第5人格 ポイント稼ぎ。 【アイデンティティ5】心眼おすすめスキル(内在人格)【第5人格】

【第5人格】サバイバーの人格レベルを最短で100まで上げる方法【アイデンティティV】【IdentityV】

第5人格 ポイント稼ぎ

ぜんばんは! ぜんぜんです。 さて、今回は第5人格で野良ランク戦で鹿ランクからマンモスランクまで 最短で上げる方法についてです。 野良のランク戦で鹿ランクからマンモスランクまでなかなか上がらない。 味方がすぐにやられてしまって、野良の鹿ランク戦で勝てない。 早くマンモスランクになりたいという方向けの記事です。 鹿ランクからマンモスランクを目指すなら心眼がオススメ 野良ランク戦で鹿ランクからマンモスランクを目指すなら 心眼がオススメです。 心眼は解読が早いし、ハンターの位置がわかります。 ポイントも入りやすいのでサバイバーの中での順位を上げやすいです。 最初にハンターの位置がわかるので ファーストチェイスも避けやすいです。 鹿ランク戦は サバイバー内での順位が大切です。 野良の鹿ランク戦は勝率が低い こちらが僕の成績です。 ちょうど、サバイバーとハンターでそれぞれ4段になった戦績です。 サバイバーの勝率が35% ハンターの勝率が83%です。 圧倒的にハンターでの勝率が高いことがわかります。 僕がサバイバーとハンターでどちらが得意かと言われるとサバイバーです。 サバイバーの方が圧倒的にプレイ回数は多いです。 しかしながら、勝率はハンターの方が高いので 鹿ランクでは ハンターが勝ちやすいということがわかります。 体感ですが、全体で見ると サバイバーの勝率30%、ハンターの勝率70%あたりでしょう。 つまり、野良の鹿ランクでは サバイバーは3割程度でしか勝てません。 逆に言うと サバイバーは 7割負けます。 鹿ランク戦では負けてもポイント+になる 鹿のランク戦では 負けてしまうと段位ポイントはー8ですが 鹿ランクでは失敗ガードがあり+6点されます。 またサバイバー内のポイントの順位に応じて段位ポイントが貰えます。 1位だと+4ポイント 2位だと+3ポイント 3位だと+2ポイント 4位だと+1ポイント つまり、 負けてもサバイバー内で1位になれば+2ポイントになります。 7割ぐらい負ける鹿のランク戦では サバイバー内でポイント1位になることを目指しましょう。 鹿ランク戦でポイントを貯めるには心眼がオススメ ポイントを貯めるには心眼がオススメです。 心眼は暗号解読が早いので 暗号解読によるポイントが他のサバイバーより貯まりやすいです。 杖で地面を叩くたびに250ポイントも貰えるので 50秒に1回の250ポイントが非常に大きいです。 鹿ランク戦でポイントを貯めるにファーストチェイスを避ける 心眼なのでファーストチェイスを避けましょう。 開幕杖で地面を叩いてハンターの位置を確認したら 逆方向に走りましょう。 安全な場所でかつ強ポジ付近で暗号解読をしましょう。 鹿ランクからマンモスに上がるためまとめ 負ける前提でポイントが貯まりやすい心眼を使う。 負ける前提で戦いますが、 勝った時の+8段位ポイントは大きいので もちろんポイントを貯めつつ、勝つ動きをするのが望ましいです。 ポイントを貯める動きが勝つ動きになるので 両方を狙うのは心眼がオススメということです。 良かったら使ってみてください。 こちらのライン@では不定期で ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。 興味のある方はぜひ登録してみてください。 PCでご覧の方は、こちらのQRコードから スマホでご覧の方は、こちらのボタンから.

