外壁塗装 必要経費。 外壁塗装工事が固定資産維持の経費となる場合とならない場合があるって本当?

経費になるの?外壁塗装工事が固定資産の修繕費となるケース

外壁塗装 必要経費

| 外壁塗装が築10年だと言われる理由を知ると、 悪徳業者から言われる デタラメな知識 築3,4年で塗り替えなど を鵜呑みにせず、塗装するタイミングに失敗することがなくなります。 外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが) 「外壁塗装は築10年が目安」と誰かに聞いたり、インターネットで探して、そのような情報を見かけたかもしれませんね。 家を建ててから築10年で塗装は早すぎじゃない?• 外壁塗装をするなんてハウスメーカーは教えてくれなかったよ?• 不動産屋には我が家の購入費用しか聞いてなかった…。 このように、外壁塗装に関係する状況は様々。 しかし、あなたもご近所さんのお家や、近隣の建物を見て頂いているので、なんとなく気づいていらっしゃるかもしれませんが、キレイをずっと保ち続けることは非常に難しい…。 外壁に塗られている塗装も同じことが言えますが、なぜ築10年を目安にするのがオススメか理由を知って頂くと「気づいたら塗装時期が過ぎていた…。 」このような事態を防げるため、私と一緒にあなたに必要な情報を見てもらえると嬉しいです。 外壁塗装の相談、または、信頼ある業者さん選びに不安を感じている場合は、 0120-164-917 無料受付24時間 に電話をかけて頂き、電話口で 「外壁塗装の相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。 」 このような会話が色々なところで繰り広げられています。 インターネットを見てもらったり、外壁塗装業者に聞いてもらっても、どこであっても「外壁塗装は築10年頃が目安です。 」と示されている事が多い。 なぜ、外壁塗装は築10年が目安と言われているのか、その理由を深く探っていきたいと思います。 一戸建て住宅のメンテナンス時期(目安) まずは、どのメンテナンスがどの時期に行えばいいのか、一戸建て住宅でのメンテナンス時期を表にしてみたので、それぞれの目安を見てみましょう。 メンテナンス内容 時期 外壁塗装 築10~20年 外壁張り替え 築30年 屋根塗装 築10~20年 屋根の葺き替え 築20年 屋根の重ね葺き 築20年 雨樋交換 築20年 クロスの張り替え 築10年 フローリング 築20年 このように一戸建て住宅は、だいたい築10年に突入した段階から、様々なメンテナンスを行わなければいけません。 外壁に限らずですが、モノであれば多くの場合、年月が経つと状態が悪くなる。 車(数年事に車検に出す必要あり)• 椅子(10年も使っていれば壊れる確率が高い)• 携帯電話(10年も持たない…。 ) もっと身近なモノ(物質)で言えば、• フライパン(3~4年でダメになる…。 髭剃り(替え刃だったら一ヶ月持つかどうか…。 歯ブラシ(半月~一ヶ月で毛先が…。 外壁で言えば、その目安が10年だというお話しではありますが、もう少し「築10年が目安」であることが分かる、もう一つの理由を見てみましょう。 鉛筆だってパソコンだって、毎日使えばいずれ壊れてしまいますよね?外壁と塗装にも同じことが言えるため、タイミングを見計らってメンテナンスが必要となります。 小さいモノと違って外壁は広範囲でメンテナンスにお金がかかるため、頻繁ではなく10年ごとが修繕目安となっています。 外壁塗装に深い関わりがある塗料の耐久性(耐用年数) 外壁塗装を行うためには、塗料を塗る必要がありますが、この塗り替え時に使用する塗料の耐久性(耐用年数)と呼ばれる、塗料の効果が保てる期間を示す時期が示されています。 以下が、外壁塗装で使われる塗料の耐久性(耐用年数)の一覧になります。 この他にも洗浄や足場の工事など、複数の費用が発生します。 このように、各系統の塗料によって耐久性(耐用年数)が異なり、耐久性が高いものは費用相場も高くなっています。 あなたが新築を建てる際に、フッ素や遮熱などの効果が高い塗料を使っているのであればいいのですが、そうでなかった場合、アクリル・ウレタン・シリコンといった塗料の系統が使われているはずです。 