橋爪 功。 橋爪功 身長、体重は?嫁、娘、息子は?結婚歴が華麗だった!小川真由美と結婚をしなかった真相

橋爪功プロフィール

橋爪 功

Christopher Jue via Getty Images TOKYO, JAPAN - MARCH 16: Takeshi Kitano attends the official press conference ahead of the World Premiere of the Paramount Pictures release 'Ghost In The Shell' at the Ritz Carlton Hotel on March 16, 2017 in Tokyo, Japan. インタビュアーが橋爪功さん宅を訪れ、インターホン越しにインタビューするVTRを放送。 スタジオに画面が切り替わると、たけしは不快そうな表情を浮かべて次のように語った。 もう30(歳)なんだからさあ。 大人なんだから。 ね、親父に責任ないよ、ね。 親父が有名人だからって、ずっとインタビュー答えなきゃいけないってのはないし。 悪いのはせがれで、バカなんだからこういうのは。 これほど芸能界が麻薬でワーワー、ワーワー言われている時に、まだこんなことするかって。 困ったもんだよね。 橋爪(功)さんなんか、俺この前共演したけど、もし放映前にこんな事件があったら、そのドラマはボツかってことになるじゃない。 どうすんだ。 寒い中でロケしてすごいお金をかけて、子供の不祥事で親が責任取らなきゃいけないのかって。 子供じゃなくてもう30だよ、大の大人だよ。 これはちょっとなあと思うよ。 たけしと橋爪さんは4月にテレビ東京系で放送されたスペシャルドラマ「破獄」で。

次の

橋爪功の若い頃とは 嫁さんは!元宝塚女優から小川眞由美 一般女性まで

橋爪 功

橋爪功 身長、体重は?嫁、娘、息子は? 橋爪功 筋金入りの新劇人は今や超売れっ子男優 たとえ芸能界やテレビドラマに疎い人も、この俳優を知らない人はいないでしょう。 橋爪功。 1941年生まれ、すでに74歳。 身長168cm、体重63kgと、年齢に似合わずスマートな体型。 スーツやカジュアルスタイルをサラリと着こなし、その飄々した演技、独特のセリフまわしは、一度彼を見たら忘れることができません。 橋爪功は、テレビ朝日「京都迷宮案内」の新聞記者役を始め、2時間ドラマ、特番ドラマの主役、重要なバイプレーヤー役を演じ、シリアスドラマもコメディもこなすベテラン俳優として、今や引っ張りだこです。 しかし橋爪功が実際にテレビで主役を演じるようになったのは50歳を過ぎてからで、それまではずっと新劇の人でした。 日本の演劇である歌舞伎に対して、海外の劇作を翻訳して演じる芝居を、かつて新劇と呼んでいました。 戦前からある文学座や俳優座、そして戦後生まれた劇団民藝などでは、それぞれに所属していた多くの俳優たちが、自らの芝居を求めて集合離散を繰り返してきました。 そして1975年、橋爪功は作家芥川龍之介の長男、芥川比呂志とともに、演劇集団円を結成し、現在ではその代表も務めています。 橋爪功 二度の結婚の間に、稀代の毒婦と同棲生活 橋爪功はかつて、元宝塚の女優と結婚し、子供が1人できましたが離婚します。 そして1981年、橋爪功は女優小川真由美と婚約。 