ご 連絡 差し上げ まし た。 「ご連絡差し上げます」の意味と使い方・敬語として間違いか

「ご連絡」の正しい使い方とは?間違えやすい敬語表現も解説!

ご 連絡 差し上げ まし た

Topics• 「ご連絡差し上げます」は間違い? 正しい敬語と使い方 「ご連絡差し上げます」を品詞に分解すると、 「連絡」は名詞、「ご~差し上げる」は動詞「あげる、与える」の謙譲語表現、「ます」は丁寧語の接尾語となります。 よって、意味は「連絡をこちらから与えさせていただきます」のようになります。 「ご~差し上げる」は正しい謙譲語表現なので、二重敬語でもなく、正しい日本語と言えるでしょう。 「先日ご連絡差し上げた件について、ご相談したいことがございます」のような使い方ができます。 「ご連絡差し上げます」は上から目線の言葉 しかし、ビジネスシーンにおいて、「ご連絡差し上げます」は、相手に不快感を与える可能性のある敬語、として認識されています。 理由は、「差し上げる」という表現が「あげる、与える」という意味合いのため、上から目線にとられることがあるためです 例えば、「本日は急用が入り、そちらに伺うことができませんので、またご連絡差し上げます」のように使った場合、自分の都合で日程変更したにも関わらず、「連絡してあげる」態度でいると思われてしまいます。 これでは角が立ってしまいますよね。 こんな時は別の表現に言い換えて伝える必要があります。 「ご連絡差し上げます」を使うのは相手にメリットがある時だけ 逆に取引先から「急用が入り、そちらに伺えません」という連絡が入った場合、「それではまたこちらからご連絡差し上げてもよろしいでしょうか」と切り出すのは、失礼にはあたりません。 こちらの予定を調整することは、取引先にとってメリットになるからです。 相手方にメリットがあることをこちらがしてあげる、ということは、こちらの勝手ではないため、「差し上げる」が持つ「与える」意味合いがあってもおかしくありません。 「ご連絡差し上げます」は時と場合を考え、相手方にメリットがある場合のみ使用することにしましょう。 「ご連絡差し上げます」には、同じ意味合いの言い換え表現が他にあります。 上司等の目上の方に使う場合には、トラブル防止のため、後でご紹介する言い換え表現を使えるよう学習しましょう。 「ご連絡差し上げます」を使った例文 相手方にメリットがある場合に使う「ご連絡差し上げます」の例文はこちらです。 結果についてはこちらからご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちください。 是非お仕事をご依頼したいと思い、ご連絡差し上げた次第です。 正しい謙譲語表現ですが、どうしても上下関係が表れているように感じますね。 上の場合「結果を知ることができる」メリットが、下の場合「仕事を受注できる」というメリットが相手にあるため、「ご連絡差し上げます」を使ってもよいということです。 【スポンサードリンク】 「ご連絡差し上げます」の言い換え表現 「ご連絡差し上げます」に代わる表現をご紹介します。 敬語表現になりますので、相手に不快感を与えずに円滑なコミュニケーションのため、 ご連絡いたします 1番オーソドックスに使える言い換え表現は、「ご連絡いたします」です。 しかし、この表現、実は二重敬語という日本語のルールに反した表現です。 「ご連絡いたします」は、謙譲語の接頭語「御(ご)」と、「する」の謙譲語「いたす」が含まれた言葉で、同じ種類の敬語を重ねて使うことは禁止されているからです。 しかし、使う人が多いので、例外として使用を認められていますが、正しい日本語を使いたいという方は、「ご連絡します」や「ご連絡をいたします」という形に変えて使いましょう。 他にも二重敬語の例外として使われている敬語があります。 併せて学習してもよいでしょう。 ご連絡申し上げます 「ご連絡差し上げます」の言い換え表現として最もよい表現は、「ご連絡申し上げます」です。 「ご~申し上げる」は正しい謙譲語なので、「ご連絡差し上げます」と並ぶ敬意を表すことができますし、相手に不快感を与える表現でもありません。 こちらは積極的に使ってください。 「ご連絡差し上げます」を英語メールで使うには?例文をご紹介 いくつか「ご連絡差し上げます」の英語表現をご紹介します。 I will contact you. I will let you know. I will get in touch with you. I will get back to you. 後で連絡する場合に使用) 以下例文をご紹介します。 上記表現の後に続く言葉や表現を変えることで、様々な状況に合わせて使うことができます。 I will contact you later. 後でご連絡差し上げます。• I will let you know as soon as possible I have confirmed. 確認でき次第、すぐにご連絡差し上げます。• I will get in touch with you by phone tomorrow. 明日、電話にてご連絡差し上げます。• I will e-mail you next week. 来週、メールにてご連絡差し上げます。• レポート確認後、ご連絡差し上げます。 まとめ 今回は、「ご連絡差し上げます」の使い方について、ご紹介いたしました。 いかがでしたでしょうか。 「ご連絡差し上げます」は敬語表現としては、正しくても「差し上げる」の意味が「与える」という意味合いのため、上から目線にとられてしまうことがわかりました。 また、使う時は、相手にメリットがある場合だけというのは、意外でしたね。 「ご連絡差し上げます」のように、表現としては正しいけれど、実は相手に不快感を与えている、そんな言葉が他にもあるかもしれません。 これからも言葉の学習を続け、正しい敬語を選んで使用できるようにしましょう。 また、間違った言葉を覚えて癖になっている方は、正しい敬語を頻繁に口に出すことにより、癖をつけ直すといいでしょう。