その場合、約10年前後で耐久度が切れるため、塗装の時期である「外壁塗装は築10年」といった理由へ結びつく事に気づいてもらえたと思います。 築10年前後と言われている理由に、塗料の耐久度が大きく関わっていることを知ってもらいたいです。 知っ得!新築時には建築費用を抑えるため、耐久度が低い塗料が使われることがあります。 あなたの家が何の塗料を塗られているのか確認し、ウレタン・シリコンであれば、築10年ごろでメンテナンスが必要ということになります。 アクリルだった場合はもっと早く2~3年後となります。 一戸建て住宅を建ててから築10年までに発生する劣化の症状は? 一戸建て住宅を建ててから築10年までに、様々な劣化症状が現れてきます。 見逃せない危険度の高いものから、すぐに対処しなくても大丈夫なものまで色々。 「外壁塗装が築10年で行う。 」と言われている理由にも深く結びついていることなので、一つ一つ外壁に現れる劣化症状について、一緒に見てみましょう。 築年数(目安) 劣化症状 危険度 詳細 1~2年 変色 軽度 新築の頃はピカピカでキレイですが、毎日紫外線や雨風に晒されているので、次第に塗料の耐久度が減っていきます。 耐久度が減ることで、塗装した塗料の変色が起こってきます。 5~6年 チョーキング 重度 外壁塗装の耐久性が無くなってきた事で、防水性が切れている状態。 外壁に直接雨水が染み込んだり紫外線を受けたりすることで、建物の内部が痛み始めます。 6~7年 カビ・コケ・藻 重度 外壁塗装の耐久性が無くなってきた事で、細菌類が繁殖していきます。 さらに根をはったりするので、外壁の痛みがさらに加速していきます。 8~9年 ヒビ割れ 重度 外壁塗装の耐久性が無くなってきた事で、ヘアークラックと呼ばれる塗膜(塗料が乾燥した薄い塗装の膜)に対して小さなヒビ(亀裂)から入ります。 もっとひどくなると構造クラックと呼ばれる、建物の施工不良や建物事態に歪みが起きて、ヒビ割れてしまっている状態です。 10年 剥離 重度 外壁塗装の耐久度が無くなり、塗膜がボロボロと剥がれ落ちてきてしまう劣化症状です。 塗装が全て剥がれる前に早めの外壁塗装がオススメです。 塗料の耐久性とは、各メーカーさんが実験として得られたデータを元に「この期間は効果が持続できるよ」と言っているものです。 しかしこれはあくまで実験結果であり、実際の環境下、つまりあなたのお家がある場所では、メーカーさんが示している耐久性が発揮できない場合も。 例えば、雪が多い地域・雨が多い地域・日差しが多い地域・潮風に当たりやすい地域・日陰など、立地条件・環境によっても耐久性の減りが異なります。 そのため、これらの劣化症状が必ずあなたに当てはまるとは言えないため、目安としてこれくらいの時期になったら、劣化症状が出てくる可能性があるということ覚えておいてほしいです。 知っ得!地域の環境的な違いだけでなく、あなたのお家が道路に面している・お隣さんと距離が近くて影ができる・近隣に草木がたくさんある、このような状況の違いによっても、劣化の仕方が変わってくるため、例えばあなたのお家とお隣さんのお家であっても、現れる症状が違う場合があります。 もし築10年以上、外壁塗装をせずに放置していた場合は? 外壁塗装の目安が築10年と言われていますが、築10年以上もメンテナンスを行っていなかった場合はどうなるのでしょうか。 築10年で劣化症状が出ているのにメンテナンスをしなかった場合は、こんな事が起こるんです。 建物内部の劣化が激しく高額なリフォームをする事になった…。 あまりにも劣化が酷すぎて、モルタルがボロボロ、左官工事が必要になった…。 劣化が激しく、サイディングの張り替えをすることになった…。 築10年以上経っているのに何もメンテナンスを行っていなかった場合は、外壁材だけでなく建物内部にもかなりダメージが入っているため、高額なリフォームが必要になるかもしれません。 しかし、このような危険性を知らずに、築10年以上もメンテナンスせずそのままにしている方が大勢います。 確かに築10年だからといって、状態によって塗り替えをするのは早すぎな場合もあるかもしれませんが、いずれはメンテナンスをする時期が必ず訪れます。 人間の場合で言えば、ガンが知らない間に出来て、いつの間にか体を蝕んていることがありますが、これはお家も一緒。 定期的な調査で状態を確認し、悪い部分があればすぐに直して次に備える。 