小川真由美には前夫細川俊之との間に娘が一人いましたが、橋爪功と小川真由美の二人は4年間同棲して、結局、婚約を解消します。 その後、橋爪功は、20歳年下の一般女性を嫁とし、2人の子供に恵まれます。 その一人が若手俳優の橋爪遼ですが、2012年、新宿二丁目で飲んで泥酔していたところを薬物疑惑で職質されます。 結果はシロであったものの、親の名声に飛んだキズをつけてしまいました。 息子橋爪遼は、その後もあまり売れてはいないようです。 橋爪功 結婚歴が華麗だった!小川真由美と結婚をしなかった真相 橋爪功が愛欲に溺れた、小川真由美というバンプ女優 橋爪功は中々のプレーボーイであったようで、こう見ていくと華麗な結婚歴のようですが、同棲していた小川真由美の関係だけは違っていたようです。 小川真由美は、その大ぶりな容貌に妖艶で退廃的な魅力を秘めた女性で、一時はテレビや映画でも売れっ子の女優でした。 例えば横溝正史原作の映画「八墓村」で見せた、あの鬼気迫る演技はまさに彼女そのものであったかもしれません。 実際の小川真由美もまた、極めてエキセントリックで偏った性格の持ち主であったようで、奔放な男性関係、自分の娘に対するネグレクト、新興宗教への依存と金銭問題など、彼女は歳を取るにつれ、女優業を続けていけないぐらい、生活が荒んでいきます。 橋爪功 前夫細川俊之の娘は見た!毒婦小川真由美との同棲 その凄惨な転落人生は、前夫である細川俊之の娘、小川雅代が書いた「ポイズン・ママ 母・小川真由美との40年戦争」で暴露されています。 当時、まだ多感な少女であった雅代は、橋爪功と小川真由美とのあけすけな愛の営みをひどく嫌悪し、決して橋爪功にはなつかなかったようです。 それでも、あの飄々とした橋爪功が、4年間も小川真由美から離れられなかったのは、小川真由美が毒婦として、男性にとって恐るべき魅力にあふれた女性だったということでしょうか。 橋爪功が小川真由美と結婚しなかった真相は、これら様々な問題が表面化したことにあります。 結局、橋爪功は、小川真由美から逃げ出すように婚約を解消したのでした。 嵐の二宮和也と吉永さゆりが主演する「母と暮らせば」です。 山田洋次監督の83作目となるこの作品。 終戦から3年後、長崎の原爆で亡くなったはずの息子が、ある日母親のもとに現れることから始まる親子の物語で、映画のキャッチコピーは、「やさしく泣けるファンタジー映画」です。 橋爪功の役は、二宮和也演じる浩二の恩師・川上教授役で、たぶん滋味あふれるいい人の役なのでしょう。 けれども橋爪功本人は、どちらかと言えば、善人とも悪玉ともつかぬ懐深い人間を演じたいのだそうです。 新劇人として橋爪功が凄みを見せたのは、NHKドラマ「海も暮れきる」で、酒乱の俳人、尾崎放哉を演じた時でした。 原作者の吉村昭は、その迫真の演技に、橋爪功が本物の酒乱ではないかと疑い、一緒に酒を飲むときに恐怖を覚えたというエピソードがあります。 また、ある企業映像のナレーターを引き受けた橋爪功は、スタジオにジーパンとサンダル姿でふらりと現れたかと思うと、簡単な打合せをし一度映像を見ただけで、NGなしで完璧なナレーションをこなしたそうです。 橋爪功の真の実力がうかがい知れるエピソードではないでしょうか。 ここ数年の間に多くの名優たちが亡くなっていきました。 だからこそ、日本の演劇・映像業界の重鎮として、橋爪功のなくてはならない存在感がより重要性を増しているのです。 今や、その地位は不動のものとなっています。