次の

ご連絡差し上げる/いたします/申しあげます、どれが正しい敬語?

ご 連絡 差し上げ まし た

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 「ご連絡差し上げる」が適切なのかどうか、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。 正しい敬語表現を使って、ビジネスシーンで活かせるようにしましょう。 「ご連絡差し上げる」は正しい敬語? 「差し上げる」は 「与える」「やる」の謙譲語です。 「差し上げる」には「奉仕の気持ちをもって捧げる」というニュアンスが含まれます。 「来場者にお菓子を差し上げる」と「与える」という意味だけでなく、「よろしければご案内差し上げます」と「やる」という意味でも「差し上げる」を使うことができます。 「ご」と「差し上げる」が謙譲語のため、二重敬語なのではと思う方もいるかもしれませんが、「ご連絡差し上げる」は 「ご(お)〜差し上げる」といった謙譲表現として使うため、二重敬語ではありません。 ただ、「ご連絡差し上げる」は正しい表現ですが、「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、 上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「ご連絡差し上げる」の類似表現との比較 ご連絡差し上げます 「ご連絡差し上げます」を使用する際は注意が必要です。 例えば、「今日は都合が悪いので、また明日ご連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じます。 「ご連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 逆に、相手に会議の内容を連絡してと頼まれた場合、自分が連絡をすることは相手にとってメリットがあります。 この場合には「ご連絡差し上げる」は適切な表現となります。 「ご連絡差し上げます」は、相手にとって何か有利なことや利益がある場合に使用するようにしましょう。 また、「ご連絡差し上げます」は言い切り表現なので、疑問形にした方が丁寧です。 ・ご連絡差し上げればよろしいでしょうか ・ご連絡差し上げてもよろしいでしょうか ・ご連絡差し上げましょうか このように疑問形にすることで、言葉の印象が柔らかくなります。 上司や取引先など目上の人に対しては、疑問形を使うのが良いでしょう。 ご連絡いたします 「ご連絡いたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 本来は誤用になりますが、 「ご連絡いたします」は慣習的に多く使われているため、使用しても問題ではありません。 ただ、相手によっては失礼な印象を与えてしまう恐れがあるので、注意して使用するようにしましょう。 「ご連絡いたします」はあまり 相手や場面などに関係なく、使われることが多い言い回しです。 電話やメールなどでは、一般的に「ご連絡いたします」を使うことがほとんどです。 ご連絡申し上げます 「ご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「ご連絡いたします」や「ご連絡差し上げます」よりも敬意が高い表現です。 また、「改めてご連絡申し上げます」という形でよく使われます。 この場合は「また詳しく連絡します」「次の機会に連絡します」「今は全部伝えきれないので、また今度」といった意味合いになります。 ご連絡させていただきます 「ご連絡させていただきます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「させて」=使役の助動詞「させて」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても 「ご連絡させていただきます」は二重敬語のため、不適切です。 「ご連絡」を使った例文 ・本日の会議の内容をお伝えしたく、ご連絡差し上げます。 ・企画書の詳細につきましては、追ってご連絡いたします。 ・先日お問い合わせいただきましたイベントの開催予定については、追々ご連絡差し上げる予定です。 戻り次第、本人からご連絡差し上げるようにお伝えします。 ・後日、ご連絡差し上げる予定ですので、その際にご意向をお聞かせ願えますか。 ・ミーティングの日時が変更しましたので、ご連絡いたします。 ・ご注文になられた商品は明日発送の予定です。 商品が届き次第、ご連絡差し上げます。 「ご連絡差し上げる」の英語 「連絡する」の英語は様々な表現が考えられます。 ・I'll be in touch. ・I'll contact you later. ・I'll e-mail you soon. ・I'll call you later. ・I'll contact you. などなど、たくさんあります。 「あとで返信します」は、 ・I'll get back to you. といいます。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