体・家・車など、替えがきかない大切なものほど、維持するのにお金がかかるため、築10年を目安に塗装を考える事も、お家のためには大切だと私は考えています。 見た目がキレイだと外壁塗装の必要性を感じない? 外壁塗装の必要性を感じる瞬間は人それぞれですが、あなたはどんな事があり外壁塗装を考えだしましたか?• 築10年が経った• 同じ時期に建てたご近所さんが外壁塗装をしている• 塗装に劣化症状がでてきた• 外壁塗装の訪問業者がくるようになった• ハウスメーカーの定期点検時に塗装の提案があった この5つが多いかと思いますが、もしこれらの出来事がなかったらあなたは外壁塗装の事すら考えなかったかもしれません。 また、外壁塗装が築10年でもキレイな状態を保っているお家もあるので、外壁塗装の必要性に気づかないことも多いです。 外壁はキレイに見えても、もしかしたらあなたが見えない部分の劣化が進んでいる場合もあるので、まず築10年が経ったら無料の現地調査をしてもらって、あなたのお家がどのような状況になっているのか把握するだけでもしておくのがオススメです。 しかし、築10年が外壁塗装の時期と言われても「外壁がキレイなままなんだから塗装なんてしなくていいでしょ?」「外壁塗装の必要性ってあるの?」と思ったかもしれませんね。 あなたが感じる「外壁塗装の必要性って?」と思われる情報を、次は深く見てみましょう。 そもそも外壁塗装の必要性ってあるの? 外壁塗装は外壁に対して塗料を塗る工事ですが、そもそもなぜ塗料を外壁に塗らなければいけないのでしょうか。 それは、外壁塗装をする事で、以下のような効果を得ることができるからです。 紫外線・雨風・ホコリ等の自然環境が発生させる環境ダメージを防ぐ• 外壁に雨水が染み込まないようにする防水性• 美観を保つ• 遮熱塗料を使うことで、室内を快適に保つことができる これらの効果の中で、特に大事なのが「環境ダメージを防ぐ」という効果です。 人間であっても、ずっと雨に打たれ続けたりカンカン照りの中、立ち続けるのはできませんよね…。 しかし、建物の場合は人間のように簡単に移動できるものではないため、常に紫外線を浴び雨風を受け続けているので、建物が疲弊して劣化しないわけがありません。 このような自然環境が発生させるダメージを常に受け続けてくれる建物に対して、保護膜を用意してあげて環境ダメージを和らげてあげる事こそが、外壁塗装をするための一番の理由です。 こんなにも大事な外壁塗装ですが、適当に選んだ業者に塗装してもらうと高確確率で失敗するため、次は外壁塗装の業者選びについて見てみましょう。 外壁塗装は誰に頼んでもいいの? 築10年になり外壁塗装を考え出したあなたは、まだ外壁塗装についてあまり情報を持っていない状態かもしれませんね。 このまま外壁塗装の業者選びをしてしまうと、無駄な契約をして無駄な費用を支払ってしまう事になったり、悪徳業者と契約してすぐに剥がれる塗装になる可能性もあるため、危険を回避すべくあなたに知っておいてほしい情報を以下にまとめました。 その際、中間マージン(無駄な紹介料)が発生し、あなたの塗装費用が何十万も増えます。 しかし、あなたが暮らす地域の地元密着業者にお願いすれば、無駄な費用を払わず安い費用で外壁塗装が行えます。 例えば、250万円から100万円の値引きで150万円!こういった根拠が分からない値引きがされ、一気に金額が下がったことで心を動かされてしまう方もいます。 そもそも、一戸建て住宅において250万円が高すぎる費用なので、その金額からして怪しさ満点です。 悪徳業者は金額の値下げ幅やキャンペーンなどで契約をせまってくるので、10万円以上の値引きをしてくる業者とは、契約をしてはいけません。 中には良い業者もいますが、大半があなたと無理矢理契約しようと来ている業者です。 訪問販売でくる業者は、値引き・キャンペーン・モニターで割引、色々な値下げ商法を繰り広げてきます。 他にも危険を煽りすぐに契約しないといけないような話しをされて、あなたを不安にさせることしかしません。 消費者センターにも訪問販売で外壁塗装を売りにくる業者とのトラブルの相談が跡を絶ちません。 これだけはハッキリと言えます。 外壁塗装は訪問販売で契約してはいけません。 この3つの基準が、外壁塗装業者を決める上で欠かせない指標となっています。 