次の

『IdentityV 第五人格』まふまふによる2周年アニバーサリーソング『アルターエゴ』が2周年生放送で公開。新ハンター“彫刻師

第5人格 ポイント稼ぎ

ぜんばんは! ぜんぜんです。 さて、今回は第5人格のサバイバーで人格レベルを 最短で100にする方法についてです。 第5人格で人格レベルを上げるメリット 人格レベルを上げると内在人格の網で振り分けるポイントが増えて 装備できるパークが増えます。 パークとはスキルのようなもので 移動が速くなったり、足跡が消えたり サバイバーにとって有利な能力が付きます。 したがって、パークが増えれば 当然勝ちやすくなります! ちなみに、人格レベルは最大で100です。 ということで今回は人格レベルが100に到達していない人向けに 最短で100を目指す方法を書きます。 第5人格で人格レベルを100にするには「冷静」「執着」「友好」「勇敢」の4つを25レベルにする ゲーム終了後などに「冷静」「執着」「友好」「勇敢」の4つが表示されますが これら4つのレベルをそれぞれ最大の25まで上げて 人格レベル100を目指します。 (25より大きくなりません) 人格レベルを上げるにはポイントを貯める ゲーム中に様々なことでポイントが貰えます。 そのポイントを貯めるとレベルがあがります。 もらえたポイントはゲーム画面の左下に表示されます。 一戦でそれぞれ最大3000ポイントですが これに対戦結果の倍率が掛けられます。 対戦に勝利すると上記に1.2倍 引き分けだと1.0倍 負けてしまうと0.8倍です。 人格レベルが低いものを確認する 自分がどの人格レベルが低いか確認しましょう。 自分の人格レベルが低いものを集中的に上げるようにしましょう。 ちなみに下の画像は僕の過去のデータです。 画像からわかる通り 冷静:19 執着:18 友好:14 勇敢:14 このようになっています。 主に弁護士で解読ばかりしていたので このような結果になっていました。 僕は「冷静」「執着」は上げやすかったですが 「友好」「勇敢」は上げにくかったです。 下の記事にあるような立ち回りをしていると 「冷静」「執着」は上げやすいです。 サバイバーの「冷静」の上げ方 上記でも書きましたが、とりあえず暗号機を解読しましょう。 1人で暗号機1台を解読すれば800ポイント貰えます。 また、解読中の普通の調整で30ポイント 完璧な調整60ポイント貰えます。 これを繰り返していたらすぐ上がりました。 基本的に人格レベル100の方が読んでいると思いますので 初心者の方が多いと思いますが 腕に自信があり、マップをある程度把握しているなら 心眼をオススメします。 解読速度が速いので冷静が弁護士よりも上げやすいです。 サバイバーの「執着」の上げ方 脱出しましょう。 脱出に成功すると2500ポイント貰えます。 また、脱出ゲート開けると500ポイント貰えます。 ハッチから脱出しても2500ポイント貰えます。 ハンターに風船で釣られた状態から逃れたら250ポイント貰えます。 オフェンスのラグビーボールを使い切るとだいたい500ポイント貰えます。 傭兵の肘あてでダッシュすることで一回100ポイント貰えて 5回まで使えるので1戦で500ポイント貰えます。 サバイバーで協力して頑張って脱出しましょう。 また、ハッチの位置もできるだけ覚えておきましょう。 「執着」を上げるオススメのサバイバーはオフェンスか傭兵 基本的に脱出するのが一番上がるので 逃げやすいサバイバーがオススメです。 オフェンスと 傭兵は逃げやすいですし ラグビーボールや肘あてで「執着」ポイントが貯まります。 初期で使えるサバイバーの中では逃げるのが得意な 泥棒か ハンターの位置がわかりハンターから距離が取りやすい 弁護士がオススメです。 あと、「執着」を上げたいのであれば 味方を犠牲にしても、自分が脱出する方を選びましょう。 脱出ゲートが開いたあとに、仲間が捕まっても 心苦しいですが、仲間を助けずに脱出しましょう。 また、地下ハッチの場所もできるだけ覚えておきましょう。 残り二人で仲間がロケットチェアに捕まってしまった場合も 地下ハッチを探して逃げることを考えましょう。 サバイバーの「友好」の上げ方 仲間を助けたり、協力したら貰えるポイントです。 仲間と出会うと200ポイント貰えます。 仲間を治療すると400ポイント貰えます。 ロケットチェアから助けると800ポイント貰えます。 仲間と一緒に暗号解読すると解読量によってポイントが貰えます。 たとえば、暗号機の半分を二人で解読したら 500ポイント貰えます。 8割を二人で解読したら800ポイント貰えます。 「友好」を上げるのにオススメなサバイバーは弁護士 弁護士でマップを見て仲間と出会いと一緒に解読するしましょう。 これで低リスクでポイントがそれなりに貰えます。 仲間を治療するには 仲間が負傷していてかつ近くにハンターが近くにいない状態にならないといけないので 狙ってやるのは難しいです。 あと、ロケットチェアから助けるはポイントが大きく貰えますが リスクがそれなりにあるので気をつけましょう。 ポイントを狙うのであれば無理に味方を助けるのもありだと思います。 サバイバーの「勇敢」の上げ方 板を当てる500ポイント 泥棒の懐中電灯で怯ませる300ポイント 追撃から逃れる(ハンターに見つかって逃げ切る)150ポイント 庭師でロケットチェアを解除で250ポイント ロケットチェアの調整でもポイントが貰えます(完全60、通常30) ハンターに追撃されてもポイントが貰えます。 「勇敢」を上げたいなら庭師がオススメ 板を当てるや懐中電灯を当てるのはリスクが高く 初心者には難しいので 無課金で使用できるサバイバーでは庭師がオススメです。 片っ端からロケットチェアを解除してポイントを稼ぎましょう。 ロケットチェアであればリスクが少ないくポイントが稼げるのでオススメです。 あと、この庭師のエマちゃんは殴られたあとの喘ぎ声がエロいです。 まとめ サバイバーで人格レベルを最短で100にするには 自分低い人格を効率よく上げる。 それぞれポイントの上げやすいサバイバーを選び ポイント狙いの立ち回りをしましょう。 勝利すると1. 2倍、負けてしまうと0. 8倍もそれなりに効いてくるので 勝つこともしくは引き分けを視野に入れながらポイントを稼いでいきましょう。 こちらのライン@では不定期で ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。 興味のある方はぜひ登録してみてください。 PCでご覧の方は、こちらのQRコードから スマホでご覧の方は、こちらのボタンから.