「ご連絡差し上げます」の例文・敬語・返信方法|上司/謙遜語

ご 連絡 差し上げ まし た

謙譲語は ビジネス的には 相手によって 言い回しが違うと 前に会社で 行かされた講習で 教わりました。 電話口の相手が 自分より目上 会社の上司、又は 相手が目上格の人 の場合は 『後程ご連絡 差し上げます』 相手が顧客、お客様の 場合は 『後程ご連絡 させて頂きます』 になるみたいです。 私は物流センターの 管理部で働いて います。 』 になってしまいます。 逆に納入業者や運送業者 に対しては お客さん的扱いで 『後程ご連絡させて頂きます。 』 になりますね。 上司の人も 注意する程の事かな? と思いますが 顧客に対しての 電話でしたら 「後程ご連絡させて頂きます。 」 の方がしっくりは くると思います。 本来は、物を与える、譲るの、意味だから。 ということですが、 「差し上げる」が、何故?こういう場面に遣われる様になったかは、おそらく、「女性語」から来ているのではないかな。 よく、「女性語」を遣う、熟年女性(若い女性も)などが、「~してあげて」という言葉を遣うのを耳にしますが、より丁寧にいい始めた結果が、「さしあげて」なんだろうと思います。 自分含めて三者がいるところで、発している本人が、他の二者をたてている場面。 ですから、お客様と二極で話している場面での謙譲語としては疑問で、「電話してあげる」という意味になってしまう。 という解釈も成り立つと思います。 しかし、「連絡」というのは、様々な方法があり、何も、間違いであるとするのは、どうかな? そもそも、「お電話いただきまして」という、言葉の裏返しだし、「差し上げる」は、「与える」「あげる」の謙譲語には、間違いないわけで。 ただ、間違いであるという人間が、いるのに、わざわざ、遣うと、後ろ指差されかねないので、気にするなら遣わないほうが、いいでしょう。 私は、「差し上げる」でも、良いと思いますが。 普通の言い方は 「連絡する」と言うことになると思います。 問題はここからで、「丁寧語を使った言い方」「尊敬語を使った言い方」「謙譲語を使った言い方」の様々な使い方があるのではないでしょうか。 <謙譲語>を使った言い方でしたら 「ご連絡申し上げます。 」となりそうですね。

次の