築10年が経ち、外壁塗装を考えているのであれば、この3つだけは守ることによって、外壁塗装の成功確立がグンッとあがります。 大切なことなのでもう一度…。 大手業者ではなく地元密着の業者を選ぶ• 大幅値引きをする業者をしない業者を選ぶ• 訪問販売で外壁塗装を売りにこない業者を選ぶ この3つは必ず覚えておいてほしいです。 今までは、築10年で外壁塗装をする理由やどういった業者にお願いするのかという情報を私と一緒に見てきましたが、次はどのくらいの費用が外壁塗装には必要かを覚えて頂けると嬉しいです。 知っ得!あなたの家を建ててくれたハウスメーカーで保証を付けてくれていた場合、「ハウスメーカー以外で塗装をすると保証が無くなります。 」このような事が言われる場合もあります。 ハウスメーカーの保証が無くなると不安に思ってしまうかもしれませんが、対応が遅いハウスメーカーよりも、あなたが暮らす地元に密着した業者の方が、早く対応してくれるので、安心できます。 外壁塗装の費用はいくら? 築10年が経ち、外壁塗装をする場合は、どのくらいの費用を考えておけばいいのでしょうか。 築10年、20年、30年でメンテナンスを行った場合の費用の違いもシミュレーションしてみましょう。 外壁塗装の築年数別に行った場合の費用シミュレーション 築10年でメンテナンスを行った場合の費用と、築10年以上過ぎてからメンテナンスを行った場合の費用の違いを見てみましょう。 以下の条件で築年数別でメンテナンスした場合の費用としてシミュレーションしています。 延坪:約30坪• 塗料:シリコン塗料で塗装• 外壁:サイディングボード• 金額は相場で計算 築10年目からメンテナンスを行った場合 年号 2000年 2010年 2020年 2030年 2040年 2050年 2060年 工事 新築 大規模リフォーム 塗装 塗装 塗装 費用 400万 60万 60万 60万 合計4回のメンテナンス: 580万 ポイント! 築30年後にメンテナンスを行うと、かなり建物が劣化していることが予想されます。 大型のリフォームをしなければいけなくなり、将来的にかかるメンテナンス費用も高くなります。 このように、築10年毎に塗装でメンテナンスを行っていくのか、あとでメンテナンスをするのかでも、将来的にかかる費用にかなり差がでてきます。 特に築30年後に初めて塗装をしようと思った際には、塗装では対応できなくなっている状態もあり、大型リフォームが必要な場合もあります。 周期的に費用はかかってしまいますが、その時だけを考えるのではなく、将来的なことを考えると、やはりこまめにメンテナンスを行っていくことが、費用の負担を抑えることに一番繋がることを覚えておいてほしいです。 費用の負担を抑えて工事ができた方の事例 お客様名 金額 施工内容 870,000円 外壁塗装 650,000円 外壁塗装、屋根塗装、雨樋修理 890,000円 外壁・屋根塗装 1,025,352円 外壁塗装 851,000円 外壁・付帯部 外壁塗装の手順・工程はどうなってるの? 築10年で塗装をする理由が分かった、どんな業者を選べばいいのか分かった、費用のイメージできた、そうしたら次は外壁塗装の手順がどうなっているのかを見てみましょう。 外壁塗装の手順・工程を知ると、具体的にどのように進んでいくのかがイメージできるので、あなたが塗装工事でどんな事がされるのか分からないといった不安がなくなります。 塗装1日目:ご挨拶・塗装準備 まずは塗装のご挨拶回りです。 あなたのご近所さんにご迷惑をかけないように、塗装工事がいつまで行うのかを伝えたり、配慮をしてくれます。 塗装2日目:足場の設置 安定した状態で塗装をするためにも、仮説足場を設置する必要があります。 金属音がしたり多少音が発生するので、事前に把握しておきましょう。 塗装3日目:塗装前の洗浄 キレイで長持ちする塗装を行うために、外壁面の洗浄は必要不可欠な作業です。 洗浄をいかに丁寧にできるか、汚れの落とし残しがないかで、塗装の仕上がりに差がでます。 塗装4日目:下地処理 外壁に出てしまっている劣化、サビなどは洗浄では落とせないため、下地処理といった工程でキレイにしていきます。 ヒビ割れを埋めたり、サビをサンドペーパーなどで落としたり、とにかく塗装前の外壁面をキレイする作業です。 