クジラ 恐怖 症。 恐怖症・・・??

巨大物恐怖症の原因は?克服はできるのか

クジラ 恐怖 症

海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由四つ目は、深海は未知の世界だからです。 深海というのは、まだ人類にとって未知が多くねむっている場所でもあります。 深海の謎を解き明かそうと頑張っている学者の人もいますが、それでもわからないことは山積みなのです。 そんな深海を思うと恐怖を感じるのも無理はないでしょう。 正体がわかっていればなんでもないものでも、わからないことは全て怖く感じるものです。 現に、昔の人は何もわかっていなかったからこそ、今では自然現象だと周知されているような事象にさえ恐れ戦いていました。 現代でも、わからないことは人によって脅威となるのです。 以下に関連記事として、大きな音が苦手な人の心理についてまとめられたものがあります。 何かの恐怖症になる人は、共通した特徴が見られることもあるでしょう。 海洋恐怖症だけでなく別の恐怖症についても知ることで、人が恐怖を感じるのは一体何が原因なのかについてより詳しく迫ってみてください。 RELATED ARTICLE 海洋恐怖症の人は意外と多い 身の回りに海洋恐怖症の人がいなくて、海に対して恐怖感を覚えるのは自分だけなのではないかと不安になっていた人もいるでしょう。 しかし、実際は海に対し恐怖を覚えることは、決して珍しいことではありません。 海というのは、人間からするととてつもなく巨大なもので、考えただけで気が遠くなるのも普通のことです。 しかし、あまり海洋恐怖症を拗らせすぎて、せっかくの絶景を見逃すことになったり海水浴を楽しめなくなってしまっては、もったいないことだと言えるでしょう。 自分が海洋恐怖症であることに気が付いたら、あまり深く考えすぎないようにしたり、実際の海はそこまで危険でないと考えるようにして意識を遠ざけましょう。

次の

スキューバダイビングをやってみたい!!でも海怖い!クジラ怖い!

クジラ 恐怖 症

改善事例• 娘が友達との人間関係をきっかけに高校2年から拒食症となり、家族に暴言をあびせたり暴力をふるうようになりました。 家族全員へとへとになり、くじらホスピタルでカウンセリングを受けて娘は入院。 治療を受けさせる一方で、私と妻は家族の会に参加するようになり、様々な家族の関わりや悩みを知ることで、私たちの関わり方が娘に悪影響を与えているのではないかと感じるようになりました。 やがて娘も完治し、独立して元気に働くようになりました。 娘はまだまだわがままですが、彼女を苦しめてしまった過去を忘れずに、なるべく干渉しないよう見守る努力を続けています。 (20代の娘さんの父親)• 娘が高1年で過食症になり、家庭でしばらく様子を見ていましたがどうすることもできずくじらホスピタルでお世話になることにしました。 先生に言われたのは「親が子供に干渉していると、子供は苦しんでしまう」ということでした。 過食症は本人のせいではなく、私たち親にも原因があることを気づかされました。 精神病院で入院というと鉄格子の中で過ごすイメージがありましたが、快適な空間で安心して過ごすことができました。 娘は20代になりましたが、1年以上薬は飲んでいません。 本当に感謝しています。 (10代の娘さんの母親)• クリニックの設備が良くて何より食事がおいしいのに驚きました。 一食400円程度で、病院食とは思えないような食事が楽しめます。 味だけでなく、見た目も良いので、食事の時間が楽しみです。 クリニック自体がまるでホテルのようにしっかりと整備されているので、いかにもクリニックといった雰囲気が苦手な方でも安心して治療が受けられるのではないでしょうか。 ただ、自販機や売店がないので、この点は少し不便かもしれません。 自分は気づくとつい食べてしまうくせがあったので、そういった点では気軽に購入できるお店がないのは大切なことだと感じています。 入院患者のことをしっかりと考えてくれているクリニックだと感じました。 心療内科・精神科に関する入院治療の専門病院ということもあってなのか、一つひとつに患者への気づかいが見られます。 例えば、病院でよくあるようなプラスチック製ではない、しっかりとした器を使っていたり、食堂には思わずうれしくなるようなメニューに関する紹介がされていたり。 とても簡単なことではありますが、こういったことの一つひとつから入院生活を楽しんで過ごしてもらおうとする病院側の気配りが感じられました。 退院時のお見送りや一時外出などでも温かさを感じるクリニックです。