次の

【アイデンティティV第五人格】祭司の立ち回りと人格

第5人格 ポイント稼ぎ

はいどうも、ゆーざきです。 よろしくお願いします! 第五人格において、 「チェイス」という行為が必要不可欠です! 「チェイス」とは、ハンターから逃げつづけることです! もしくは、ハンター側でサバイバーを追い続けることです。 しかし初心者の方は、「チェイス」が苦手ていう方がけっこういると思います! こんな経験ありませんか?• 試合開始早々ハンターと出会って、すぐにやられてしまう…• 逃げた先にハンターがいる• 壁をうまく飛び越えることができなくて、恐怖の一撃をもらう なんてことはありませんか? あるあるですよね。 実際に、ぼくもたまにあります…(涙) このようにならないためには、「チェイス」をうまくなるようにならないといけません! 「チェイス」が苦手っていう方もいらっしゃるので、「チェイスのコツ」とか「チェイスをするにあたって知っておきたい知識」ということをまとめた記事となります。 今回の記事は初心者向けにはなりますので、慣れてる人からすると「そんな話かよっ」ってなるかもしれません。 優しい目で見ていただければとおもいます それでは、よろしくお願いします! そうなの?どんなモーションがあるのか教えてよ 第五人格の壁を飛び越える際に、 3種類の飛び越え方法があります。 まずはこちらをご覧ください。 走り壁越え 歩き壁越え しゃがみ壁越え 上から順に、壁を飛び越える速度が速くなります。 なので チェイス中は、基本的に「走りながら壁を飛び越えたい」ところです。 しかし走りながら壁を飛び越えても、ゆっくりとしたモーションになってしまうことがあります。 そのため、「恐怖の一撃」をくらってしまうことがあります。 これなってしまうのはバグなどではなく、とある仕様があるためです! 実は 壁とプレイヤーの間に一定の距離がないと、壁の飛び越え方がランダムになってしまうみたいなんです。 そのため、こういう風に 距離が空いていれば、確実に走りながら飛び越えることができます。 このような距離感だと、「走り壁飛び越え」が 出たり出なかったりするので、密着しながらの壁の飛び越えはおすすめできません。 走りながら壁を飛び越えるコツとしては、回り込むようにして壁と距離を作ることがコツとなります。 皆さんは、小屋まわりや板周辺など強いと言われるポジションをぐるぐる回るっていうことは経験がありますか? この辺をぐるぐる回ると結構強いとは言われるんですが、ただ周り方っていうことがすごく重要になってくるポイントです! こちら悪い例です。 後ろから追われてる時、前だけを見ているとします• 飛びこえた先から敵がやってくる• そして殴られる ということがこの経験あるんじゃないかなと思います。 こういったときの対処方法ですが、 前だけを見るんじゃなくて、後ろを見るということがとても重要となります。 後ろの方を見ながら走り、後ろから来てるのなら窓を飛び越えます。 後ろを見て後ろからきてなければ、窓を飛び越えないということになります 敵の動きに合わせて自分の動きを選択することが重要です。 次は、板ポジションの立ち回りを紹介するよ! 次に紹介するのが、 板が3つあるポジションの立ち回りです。 こういうところは、とても時間稼ぎにはなります。 いわゆる「強ポジ」と呼ばれております。 しかし、ここでのチェイスで悪い例から紹介します。 ここに居るときにぐるぐるぐるぐるをフェイントかけようとする人がいるんですが、 これは絶対に無理です! こういうところだと、数秒で攻撃をくらうことでしょう。 なぜ無理かというと、 ハンターの攻撃ってあたり判定がけっこう大きいです。 ハンターが殴りながら迫ってくる、なかなかの確立で当たったりします。 