塗装5日目:塗装前の養生 塗装前に養生といった、塗装面以外に塗料がついてしまわないように保護シートをかける作業です。 例えば、窓枠・車こういった塗料が付いてはいけない部分に養生をしていきます。 塗装6日目:下塗り 養生が完了したら、下塗りといって、外壁面と塗料の接着を強めるための塗料を塗ります。 塗装7日目:中塗り 下塗りが終わったら中塗りで、色のついた塗料を塗っていきます。 塗装8日目:上塗り 仕上げとして上塗りを行います。 中塗りだけでは下地の色が薄くでしまい汚く見えてしまうのと、塗装面を強化するために、上塗り(重ね塗り)というを行います。 塗装工事は基本3回塗りだということを覚えておきましょう。 塗装9日目:点検と手直し あなたにも塗装の仕上がりを確認してもらうのと、塗装業者側でも塗り残しや不備がないか確認します。 お互いが合意をしたら塗装工事の完了です。 塗装10日目:片づけと足場の解体・撤去 塗装工事は完了しましたが、これで終わりではありません。 最後にトラブルになりやすいのが、足場を解体する際に外壁の塗装を剥がしてしまったりする事です。 あなた自身には、足場が解体された後もきちんと見回って大丈夫かどうかを確認してほしいです。 各工程を1日と考えた際の手順・工程となります。 この手順・工程で出てきた大事なところだけもう一度復習してみましょう。 塗装前の挨拶回りはトラブルを避けるために絶対必要• 塗装前の塗装面をキレイにする作業は仕上がりに影響する• 塗装しない場所に塗料がつかないように保護シート• 塗装は基本3回塗り• 塗装は終わっても終わりでなく、足場解体後のチェックも大事 塗装の不安を無くすため、あなたに必ず把握しておきたい情報なので、覚えておいてほしいです。 築10年経った際の外壁塗装にまつわる不安を解決 あなただけでなく、築10年に差し掛かった方々みんなが外壁塗装に不安を抱えるようになります。 そういった不安を持ち続けると、体にも心にも良くない影響を及ぼすので、当サービスへみなさまからよく頂く不安と、お悩み解決方法をご紹介します。 周り近所の家が塗装し始めてるけどウチもした方がいい? 周り近所の家が塗装をし始めてるとしても、あなたの家とご近所の家は全くの別物とお考えください。 例えば、以下のものが違うだけで、塗装の時期が違って来るんです。 日当たり• 雨風の受け方• 地盤 これらがちょっと違うだけでも、あなたの塗装時期は変わってきます。 しかし、外壁塗装が築10年といった考え方は変わりません。 新築から考えるとやはりどの家も築10年前後から塗装を考えなければいけないので、周り近所を基準にするのではなく、あなたが家を建てた時期で塗装するかしないかはは考えましょう。 家を建てた際に、ハウスメーカーからメンテナンスが必要なんて言われなかった… ハウスメーカーの担当が、メンテナンスについて説明をしてなかったのかもしれませんが、実は一戸建て住宅・アパート・マンション・向上・ビルなど、全ての建物において外壁塗装などのメンテナンスが必要となっています。 昔ながらのお家だと、何百年と保っていられているお家はありますが、現代のお家と作りがまったく違います。 外壁に不安を感じているあなたへ ここまで読んでいただきありがとうございます。 外壁塗装が築10年と言われる理由についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか? どんな小さな事からでも無料相談が出来るので、お気軽に以下のにてご連絡くださいね。 あなたにとって、外壁塗装の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。 この記事を見てくれたあなたにオススメの情報• 新築時にはピカピカで綺麗だった外壁が、今やヒビ・剥がれ・汚れなども目立って、不安な思いをされているかもしれませんね。 外壁に塗られている塗料が耐久切れを起こした影響であり、このままでは内部にも悪い影響が起きてしまうため、まずは状況を確認するために優良業者さんに無料調査をしてもらうのがオススメです。 私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。 不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。 