次の

海が怖いと感じる画像を集めてみた!海の怖い話や海洋恐怖症について

クジラ 恐怖 症

こんにちは、巨大物恐怖症のパレットです。 今回は、あまり周囲に認知されていない恐怖症の一種 『巨大物恐怖症』についてお話したいと思います。 でもネットで検索すると巨大物恐怖症の人って思った以上にいるんですよね。 また、周りに理解されないなど同じ悩みも抱えているようです。 巨大物恐怖症という言葉を初めて聞いた方には「そんな恐怖症もあるんだなぁ」と知っていただけたら幸いです! また、私と同様に巨大物恐怖症の方には「分かる〜!」と共感していただけたら嬉しいです。 1、巨大物恐怖症とは 巨大物恐怖症とは、その名の通り「巨大なものに恐怖を感じる」恐怖症の一種です。 建築物、大仏など人の手で作られた巨大物• 大きな木や岩、雲など自然に存在する巨大物• 鯨、恐竜などの大きな生き物 代表的な対象はだいたいこの辺りになると思います。 巨大物恐怖症の人によって何が怖いかはそれぞれなんですよ。 例えば私の場合は、自然に存在する巨大物には腰を抜かすほどの恐怖を感じますが、 東京タワーや大仏などの人工物である巨大物にはそこまで恐怖を感じません。 せめてもの救いですね…。 ただ厄介なのが、実物の巨大物を目の前にしなくても写真や映像で対象の巨大物を見るだけで恐怖を感じることです。 というか、画像すら直視することができず、指の隙間から覗き見ないと閲覧できないレベルです。 巨大物を目の前にするとどうなるのか 高所恐怖症の人が高い所に行くと、足がすくんで腰が抜ける感覚になったり、実際にその場にへたれ込んでしまったりしますよね。 巨大物恐怖症も大体そんな感じです。 目の前に巨大なものが現れると、怖くてその場から動けなくなってしまい、場合によっては腰を抜かして倒れてしまいます。 人によっては泣き出す方もいます。 2、原因 恐怖症は基本的に過去のトラウマが原因であることが多いそうです。 ただ、 巨大物恐怖症は原因がはっきりしていないそうです。 一説には• 小さい頃に体の大きな大人に怒られた記憶がトラウマになっている• 恐竜時代にいた自分の先祖の遺伝子によるトラウマ などの可能性が挙げられるそうですが、定かではないとのことです。 少なくとも私は、前者によってトラウマになった記憶はありません。 ただ、小さい頃絵本を読んでいてクジラの絵を初めて見た時に恐怖で体が強張り、動けなくなってしまったのを覚えています。 この時はまだ自分が「巨大物恐怖症」だという認識はありませんでした。 これにはちょっと納得…! 3、恐怖症の対象 ここからは巨大物恐怖症の対象の話です。 人によって異なると思いますが、巨大物恐怖症のほとんどの人に共通するのではないでしょうか? 【自然物】• 入道雲のような大きくて分厚い 雲• 持ち上げることのできない大きな 岩• 視界一面に広がる 海・川・滝• 太くて背が高い 大木 『自然物の共通点』 これらの自然物の何がそんなに怖いのだろう…とよく考えたことがあります。 怖いことばかり想像してしまうのもそうですが、ひとつ思ったことが…• きっとラフレシアも目の前で見たら大変なことになりますね。 【動物】• クジラなど極端に体が大きな動物• 恐竜など、実際に動いているのを見たことのない動物も対象 【建造物】• 大きなビル• 東京タワー、スカイツリー• 奈良の大仏 【その他】• 宇宙 ・惑星の動画• PlayStationの地球防衛軍など巨大物が出てくる ゲーム• 巨大物が夢に出てくるのも恐怖症発動 巨大物は何気にあちこちにありますので、意識してしまうとなかなか大変です。 4、巨大物恐怖症は克服できるのか 私も克服したくて色々調べたのですが、 今のところ克服方法はないそうです。 多分慣れるしかないんだろうな〜という感じですね。 ただ、無理して慣れることは禁物です。 巨大物恐怖症の皆さんも無理は禁物ですよ! 5、まとめ こんなに手を震わせながらブログを書くのは初めてでした笑 巨大物恐怖症は想像力が豊かな人に多い傾向がありますが、 結局のところ巨大物恐怖症は現在、原因も克服方法も解明されていません。 とりあえず 巨大物恐怖症というものを知らない人に認知してもらうこと、 巨大物恐怖症の人同士で共感して安心感を得ること。 今はこれが大事ではないでしょうか。 本当に理解されにくい恐怖症なので、周りに話すとたまに動画や画像を無理矢理見せてからかってくる人がいます。 怖がる様子を見ている方は楽しいかもしれませんが、本人は本当に必死です。 恐怖のあまり気を失うこともあり危険ですので、少しでも多くの人に巨大物恐怖症について理解していただけることを願います。 《関連記事》.

次の