そのため距離がほとんどないところで、ハンターと追いかけっこするのはやめたほうがいいですね。 フェイントもかけないようにしましょう! そういったことはあまりおすすめしないね。 なぜか説明していくね。 つづいて紹介することが、 ゲームが開始して最初に暗号機を解読する場所を意識するようにしましょう。 チェイスが苦手な人のありがちなポイントとしては、試合が開始した時の 暗号機を解読する場所が悪い方にあります。 必ずしも運が悪く、ハンターに最初に追われるというわけではありません。 最初にどこの暗号機を解読するのかという判断をすることも、実力の1つとなります。 では、まず初めに悪い例からみてみましょう。 例えば、ここからスタートしたとします。 そして、「最寄りの暗号機」の解読をはじめたとします。 この暗号機を解読している最中に、ハンターが来たときっていうのは逃げ場がここしかありません。 この例のように、逃げる場所が限られている場合、ハンターに狙われるとチェイスをする方法がないです。 そのあとの出来事は以下のようになるでしょう。 ハンターが遠くから来る• 強ポジへ向かう• 向かってる間に、一発殴られる• 一発殴られて、ようやく来れるチェイスポイントに来れる• 一発食らってしまっている状態のため、とてつもなく不利な状態でチェイスすることになる こういったことになってきます。 もう一度殴られたら、倒れてしまう状態です。 こういったことが多々ある人は、 チェイスが弱いというよりも立ち回りが弱いのです。 つまり、ハンターに狙われて時間が稼げないのは、最初の暗号機を始めるスタート地点が悪いということになります。 別にチェイスが弱いわけではありません! 強ポジから解読するといいけど注意点があるよ! ただ注意してほしいポイントがあります! 強ポジにある暗号機を最後まで解読するかといったらそういうわけではありません。 それがなぜかというと、最後の方になると暗号機がどんどん減ってきます。 強いポジションにある暗号機から解読していくと、必然的に弱いところに暗号機が残ってしまいます! 弱いところばかりが残ってしまうと、最後の暗号機をつけるのがめちゃくちゃ大変になっています。 結果的にゲームに勝てないことにつながってきます。 できれば序盤は、このような立ち回りをするといいでしょう。 ハンターの位置がわかるまでは、安全な位置で暗号機を解読を始める• ハンターの位置がわかると弱いポジションから解読を終わらせる 例えば以下の時が、ハンターの位置がわかるタイミングです。 誰かが攻撃をくらう• 心眼が杖たたきをする• この辺にいると、チャットが届く 「Identity V」では、初動がとても肝心になりますので、こういったことを意識しながら動くと勝率もぐんぐんあがることでしょう! スポンサードリンク まとめ 以上が、「初心者が知っておきたいチェイス講座」でした。 いかがでしょうか? これらの知識があるだけで、結構行けそうな感じしませんか? 難しい事って特にありません。 コツをまとめると、以下のようになります。 上手に壁飛び越えができているか• ちゃんと敵の方を見てるかどうか• 無謀な板ぐるをしていないか• 初動の暗号機は強ポジなのか 試合全体をとおして、判断を間違えてしまうと殴られます。 しかし、判断を間違わなければ殴られないです! ただ「ピエロのダッシュ」とか「芸者の距離を詰めてくる」などの物理的に逃げれないものは無理です。 それはしょうがないと思って受けいれましょう。 あとは正直のところ慣れです。 試合を重ねて、「Identity V」というゲームに慣れていってもらえたらなとおもいます! 逃げれるところでミスをしないように立ち回っていきましょう! 今回は、ここで終わります! ここまでご覧いただきありがとうございました!.

次の