次の

橋爪功の若い頃とは 嫁さんは!元宝塚女優から小川眞由美 一般女性まで

橋爪 功

いつも重厚な演技を見せてくれる橋爪功さん。 嫁は意外な人物って本当でしょうか?小川真由美さんとの関係や逮捕されたという息子さんの現在についても調べてみました! 橋爪功さんのお嫁さんや、小川真由美さんとの関係、さらには息子さんの現在についてなのですが、温厚なイメージの橋爪功さん、実は過去の女性関係は色々とあったようです。 最近は映画「アルキメデスの大戦」では後にA級戦犯となる海軍大将を、さらには「あの日のオルガン」では戦時中疎開する保育士、子供たちの世話をする暖かい男性をと様々な役を演じていらっしゃいます。 そんな橋爪功さんの知られざる素顔をお届けします。 橋爪功の嫁?小川真由美との関係は? 橋爪功さんはこれまでに3回結婚をしています。 まず元宝塚の高岡奈千子さんという芸名の方と結婚し、子供が一人産まれましたがその後離婚します。 次に婚約したのが女優の小川真由美さんです。 小川真由美さんは俳優の細川俊之さんと離婚され、娘さんが一人いたそうです。 しかし、4年間の同棲の末、婚約を解消してしまいました。 今でいう事実婚の状態だったとも言えます。 2人の交際のきっかけは1981年の文学座の舞台での共演だったそうで、6月の舞台で急接近した後3か月後の9月には婚約を発表というスピード婚。 ただ、橋爪功さんと小川真由美さんの連れ子である娘さんとの仲は良好とは言えなかったようです。 娘さんは母親である小川真由美さんとも確執が深かったようで、後に「ポイズン・ママ 母・小川真由美との40年戦争」という本を出版しています。 橋爪功さんは小川真由美さんと別れた後、20歳年下の女性と再々婚。 現在も仲睦まじく暮らしているようです。 スポンサーリンク 橋爪功が離婚した理由は 橋爪功さんが最初の奥さんと離婚した理由については明らかになっていません。 最初の妻の高岡奈千子さんは橋爪功さんよりも5歳ほど年上だそうですが、どうして離婚されたのかは調べることができませんでした。 一方で小川真由美さんとの事実婚を解消、離婚した理由については、前述の娘さんの暴露本などである程度知られているようです。 この小川真由美さんという方、「悪女」というのか、「罪な女」というのか、人を狂わすようなある意味非常に「女」という魅力に満ちた方のようです。 男性関係も奔放で、エキセントリックなようで、さらには娘さんには今でいう「毒親」で、育児放棄、虐待などを繰り返すなど娘さんの少女時代はまさに辛酸をなめたような苦しい生活を送っていたそうです。 橋爪功さんも最初は小川真由美さんの魅力に取りつかれたようですが、徐々に問題が生じるようになり、別離へと進んでいったとのことでした。 橋爪功の息子の逮捕理由は 橋爪功さんには俳優をされている橋爪遼さんという息子がいます。 2004年ごろから芸能活動をされていて、順調にその活動を広げていったさなか、衝撃の事件を起こしてしまいます。 2017年6月、知人と覚せい剤を所持したとして逮捕されてしまったのです。 当時ドラマ「やすらぎの郷」では介護士の役で出演していたのですが、逮捕のあおりをうけて降板、すでに出演していた部分についてもカットされてしまいました。 そして映画「たたら侍」も逮捕の前月に公開されたばかりでしたが、橋爪遼さんの出演部分をカットする再編集を経ての再上映は上映館数も10分の1ほどとなってしまいます。 父親の橋爪功さんもその責任を感じて憔悴しきりだったとか。 そして直筆ファックスで 突然のことで気持ちが追いついていません。 正直、話すべき言葉が見つかりません。 とコメントを発表しています。 橋爪遼さんは逮捕前、なんと2011年にもお薬がらみで疑惑があったことが公判でも明らかになり、親の監督責任も一部では取りざたされる事態となりました。 橋爪功の息子は現在何してる? 逮捕された息子の橋爪遼さん。 2017年の10月には公判が開かれ、懲役1年6月を求刑されました。 公判では現在の職業について「無職」と答えたそうです。 所属事務所は逮捕された翌日に解雇されてしまったようです。 橋爪遼さんは罪状認否では起訴事実を認め、 関係者の皆さんに大変なご迷惑をお掛けしてしまったことを、本当に反省しています と謝罪しました。 しかし、同時に公判内で2011年にはすでに使用を始めていて、長年にわたって常用していた事実を指摘され、再犯の恐れがあるともいわれたそうです。 結局懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されています。 現在は事務所も解雇されていることから芸能人としての活動はほぼ白紙と見られています。 ただし、逮捕直前に公開予定となっていた映画「漫画誕生」は、橋爪遼さんの出演シーンをカットせず今年公開予定となっている模様ですが、本人の出演番組、映画だけでなく、 父親である橋爪功さんにも多大な影響を与えただけに、簡単に芸能界復帰することは極めて難しい状況と言えるでしょう。 橋爪遼さんは「のだめカンタービレ」にも出演されていたんですよね、残念です。 スポンサーリンク 橋爪功の娘・橋爪渓はどんな人? 