てきていませんね。 原作には、光を追う謎の組織のようなものは出てきませんし、光たちが源氏物語の登場人物であるということも沙織は本人たちに言っていません。 (3巻までの内容) ドラマでは、光を追う謎の組織の存在が大きいようですね。 この組織から逃れるために一刻も早く元の時代に戻らなくてはいけないようです。 ドラマは8話で終わりなのがもったいないですね! もっと原作のエピソードも入れて、あと数話でいいからやってほしかったです。 原作では、沙織が源氏物語のネタバレを思わず光たちにしてしまったり、光のSNSのフォロワーが3000人いたり、中将がホストになったりのシーンもドラマよりもさらにコミカルに描かれています。 なかなか言葉では伝わりにくいと思うのでぜひ読んでみてほしいです笑 5月27日に発売される4巻でも、しばらくは帰る方法を探りながら現代を楽しむのではないかなと思っています。

次の