悪質な詐欺業者は知識量の差を利用して、 高額費用で請求したり、 騙されて手抜き工事をされてしまう人が多いことを、 私達は10,000人以上の方から相談を受けた経験から身をもって知っています。 1人でも多くの方に真実を伝え、適正な費用・適切な工事ができるよう、 工事の相談窓口・問題解決のアドバイス・のご紹介などを行なっています。 がたくさんいるので、 家族を迎い入れるような温かさで安心頂けるよう誠心誠意サポートさせて頂きます。 どんな小さい些細なことでもお気軽にご相談頂けると嬉しいです。 不安・悩みを解決アドバイザーへ無料相談• 金額の不安を解決適正価格の見積のみご提出• 業者選びの不安を解決60以上の審査で優良認定• 外壁リフォーム• 外壁塗装• サイディング塗装• 外壁張替え• 外壁重ね張り• チョーキング・汚れ・サビ・ヒビ割れ・剥がれ・コケ・カビ・凍害直し• 屋根塗装• 屋根修理• 雨漏り修理• 屋根リフォーム• 屋根葺き替え• 屋根カバー工法• 防水工事• カーポート工事• 内装リフォーム.

次の

【外壁塗装】その見積書危険かも?見方や注意点を徹底解説

外壁塗装 必要経費

一般の家では、災害等で自宅を損傷した場合でしか、修繕のために外壁塗装をしても、所得税控除を受けることはできません。 しかし、事業所の場合は経費として認められるケースがあります。 外壁塗装は百万単位の費用がかかるだけに、経費として認められれば大きなメリットになります。 ここでは、外壁塗装を修繕費という側面で見ていくことにしましょう。 外壁塗装工事の経費計上が可能な場合と不可能な場合 外壁塗装は固定資産の修繕費として所得からその経費を引くことができる場合がありますが、すべてが修繕費として計上されるわけではありません。 「修繕費」として計上できれば経費とみなされる まずは、一般の住宅にも適用されることがあるケースとして、災害などによって壊れた建物を修繕するために行った外壁塗装があります。 このケースはあくまでも原状回復なので、災害を受ける前よりも高価な部分については認められません。 事務所など業務目的で使われる建物については、これに加えて、固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、その固定資産の通常の維持管理のためにあてられた部分については経費として認められます。 これも修繕前よりも高価になった部分については認められません。 壁の塗装費用や剥離した瓦の取替え、雨漏りなどした屋根の防水工事であれば経費として認められる場合があります。 外壁塗装の場合、全体的に剥離が顕著でなくても、耐用年数を維持するために行うメンテナンスとして行われる全面塗装は維持補修と考えられるのが一般的です。 「資本的支出」とみなされると経費計上できない 経費として認められるのは、あくまでも原状回復であり、それ以上の部分については経費として認められません。 これは資本的支出といい、税法上は修繕費と区別されます。 例えば、屋根が雨漏りするので改修したいとします。 いくつか亀裂が見つかった程度なので、シーリングで十分対応できる修理でしたが、築年数が経過しているため、ついでにカラートタンで屋根全体を覆ってしまいました。 この場合、シーリングするだけでも対応できるのに、あえて新しい屋根で覆うのは、屋根の耐用年数を延長する工事と認められ、通常の費用を超えていると判断されます。 耐用年数が長くなるという新たな価値を作り出すので、これは資本的支出になります。 外壁に関して例を挙げると、 モルタルの壁をタイルに張り替え、耐久性を増す工事も資本的支出と見なされます。 「修繕費」として計上することのメリットとデメリット 修繕費として計上するのは税法上の権利であり、節税対策になります。 一方で、デメリットもあります。 節税対策になる 経費として計上できるメリットとしては、なんといっても節税対策になることです。 通常の外壁塗装であっても百万単位の出費となるので、これを計上できることは非常に大きいです。 資本的支出とは違い、 単年度で計上できるため、控除される金額も大きくなります。 修繕費とすることで、収入によっては銀行の融資に影響を及ぼすこともある 修繕費は一度に経費として計上できるのは良いですが、売り上げが少なく、結果的に収入がほとんどなかった場合、営業不振という指摘を受け、銀行などからの追加融資が断られる可能性もあります。 