一方、橋爪遼さんの妹で、現在の奥様との2人目の子供である橋爪渓さんは有名とは言わないまでも芸能活動を順調にこなしているようです。 橋爪渓さんは女優、歌手としても活動されていて、現在は舞台を中心にステージに立っているようです。 身長は148センチと小柄でとても可愛らしく、アイドルと言っても良いくらいの可憐さです。 幼い頃からバイオリンやバレエ、ダンスを学ばれて、基礎的な技術も身に着けている様子。 歌もパワフルでとても上手だとか。 父親である橋爪功さんも溺愛している様子で、父娘間の仲は良好のようです。 橋爪渓さんは2019年1月に所属事務所を退社して、現在はお一人で活動されているようですが、Twitterなどでも舞台の様子などを頻繁にアップされるなど自分自身でしっかりと自分の道を見極めて活動されているようですね。 Twitterを見ていても、父親の橋爪功さんの舞台を見に行ったり、ご両親と旅行されていたりと家族仲良い様子が伝わってきます。 兄の橋爪遼さんの事件が彼女自身の芸能活動にも少なからず影響があったとは思うのですが、逆境にも負けずに一歩一歩歩んでいる橋爪渓さんのことを誰でも応援したくなりますね。 橋爪功の若い頃がかっこいい! 橋爪功さんご自身はというと、若い頃からとても芸達者でかっこよかったそうです。 橋爪功さんは1961年に文学座の演劇研究所の1期生として入団します。 同機には寺田農さん、樹木希林さん、北村総一朗さんや後に事実婚の相手となる小川真由美さんもいらっしゃったそうです。 そうそうたるメンバーですね。 そして2年後の1963年に劇団雲へと移籍、1974年の舞台「スカパンの悪だくみ」でスカパンを演じて脚光を浴びられたそうです。 この時の舞台は橋爪功さんが尊敬する芥川比呂志さんが演出され、橋爪功さんはなんと大阪弁でスカパンという役を演じたそうです。 この役がきっかけで橋爪功さんは演劇界のスターになっていったとのことでした。 もちろん当時の写真を見てもとてもカッコいいです。 実力もあって、これだけイケメンならもてるだろうなと納得のお顔立ちでした。 ただ実力もお顔立ちも良かった橋爪功さんですが、若い頃は脇役や悪役が多かったようで、主役級になったのが中年期とやや遅かったため、若い頃のお写真は沢山は見つけられませんでした。 橋爪功の出身地や本名は 橋爪功さんは大阪府大阪市出身で本名は変わらず橋爪功です。 橋爪功さんご自身も中々複雑な家庭に生まれたようで、橋爪功さんの父親は大阪電気商会の重役であり、母親は父親の愛人であったようで、本妻は別にいたそうです。 お姉さんは産まれてすぐに本宅の養子になり、また11歳年上のお兄さんもいったんは母親の兄の籍に入った後に父親の籍に入ったらしく、母親の戸籍上では橋爪功さんが末っ子でありながら長男となっていたとか。 小学校や中学校は生徒会長を務めるなど優等生ではあったものの、やんちゃだったとのエピソードも残っています。 演劇との出会いは早く、6歳の時に兄の高校演劇の舞台に子役として出演していますが、これは 「劇中で食べる栗まんじゅう釣られて」だそうですが、本当でしょうか。 しかし、高校時代大阪では有数の進学校に進んだ橋爪功さん、演劇部の部長を務めるなど、学生当時から演劇への才能の片りんを見せていたようです。 今現在では演劇界の重鎮として過去に何度もその功績を称えられるほか、演劇集団 円の代表を務めているなど、日本の演劇界において欠かせない存在です。 スポンサーリンク 橋爪功の経歴・プロフィール 橋爪功さんは1941年9月17日生まれの現在77歳です。 大阪府大阪市に生まれ、中学2年生の時に父親を亡くしています。 その後大阪府立天王寺高校1年生の時に東京に居を移し、青山高等学校に進学しました。 1961年に文学座の研究所に合格、1974年に演じたスカパンの役が俳優としての転機になり、一躍演劇界のスターの仲間入りを果たします。 1975年に岸田今日子さん、仲谷昇さんらと演劇集団 円を設立、以来円を中心とした舞台活動を務めています。 前代表であった仲谷昇さんの死去に伴い、現代表に就任。 外部出演やテレビ、映画など幅広く活動して今に至っています。 特にテレビ出演は脇役、主役を問わず多数の作品に出演し続けていて、どの役柄をとっても自然に、その場にいるべき人物を巧みに演じ分けられることで、芸能界にとってなくてはならない存在として輝き続けています。 海外ドラマの吹き替えや、朗読などもこなす他、劇団の代表として実験的な芝居や後進の指導にもますます情熱を傾けているようです。 まとめ 橋爪功さんについて調べてきました。 ご自身の育った家庭のこと、また3回の結婚、離婚などの女性関係など、イメージとそぐわない話が出てきてびっくりしましたね。 ただご自身のご兄弟とも、現在の奥様や娘さんとの関係は極めて良好のようで安心しました。 息子の遼さんのことはご心配ですが、それも裏を返せば偉大なる父親たる橋爪功さんへの叶わない思い、嫉妬など複雑な理由が見え隠れしていそうです。 心からの更生を期待したいですね。 まもなく80代に近づくというのに、パワフルさがどんどん増していて、テレビでは見ない日はないと言っていいほどの活躍ぶりを見せる橋爪功さん。 今のままでいつまでも活躍され続けて欲しいものです。

次の