収入がないときは融資が不可欠ですから、修繕費としてあえて計上するかどうかは総合的な判断が必要になるかもしれません。 一方、資本的支出として計上した場合でも、赤字の年に減価償却を持ち越した場合には、金融機関から減価償却不足を指摘され、不足分を控除されることがあり、融資が受けにくい場合があります。 修繕費になるのか分からない…細かくチェックする方法! 外壁塗装を行った場合、その費用が修繕費になるか、資本的支出になるか、曖昧な部分(グレーゾーン)もあります。 裁判になることもあり、その判例が判断の基準になることも度々です。 もしわからない場合は、最終的に税理士や会計士に相談すべきですが、自分でも簡易的にチェックすることはできます。 修繕回収にかかる費用が20万円未満かどうか 修繕費用が20万円未満のものであれば修繕費として認められる場合が大半です。 しかし、この金額では外壁塗装をするには金額的に少なすぎます。 修繕の周期がおおむね3年以内かどうか 修繕の周期が3年以内で、定期的に行われている場合も修繕費として認められる確率が非常に高いです。 しかし、外壁塗装の場合、ほとんどは10年程度もちますから、これも当てはまらない場合がほとんどでしょう。 明らかに「資本的支出」に当てはまっているかどうか 外壁をモルタルからタイルやサイディングボードに変更したなどは明らかに資本的支出です。 塗料についても、アクリル系からフッ素系の塗料に塗り替えた場合、耐用年数が延びるため、資本的支出と見なされます。 通常の維持管理に当てはまるかどうか 外壁塗装は10年くらいが耐用年数ですから、10年前後で定期的に行っているのであれば経費として扱われます。 一方、まだ耐用年数が来ていないのに全面的に塗装を行った場合は資本的支出になる場合があります。 災害で受けた損傷を現状回復しているものかどうか 災害などの損傷を修繕するために行う外壁塗装は経費として認められます。 塗り替え程度であれば、損傷を受けた部分だけでなく全面塗装でも認められる場合があります。 外壁塗装の場合、痛みが激しい部分だけであれば60万円未満に収まるかもしれません。 災害によっての支出で、割合区分を使用しているケース 災害で壊れた部分の修復で、その金額の30%相当額を修繕費とし、残額を資本的支出とする経理を行っているときは、その処理が認められます。 ただし、被災資産の復旧に代えて新規に移築した場合などは新たな資産の取得になり、修繕費としての処理は認められません。 資本的支出と修繕費の区分の特例を利用する 通常の修理でも、その金額の30%相当額を修繕費とし、残額を資本的支出とする経理を行っているときは、その処理が認められます。 実質により判定する 最後は実質的にどのような目的で行われたかを判断します。 外壁塗装を行う場合にも維持管理の一部と見なされる場合には修繕費になる場合があります。 実際に鉄筋コンクリート造り店舗共同住宅の外壁等の補修工事に使用した金具について、修繕費に当たるとした事例もあります。 この事例では、外壁等への樹脂の注入工事、それに付随する塗装工事、外壁天井防水美装工事について、特に補修工事に伴う補修面の美装工事は、塗装材として特別に上質な材料を用いたものではないことから、要した費用も修繕費とするのが相当であるとされました。 まとめ 外壁塗装の費用は、原状復帰においては、経費として税制上見なされることがあります。 一般住宅でも、災害等で損壊した場合の塗装であれば、所得から雑損所得として差し引かれることができる可能性があります。 店舗や事務所の場合、維持管理に必要な経費と見なされるのであれば、災害以外でも経費として計上できますが、細かな規定があり、どこまでが経費になるか、グレーな部分もあります。 塗装にかかる費用を修繕費として計上すれば、節税対策になりますが、売り上げが少ないと新たな融資が受けられないリスクとなってしまいます。 あまり売り上げがない場合にはあえて修繕費として計上しない選択もあります。 どうしてよいかわからない場合は、税理士や会計士等に相談してみましょう。 いずれにせよ、塗装費用は抑えるべき! 経費にするにせよ、修繕費にするにせよ、外壁塗装の工事費用は抑えるに越したことありません。 節税対策に頭を使うことももちろん大切ですが、そもそもの支出を減らすことも経営の点からは重要です。 外壁塗装の費用を抑えるには、見積り比較を行い、費用よ工事内容のバランスが取れた信頼できる業者を探す他ありません。 たくさんのミ見積りを取ろうと思うと一社ごとの内容を伝えて依頼する手間がかかりますが、一括見積もりサービスを利用して時間を割かずに見積り比較を行うことができます。 費用と時間のコストカットを行うために、外壁塗装の一括見積もりを活用してみてください。

次の

あの価格は高すぎ…だった?外壁塗装の本当の費用相場【30坪編】

外壁塗装 必要経費

外壁塗装工事の計上方法は2つある! 不動産を所有していたり店舗を営んでいたりすると、建物の修繕必要が発生するのは非常に自然なことです。 蛍光灯の取り換えや設備の修繕など小さなものもあれば、屋根や外壁の塗装といった大規模な修繕もあります。 このように建物を管理するうえで必至である修繕ですが、その支払い方には2種類あります。 1つは 修繕費としての支出、もう1つは 資本的支出です。 このどちらかを選択するかにより、税金額や税務署の対応も変化してきます。 修繕費として経費計上する場合 では、外壁の塗装費用を修繕費として計上するケースに考えてみましょう。 この場合、経費としての計上が可能になります。 そのため、 塗装が完了した年度に修繕費を一括で払うことができ、税金額を減らすことができます。 税金の納入額を減らしたい場合には向いている計上方法です。 資本的支出として計上する場合 外壁塗装工事を資本的支出として行った場合でも 経費としての計上は可能になります。 しかし異なるのはその計上の仕方です。 資本的支出とした場合、修繕費の場合のように一括で計上するのではなく、まずは資産に計上したうえで 減価償却費として経費化していきます。 よって、一括では複数年にわたって経費にしていきます。 繕費と資本的支出の判断は難しい さて、ここで 修繕費と資本的支出の相違を確認してみましょう。 修繕費はひび割れやはがれた塗装など、建物の損傷した部分を修繕し、原状回復をする工事に必要な費用です。 外壁・内壁の塗装や床の損傷部分の取り換え、瓦の取り換え、ガラスの交換などがその主な内容とされています。 また、災害などによりき損した部分の修繕にかかる費用も 修繕費として考えられます。 一方、資本的支出としては、建物に非常階段を後から取りつけたり改装・改造を行ったりした場合が考えられます。 現状に損傷が見られるからではなく、あくまで不動産としての価値を高めるために行う工事はほとんど資本的支出とみなされます。 ですが、塗装工事の場合、特に損傷がなくても、ペンキ塗り程度であれば資本的支出ではなく修繕費として計上できることがあります。 また、 修繕費としたい経費を税務署の方で資本的支出と考えようとするケースもあります。 外壁工事などの経費計上の判断が難しいと言われているのにはこうした背景があることがわかります。 修繕費と資本的支出を見分けるには? しかし、ある判断基準に当てはめて考えていくと、 修繕費と資本的支出の判断を比較的簡単に行うことができます。 まず、工事の経費が 20万円以下、そして 修繕の周期が3年以下であれば修繕費として判断されます。 これと同じ条件で不動産の資産価値を明らかに高めるのなら資本的支出として考えられますが、その場合でも損傷を修復したり現状維持をしたりするための工事であれば修繕費として考えられます。 また、工事の費用が 60万以下であっても現状維持・原状回復のためであれば修繕費となります。 次に、前年度に継続し、 7対3の割合で経理を行っているかを確認します。 一方そうでない場合は資本的支出を工事費用からAを差し引いた金額として計算します。 それぞれのメリット 修繕費とするケース、資本的支出とするケースのどちらにもメリットがあります。 修繕費とする場合は一括して計上する分、納税額を節約することができます。 一方、資本的支出とすれば修繕に使った費用を経費とする1年ごとの金額が少なくなるので、不動産からの利益そのものはより大きくなります。 節税をするか利益を得るか、この目的がどちらであるかにより、修繕費として計上するか 資本的支出に含めるかも変化してくるでしょう。 自分にはどちらが向いているのかを慎重に選び、安全で利益の多い方を選択するのが得策です。

次の